ハンバーガー

「タルタルチーズバーガー」 タルタルとチェダーチーズの濃厚タッグを、バランスよく受け止めた、香り高いメリーゴーランド♪ 人形町・BROZERS'(ブラザーズ)

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image

中野で美味しい佐世保バーガーをいただいて。
ふっと想い出したのが、
“グルメバーガーの老舗的な存在”の
BROZERS'(ブラザーズ)さん!

そう、かの松任谷正隆氏も

>「大胆かつ繊細な味。驚きのメリーゴーランドだ!

とコメントを寄せていらっしゃいましたね。。。

「いつでも、行ける近さ!」だと
意外と足を運ばない
“近くて、遠い存在”だったこのお店。

足を運んだのは、実に6年ぶりですw

今回注文したのは、
“看板メニュー”の「ロットバーガー」では無く、
「タルタルチーズバーガー」

生来の天邪鬼が、
今回も遺憾なく発揮されています!

image

今宵のメリーゴーランドも、
“6枚重ね”のレタスが身の丈を稼いでいるんだけど…

胡椒を効かせ気味のパティ、
穏やかなコクがトロトロッと迫ってくる
タルタルに、チェダーチーズ!

これらの“濃厚タッグ”を
レタスが瑞々しく受け止めているから…
堅めに焼かれたバンズの中は、
非常に良いバランスが繰り広げられていまして。

image

フライドポテトは、サクッとフワッと!
オニオンリングは、
玉ねぎのコクと旨みがカリッとトロローン♪

共に塩気を効かせたタイプだけど。
これがまたビールに合う!

ピクルスは、酸味が効いているけど
サッパリタイプで、良い口直しになります♪

image

せっかく、“6年ぶり”に伺ったのですから…
追加オーダーしたのは
「アボカド&クリームチーズサンド」

う…ん。 これは、普通かな?

だって、
クリームチーズ、黒オリーブ、アボカド、トマト、玉ねぎを
挟めば、それなりに美味しいのは当然の事!

そう、ハンバーガーで、
あれだけソースに凝っているんだから
サンドイッチの方も…と期待してしまうのは
仕方がないでしょう?

“素材の、相性勝負”な所を
マイルドなクリームチーズがフワッとまとめた
直球なサンドイッチでしたw


次回は、また6年後?

そこまでインターバルが空くとは限らないけど。
呑むんだったら、他のパトロール店にしようっと。。。

http://30min.jp/place/60379

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

ナン生地で作ったバンズと羊のチーズは、絶妙の相性♪ 東中野・驢馬駱駝(ろまらくだ)の「マンチェゴ(羊のチーズ)&トマトサンド」3

天井 137















ここは、東中野で一番、天空に近い

パオ(遊牧民のテント)です!

驢馬駱駝(ろまらくだ)さん。

 

 

店主「ヴァンチョウさん、行ってみたいです!」

 

前回、クールな印象のあった店主には、

もうブログの事はバレバレですねw

 

 

夜が遅い私にとっては

フードメニューのラストオーダーが1時とは

非常に心強い見方ですよ!


レッドアイ 003



























まずはレッドアイで一息。

 

トマトジュースのマイルドな酸味と

ビールの程よい苦味が

昼の疲れを心地よく洗い流してくれます。。。

 

店主「今日はフードが、殆ど出ちゃったんですが。。。」

 

これはこれは!

こんな肌寒い陽気でもお客さんを呼ぶとは、

ご繁盛、何よりです!


タコとセロリのサラダ  032















まずは、グランドメニューから、

タコとセロリのサラダ

 

“BARのサラダ”にありがちな

体裁だけのサラダじゃ有りませんね。

タコは市販の茹でタコとは違います!

 

プルルンッと生の面影を残し、

心地よい食感!

 

セロリは、

葉と茎をたっぷり使って

心地よいアロマ効果。

 

アンチョビとオリーブオイルを

キリリと効かせて。

闇夜をすべりゆく船旅に

絶好のパートナーとなっています。。。


マンチェゴ(羊のチーズ)&トマトサンド(全体)















ナン生地で作ったバンズを

もう一度食べたかったので、

マンチェゴ(羊のチーズ)&トマトサンド

 

以前、vivoさんで

“スペイン産 羊のチーズ”をいただきましたが

あれとはまた違いますね!


マンチェゴ&トマトサンド(中身が見えたもの)020















セミハードタイプで、

サラッと素朴な口当たり。

羊の乳の適度な香り、

強いコク!

 

ナンの香りを活かした

モッチリパンとマンチェゴ。

 

素朴なテクスチャーの中で

お互いの香りが響きあい。

 

糖度が高いフルーツトマトが

ジュワッと心を潤します。。。


店内(ソファー)139



























気がつけば

健全なサラリーマンは寝静まっている時刻。

 

この穏やかな時間をしかと胸に焼き付けて

下界に降りる事にしましょうか。。。

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

ブログランキングに参加しています
ポチッと応援、お願い致します!



ナン生地で作ったバンズ! ラム肉の独特のコクを活かしながらも、柔らかな香り♪ 東中野・驢馬駱駝(ろまらくだ)の「羊のハンバーグ&ピクルスサンド」5

店内(トリミング)
























高い所は今まで興味が無かった。

それは、

高層階のBARしかり、高級フレンチしかり。

 

でも、東中野の駅前のビルの9Fにある

BARは前から興味が有った。

 

昨日、会社呑みの後。

満たされない気持ちを何かで穴埋めしたくて

自然にビルのエレベーターに乗り込んでいた。

 

9F。。。

エレベーターが開けば

そこは独特な空間。。。

 

遊牧民のテント(パオ)を

現代に蘇らせたというけれど。

 

見方を変えれば、

プラネタリウムのようでも有り、

演劇空間のようでも有り。

 

夜への航海を滑り出すステージとすれば

様々な表情を映すかも知れない。。。


マタドール




























ちょいと気取って

「マタドール」

 

テキーラの情熱と

パイナップルジュースの甘酸っぱさが

この空間に躍動をもたらす。。。


②オムレツ 101















夜の航海はスペインへと辿り着いて、

「帆立と青梗菜・ポテトのオムレツ」

 

“一般的なトルティージャ”との違いは、

青梗菜。
独特の蒼い香りが、玉子の甘さとコクに

更なる輪郭を付けて、新鮮!

 

ホクホクじゃがいもと、

香り豊かな帆立の風味も相性良し♪

 

しっとりとした口当たりの中に

春の蒼い息吹きを感じさせるひと品。。。

 

トリミング バーガー(全体)

















こちらもBARではなかなか見かけません。。。

「羊のハンバーグ&ピクルスサンド」

 

バンズは、ナン生地で作ったそう。。。

 

外側は適度なハリと香ばしさ!

中は、もっちりとした口当たりの中に

小麦のコクのある旨みと香りを凝縮♪

 

ちょっと他では味わった事が無い、

インパクトのあるバンズです!


② バーガ(開け)118



























ハンバーグは、

ラム肉の独特のコクを活かしながらも

柔らかな香り。

羊肉と言っても、野趣を味わうタイプでは無く、

非常に洗練されていて、

5枚ほど加えられたピクルスや

厚切りトマトと好相性♪

 

 

中野からはJRで1駅分、新宿に近いのに、
1駅分以上、緩やかな時間が流れている街、東中野。

 

中野では無い、

ましてや新宿や渋谷でも味わえない、

浪漫溢れる時間が流れていましたね。。。

 

 

私は“高い所”は、いまだに嫌いです!

でも、ここはリーズナブルですw 非常に気に入りました♪



�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

 

ブログランキングに参加しています
ポチッと応援、お願い致します!

「王様のブランチ」等、メディアでも続々と紹介される「ラーメンバーガー」 オリジナルソースが更にコク豊かになって、パンチを増しました! 中野・RAMEN BURGER TOKYO

ブログネタ
食べ歩き に参加中!
image

今朝のニュースで、ロッテリアがまたしても
ラーメンバーガーの新作を出すと報道していました。

記憶に残るだけでも「麺屋武蔵」「大勝軒」とコラボをしているから、
15日から都内43店舗で先行販売する「蒙古タンメン中本」とのコラボは、
ラーメンバーガーとしては、3回目でしょうか?

某ニュースサイトでは、“過去最悪の商品”
“焼きそばパン”と酷評されてもなお
ロッテリアがラーメンバーガーに固執するのは、何故か?

 >ロッテリアは、創業以来、“業界初”の話題と商品 のおいしさを提供し続け

この辺が公式の開発意図のようですけど…
最王手のマクドナルドでさえ赤字を出している時代ですからね。
ファストフード業界の迷走のように感じざるを得ません。。。

さてさて、こちらは来週放映の「スーパーJチャンネル」
「王様のブランチ」等、メディアでも続々と紹介されるみたいですよ!
中野のRAMEN BURGER TOKYOさん!

image

オープン時は「ザ・オリジナルバーガー」をいただきましたが、
本日は、もう1つのバーガー
「ザ・ワークスバーガー」をいただく事に。

image


  店員さん「ソースがこぼれますので、
                         このままガブッとお召し上がり下さい」

image

そう、オープン当時は
クラフト紙をベースにした特製のラッピングが施されていて

  店員さん「紙をビリビリッと破いて、お召し上がり下さい」

とアナウンスされましたが。
バーガー袋の端をめくった形で提供されるようになりましたから、
食べ易くなりましたね♪

image

それと、もっと違うのは“オリジナルソース”の濃さ!

オープン時は、ハンバーグにサラッとしたソースを
くぐらす程度であったのに対し、
今日のソースは、“玉ねぎを増量した、コクと甘みが効いたソース” が
タップリ♪

image

前回の「ザ・オリジナルバーガー」の画像と比べると
ソースのかかり方が違うのが一目瞭然でしょう?

“中華麺で作った、バンズ” も
成型度合いが高まって、モチモチ感がアップしています!


私は、オープン時の“サラッとした、オニオンペースのソース”と
“アンガス牛100%のパティ”が織り成す、素朴な味わいも
嫌いじゃなかったけど。

今回の“玉ねぎを増量した、コクと甘みが効いたソース”の方が
多くのお客さんのハンバーガーに対するイメージに
近づいたと思います。


特に、「ザ・ワークスバーガー」は、
青梅豚のベーコン、生みたて卵の目玉焼き、チェダーチーズも加わって
まさにアメリカン! 賑やかな味わいになっていますから、
食べ応えがアップしている事は、言うまでも有りませんね!

image

子供の頃は、“薬臭い”と思って抵抗が有った
「ドクターペッパー」

濃いめのカラメル風味の中に
クローブやジンジャー等と思われる、
複雑なスパイスや果実の香り。。。

このフレーバーの凝縮形が
当時の日本に無かったものだから、
奇異に思えたのかな。。。


そう、来週からロッテリアで販売されるラーメンバーガーが
“一連の、焼きそばパン”で終わるのか、否か、解らないけれど。

こちらは、紛れもなく“ラーメンで作った、バーガー” !!

多くのメディアで取り上げられるようになったら、
今日みたいにフラッと立ち寄れなくなるでしょうけど。

中野住まいの人間からすれば
それもまた、ちょっと嬉しい事かも知れませんw

http://30min.jp/place/2432343/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

“世界初”のシーフードバーガー専門店の限定品! トロ~ンとミルキーなエキスが 溢れます♪「スモークオイスターバーガー」 赤坂・レッドテイル フィッシャーマ ンズロール

image


  >世界初の「シーフードバーガー専門店」

そういう触れ込みで、去年の11月にオープンした事は
情報としては知っていましたが。

このブログの長年の読者さんならお気づきでしょうが
通勤圏内ではない店には、私はなかなか足を運びません!

ネタの為に、電車を乗り継いでまで
足を運ぶような真面目なブロガーでは無いんです。。。

「まっ、いつか機会が有ったら・・・」と思っていたら
あっと言う間に3ヶ月も経ってしまいまして。。。


本日、仕事の打ち合わせ後にふと思い出し、
ググッてみれば、
東京メトロ・赤坂駅7番口のすぐ隣にこのお店は有りました。

店頭には“限定販売”の立て看板。
スモークには目が無いので、早速頼んでみました!
「スモークオイスターバーガー」
image

“市販のオイスターのスモーク”は、
ドライフルーツのように
ハリのある食感の物が多いですが。

こちらは、お店でスモークしているそうで、
生牡蠣に限りなく近い、プルッとした食感!

多分、スモークサーモンのように
冷燻(低温で長時間燻製したもの)
しているんでしょうね。。。


口に含めば、とろけるように瑞々しく、
トロ~ンとミルキーなエキスが溢れ。

“市販のオイスターのスモーク”のような
ひなびたイメージは全く有りません!

胡麻をたっぷりと散りばめたバンズは
サラッとした口当たりで香ばしく。

シーフードを挟み込む事を念頭に入れた
デリケートなタイプですね。

このバンズも店内で焼いているそうです。


¥1000を超える“グルメバーガー”の類も
何度かいただいた事が有りますが、
あの手のもの特有の“気負い”が無いですね。
フワッとジュワッと、美味しくいただきました♪
image

そして、これまた予想外だったのが
セットで供されていた「フレンチフライ」

塩っぱく無い! 油ぎっていない!が第一印象。。。

さらりと口の中でほどけて
ほっくりと甘い。。。


東京メトロの出口の真横にある
ファストフードの店ともなると
“それなりの店”かと思いきや。

なんのなんの!
手料理感覚溢れる、ちょっと面白いお店♪

“世界初”のお店の“限定品”
これは試してみる価値が有ると思いますよ!
http://30min.jp/place/2361125
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ