IMG_0052

オープンは、21時で、朝の5時まで営業!

今の私には、もってこいの深夜酒場は

食べログ未掲載の超穴場♪


再び、潜入しました!

中野の台北酒場 秀さん!


「青江菜って、有ります?」


壁に張り出してある短冊を見ながら、

恐る恐る聞いてみると

  「はい、青梗菜ね!」


そうママさんに言われて、少しガッカリ。。。w


しかし、食べてみたら、驚きの旨さだったので、

恐るべし! 台北酒場 秀。


  「お酢、加えました?」

  「ハイ! 酢は身体に良いからネ!」


そう、しんなりと舌に寄り添い、

軸はサクサクッと、

清清しい蒼さを弾く青梗菜は


毛湯の旨み、桜海老の香ばしさとコクと共に、

キリッとした酢味で

いつもより憂いのある表情で、新鮮!


出来上がった、うま煮やあんかけに

卓上で酢を加える事は、

そう珍しくないけれど


“桜海老香る青菜炒めに、酢を利かせる” って、

とっても気が利いていると思いました!


IMG_0053

一方、「茄子味噌炒め」は、

甜麺醤に更に甘みを加えて、

家庭料理の優しさ♪


日本の赤味噌よりも優しいアプローチで

なすの滋味が人懐っこく、

輝いていました。。。


IMG_0054

 「これ、香りが上品で、

        仄かな甘味がする♪」

     「はい、自家製の烏龍茶を使いました!」


他の居酒屋さんとそんなに値段の違わない

「ウーロンハイ」


“ペットボトルに入っている、アレ” とは

全く違う

口当たりがまろやかで優しい甘みと香り!


市販の烏龍茶に有りがちな、

香料とかエッセンスとは無縁の

ナチュラルな味わいにホッとしました。。。


IMG_0055

短冊に「生腸」と書かれていたのは

豚の子袋でした!


これを、豆板醤を主体とした

“特製辛味調味料”と共にいただくのですが


プリプリッ! ジワピリッと♪


コクのあるウマカラと

新鮮な子袋の澄んだ旨みがぶつかり合って、

悶絶~♪


これは、是非またいただきたいひと品です!


IMG_0056

  「しかし、よく食べるね。。。」


私が来店する前は、ママさんを独占していた

常連のお父さんにチクリと言われてしまいましたが。。。


深夜1時を廻っても、

私の胃袋は「もっと!もっと♪」と叫んでおりましてw


〆に注文したのは、「菜脯蛋」は、

“大根おしんこ玉子炒め”と小さく和名が書かれた、

台湾の定番メニュー!


  「これ伝統料理!

弁当のおかずにも、入れるネ♪」


お店によっては、“お好み焼き”みたいな

“丸い形の、しっかり焼き”で提供する場合も有りますが… 


しっかりと干し揚げた大根を、

水戻ししているのでしょうか?


熟成風味が有りながらも、

シナッ! コリッ♪とした軽快な食感の大根が

凝縮した旨みと香り!


そして、ココにも桜海老が

濃厚な旨味と優しい香り♪


刻み玉ねぎも加えて、

やわらかな甘味と香りもプラス!


フワッと、シナコリッと♪

独特の食感の連鎖の中に

“台湾のおふくろの味” を感じました。。。


これは、絶品!

台湾娘にも食べさせてあげようっと♪


http://30min.jp/place/2542221/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!