中野 豚野郎

麺の硬さは指定不可!! するするっと滑り込んでくる…洗練かつ、濃厚な豚骨の旨みを愉しむ「努豚骨」(ドトンコツ) 中野・豚野郎

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image


  >努豚骨とは、超弩級を表し
      濃厚の中の濃厚を意味します。

公式HPにはそんな店主のメッセージがありましたが。

「ド」という文字の響きには
“度を越した”とか、“度が過ぎる”というイメージも
有りますよね。

なので、初回は「努豚骨」を注文するのを
正直、ためらいましたが…

豚野郎さんに通い続けるうちに
とっても興味が沸いてきまして…、今回いただく事に。

スープは、若干のトロミは有るものの、
臭みは殆ど無く。
“洗練された、濃厚な豚骨の旨み”と“脂の甘み”が
するするっと滑り込んでくる感じ。。。

そして…いつもながら、キュッキュッ!と、
心地良く嚙み締め甲斐が有る麺♪

 >当店は麺の硬さは指定できません。
  当店の濃厚スープに合う硬めで提供しています。

店内には、そんな貼り紙が掲げて有ります。

image

多くの豚骨ラーメン屋さんは、「パツッ!」と弾けて
小麦粉の“粉っぽさ”を残すような“硬め”であるのに対し。

豚野郎さんの麺は、キュッキュッ!と、
心地良い噛み応えの中に
小麦の旨みがサッと拡がる、主張のある硬さ。

基本、私はスープを多めに飲んでしまうので
普段は“替え玉”をしない人なんですが…

香ばしく、旨みの強いこの麺を
もっともっといただきたくて、
数年ぶりに注文してしまいましたね!

image

でも、このスープは、
「辛豚骨」(しんとんこつ)となると
また表情が変わります。。。

そう、“甘辛だれ”は
コチュジャンがベースのような香りがしますが
質感のある甘みをたたえているので
辛さがうわつかずに…

“洗練された、豚骨の旨み”に
さらに人懐っこい甘みと、
気高い辛味と香りが加わって、奥深い。。。

image

他所の、単にドロドロしただけの豚骨なら
辛味を加えると、
それだけで下品な味になりそうだけど。

「努豚骨」の“ド”は、
作り手の“究極の努力”が辿り付いた味。

 >他店が真似をしたとしても、
       我らの努力は真似出来ないと思います。

ううん。。。 豚野郎さんとは
ちょっと違った職種だけど、
一度でいいから、こういう言葉で仕事を語ってみたいな。

お店は、中野駅からも、東中野駅からも
徒歩10分ほどかかる、住宅地にポツンとたたずんでいて。

店名の雄雄しさから、
ややもすると、誤解されそうなお店ですが。
私はいつも店主が醸し出す繊細な表情に驚かされますね。

そう、他店に無い輝きに満ちた、
私が最も好きな豚骨ラーメン屋さんです!

http://30min.jp/place/2323747/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

「辛豚骨」 博多から上京してきた豚野郎の、痛快なる挑戦状! 一本調子では無い 味の“ゆらめき”さえ感じます♪ 中野・豚野郎

image


  >あなたの食べている豚骨は
     本当に豚骨ですか?

そんな言葉が食べログの店舗紹介に書いて有ったけど。

その言葉がハッタリでは無い事が
今回、よく解りました!

東中野と中野の駅のちょうど中間あたり。
住宅地にポツンと店を構えるという事は、
よほど腕に自信が無いと
出来ない事だと最初から思っていました。

そう、博多の屋台で“本場の豚骨”を食べた時は、
犬小屋の隣で食べているような獣臭に戸惑ったし。

都内で食べる豚骨は、
“濃厚”ではあるけれど、
“深み”が無いような気がして、
自分の中で豚骨は、塩や醤油のラーメンに比べて
優先順位が低い存在だった。。。

ところが、
博多からやってきた、この豚野郎!

  「和豚骨」(わとんこつ)は、
   スープにまろやかな厚みが有って、
   洗練されていたし。

   「博多豚骨ちゃんぽん」は、
   濃厚さと瑞々しさが
   良い感じで響きあっていたし。


期待に胸を膨らませて今回頼んだのは、
「辛豚骨」(しんとんこつ)

「和豚骨」よりさらに濃厚で
トロミさえ感じるこのスープは・・・
濃厚でありながらも、豚骨臭が無い!

旨みを凝縮させていながらも、
まろやかで、自然な甘みさえ感じられて。

一本調子では無い
味の“ゆらめき”を感じます。。。

私は、スープ類において
この“ゆらめき”は非常に大事だと思っていて。

化学調味料やエキス類で構成されたスープは、
最初から最後まで、金太郎飴みたいに同じ味だけど。

複数の天然系の調味料で構成されたスープは、
素材の一つ一つの風味が弾け、
余韻の残り方がなだらかだと思っています。

紅生姜を卓上に置かない事は
多くの豚骨ファンは戸惑うかも知れませんが、
私はこのスープには必要ないと思いましたね!


  店主「よく混ぜてから、
                 お召し上がり下さい!」

実は、最初に店主にそう言われましたよ。
でも、元のスープの味を知りたくて
“甘辛だれ”のない部分を、最初に飲んだんですけど。

“甘辛だれ”を混ぜていただくと、
このたれが
デリケートな豚骨スープのコクと旨みを押し上げ、
コチュジャンの香りと辛みがキリリと引き締めて。。。

“ウマカラ”を売りにしているラーメンの類より
さらに表情豊か!  さらにコクが有る♪


  >あなたの食べている豚骨は
     本当に豚骨ですか?

あの店舗紹介のフレーズは
東京の豚骨ラーメンへの挑戦状だと思いましたが。

この痛快でしなやかな響きに対抗できる豚骨ラーメン。
私はまだ出逢った事が有りません!

image

一緒に注文したのは
「超熟豚飯」

“門外不出の甘ダレ”に漬け込んだ豚肉は、
“甘い”と言っても
ふくよかなる甘みと旨みにあふれていて。

脂身は甘く、澄んでいます!

そう、よくある“チャーシュー丼”とは違う
豚バラならではの瑞々しさが有ります!

あと、嬉しかったのは
今までのラーメン屋さんでは、出会えなかった
白飯の美味しさ♪ 

豚野郎!

最初はこの店名に違和感を感じましたが。
豚骨に対する愛に溢れた店主の事かな…
と思ったりしています。

http://30min.jp/place/2323747/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

限界まで豚骨の旨味を絞り出した、トロトロッと泡立つスープ!「超熟豚飯」も雄々しく、ドカッと胃袋を満たします♪ 中野・豚野郎

ブログネタ
好きな麺料理と言えば? に参加中!
image


豚骨一筋、
一日100杯限定!

限界まで豚骨の旨味を絞り出したと言う
トロトロッと泡立つスープ。

豚骨臭が無いばかりか、
意外な程に洗練された旨味と
ふくよかな甘味に溢れていて。

この店に出逢うまでは
豚骨ラーメンは、
優先順位が高くは無かったのですが…

今では週末にこちらに伺う事が楽しみになりました。
中野の豚野郎さん。

今週いただいたのは、
「和豚骨」

何度いただいても驚かされるのは、

        パツッ!と、

口の中で心地良い歯切れと共に
香ばしさを放つ、麺の旨さ♪

   >麺の固さは、
            お客様は調整できません。

卓上に紅生姜や高菜が無いのと同様、
店がベストと思う一杯を提供する…

時代に流される事無い、
そんな頑固者の店が有っても良いと思います。

緻密な肉質のチャーシュー、
凝縮した旨味の乾物筍から作ったメンマも
キリッとした旨味を弾いて相性良しです♪

image

替え玉や雑炊も良いけれど…
久々にこれが食べたくなりました!
「超熟豚飯」

お店のウリは、替え玉よりも
残しておいたスープに「雑炊セット」を
加えて食べる事を勧めているようですが…

ここのご飯は、
和食屋さんで出てくるような、
甘い香りをたたえたふっくらご飯だから、
個人的には、雑炊にするのは勿体無い気がしましてw

炙りを入れて香ばしさと脂の甘味をたたえた豚肉に
コクが豊かな甘だれが良く合って。

たっぷりと添えられた
刻み海苔、炒りごま、万能ねぎの風味とあいまって
雄々しく…ドカッと胃袋を満たしてくれます。。。

image

“豚骨一筋”だから、これもひと味違います!
「博多豚骨ちゃんぽん」

  >長崎の有名店主も脱帽した博多風本格ちゃんぽん

このフレーズを店内POPで見た時は、
よく有るキャッチフレーズの一つみたいで、
さして驚きませんでしたがw

具材は、
キャベツ、もやし、チャーシュー、蒲鉾、
さつま揚げ、万能ねぎ、胡麻。。。

海鮮具材を使っていないように見えますが…
豊潤な豚骨スープの旨みと香りが
野菜の甘みと響き有って豊潤!

長崎の有名店主も脱帽したってのも、
限界まで豚骨の旨味を絞り出したスープを使った
この博多風本格ちゃんぽんの豊潤な響きに
驚いての事では無いでしょうか?

噛み締めの有る中太のちゃんぽん麺も
小麦の芳醇なコクと旨みが有って
食べ応え有り!


中野駅からも
東中野駅からも、徒歩10分程。

びっくりする程に
人通りが少ない通りで、孤軍奮闘!

しかし、足を運ぶ価値は有りますね。

目印は、中野区立もみじ山保育園。
左脇の小径を下りて、左のお店ですよ!

http://30min.jp/place/2323747/map/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

長崎の有名店主が脱帽!? 濃厚さと瑞々しさが良い感じで響きあっています♪ 中 野・豚野郎の「博多豚骨ちゃんぽん」

image

お品書きには、
「努豚骨」に「辛豚骨」という名の
本場・博多の豚骨ラーメン!

店名はインパクト大の、「豚野郎」w

先月、こちらに伺った際に

  >長崎の有名店主が脱帽した味

そんなキャッチフレーズが妙に印象的で。
その謎を究明しに、再び伺いました!
中野の豚野郎さん。

image

謎を解き明かしたかったのは、
「博多豚骨ちゃんぽん」

“長崎ちゃんぽん”のように
海老やイカなどの海鮮類を使っていない分、
見た目はちょっと地味な印象を受けますが・・・

トロッとした濃厚スープは
やや褐色ががった見た目以上に
コクや旨みがギュッと凝縮されていて。

若干、スモーキーな香りがするのは
“狙い”なのか、“たまたま”なのかは解りませんが…

海鮮と野菜の甘みが立って
とかくミルキーな印象になりがちな長崎ちゃんぽんと比べ、
このスモーキーな香りに縁取られたスープは
シャープなパンチ有り!

シャキシャキと食感を残したもやしの効果で
濃厚さと瑞々しさが良い感じで響きあっています♪

麺は、一般的な“ちゃんぽん麺”より
ひとまわり細めですが、
小麦の旨みに溢れ。
プツッとした、心地良い食感を愉しめます。。。


  >長崎の有名店主が脱帽した味

“長崎ちゃんぽんの味”を愛する方々にとっては、
あの海鮮の香りがしないのですから
物足りなく思う人も居るかも知れません。

しかし、「和豚骨」(わとんこつ)を食べた時の
「アレッ?」と思わせた野菜のまろやかさに
堂々たる豚骨の迫力が加わり、
たっぷりと加えられた炒り胡麻の香ばしさとが相まって
これは、“おとなのちゃんぽん”♪

私は旨いと思ったな。。。

image

こちらも一筋縄ではなかったですよ!
「博多にぎり肉牛蒡」

普通のラーメン屋さんなら、
“チャーシュー丼”等を提供するのを
敢えて“にぎり飯”にしている所が
食べ易くて良いですね♪

そう、ザク切りのチャーシューと牛蒡で
炊き込みご飯を作って握り。
それを提供前にバーナーで炙るという手の込みよう!

ごはんは、
チャーシューの旨みと甘みに溢れ。
牛蒡は“エグミ”と感じる人も居るのでは?
と、勝手に心配してしまう程に存在感を主張!

“炊き込みご飯のオコゲ”が大好きな方!
この「博多にぎり肉牛蒡」は、
バーナーで炙ってあるから
オコゲ風の香ばしさも愉しめるので
ファンになるかも♪

JR中野駅から徒歩10分ほど。
夜は、めったに人が通らない住宅地に店が有るけど
足を運ぶ価値の有るお店だと思いますよ!
http://30min.jp/place/2323747

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

中野の食の逸品グランプリ 二次審査進出の「怒豚骨」 次回は「塩豚骨」で獲りに行って下さい! 中野・豚野郎

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image

中野の食の逸品グランプリは、
本日、最終審査を終了!
現在、集計中のようですが…

実食部門で私が投票した3店舗のうち、
豚野郎さんの「怒豚骨」は、
最終審査に残れなかったみたいですね。。。
残念!

JR中野駅からも、東中野駅からも
徒歩10分程の住宅地の中。

決して人通りが多い場所とは言えない所で
孤軍奮闘されている様は、
まさに“野郎”そのもの!

そんな住宅地の中で「怒豚骨」と言うと
ギョッとされる方もいらっしゃると思いますが…

これは、超弩級の“濃厚中の濃厚”を意味する
ネーミングだそう。

そう、確かにグッと噛み締めたくなるスープは、
濃厚と言っても、クドさは全く有りません!

豚骨のコクとコラーゲン質のまろみを磨き上げて
すっと身体中に染み入る感じ。。。

プリッ! じゃ無くて、
キュッ!と音でもするかのような
心地良い噛み締めと小麦の香り・旨みをたたえた
麺も洗練!

最終審査で審査員の先生方に
食べて欲しかったなあ。。。

image

さて、券売機に小さいメモが貼ってあるだけ。
いつから登場したメニューなんでしょう?
「塩豚骨」

見た目は、「怒豚骨」に
メンマと刻み海苔を加えただけ?
そう誤解されそうですが…

ポタージュのようなトロミがあっても
変な重さが無いスープは、
わずかな塩味で
洗練された豚骨スープにさらに淡い輪郭ができ。

まろやかさが更なるスピード感をもって
押し寄せてきます♪

細くて凝縮した旨みのメンマ、
これもなかなかの旨さ!

刻み海苔も、
このマイルドな濃厚さが有るスープだからこそ
合うのでしょうね。。。

スープを完食しようとして、
最後のひと口に、
すっとよぎった節の風味。

この奥ゆかしい立役者が
この一杯にさらなる深みを与えているのでしょう。

今年は、残念!
しかし、今度は「塩豚骨」を引っさげて
グランプリを獲りに行って下さい!

http://30min.jp/place/2323747

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ