9D7D699E-0A30-477A-ACD1-51DA8DD21514

 >本日、水曜日は終日ハイボールが勝手に

       メガジョッキに変身しますよ。

       最近の燿ひかるは女子力高めです❤️

 

 

そう! 通常料金でメガジョッキで呑める

ハイボールが目当てでも

女子従業員さんが強化されたから、

店員さん目当て足を運ぶ訳でもないのですがw

 

水曜日ともなると、

ついつい足を運んでしまいますよね

東中野のビストロde麺酒場燿(ヒカル)さん!

 

そう、水曜日はハイボールが

増量されるキャンペーンを実施されていますが

 

人気のおつまみ3種

(なめろう、餃子、白レバーの炙り)が

通常料金のまま、1.5倍に増量される、

キャンペーンの曜日も有るんですよ!

(※キャンペーンの曜日は、来てのお楽しみw)

 

本日いただいたのは、

「ブリのなめろう」

 

 「え~~?ぶりで、なめろうを作るの?」

 

そんな声が読者さんから聞こえてきそうですね。。

 

ブリのなめろうは、久しブリですが、

カンパチやいなだのなめろうも

ちょくちょく出されていて、高級なんですよ!

 

「ブリのなめろう」は、

粗くたたいて、モチッとした甘みを

引き出された脂のりの良いブリの中から、

ザクザクッと生姜とネギが、溌剌とした香り♪

 

EBEBE6A0-7191-42D3-B17B-15E1B43E8DDC

そ・し・て! これが「本日のおすすめ」に

掲示されると、飛ぶように売れているんですよね♪

「とうもろこしの天ぷら」

 

こちらは、天ぷら粉の他に

コーンスターチを多めに加えているのでしょうか?

 

サックリと軽やかに弾ける

薄衣の中から、

プチッとジュワッと弾ける

甘やかなコーンの雫が、

メチャ旨!

 

オススメです!

 

DC4CF911-B2B3-4558-B7CA-9B53DB9C8535

「いつか、食べてみたい!」そう申し上げたのを、

料理長は覚えていてくれたのかな?

 

「鮮魚のさんが焼き」は、

“なめろう”とは、別仕込みである事は

すぐ解りました!

 

ブリとは違う、

青魚の雄雄しいコクと香りを

ギュッと凝縮させ。

 

なめろうの時の上品な味噌遣いとは違う、

味噌の濃厚な旨味と香ばしさが

駆け上がる! 胸をトキメカせる♪

 

87F6EE1A-7416-4E4F-B78C-988B2D9F70F0

そして、久々の登場!

「ベーコンの西京焼き」

 

燿の燻製マシーンこと

“ロビンちゃん”が活躍する

自家製ベーコンだけでも、

充分に美味しいのに・・・

 

それを自家製の西京味噌で

漬け込んでしまうという、

最強漬け音符

 

1cm近い厚みの中に、

味噌のコクと香り、

自家製ベーコンならではの

華やかな肉の香りが炸裂します♪

 

4369E5F5-3863-45AC-AF5A-35E4B78DA61D

先ごろ、パパになったばかりの

大型新人・健クンも

ミルク代を稼ぐ為に、大車輪のご様子♪

 

「鶏肉おつまみグリーンカレー」の

鶏肉は、プルッと甘く気高い香り!

 

皮を香ばしく揚げて、

甘みを引き出した茄子に

 

サクサクの筍も、甘ウマ♪

 

初回のレシピよりも

辛さをアップさせながらも

塩かどを抑えて、デリケートな味わい。。。

 

以前にも増して、凄みが出てきました!

 

2F9173A6-0E78-4B33-BCEB-19861F1B0C6B

ひゃ~~! 噂の御宅の

秘伝のレシピが初登場ですか!?

「東中野の名家高橋家のハンバーグ」

 

私は、令夫人は

まだ御目もじした事は有りませんが

当主とご子息は、よ~く存じ上げていますよ!

 

当主は、名家にも関わらず

腰が低く。

でも、ロックな心を持ち合わせた方♪

 

その「東中野の名家高橋家のハンバーグ」は、

口に含めば、ふんわり&ジュワッと!

 

その辺のステーキ屋さんのハンバーグより

繊細な口あたりは・・・

流石、名家の気品と気高さに溢れていて♪

 

この凝縮した肉の香りと旨味が

肉汁と共に溢れかえるハンバーグに、

ちょいと辛味とトマトの味わいを強調させた

デミグラスソースがコク旨♪

 

名家のお許しが下りれば、

是非、グランドメニューに採用して欲しい

逸品です♪

 

719BC6B6-E548-49E4-A2BE-EA2A8F20D4F8

「塩加減王子って、厨房のどの方ですか?」

 

読者さんにそう聞かれた時には、

 

  「一番、ひたむきに料理と向き合っている方ですよ!」

 

そう申し上げたら、すぐに解ったみたい!

 

そう、無駄口をたたかずに

丁寧に鍋をふりながら

 

ごはんのふっくら加減を大事にしながら、

優しい塩加減で、ごはんの甘みをひきたて。

 

生ガーリックの溌剌とした香りと旨味を

まとわせた「ガーリックライス」

 

これは、中華屋さんや

洋食屋さんでは、味わう事ができない

 

塩加減王子ならではの、

“燿の、ガーリックライス”

 

“麺酒場”と名乗っていながら、

麺以外にも

こ~んな個性派メンツを揃えたお店。

 

他には、なかなか無いと思います!!

 

 

https://30min.jp/place/60186/blog/



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します!