C9416C7D-7A6B-45F9-8CB2-510B61AA8443

>今週は、生ハム!一緒に挟むのは、

   シェフ👨‍🍳の実家の川場村の赤玉ねぎのフリットに、

   シェフ👩‍🍳がたいたルバームのジャム。

    2種類のチーズとのコンビネーションも👍👍👍


   玉ねぎのフリットが揚げ物とは思えない軽さで、

   ペロリといけます。

    皆さま、是非食べにいらして下さい。...


7/22,23は月火の連休ですので、ご注意下さい❗️

EB10A6FC-0A6C-4902-8228-04073C931F10
昨日も行ってきました。

西荻窪の3&1Sandwichトレエウーノさん!


ワインに迷ったら、

オーナーシェフの奥様に相談するのが一番ですね。


奥様に選んでいただいた一杯目は、

Jale Chardonnay Cusumano


サラリとした酸味と、

トロピカルフルーツに似た香り!


しっかりとした果実感の中に、

爽やかな余韻も感じられて


シチリアの風が、

そっと頬を撫でるようでした。。。

FE75AA22-DCCE-4527-83EC-BC8228B5CF1E


  「渋い所をつきますねえ。。。」

   「ありがとうございます!

      実はオニオンリングは初なんです。

      閃きました!」


お代わりを持ってきていただく時、

横内シェフとは、

そんな短い話しかできませんでしたが


他店でオニオンリングを

単品で提供する時は、

塩やスパイスなりを立たせる事が

多いけれど。


トレエウーノさんのフリットは、

カリッと香ばしく


凝縮した衣の旨味と

香ばしさの中から、

瑞々しい玉ねぎの瑞々しい甘みと

心和ます香り。。。


これが、

生ハムとチーズという

定番コンビに、

痛快なアクセントを加えているんです。。。


横内シェフの閃き、

流石です♪

A35EA9E6-1DDD-4857-A71D-CDA5D07571DF
お代わりと共に注文したのは、

「冷たいカボチャのポタージュ」


カボチャのコクと香りを

大事にしながら

スタイリッシュなポタージュに

仕上げただけでも凄いのに。。。


竹内シェフのマンマが育てた

フェンネルが


涼やかなアウトラインとなって

縁取っているところが

心地よい余韻。。。


梅雨の鬱陶しさを吹き飛ばす、

一品です♪

E1FB9534-DD0A-4FA8-A9CC-84E8EA67D4DE

    「このチーズクリーム、凄い♪」

     「ありがとうございます!

         クリームチーズに、◯◯◯。

         そして、×××(自主規制)も、

         少し加えています。。。」

         

あっ… このチーズクリームが

単に“チーズを、混ぜただけ”に終わらない、

ロマンチックな響きが有るのは


そんな秘密のテクが

施されているからですね♪


「生ハムとオニオンフライ、

  2種のチーズのサンドイッチ」は


艶やかな生ハムの旨味と心地よい塩気に、

チーズのおおらかな旨味と酸味、

ルパームのジャムの

ふくよかな滋味と甘味が


オニオンのフリッターが

ザクザクッと弾ける度に、

その瑞々しい囁きが、

少しづつ表情を変えながら迫り来る♪


そう、このサンドイッチは、

全ての素材が響き合い。

それぞれの風味を引き立てている

必然の出逢いを呼び起こしたサンドイッチ!


全てを計算し尽くした

逸品です!


E8861276-FCA1-4856-88D4-205FD9B65D79
2杯めにいただいたのは、

Roagna Dolcetto d'Alba


軽やかな口当たりの中に

すっと拡がる、

穏やかなタンニン!

心和ませるプリミティブな香り♪


夏の午後に相応しい、

心潤す赤ですね。。。


https://30min.jp/place/2438523/blog/



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します!