東中野 ふじやん

照り焼きのような安心感と、唐揚げの香ばしさの良い処どりに、オリジナリティー有り! 東中野・ふじやんの「若鶏の唐揚げ」

image

ちょっとご無沙汰してしまいましたねw
東中野のふじやんさん。

店主は魚の目利きのですよ。

チェーン店じゃあ無いから、
日によって扱っている魚は違いますが、
店主が選んだ魚は外れた事が有りませんね。

例えば、「ひらまさカマ焼」

刺身でも頂けますが、
私はひらまさだったら、焼き物が好き。

旬のひらまさは
フワッと柔らかな脂のりと
身の溌剌とした香り、密やかな甘味に溢れて。

よくブリと比較されるようですが、
私はひらまさの方が
脂のりが上品だと思うし、
身の旨みも強いと思います。

パリッと香ばしく旨味をたたえた皮と
柔らかな香りがふうわりと拡がる身。

やっぱり焼き物の方が旨い魚だな。。。

image

さて、“とうがらし味噌炒め”は濃厚タイプでしたが、
こちらはサッパリタイプですね!
「ナスの揚げ出し」

鰹出汁を効かせたつゆは
醤油っ気を抑えてやわらかな表情。

ナスはサッと揚げて、食感を残し。
飾り切りにして有るので、
口の中でフワッと解れ、
出汁の旨さを放ちますね。

シンプルな料理に見えますが、
丁寧な下ごしらえが嬉しい、ひと品。

image


   店主「割り醤油には、キュウリの摩り下ろし入りです!」


「とり皮ギョーザ」を供する時、
店主はそっと教えてくれまして。

プリッと、鶏皮の香ばしさと
脂の旨味をたたえた
コク豊かなとり皮ギョーザ。

タレを酢醤油にせずに、
キュウリの摩り下ろしを加える事によって
瑞々しい爽やかさが加わりますね。。。

こちらも、とても食べ応えが有りました!

image

食べログで絶賛されていたので
私も注文しましたよ!
「若鶏の唐揚げ」

そう、お惣菜屋さんによく有る
オイリーでニンニクを効かせたタイプと違って、
和の趣き。

しかし、“和”といっても、
薄味という意味ではなく。

醤油と味醂でしっかりと漬け込んであるから
照り焼きのような安心感と、
唐揚げの香ばしさの良い処どり♪


奇を衒う料理人が多い今の時代。

ふじやんさんのような
手間を惜しまない味作りに出逢うと
ホッとしますね。。。

http://30min.jp/place/2345538/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

「鯨タタキ」 まさしく、トロより旨い! 雄々しい香りがグイグイ攻めてきます! 東中野•ふじやん

image

酒を提供するだけでは無く、
酒を美味しくさせる料理が無いと
本当の居酒屋とは言えないと思いますが。

こちらは、まさに居酒屋の本道!
ついつい足を運んでしまいます。
東中野のふじやんさん。


いやあ、こんな美味しい物
本当に食べられなくなるんでしょうかね?
「鯨タタキ」

僕等が呑みはじめた頃は、
既に鯨が高級品になっていまして。
そう、チョイチョイ食べれる物では無かったですね。

鯨は魚と違って哺乳類だから、
魚とは明らかに肉質が違うけれど。
魚と肉の“良い処どり”の風味が有る気がします。

口の中でサッと溶けると、
馬肉をもっと雄々しくしたような香りが
グイグイ攻めてきて。

鮪よりも脂が少ないながらも
すぐに主張のある旨味が
フワッと拡がって♪

他の獣肉のように重々しくないから、
酒の余韻を邪魔しない。。。

昔の人は
「鮪のトロより旨い」とよく言っていましたが。
私も、激しく同意致します!

image

居酒屋の定番も、手練の技!
「牛もつ煮込み」

味付けには、白味噌と醤油を使っているのかな?
具材にちょうど良い塩分が沁みています。

汁をすすれば
味噌の香りが活き、
牛蒡の香りが溌剌と拡がる。。。

多くの居酒屋が、
酒を呑ませるが為に
濃いめの味付けになっていますが
ここの味付けは、非常に上品!

こんにゃくもしっかりと香る
上質な物を使っている所が嬉しいですね!

image

ちょいと小腹が空いている時は
「ふじやん  ゴーヤチャンプル」

料理名に“ふじやん”を付しているのは
豆腐の代わりに、
厚揚げを使用したオリジナルだから。

    店主「どんなに水切りしても、
             豆腐だと水が出ますから」

 確かに“おつまみ”として考えれば
こういう考え方もアリですね!

柔らかな塩味で、醤油は香り付け程度。

豚の香ばしさと旨味、
ゴーヤの香りがよく活きて。

ベタッとした味付けじゃ無いから、
これもまた酒とよく響き合って◎♪

image

そう、この店は私に限らず
食いっぷりの良いお客さんが
他の居酒屋さんより多い気がします。

いつも思うのですが、
濃過ぎず、薄過ぎないハイボール!

それを褒めると、照れ笑いをする店主。

そう、当たり前な事も、
重ね続けていれば、
人の心を打つサービスとなるものなのですね。。。

http://30min.jp/place/2345538/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

逸品到来! トロッと艶やかになった茄子の野趣と、真っ直ぐな唐辛子味噌の香り♪ 「ナスのとうがらし味噌炒め」 東中野・ふじやん

image

元は、赤坂の人気店のご出身だから、
腕は確かです! 東中野のふじやん♪

和食をベースに、創作料理もセンスを感じさせるし。
何しろ、気取りの無い店主の性格は、
夜を彷徨う疲れた紳士淑女の心に、
ほっこりを火を灯すみたい。

ウンチク先行型の料理は無いけど…
キッチリとした仕事で唸らされますよ!
例えば、「海鮮サラダ」

だって、刺身で供している
マグロ・生タコ、黒鯛までもドーンとサービス♪

申し訳程度の、海鮮ミックスや
ツナ缶なんかで誤魔化している他の店とは、
訳が違うでしょう?

さっぱりとした酸味のドレッシング遣いも
なかなかです!

image

串焼きは、日替わりでいろいろ愉しめますが。
これには唸らされました!「うなぎ肝串」

プリッとネットリ!
心地よい苦味と濃厚な旨味の鰻の肝♪

味醂を効かせたタレが、
肝の旨みも苦味もほど良い甘さで包み込んで。。。

近隣の鰻屋さん!
これが供された日には、覚悟をして下さいねw

image


  店主「これを注文されたのは、初めてですよね?
     実は、このメニュー。 お袋とコラボなんですよ♪」

そう言いながら供してくれたのが、「ナスのとうがらし味噌炒め」
何でも、秋田のご実家の周りでは“ばっちゃ味噌”と呼ばれて、
仕込みの季節は、ご実家に予約殺到だそう。

そう。。。味噌の香りがフワッ!
青唐辛子のキレに縁取られた、コクと旨味がグワッ♪

トロッと艶やかになった茄子の野趣と
誤魔化しの無い、真っ直ぐな唐辛子味噌の香り!
ドスンと心に響きました。。。 これ、逸品です♪

image

お母さんが力強ければ、
息子さんは繊細に育つのかな?
「新じゃが煮」

醤油っ気を抑え、少し甘みを立たせた
透き通ったつゆでさっと煮にしてあるから
新じゃがの甘みや香りが活きていますね。。。

濃い目に仕上げた、“おふくろの味”も良いけど…
こういうサラッと加減が、
酒の旨さを響かせる、居酒屋ならではの洒脱。。。

image

そうそう! 今回驚いたのは、
「ハイボール」

ブラックニッカ クリアを使用しているそうだけど。
濃過ぎず、薄過ぎず。店主は、割り方が上手いですね。。。
しかも、サワー用のグラスで提供だから、オ・ト・クなんです♪

image

シメは「稲庭うどん」

トゥルンッと心地よい食感!
今まで食べた稲庭のうちで
一番、のど越しが良いかも♪
つゆも味醂の甘さ、節の旨味をしっかりと伝えて心地よし!


いやあ。。。ふじやん!
改めて言うけど、何でも作れるんですね♪
http://30min.jp/place/2345538/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

「干しホタルイカの炙り焼き」は、濃厚な旨みとほろ苦いワタの風味の、痛烈パン チ! 東中野・ふじやん 

image


    店主「西口の方から?
       こんな最果ての店に、ようこそ!」

いつも遅い時間に伺う私。 住んでいる場所を聞かれ。
駅の反対方向に自宅が有ると言ったら、こんなお出迎え。
秋田のご出身の店主は、なかなか面白い事をおっしゃいますw

さて、最初にいただいたのは
「赤貝ひも刺し」

コリコリッと心地良い食感と共に
ジワッと柔らかな潮の香り。
柔らかな甘みと仄かな苦味が交差し、
これが赤貝の醍醐味ですね。。。

春の潮風を感じる、小粋な刺身です!

image

“ホタルイカの酢味噌和え”も有りましたが、
あえてこちらを注文しました!
「干しホタルイカの炙り焼き」

さっとボイルしたホタルイカも美味しいけれど…
太陽が熟成させた素干しのホタルイカは、
スルメイカとは違う濃厚な旨みと
ほろ苦いワタの風味の、痛烈パンチ!

ひと噛み毎に、
体がプルプルッと震えてしまうほどの
濃厚な美味しさ。

これ、オススメです!

image

店主は焼きものが得意ですね!
「砂肝の串焼き」

はじめは、しっとり!
ふた噛みめからは、コリコリッと澄んだ旨みが流れ出して♪
炭火串焼き屋さんとは違う、
繊細な食感と程よい塩加減。。。

image

これもまた珍味です!
「ささみ一夜干」

これは味噌漬けの一夜干しでしょうか?

いつもは、あっさりし過ぎるささみも
一夜干しにした事によって、ちょい悪?
いえ、ちょいとハリのある食感を増した、
ワイルド仕様!

引き締まった食感の中に
味噌の香りと旨みをやんわりとたたえて、
上品な旨みが更に引き立っています!

image

いただいた焼酎は、「龍王」

あまり見かけない焼酎だなあと思ったら、
酒蔵の組合で作った、業務用の焼酎だとか。

黄金千貫芋を黒麹で仕込んだというこの焼酎。
芋のコクを活かしながらも、
口当たりはまろやか。


ホタルイカやささみを片手に
ついつい呑み過ぎてしまいました。。。

http://30min.jp/place/2345538

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

「あったか~い ポテトサラダ」 それは、「ポテトフライ」と「ポテトサラダ」の好い処どりの、潔いサラダ♪ 東中野・ふじやん

image


             「美味しいお店を探すのが上手いですね!」

そういう類の言葉を、時々かけられたりします。
確かに、ここのブログの「変わったお店。。。」
のページで紹介した数店を除けば
どのお店も特徴が有って、美味しいお店ばかり!

私は食べログにレビューを時おり投稿しますが
逆にWEBでお店を探す事は、殆どしないので・・・
お店の発信する“気”のようなものを感じて
お店選びをする事が多いですね。。。

昨夜、Facebookを確認せずに
ヴァンチョウさんに足を運んだら、まさかの連休!
トボトボと道を歩いていたら、
あるお店から美味しいオーラを感じました♪
そのお店の名は、呑み喰い処 ふじやん。

8席ほどのカウンターに、12人ほど座れる小上がり。
特に変わった店構えでは無かったのですが。
店の外まで“生真面目な店主のオーラ”が流れていましたね。

メニューを見ると、店主は秋田のご出身とすぐ解りました。
まずいただいたのは「秋田直送! いぶりがっこ」

嗚呼。。。こんなに瑞々しいいぶりがっこは初めて♪

シャキシャキと心を弾ませる音が
顎から胸元に駆け下りる時、
澄んだ大根の甘みと香しい囲炉裏の香りが心を震わせ。。。

燻香はしなやか、麹の豊かな香りが溢れる、溢れる♪
こんなに艶やかないぶりがっこは、
なかなか出逢えませんね。
丁寧に漬け込まれた事が静かに伝わる、逸品です!

image

さてさて、こちらもメニューを見た時からトキメキましたよ!
「あったか~い ポテトサラダ」

実直そうなご主人は、“レンジでチン”なんてしませんw

オーダーを受けてから、厨房に何度も足を運び
トントンと心地良い音を立てて芋をマッシュ。
出来立てのホヤホヤだから、“あったか~い”んです!

  私「お芋、揚げてますよね?」
  店主「はい!」

これは、初体験! ポテトを皮ごと揚げているから
皮目の香ばしさと、油によって艶めいた芋の甘さ!
これは、「ポテトフライ」と「ポテトサラダ」の好い処どり♪

具材は、変に小細工をせずに
彩り目的の青ねぎと人参の細切りという所も
潔くて良いですね!

塩かどを抑え、僅かなマヨネーズ使いであるところも、
“ポテトが主役”の堂々たる風格を醸し出して、痛快!

image

昨日は、他に2品を注文し、
“今シーズン最後の鍋“にもありつけたけど。

「いぶりがっこ」と「あったか~い ポテトサラダ」に
想いを込め過ぎて、入力文字数が残り僅かw

image

続きはまた、別の機会に。

だって、ふじやんさんは、2時までの営業!
夜が遅い私にとっては格好の、
“おとなのお愉しみ処”なんですから。。。

http://30min.jp/place/2345538


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ