CE38BA7F-3CE7-4BAB-9A09-4F2665E6E9BF

>毎日の暑さで夏バテ気味の方も多いのでは!

   夏こそ、お肉をガツンと食べて、元気出しましょう!

   暑さに勝つ!の気持ちをこめて、


メインは牛のグリルに加えて、豚のカツレツの2種盛りでいきます!

前菜や、プリモはいつも通り夏の食材たっぷりに、お届け致します。


今回は一斉スタートではありませんので、

お好きな時間でご予約下さい。

2A900029-A558-45C8-9FEA-94B16FAD4547

エエッ~? 僅か17席しか無い、小さなtrattria

入れ替え制もしかないで、こんな贅沢なイベント、

開催しちゃうんですか??


昨日も早速、行ってきました!

trattria29さんの29の日イベント♪


席に着くなり注文したのは、

「スモモのペリーニ」


トロッ。。。ととろける

コクのある甘みと酸味!


夏の疲れを解きほぐす

チャーミングなペリーニですね♪

AEAFCC4D-0E12-4C89-9F3C-6C3C783A4EF4

「スティックサラダ」(※トップ画像)

に続いて供されたAntipasti Mistiは、

4種類!

0AC8B038-26D2-43AF-B5CA-4D8F51E4B2D9

こちらの「馬肉のタルタル」は

“肉の日の、生肉代表”として、

もうお馴染みですよね?


粗くたたいた馬肉を

オリーブオイルとレモンだけで味付しているので


馬肉ならではのコクと甘やかな旨みが

スッ。。。と寄り添い。


イタリアンパセリの蒼い香り、

レモンピールの溌溂とした香りが


馬肉に爽やかな風を送ってくれます♪

CBD41D15-201A-4E11-A053-B551B8029306

 「揚げ茄子をワインビネガーでマリネし

      実家の近くの牧場で作ったリコッタチーズに

      梨を加えて添えています。。。」


と、「揚げナスのマリネと川場村のリコッタチーズ」について

説明して下さった竹内シェフ。


噛めば、ぷるん。。と、トロッと♪

心地よい食感の中に、

葡萄ならではのフルーティーな酸味と

強い旨味!


リコッタのミルキーなコクの中から、

サックリと

涼しげな梨の涙が、キュン。。。♪


夏の終わりから、初秋にかけての

季節の表情を見事に表現しています♪

A4A1889B-03ED-475C-9746-37B8AFA3E1E4

 「完熟トマトで作ったスープの中に

  見え難いのですが、トウモロコシのムース。

  そして、今が旬の鰯のグリルにフェンネルを

  添えています。。。」


ひゃ~~♪ 肉の日イベントは、

2011年以来、欠席したのは2回だけですが・・・


Antipasti Mistiに冷製スープが登場したのは、

初めてではないでしょうか?


「完熟トマトの冷たいスープ トウモロコシのムースと」は、

サラッとした口当たりで有りながらも、

完熟トマトならではの濃厚な旨味が、ドキュン!


粗く叩いたコーン入りのトウモロコシのムースが、

ぷるん。。。


ハーブをまとった鰯のグリルが、

飛び上がる程に扇情的なコクと香ばしさ♪


小さなココットの中に、

去り行く夏の憂いと秋の豊かさが

ギュッと、詰まっています。。。

CC2CD605-91E4-42B6-947F-AB35D2CBB4E9

「ローストビーフ自家製セミドライの無花果と」は、

しっとりと憂いの涙を流すローストビーフに


ねっとり。。。と、イチジクのコクのある甘さと滋味が

小粋な表情で寄り添っていて♪


ときおり弾けるピーカンナッツの

香ばしさとコク!

ルッコラの蒼甘さと微かな辛味などが


緩急をつけながら、

ローストビーフの高貴な味わいに

アクセントを与えているから


ローストビーフは、

様々な香味を柔軟に受け止めながらも、

自身の上品な味わいに、一点の曇りも見せない!


ローストビーフの懐深さに唸らされた逸品です♪

31C4E873-ED3B-4AB6-AA37-FE91A4CB56BE

ローストビーフに押し倒されそうになりながらも

両手で「ボトルの形」のジェスチャーをすると


竹内シェフの奥様が、

ササッとワインを見繕って下さいました♪

92509774-2507-483A-AD04-9E2415010E30

私がラベルを見て、直感的に選んだ

Azienda Agricola GULFI


ジューシーな果実味の中に

ドライフルーツのような豊潤なアロマ!


なだらかに続く、ふくよかな果実味と

穏やかなタンニン。。。


秋の夜長にじっくり付き合いたい

赤ですね♪

97637B26-9AA0-4C11-9E98-955163A2F231

  「こ これって、シェフのマンマの?」


そう聞くと、竹内シェフの奥様は、ニッコリ♪


嗚呼。。。 今年も息子思いのお母さまが

ご自宅で育てたオクラの花を送ってくれたんですね♪


夏の定番「花ズッキーニのフリット」との違いは、

ズッキーニより強めの蒼い香りと、

心地よいぬめり。。。


「オクラの花のフリット」は、

サクッと噛めば、生ハムに巻かれたモッツァレラが

とろろん。。。


下に敷かれた

まろやかなじゃがいものクリームの清らかな表情と、

フェンネルの心和ます香りと相まって。。。


マンマの優しさに、グッと胸が熱くなりました。。。


to be continued


http://30min.jp/place/2058150/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!