95DEDFEB-5171-4F32-AC74-3FDAB236C95C

 >夏だ!激辛!汗MAX!

  ひかるの激辛で

  冷えた酒がより旨い!

 

 >お盆期間中!

  納涼生ビール祭り!(15日迄)

 

  終日、生ビールを

  大ジョッキでご提供します!

  お代りOK!

 

あらら。。。7日から開催中の

「激辛祭り」に加えて、

今週は「納涼生ビール祭り」とは・・・

 

いつにも増して、燃えていますね♪

東中野のビストロde麺酒場燿(ヒカル)さん!

 

そう、燿さんの手がける“激辛”ですから

どこぞのイベント会場でふるまわれているような

うわっ面の辛さでは無い事は、

始めから解っていましたが

 

最初にいただいた「キルギョプサル」

1cm弱の厚みの豚バラを

特製・激辛味ダレに

よ~く漬け込んでいるから

 

プルジュワッと、ジューシィ♪

ビリビリッと、

肉の旨味と脂の甘みを押し上げる

重層的なウマ辛さ♪

 

ひと口いただいた時点で、

お代り決定!

 

青唐辛子と豆腐クリームチーズで

辛さを調節できる所も、

気が利いていますね♪

7494BA7F-94D4-48FA-A6E9-7845742DADCC

そして、4月に入社した

大型新人君が手がけた

「ヤンニョムチキンファイヤー」

 

“パクさん秘伝のコチュジャン”を

使っているそうで

 

これがケチャップを使った

甘酸っぱいソースと、非常に相性が良く。

 

蜂蜜のような質感のある甘さの奥から

本場・韓国産唐辛子の甘辛さが

ジワジワッと攻めてくる♪

 

手羽元ならではの、

清らかで凝縮した旨味と、

どこかチャーミングな辛ウマさ。。。

 

そう、単に“辛い”と言っても

様々な表情を愉しめるのが、

燿流ですね♪

F09D03AB-24DB-4427-838B-4DD2EBE5174D

 >伊藤さん、

       いよいよおつまみに参戦です!

 

数週間前に、取締役料理長から

そんなコメントを

いただいてはいましたが

 

あの、“塩加減王子”が

DEATH麻婆」!?

 

いえいえ!

ネーミングから忠実にイメージすると

 

バラエティー番組で、

罰ゲーム的に使われる“殺人兵器”を

イメージされるかも知れませんがw

 

粗く叩いた挽肉から、

充分に旨味と香ばしさを引き出し。

 

これに、5種の中華スパイスを加え、

最後にたっぷりの花椒を加えているから

 

静かに攻め入るスパイス達は、

まるで子供達が一斉に駆け寄ってくるような

そんな微笑ましいアプローチかと思いきや

 

それぞれ、ベクトルの違う辛さと

心地よい高揚感が、ジワッと、ヒリッと♪

 

これは、大久保公園ではいただけない

スタイリッシュ麻婆ですね!

2FE659C9-485B-40C1-9485-FCFF57F05CB4

「辛いの、大丈夫ですか?」

 

はい!タイ料理で鍛えているから、

「キルギョプサル」をお代りしたんでしょう?

 

特製・激辛味ダレに漬け込まれた、

豚バラの重層的なウマ辛さは、

ひと口めで感激しましたが・・・

 

添えられた、

青唐辛子のパンチの効いた辛みと、

特製・豆腐クリームチーズの

ミルキーなコクと旨味を

自分好みにカスタマイズしながら

いただけるって所に、

お客さんへの深い愛情を感じます。。。

 

私は、サンチュの上に豚バラをのせ。

その上に青唐辛子と

豆腐クリームチーズをたっぷりかけて

いただくのが好きですね♪

 

豆腐クリームチーズの

優雅なるまろみと、

豚バラのウマカラ!

 

そして、青唐辛子の溌剌とした辛さとの

時間差攻撃を愉しめますからね♪

A33B2AA1-9144-4790-B23F-E683BCAFB135

さて、今までなかなかご紹介する

チャンスが無かった、燿さんの炭火焼。

 

今回、“おすすめメニュー”に

「鮭ハラス焼」を見かけたので

早速注文しました!

 

う~ん。。。先日、友人の引越し祝いに

自分で鯛を焼たので、

魚焼きの難しさは、体験済なのですが

 

ガスレンジでは、

こうもふっくらと焼き上がりませんね。。。

 

炭の遠赤外線効果で

周囲をパリッと焼き上げながら、

肉汁をたっぷりと閉じ込め。

 

脂がたっぷりとのったハラスは、

プルッ。。。と解れて、ジュワッ。。。と

脂のまろやかな旨味と甘みをほとばしらせ。

 

炭の香りを映した

鮭の旨味と脂の香り!

 

心が和みますね。。。

EB3582DA-5743-4ED3-B501-2B6EDCE0AF57

さて、〆にいただいたのは、

「炎上ヒカル×台湾風混ぜソバ」


54C4C98F-510A-4DF6-992E-8AE41F5DC45E

  「よ~く混ぜてお召し上がり下さい!」

 

そう言われて、マゼマゼしてみると・・・

 

もう、混ぜている最中から

鼻腔をくすぐる、

和山椒の爽やかな香りに

酔わされますね♪

 

そして、赤味噌のコクと香り、

卵黄の優雅なコクと甘味、

たっぷりのそぼろの旨味と

刻みネギの香味とが相まって・・・

 

ジワジワッと忍び寄る

味噌のコクと甘辛さ♪

 

うん!これは、燿さんの新境地!

〆で頼んでも、

ますます呑みたくなってしまう、

魅惑の辛ウマ♪

 

これって、定番麺には

ならないのでしょうかね?

 

「激辛祭り」開催中、

是非是非トライしていただきたい

逸品です♪


1D0E5AFD-7D40-42D6-BB4B-05709F269C2D

麺酒場らしく、

お猪口に入れて提供するとは、

洒落ていますね♪

「濃厚豆乳パンナコッタ」

 

今までの燿さんでは、

なかなか登場する機会が無かった

デザートも・・・

 

口から火が吹いてしまったお客さんの為に

用意して下さるとは、心憎いご配慮ですね♪

 

しかも、ここは麺酒場ですから、

デザート特有の“しつこい、甘さ”は

無用!

 

豆乳のコクと旨味を

ギュッと凝縮させながら、

サラッ。。。と、優しい甘みのパンナコッタ。

 

ベリーのソースが大人の甘さ。。。

 

Ummmm....

ここは、ビストロde麺酒場!

 

酒呑みのワガママを、

全部受け止めちゃう、

スゴイお店なんです♪

 

https://30min.jp/place/60186/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!