ベトナム料理

先月オープンの新店に、ひゃっ フォ~♪ 唐辛子やレモンで様々な表情を魅せる、「鶏肉のフォー」 東中野・米麺酒場 PHO VA BIA HOI(フォーヴァビアホイ)

IMG_9448

JR東中野駅「西口」からは、線路沿い

    〃 「東口」からは、高層マンションを目指して


駅のホームからも、

お店の看板が見えない事も無いけれど


通りから少し入った処にお店が在るから

アクセスについてどう説明したら良いか

悩んでいたら


ショップカードの裏面に

良い道案内が書かれていました!


そう、忘年会シーズンを迎えて、

ちょいちょい宴会も入って

出足は好調のようですよ!


東中野の米麺酒場 

PHO VA BIA HOI(フォーヴァビアホイ)さん!


IMG_9449

  「サービスの、お通しになります!」


先客のオーダーが立て込んでいる為か


独り営業の店主は、そう言い残すと

サッと厨房に戻られて、

ご説明を受けるチャンスを逸してしまいましたがw


最初は、「ミニサイズのバインセオ」かと思いきや、

米粉を使った生地では無く。

漬物の入った、ミニオムレツみたい♪


野菜の発酵風味と卵が相性良く。

スイートチリソースが、

キュ~ンと、甘辛いアクセントを付けます。。。

IMG_9450

「本日のベトナムのカルパッチョ」は、

昨日は、“帆立”でした!


貝柱の直径は、3cm余りと

中粒サイズでありながらも


プルンッと、

優しい甘みと清らかな旨味!


これは、上物をお使いですね?


ナンプラーのキリッとした旨みと塩気、

フライドオニオン&フライドガーリックの

香ばしさ!


プリッと“食感がだれていない”

ホタテ貝柱を

サクサクッと、香ばしくいただきます。。。


IMG_9451

“香ばしい”と言えば、

再訪時に再びいただきたいと思っていた

「ベトナムチヂミ」


そう サクッと! モチトロッと

米粉ならではの、魅惑の食感♪


香ばしさとエビの凝縮した

旨味と香りにシビレます♪


IMG_9452

  「熱いですから、気をつけて下さい!」


熱々のスキレットからは、

香ばしい香りが立ち上ります!

「手羽先のガイヤーン」


そう! ガイヤーンは、

現地では炭火で焼く事が多いそうですが、

スキレットで提供するとは、

今風ですね♪


ナンプラーやにんにくで漬け込んだと思われる

手羽先は、思ったほど塩っぱく無く。


皮の中から溢れてくる鶏油が

艶っぽいコクをプラスしながら、

ナンプラー風味の肉に更なる旨みをプラス♪


提供後もジュウジュウと言い続ける

スキレットに接している部位は、

“オコゲ”を作ってゆくのだけれど


この“オコゲ”が鶏の旨みとナンプラーの風味を

ギュギュッと凝縮して、

コクウマ~♪


IMG_9453

 「そろそろ、フォーをしかけても宜しいですか?」


手羽先の“最後の1手羽”に

さしかかった所で

店主はさりげなく聞いて下さいましてねw


ちょうど良いタイミングで

「鶏肉のフォー」が登場! (※トップ画像)

 「唐辛子がとても辛いので、

少しづつお使いください!」


まずは、唐辛子もレモンも使わず、

スープをゴクリ!


ひゃっ、フォ~


鶏出汁を基調としていながらも、

野菜の甘みやコク味も感じさせる

スープが、しなやかな旨さ♪


そして、トッピングの鶏もも肉も、

しっとりと茹であげられていて

優雅な香りと甘みが

心地よく溢れてきて♪


店主のアドバイスに従って、

唐辛子を“ふたかけら”投入すると


ひと口めで、久々に“むせて”しまう程に

キリキリッと舌を締め上げる辛さ!


そして、すぐ汗が込み上げる爽快感♪


レモンを搾り入れると、

野菜の甘みやコク味が引き締まり

さっぱりとすっきりとしたスープに♪


 「この唐辛子、何と言う唐辛子ですか?」

「タイのプリッキーヌの仲間です」


嗚呼 “何処か出逢った奴”と思いながら

食べていたら

「トム・ヤム・クン」で御馴染みの

プリッキーヌの仲間かい♪


唐辛子やレモンの使い方次第で

様々な表情を魅せる、

「鶏肉のフォー」


これで、650円とは、オトクです♪


http://30min.jp/place/2541992/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

豊かでデリケートなスープだから調味料を加える毎に様々な表情を見せてくれます♪  「鶏肉のフォー」 大久保・ベトナムちゃんの「土日祝日ランチコース」

image

このお店が美味しいとの噂は
隣町にまで聞こえていますよ!
食べログのベトナム料理のランキングでも
2位の高評価のベトナムちゃん。

まずは、手始めにランチに伺ったところ
土日祝日のお値打ちランチコースが有る事を発見!

欲張りな私はBコースを注文する事にしました。

スターターは「生春巻」
前菜は2種類から選べるので
「ミミガーのサラダ」を選択しましたら
注文したらすぐに登場w

春巻きはもっちりとした皮ですが
ハーブ遣いは、
タイ料理よりおとなしめですね。。。
特長は、これと言って無いなあ。。。
image

驚いたのは、「ミミガーサラダ」!

ヌックマムに、
酸味と甘みを加えているんですね!
これがキューンとくるような
デリケートな甘酸っぱさ!

追いかけるようにパクチーの香気が
サッと全体を引き締めて。

えびせんにのせていただくと、
サクサクッとしたえびせんと
ミミガーのコリコリッとした食感の良さが
このデリケートなサラダに
心地良いテンポを与えて、面白い♪
image

炒め物は2種類有って、私が選んだのは
「イカとパイナップルの甘酸っぱ炒め」

これは、中華料理の世界ですねw

タイ料理もそうだけど、
華僑の人がアジア各地に渡って
中華料理のニュアンスを各地に残していますが。

イカの火入れがすこぶる良くて
ふんわりと甘く。
生パイナップルが爽やかな酸味を与えています♪
image

メインは3種類有って、私が選んだのは
「鶏肉のフォー」

  店員さん「お好みで自家製ラー油と
レモンを搾ってお召し上がり下さい!」

ここのフォーが美味しいのは
噂で聞いていました。。。

まずは、何も足さずにスープをひと口。

臭みが全く無い、
さっぱりとして塩かどを抑えた鶏だしが
するするっと体に染み入る感じ。

スープを完食したい衝動に

ひと口めから駆り立てられたのは、久しぶり!

フォーは、滑らかな食感で
これまた良し!

レモンを搾ると、爽やかな余韻が加わり、
自家製ラー油を加えると
ラー油中のレモングラスの香気が
グッと立ち上り
すぐに唐辛子の香りがサッと引き締めて。

豊かでデリケートなスープだから
調味料を加える毎に
様々な表情を見せてくれます。
image

デザートは
「さつま芋と金時豆のチェー」

“ベトナムぜんざい”と副題が付いていましたが
ココナッツミルクを使ってはいますが

香り付け程度で、ベースはさほど甘くなく。
代わって、さつま芋が質感の有る甘さを主張!

金時豆は、サッパリとした甘煮で
それがサッと合わさった感じ。

日本のぜんざいのような均一感は無く、
次々に素材の風味が顔を出す。。。

派手さは無いけど、
しみじみと素朴な美味しさを紡いだ
ホッとするデザートでした♪
http://30min.jp/place/2061184

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!


先月オープンの新店の「牛すじのフォー」は、繊細にして優美♪ 「ベトナムチヂミ」には、久々にゾクゾクッとしました♪ 東中野・米麺酒場 フォーヴァビアホイ

IMG_9295

 >東中野にフォー酒場 

     「鶏」「牛」2種類のフォー売りに、

       アジアンビールも 


3日前の中野経済新聞さんの記事に


 >ひゃっ、フォ~ 

      最近、ベトナムの方々が増えてきたので、

   「そろそろ」と思っていたんですよね。

     23時まで営業ってところも、嬉しい♪


とコメントしたら、ナカ経さんから

を頂戴したので


早速、行ってきました!

東中野の米麺酒場 フォーヴァビアホイさん♪


IMG_9296

 「お通しになります。。。」

 「ベトナムでは、何と言う

  食べ物ですか?」

 「いえいえ キノコとパクチーを

  ナンプラーで和えただけです。。。」


誠実そうな店主は、

盛んに恐縮されていましたがw


この「ベトナム風 きのこの和え物」は、

舞茸、しめじ、えのきを軽く茹でて、

パクチーと共に

ナンプラー和えにしたものですが


“安酒場のお通し”に有りがちな、

“業務用の水煮”を使わない所が、

嬉しいですね♪


少しトロミが出かかったキノコ達は、

サクサクッと心地よい食感を放ちながら、

ナンプラーのコクと旨みがキリリ~♪


フライドガーリック&オニオンが

サクサクッと香ばしく


酒呑みのハートを

鷲掴みにする、ひと品!


IMG_9297

次にいただいたのは、

「生春巻き」


1皿300円という

お手ごろ価格を実現する為に


8cmほどの小ぶりのサイズの

生春巻きが2本。


しかし、ライスペーパーの中には、

エビ・鶏・レタス、ビーフンが、

ギッシリ!!


喫茶店みたいな所の生春巻きは

ゆるゆる巻きでw

具材の調和が成されていない場合が

多いけれど。


ギッシリ巻きのこの生春巻きは


上手に茹でて、

まだレアっぽいエビの

甘みとレタスの爽やかさ、

ビーフンの食感の良さが、ザクッと炸裂!


次回からは、2人前で注文しようっと♪


IMG_9298

「パクチーサラダ」は、

近頃やけに増殖中のアジアン酒場で

よく見かけるサラダの1つですが


レモンの香りと酸味を活かした

サッパリドレッシングが、

パクチーのあの躍動する香りを活かしていて♪


変に辛くした

エスニックドレッシングにしないで

直球勝負に挑んでいるところが、

清清しい!


IMG_9299

フォーヴァビアホイさんは、

キャッシュ・オン・デリバリーですから


ラストオーダー直前に入店した私は、

料理5品を同時注文しましてw


この「ベトナムチヂミ」も、

次回からは、2人前でオーダーしますね。。。


周囲はサクサクッと軽やかで、

中心部は、もっちりと


今までいただいどのチヂミよりも

食感のコントラストが見事!!


エビの甘みと生地の香ばしさの

押し寄せ方と言ったら


久々に、“ゾクゾクッと、くる”

チヂミをいただきました!


なますもサッパリと美味しく。

「ベトナムチヂミ」オススメです♪


IMG_9300

「アサリのナンプラー蒸し」は、

あさりの酒蒸しの“ナンプラー版”

でしょうか?


IMG_9301

丁寧に砂抜きされたアサリは、

清らかな香りで、

日本の酒蒸しよりさっぱり目に

思えたけれど


ひと度、皿に溜まった汁に付けながらいただくと、

アサリの旨みが更に輝きだし。


ナンプラーのコクと香りと響き合って、

パンチのある味わいに♪


IMG_9302

  「そろそろフォーを仕掛けても、

   宜しいでしょうか?」


厨房から私の呑みっぷりを

ちゃんとチェックしていた店主から、

絶妙なタイミングでご提案をうけましてねw


2品のフォーの中から、昨日選んだのは

「牛すじのフォー」


ひゃっ、フォ~

凄い!凄い!このスープ♪


牛骨から摂ったと思われる、

まろやかで繊細な旨みのスープに、

この清らかな香りは。。。


 「勘違いなら、言って下さいね!

   山椒に似た香りを感じますが。。。」

 「それは、間違いでは無いと思いますw」


東京の有名フォー専門店で修業されたという店主は、

ちょっと含みのある仰り方をされましたが


澄んだスープに

“ハーブの、爽やかさと微かな痺れ”が

奥行きや余韻を残して、

非常に洗練された味わいを醸し出しているし。


プルッと踊るフォーの清らかな旨み

牛すじの香りと旨みと溶け合って


アジアンと和の繊細さが、

ぐいぐいと押し寄せる! 

心をすっと解いてゆく。。。


IMG_9303

JR東中野駅の南側、線路脇。

西口と東口を結ぶ道路から、

一本入った処に店が在るから


店のすぐ近くを

いつもウロウロしていたのに

オープンから半月近くも気づかなかった事に

ちょっと、後悔。。。


 「まだまだ、

       ビールの種類が有りますから。。。」


何を謙遜なさっているんですか!


まだまだ、食べてみたいオツマミと、

「鶏肉のフォー」が有るじゃないですか♪


いつもより、“1時間早く”東中野に帰れた時は、

また必ず寄らせていただきます!!


http://30min.jp/place/2541992

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

「ベトナム五目チャーハン」 印象派の描く、淡いトーンの絵画がお好きな方に。。。大久保・ベトナムちゃん

image

1ヶ月半ぶりに行ってきました。
大久保・ベトナムちゃんの
「土日祝日ランチコース」

ちょっと間隔が空いたから、
メニューに変化が有るかと思いきや…
残念ながらメニューは
11月と全く同じで、ちょっと残念!

そこで、選択方式の
前菜・炒め物・メインは
11月にいただかなかった料理をセレクト。

image

今回いただいた前菜は
「チキンサラダ」

そのままいただくと、
サラダと言うよりマリネに近い感じ。
ヌックマムに甘みを効かせた、
しっかり味。

フライドガーリックも
たっぷりかかっているので、
酒のつまみに良いかも知れません。

image

添えられたフカフカの揚げせん。
それ自体は殆ど味が無いので、
揚げせんにのせて食べるように
濃いめの味付けにされているのは
解りますが…

揚げせん2枚じゃあ、
サラダの半分も載せられないから
後は濃い目のサラダを我慢して食べる事にw

image

炒め物で選んだのは、
「牛肉と野菜のにんにくオイスター炒め」

ベトナム料理が穏やかな味だという事は
承知していたつもりですが…

塩かどを抑えているのは良しとしても、
青梗菜が炒め過ぎで
“おひたし”のようになっていたなあw

食感に締まりが無くて、
味付けもぼんやりしているとなると…
濃い目の味付けのサラダと
料理人さんが違うのかも知れませんね。。。

image

ちょっとブルーな気持ちで迎えたメインは、
「ベトナム五目チャーハン」

これは、これまでの料理とは違います!

塩気は、中華料理屋さんのチャーハンの
半分程の量かも知れず、
油っ気も殆ど無いので
若い方は物足りなく思う味でしょう。

でも、
インディカ米のサラッとした甘さ、
細かく飾り切りされたイカ。
そして、海老の甘さと
グリンピースの蒼い香りを
柔らかなブーケにしていますね。

しかし、
これはお上品に一口、二口食べる物では有りません!

口に多めに頬張って、
ワシワシと噛み締めれば、
穏やかな味付けの中にから
素材がそれぞれの言葉で語り出す味ですね!

まあ、私が5歳若くしてこれに出逢っていたら
このチャーハンの良さは解らなかったかもw

image

「本日のチェー」も前回と同じ。

image

パンチが有る味わいをお求めの方は、
11月16日のブログで紹介した
「イカとパイナップルの甘酸っぱ炒め」
とフォーを選ぶ事をお勧め致します!


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

牛骨スープにレモングラスが効いた穏やかな酸味のスープに、パクチーが爽やかに香 る「牛肉しゃぶしゃぶフォー」 大久保・ベトナムちゃん

image

ランチとディナーと、続けざまに伺ったら
店員さんにあっけにとられた顔をされてしまいましたw
大久保駅前のベトナムちゃん。

  店員さん「『また来る!』と仰っていたので
        来週くらいかと思っていました。。。」

そうですね。。。普通のお客さんなら
そうでしょうけど。
私は、気になるメニューが有ると
ついつい“集中パトロール”をしてしまう
悪い癖が有るんですよ。。。

そう、気になっていたメニューとは
「ベトナム揚げ春巻き」

  店員さん「このタレを付け、なますと共に
        野菜で巻いてお召し上がり下さい!」

オッ!そういう食べ方は
タイ料理のラープに似てますね。

生春巻とは違う、厚めのライスペーパーは、
カラッとモチッと存在感の有る食感です♪
image

餡は、豚肉の他に
干し海老の甘みと香りが主張しますね。

ヌックマムを付け、
添えられた野菜と共に食べると
なますの酸味と海老の甘みが響きあって
香ばしさとデリケートな酸味が融合します!
image


  店員さん「おつまみはコレがオススメです!」

そう言われて注文したのは
「ベトナム風とり唐揚げ」

日本の一般的な唐揚げの
半分ほどのサイズ。

竜田揚げのように片栗粉で揚げた後に
ヌックマムを遣った甘めのタレがかかっています。

揚げ春巻きの重層的な魅力と比べれば
おとなしいかな。

サックリとして
香辛料も控えめの上品な唐揚げでしたね!
image

おつまみの2品は
独り呑みにはポーションが多かったですね。
シメに注文したのは、
「牛肉しゃぶしゃぶフォー」

さっと湯通しした程度の
シャキシャキもやしを別添えにしています。

今回もスープをひと口。
牛骨スープにレモングラスが効いた
穏やかな酸味のスープに
パクチーが爽やかに香る♪
image


“牛のしゃぶしゃぶ”とは
現地でもこういう調理法をしているのでしょうか?

デリケートな酸味と旨みのスープに
柔らかで甘みも感じる
しゃぶしゃぶ肉が良いテンポを与えていて、
これまた美味しい。。。

レモングラスの入った自家製ラー油は、
「鶏肉のフォー」の時より
たっぷり加えても良いかも。

牛肉の澄んだコクとレモングラスの清涼感が融合し、
洗練されたエスニック感に
どっぷりとひたる事ができますよ!

http://30min.jp/place/2061184

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ