居酒屋

プルコリッと♪ 扇情的な食感の中に、鶏の清らかな旨味と、コラーゲンのコク!「冷製!ヤゲン軟骨ピリ辛煮」  東中野・ビストロde麺酒場耀(ひかる)

7E496B72-1ADF-4D83-9D64-27557923640A
 

ラーメンに加え、オードブルが食べ放題のロックフェスを

今週24日、25日に、開催する、

東中野のビストロde麺酒場耀(ひかる)さん


店に入るとまずすぐにチェックする

“おすすめボード”を見て

私は、すぐに注文しました♪

「冷製!ヤゲン軟骨ピリ辛煮」


もうこれは、ひと口めで、お代わりを

注文する事が決定♪


店主からも、


「ここまで旨いと、怖くなる。。。」と


言わしめた、4月入社の大型新人の逸品。


後ほど、ちゃんとご紹介しますね!


B3346AB7-51A4-4AFA-9389-C4EF9F6106C1
さて、次にいただいた1品も

夏らしい表情を浮かべていました♪

「ゴーヤとスパムのナムル」


5mm強の厚みのゴーヤは、

サックリと弾けて

蒼い元気が溢れ出し

微かな苦味は、心地よい余韻♪ 


しんなりジュワン。。。と

解れるもやしは


ごま油の優雅な香りをまといながら、

爽やかな甘さ♪


サラッとした塩味のナムルだから

スパムの肉肉しさと共に

素材の香りと旨味が活きています♪


6058047D-9B35-4109-BC47-33C641AF15EB
こちらも、大人気!

耀さんの新定番とも言える、おつまみです1

「なめろう大葉つつみ揚げ」


サクッと噛めば、大葉の爽やかな香りと、

ジュワッ。。。と溢れ出る、

艶っぽいなめろうエキス♪ 


それは、いつものなめろうでは

決して出逢う事のない


熱々の海の豊かさを伝える、雫。


胸にキュンと染み込みました。。。

EC39F16B-531D-45C9-9FD8-F1286BA39BD4

“東中野の大衆酒場”とあらば・・・

こういった摘みは、お手の物ですね♪

「砂肝のスタミナ炒め」


“スタミナ”と言っても、

“スタミナ焼肉”に有りがちな濃厚さとは違い


コクのあるニンニク醤油と、

黒胡椒の爽快な風をまとった砂肝は、

予定調和を飛び越す、洗練の辛味♪


こりゃあ、酒がすすんで困りますw


0BF53580-2E0C-489E-84EE-85D573F170A1

そして、お代わりをいただいている段階でも・・

トキメキは、まだまだ止まりません!


「冷製!ヤゲン軟骨ピリ辛煮」


プルコリッと♪ 扇情的な食感の中に、

穏やかな塩味に引き締められた

鶏の清らかな旨味と、コラーゲンのコク!


時間差攻撃で弾ける

糸唐辛子の辛さも・・・

このトキメキの連鎖に

ひと役かっています♪

9DBB07BA-C168-4C31-8744-B742CDEE9B52
そして、飲み~〆まで

1軒で済んでしまう麺酒場の

夏のオススメ麺と言えば、

「和伊麺 バンバンジー」


イタリアンのニュアンスを活かした

「和伊麺 ジェノヴェーゼ」同様、

特製のパスタ麺を使用しているので、

麺はプルッと、モチッと、心地よい食感♪


たっぷりの茹で鶏や野菜の旨味を受け止める

胡麻の香りとコクを活かした、特製ダレ!


そして、別添の「特製エビラー油」の

豊潤な旨味と、心地よい辛味。。。


嗚呼。。。夏が終わってしまう前に

まだ、何回かいただきたい逸品!



そう! 

秋の気配を感じる、今日この頃。

東中野駅西口から、徒歩20秒のこの店は・・・


新メニューに、ロックイベントに、

まだまだ、アツイんです♪


https://30min.jp/place/60186/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

「白桃とゴルゴンゾーラのニョッキ」と「長野県産ゴールドラッシュと青唐辛子のペペロンチーノ」に、2度ビックリ♪ これは、今しかいただけません! 高円寺・酒場ニホレモ

BEE756E5-6C56-41AD-BA42-CD704D40B1E8

何かの事情で、食べそびれてしまった料理が

ず~っと、頭から離れなかった事って、有りませんか?

 

私の場合は、

前回の訪問時に品切れでいただく事ができなかった

「白桃とゴルゴンゾーラのニョッキ」でした。。。

 

昨夜、取引先のみんながお盆休みだった関係で、

珍しく「早めに」帰る事ができたので、

やっとたどり着く事ができました♪


9CD316F5-1E23-4030-955E-D0E02681BB30

まずは、夏の新作レモンサワーをいただきますね!

「ブルーレモンソルベサワー」

 

少し青みが残った、夏の青いレモンと、

グレープフルーツをベースに

 

リキュールと、オリジナルの「本気レモンソルベ」

を加えた贅沢なサワー!

 

夏の蒼いレモンの、引き締まった酸味と爽やかな香り!

グレープフルーツの優雅な甘み!

 

そして、レモンソルベのドライな酸味が、

すっと口の中を滑り行く。。。

 

こんなにおとなびたレモンサワー、

他所で呑む事ができますか?


50705E1A-2CED-49EE-A4EB-7DB6D3636F72

  「お待たせして、すみません!

   宜しかったら、これを。。。」

 

と、副店長が差し入れてくれたのが

メニューを見て、どのタイミングで注文すべきか、

とっても気になっていた「梅干の燻製」

 

ニホレモさんのメニューは、

基本的に写真が掲載されていないのですが、

最初、メニューを拝見した時は、

もっと“干し梅”みたいなビジュアルでした。。。

(私の“燻製”に対するイメージが、古かったんですねw)

 

ニホレモさんの「梅干の燻製」は、

フワッと解れて、

キュンと駆け抜ける酸味と、

蜂蜜のような質感のある甘み!

 

そして、この低塩梅干ならではの

優雅が口いっぱいに拡がった後に

すうっと揺らめく、上品な燻香♪

 

そう、「燻製、作りましたっ!」とばかりに

主張をさせる、他所の燻製自慢の店“とは違い

 

日本酒にも、そしてレモンサワーにもよく合うように

“ゆらめきの気品”を与えるように考えているのは、

素材と真摯に向き合っている証拠!

 

副店長さんが私に食べさせたかった理由が、

よ~く解りました♪

66AAC88D-7FA0-4D99-B10E-BA4B75DD4325 

せっかく、“ゆらめきの気品”を愉しむのなら、

こちらに緊急出動をお願い致しました!

「活性にごり/純米本生スパークリング2018 VINTAGE

 

にごり酒“は、昔から大好きですが

相手を選ぶと言うか、

食中酒としては躊躇してしまう時が多々あるけれど。

 

こちらは、にごり酒ならではの馥郁たる香りを

大事にしながらも・・・

 

心地よいガス感と共に

爽快な口あたりで生酒をいただける、歓び♪

 

あんまり美味しくって、

1壜あけてしまいましたw


3BF0FD31-4556-4040-8F22-5A1B67AEB1D4

そう、凄いお酒に出逢ったので

いつもとは趣を変えて・・・

 

最近、ニホレモさんが注力されている

“日本酒の肴”から、注文しますね!

 

まず最初にいただいたのは、

「スモーク!! 子持ちこんにゃく刺し」

 

そう! こちらのスモークも、梅干同様、

素材と真摯に向き合っていますね♪

 

キュッキュと、心地よい食感の中に

こんにゃくの澄んだ旨味と魚卵の香ばしさ!

凝縮した旨味!

 

その、子持ちこんにゃくの醍醐味に

酔いしれた後に、

すっと横切る、上品な燻香が

魚卵の濃厚な旨味を裏打ちさせていて。。。

 

イタリアンやスペイン料理に精通して、

和の心にも長けているとは・・・

 

百人力じゃないですか?

19E93E68-80C8-4594-B314-035F3AC813B0

一方、期間限定“ニホレモフェア”でも、

こんなそそるメニューがありましたよ!

「焼き牡蠣〜レモンバターソース〜」

 

焼き上げても、なお!

身が6〜7cmもある牡蠣は、

相当な大粒タイプの牡蠣ですよね?

 

しかも、その牡蠣の火入れが、絶妙♪

 

生牡蠣の、あのとろける濃厚な旨味を大事にしながら、

周囲をサッと引き締めるような、焼き加減で・・・

 

レモンバターソースが、清純かつ艶めいた表情を

加えていて。。。

 

少女に翻弄されてしまうオジサンの気持ち、

解るような気がしました。。。


CDBE67D3-671B-46A1-A786-51A2C1514BE1

  「お待たせしました!

   実は、この桃。健さんの実家の桃なんです。。。」

 

エエッ!? この店で「健さん」と言えば、

高倉さんの事でも、前田さんの事でもなくて・・・

 

姉妹店のビストロde麺酒場燿(ヒカル)さんの

大型新人・健クンの事でしょう!?

「白桃とゴルゴンゾーラのニョッキ」

 

まず、トッピングのフレッシュな桃“をひと口!

うん! 非常に組織が詰まっていて・・・

涼やかな甘味と、高貴な香りの双方に

チカラ“が詰まっていますね♪

 

新鮮である事もさる事ながら、

大事に育てられた事がすぐに解る逸品です!

 

そして、ニョッキを口に運べば、ぷるん。。。

 

それは、心の奥底までをプルッと震わす

食感の良さに加え・・・

 

サッと火を通して、甘みと香りが揺らめく桃と、

ゴルゴンゾーラの濃厚な旨味と香りを

まとっているから

 

いつもより更にSexyな表情を

浮かべているんですよね♪

 

サックリと涼やかな甘みを放つフレッシュな桃と

熟れた香りと甘みを放つ桃の

二つの表情を存分に愉しみました。。。

32E1C365-00D1-4023-9BDB-9D793E23092F

  「ラストオーダーのお時間になりますが

 

そう店長さんに促されて、

やっぱりコレも食べたくなって注文しました!

「長野県産ゴールドラッシュと青唐辛子のペペロンチーノ」

 

私、ぺペロンチーノの類は、

今まで数え切れない程いただきましたが!

こちらが、今まででダントツ1位ですね♪

 

生コーンならではの、シャキシャキした食感!

そして、まるで生きているかのように

プチプチッと弾ける、コーンの雄々しくもエレガントな香り!

 

しかも、青唐辛子が加わる事によって、

コーンならでは甘みが浮つくことなく。

 

コーンの旨味と香りのスペクタクルに

ドップリと浸る幸せ♪

 

そう、コーンクリーム“ではたどり着く事ができない

コーンの耀くような甘みと懐かしい香りに、

ノックアウトされました。。。

 

待望の桃のニョッキも凄かったけど

 

こちらは、別ベクトルで、のけぞりました♪

 

嗚呼。。。

 

0時前に、オジサンを何度も仰け反らせて、

ぎっくり腰になったら、どうするんですかっ!!

 

https://30min.jp/place/2560069/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

 

夏だ!激辛祭りに、納涼生ビール祭りだ♪重層的なウマ辛さの「キルギョプサル」や「DEATH麻婆」は、あのイベントじゃあ、いただけません! 東中野・ビストロde麺酒場燿(ヒカル)

95DEDFEB-5171-4F32-AC74-3FDAB236C95C

 >夏だ!激辛!汗MAX!

  ひかるの激辛で

  冷えた酒がより旨い!

 

 >お盆期間中!

  納涼生ビール祭り!(15日迄)

 

  終日、生ビールを

  大ジョッキでご提供します!

  お代りOK!

 

あらら。。。7日から開催中の

「激辛祭り」に加えて、

今週は「納涼生ビール祭り」とは・・・

 

いつにも増して、燃えていますね♪

東中野のビストロde麺酒場燿(ヒカル)さん!

 

そう、燿さんの手がける“激辛”ですから

どこぞのイベント会場でふるまわれているような

うわっ面の辛さでは無い事は、

始めから解っていましたが

 

最初にいただいた「キルギョプサル」

1cm弱の厚みの豚バラを

特製・激辛味ダレに

よ~く漬け込んでいるから

 

プルジュワッと、ジューシィ♪

ビリビリッと、

肉の旨味と脂の甘みを押し上げる

重層的なウマ辛さ♪

 

ひと口いただいた時点で、

お代り決定!

 

青唐辛子と豆腐クリームチーズで

辛さを調節できる所も、

気が利いていますね♪

7494BA7F-94D4-48FA-A6E9-7845742DADCC

そして、4月に入社した

大型新人君が手がけた

「ヤンニョムチキンファイヤー」

 

“パクさん秘伝のコチュジャン”を

使っているそうで

 

これがケチャップを使った

甘酸っぱいソースと、非常に相性が良く。

 

蜂蜜のような質感のある甘さの奥から

本場・韓国産唐辛子の甘辛さが

ジワジワッと攻めてくる♪

 

手羽元ならではの、

清らかで凝縮した旨味と、

どこかチャーミングな辛ウマさ。。。

 

そう、単に“辛い”と言っても

様々な表情を愉しめるのが、

燿流ですね♪

F09D03AB-24DB-4427-838B-4DD2EBE5174D

 >伊藤さん、

       いよいよおつまみに参戦です!

 

数週間前に、取締役料理長から

そんなコメントを

いただいてはいましたが

 

あの、“塩加減王子”が

DEATH麻婆」!?

 

いえいえ!

ネーミングから忠実にイメージすると

 

バラエティー番組で、

罰ゲーム的に使われる“殺人兵器”を

イメージされるかも知れませんがw

 

粗く叩いた挽肉から、

充分に旨味と香ばしさを引き出し。

 

これに、5種の中華スパイスを加え、

最後にたっぷりの花椒を加えているから

 

静かに攻め入るスパイス達は、

まるで子供達が一斉に駆け寄ってくるような

そんな微笑ましいアプローチかと思いきや

 

それぞれ、ベクトルの違う辛さと

心地よい高揚感が、ジワッと、ヒリッと♪

 

これは、大久保公園ではいただけない

スタイリッシュ麻婆ですね!

2FE659C9-485B-40C1-9485-FCFF57F05CB4

「辛いの、大丈夫ですか?」

 

はい!タイ料理で鍛えているから、

「キルギョプサル」をお代りしたんでしょう?

 

特製・激辛味ダレに漬け込まれた、

豚バラの重層的なウマ辛さは、

ひと口めで感激しましたが・・・

 

添えられた、

青唐辛子のパンチの効いた辛みと、

特製・豆腐クリームチーズの

ミルキーなコクと旨味を

自分好みにカスタマイズしながら

いただけるって所に、

お客さんへの深い愛情を感じます。。。

 

私は、サンチュの上に豚バラをのせ。

その上に青唐辛子と

豆腐クリームチーズをたっぷりかけて

いただくのが好きですね♪

 

豆腐クリームチーズの

優雅なるまろみと、

豚バラのウマカラ!

 

そして、青唐辛子の溌剌とした辛さとの

時間差攻撃を愉しめますからね♪

A33B2AA1-9144-4790-B23F-E683BCAFB135

さて、今までなかなかご紹介する

チャンスが無かった、燿さんの炭火焼。

 

今回、“おすすめメニュー”に

「鮭ハラス焼」を見かけたので

早速注文しました!

 

う~ん。。。先日、友人の引越し祝いに

自分で鯛を焼たので、

魚焼きの難しさは、体験済なのですが

 

ガスレンジでは、

こうもふっくらと焼き上がりませんね。。。

 

炭の遠赤外線効果で

周囲をパリッと焼き上げながら、

肉汁をたっぷりと閉じ込め。

 

脂がたっぷりとのったハラスは、

プルッ。。。と解れて、ジュワッ。。。と

脂のまろやかな旨味と甘みをほとばしらせ。

 

炭の香りを映した

鮭の旨味と脂の香り!

 

心が和みますね。。。

EB3582DA-5743-4ED3-B501-2B6EDCE0AF57

さて、〆にいただいたのは、

「炎上ヒカル×台湾風混ぜソバ」


54C4C98F-510A-4DF6-992E-8AE41F5DC45E

  「よ~く混ぜてお召し上がり下さい!」

 

そう言われて、マゼマゼしてみると・・・

 

もう、混ぜている最中から

鼻腔をくすぐる、

和山椒の爽やかな香りに

酔わされますね♪

 

そして、赤味噌のコクと香り、

卵黄の優雅なコクと甘味、

たっぷりのそぼろの旨味と

刻みネギの香味とが相まって・・・

 

ジワジワッと忍び寄る

味噌のコクと甘辛さ♪

 

うん!これは、燿さんの新境地!

〆で頼んでも、

ますます呑みたくなってしまう、

魅惑の辛ウマ♪

 

これって、定番麺には

ならないのでしょうかね?

 

「激辛祭り」開催中、

是非是非トライしていただきたい

逸品です♪


1D0E5AFD-7D40-42D6-BB4B-05709F269C2D

麺酒場らしく、

お猪口に入れて提供するとは、

洒落ていますね♪

「濃厚豆乳パンナコッタ」

 

今までの燿さんでは、

なかなか登場する機会が無かった

デザートも・・・

 

口から火が吹いてしまったお客さんの為に

用意して下さるとは、心憎いご配慮ですね♪

 

しかも、ここは麺酒場ですから、

デザート特有の“しつこい、甘さ”は

無用!

 

豆乳のコクと旨味を

ギュッと凝縮させながら、

サラッ。。。と、優しい甘みのパンナコッタ。

 

ベリーのソースが大人の甘さ。。。

 

Ummmm....

ここは、ビストロde麺酒場!

 

酒呑みのワガママを、

全部受け止めちゃう、

スゴイお店なんです♪

 

https://30min.jp/place/60186/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

洋食屋さんとは違った、粋なアプローチに…ホッとした♪「チキンソテー」 醤油を隠し味にして、心和ませる味わい「焼きそば」 東中野・飲み喰い家葉゚っぱ

755A1ED1-9C25-4541-A9FF-AE369C2435AD

“昭和の名残りを残した、懐かしい街”では、終わらず。

 

恒例となった“秋まつり”に加えて

先週末は地域イベント「おかのうえの夕涼み」にも参画して、

東中野を大きく盛り上げた、東中野ムーンロード。

 

その“三日月型の小路”には、

様々なジャンルのお店が集まっており

映画やTVのロケ地に選ばれる事も、しばしば。

 

そんな、“ほっとする、街”東中野ムーンロードの中でも、

特にお気に入りのお店は、飲み喰い家葉゚っぱさん

 8B864634-1DA2-4F29-A237-D597B29E56C2


メニューの端から端まで、全てのお料理が美味しく。

 

深夜に“ちゃんと、食事をしたい時”に

とっても重宝しているお店です。。。

 

私が葉゚っぱさんにお邪魔すると、

まず最初に注文するのは、お刺身。

 

今回、お品書きの中で一番気になったのは、

「小肌刺身」

 

酢〆をしっかりと施し。

脂の甘さと身の蒼い香りを、

キリリと引き締め。

 

老舗の鮨屋さんの味を彷彿とさせる

丁寧な仕事が光る「小肌刺身」

 

心ほどける美味しさです。。。

E84180E3-8AA0-4412-AB8B-AE6EB5DC8308

一方、しっかりと揚げる事によって

皮の香ばしさと身の甘旨さを

充分に引き出した「あげなす」

 

なすを丁寧に蛇腹にする事によって

この皮の香ばしさと身の甘さの

ほぐれ具合が優雅で。。。

 

たっぷりと添えられた

大根おろしの清涼感と

鰹節の香しさと相まって、

茄子がご馳走へと昇華しています。。。

 A39349DB-BD80-46D8-9391-415380CC1AF1

また、干物が生魚より

凝縮した味わいが愉しめる事は

頭では解っていたつもりでしたが。

 

白身魚ならではの優雅な味わいに、

凝縮された皮の旨味と野趣が・・・

 

さっぱりとした塩味で唐揚げにする事によって

扇情的な旨さに変わる事を教えてくれた

「こまい唐揚げ」

 

これは、そんじょそこらの居酒屋さんでは

味わえない逸品です。。。

124E8A63-75BF-4364-92F2-2A211633DE70

“おすすめメニュー”のボードには、

新作が次々と追加されるのも嬉しいですね♪

 

今回、ボードの中で

いちばん気になったのは、「チキンソテー」

 

1.5cm程の厚みに切り分けられた

もも肉は、プルッと心地よい食感!

 

下味がしっかりと施されている上に、

トロミを付けて、しっかりとまとわせたタレは

 

醤油の香りと味醂の甘味に富んだ

和の情趣に溢れたもの!

 

洋食屋さんとは違った粋なアプローチに、

ホッとしました。。。

4CDC2280-9346-43D9-ACCD-C022335F9B20

こちらは、醤油を隠し味にしているのでしょうか?

「焼きそば」

 

思いの他、たっぷりと加えられた豚肉や

野菜の旨味や甘味が功を奏し。

 

ソース自体も、フルーティーなタイプを

お使いなのかも知れませんね。

 

醤油が少し加わった事による、

心和ませる香りと旨みが

それぞれの味わいを見事に調和させていて♪

 

近隣の飲食店関係者が、

仕事終わりに足繁く通う、

この店の実力を如何なく発揮した

ひと品でした。。。

 

https://30min.jp/line/11313/1620/


    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します! 

嗚呼。。。日本人に帰れる時間が、ここに在ります! 女将が拘りぬいたごはんと、最高級の佐賀の海苔でいただく「古漬けごはん」 中野・酒道場

F131F68C-B972-4D20-B511-7BEBC137ACA6

 「苦労に負けると、疲れます。

  苦労は、楽しまなきゃ、ダメ!」

 

創業48年の老舗酒場の女将は

含蓄のあるお言葉を仰いますねえ。。。

 

最近メキメキと増えた若い女性客は、

女将さんからこんな言葉を聞きに

足を運んでいるのかも。

 

一方、若い女性の側に居るオジサンは、

昔の飲み屋には、

こんな女将や常連達が、

よくこんな話をしていたなあ

懐かしい気持ちになり。

 

シンプルに見えるけど、

選りすぐりの素材を使った酒の肴に、

心をほどくのでした。。。

 

9BC1B011-61A8-4823-BD9C-9E0880A8D31A

生姜の溌剌とした香りと滋味が、

人参の甘みをさりげなくひきたてている

「生姜と人参の天ぷら」は、

女将の得意料理のひとつ。

 

これに、「玉ねぎとシーチキンのマヨネーズ和え」と、

茹で玉子という・・・

 

およそ、酒場とは縁の無さそうなものが

この店の“お通し3点セット”という訳でしてw

 

うん、女将さんらしい取り合わせだなぁ。。。

 

9E5D0C65-05E3-49D7-BFAF-472E04432582

  「鯖が高いから、今は鯵なの。。。」

 

悪戯っぽく微笑む女将さんは、

可愛いところ有るなあw

 

いただいた「しめあじ」は、

酸味を効かせた、昔ながらの〆加減で。

 

ふんわりと解れる

脂のりの良い鯵のキリッとした酸味と

脂のまろみが

 

う~ん。。。心地よい♪

66ECE857-9DCA-498B-9B0B-EA2549B69410

 

   「ごめん!納豆、凍らせているから

            ちょっと待って!」

 

立て続けに肴を注文する私に

女将さんは、正直にそう言って下さって

 

  「ヤリイカも、良いのに出逢ったら、

         買って冷凍しておくの!」

 

「いかの納豆和え」は、女将さん自ら

ひき割りにした納豆と、

ヤリイカをチャチャッと混ぜ合わせて提供!

 

う~ん。トロトロッと、ねばねばっと、

ひや~と、素朴な美味しさ♪

 

「夏に良いでしよ? ガハハ。。。」

 

そうか! 下ごしらえの準備不足で

冷え冷えなのではなくて、これが酒道場流?

 

冷え冷えの納豆って、味が引き締まって

旨いです♪

 

37322BAF-A9A9-42B0-9C75-CF8ED6467501

久々に「ニラ豆腐」を注文したら、

  「ゴーヤも有りますけど。。」と
 

女将さんが勧めてくれるから、注文した

「ゴーヤの炒め」

 

女将さんが丁寧にワタを取り除いてくれたから

苦くない、溌剌とした蒼さを愉しめるゴーヤと・・・

 

ツナの凝縮した旨味と、

豆腐の甘味と旨味がプルプルッと踊る、

汁気の多いゴーヤチャンプル。

 

ホッとします♪

 

F2681A91-28AE-4A29-8635-5B0E59190ED6

そう、心和ます美味しさとは、

過度な味付けや高級食材は

必要ないんだなぁと・・・

 

このお店に足を運ぶと、

しみじみと思います。。。

 

そして、私のたってのリクエストで実現したのは

 

古漬けが

一定量、出来上がった時だけ作られる

「古漬けの炒め物」をおかずにし。

佐賀産の最高級の海苔と共にいただく

メニューには無い、「古漬けごはん」

 

  「今日は蕪で良かったね!

         香りが有るから。。。」

 

そう! “すぐき”を凌ぐ程に、

心地よい酸味と馥郁たる香りに満ちた

蕪の古漬けを、

胡麻油と青唐辛子と共にサッと炒めた

「古漬けの炒め物」

 

噛めば噛む程に上品な甘味と香りが溢れる、

女将が拘りぬいたごはんと、

深い旨味と優しい香りに包まれる、佐賀の海苔!

 

嗚呼。。。日本人に帰れる時間が、

ここに在ります。。。

 

https://30min.jp/place/459600/blog/

 

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ