IMG_0041

気がつけば 21時や22時まで

仕事をしている事が多い、今日この頃。。。


こちらにに伺う時は、襟を正して 

心静かな気持ちで伺おうと思っていたら、

ちょっと、ご無沙汰してしまいました!


蛎殻町の日本ばし さく間さん。


IMG_0042

そう、こちらに伺えば、

最初の一杯は、決めています!

「ガージェリー エステラ」


ホップの苦味と香りを

ちゃんと感じさせながらも、洗練!


炭酸を抑え目に創っているので、

日本料理にもサッと寄り添い

味わいを引き立ててくれるんですよね。。。


IMG_0043

今回の先付は、

・ゆり根にとんぶり

・煮蛤にからすみ

・かぼちゃの煮こごり

・子持ち昆布

・生ハムに洋梨


するんと、ほっくりと

仄かな甘さが溢れるゆり根と

プチプチッと弾けるとんぶり。

出汁の優雅な香りの中で

対照的な食感が往き交います。。。


そして、フワッと

滑らかな口当たりの中に

清らかな旨みを奏でる蛤に

キリッとしたコクと旨みを弾かせる

からすみ。


かぼちゃの煮こごりは、

するん。。。と、口の中で滑りながら

柔らかな甘みと大地の優しさを放ち。


サクサクッ心地よい食感の中に

卵の香ばしさが弾ける子持ち昆布は

上品なお出汁の優雅をまとって

おとなびた表情!


生ハムの塩気と艶やかな旨みは、

メロンよりも繊細な甘みの香りの

洋梨の方が相応しい♪


IMG_0044

お造りは、6種類ほど有りましたが

今回選んだのは、

「五島 のどぐろ刺し」と「閖上 赤貝刺し」


たっぷりと脂がのっていながら、

他の魚とは脂の質が違うと言うか


嫌な香りが無く、

甘やかな脂のスペクタクルに

思う存分身を委ねる事ができる、

のどぐろ。


そして、“日本一”との呼び声も高い

閖上の赤貝は、

身の太り方といい、旨みの詰まり方といい、

やっぱり格が違いますね。。。


プリコリッと艶かしい食感の中に、

駆け抜ける濃厚な旨みと、

鮮烈な香り! 仄かな甘み。。。


格別です♪


IMG_0045

今回、女将さんに選んでいただいたお酒は、

「満寿泉 雄町 純米吟醸 LIMITED EDITION


フレッシュな米の旨みと香り。

やわらかな酸と甘みが

雄町らしいコクと共に、

しなやかに滑り込んできます。。。


IMG_0046

スーパーで売っている春菊と違って、

灰汁が少なくて、フワッとした食感!


提供直前にふりかける太白ごま油と

ミネラル分豊かな塩気が


巷のドレッシングとは全く違う、

朝露のような自然なアプローチ♪


「京春菊サラダ」は、

サラダの常識を心地よく覆してくれる

さく間さんらしい繊細さに驚かされる

ひと品です。。。


IMG_0047

“白川”は、

“ぐじ”や“白甘鯛”とも呼ばれて

甘鯛の中でも、一番希少だそうですね♪



「白川 塩焼き」の、

しっとりとあまやかな身は、

上品な旨みと馥郁たる香り。


たっぷりと脂をたたえて、

憂いのある良い香りがします。。。


そして、

鱗はサクサクッと雲母のようにほぐれて

透き通った香ばしさと、

凝縮した旨みをふりまきます♪


IMG_0048

黒毛和牛ならではの

肌理の細やかな肉質、赤身と霜降りの

バランスの良さに圧倒されました。。。

「仙台牛すみ焼」


しかも、ステーキ屋さんでは出逢えない、

濃厚でありながらもまろやかな旨み!


噛み締めた後に鼻にぬける

豊潤な肉と炭の香り!


添えられた黒キャベツの素揚げの

軽やかな香ばしさと相まって


しばし歓びの眩暈に襲われましたね。。。


大将の炭焼きの腕前は、

素晴らしいです♪


http://30min.jp/place/2469215/blog/


    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!