池袋 古都台南担々麺

躍動するウマカラ味が心を揺さぶる「揚げ臭豆腐の辛口炒め」 味玉を加えても、250円♪ “素朴”な味わいが素晴らしい「担仔麺」 池袋・古都台南担々麺

炒青菜(青菜炒め)  19.2.18   94

 

「今日… 青菜は何が有るの?」

 

彼女は中国語で、そう聞いてくれたのだと思う。。。

 

「青梗菜だって…それでも良い?」

 

私の身体を気遣って、

中華料理屋に足を運ぶと…

 

必ずと言って良い程、

青菜炒めを注文してくれる台湾娘。

 

ここ、古都台南担々麺さんでも、

そう聞いてくれて、嬉しい反面…

 

御徒町と違って、青菜炒めの種類が少ないと、

少しがっかりしてしまった私。

 

でも、ほどなくして供された

炒青菜(青菜炒め)」を口にして、

すぐに機嫌が直りましたw

 

大ぶりに切り分けられた青梗菜は、

ふんわり&しゃっくり… 

少し、柔らかめでありながら。

 

淡い塩味と、香ばしい炒り胡麻の風味をたたえて、

中華風の“さっぱり胡麻和え”のようで、新鮮♪

 

椒塩排骨(スペアリブの塩胡椒炒め)  19.2.18   97

 

注文は、いつもながらの…

台湾娘へ丸投げ(お任せ)でw

 

次に登場した

「椒塩排骨」(スペアリブの塩胡椒炒め)は

台湾の定番料理ですね♪

 

そう、古都台南担々麺さんのスペアリブは、

骨の周囲にた~っぷりのお肉を残し。

 

たっぷりのニンニクと唐辛子、

ネギと黒胡椒で塩炒めにしているから…

ひとくちめは、サクッとピリッと

 

すぐに追いかけてくるのは

ガーリックの高揚感!

 

ジワジワと押し寄せてくる

黒胡椒の爽やかな香りと唐辛子の辛味

ビールがクイクイいける、逸品です

 

韮黄牛肉(牛肉と黄ニラ炒め)  19.2.18   114
 

 韮黄牛肉(牛肉と黄ニラ炒め)」も、

台湾娘の大好物!

 

オイスターソースと中国醤油を使った

こっくりとした濃厚な味付が…

 

揚げ炒めをした牛肉の香ばしさと旨み!

黄ニラの甘みと香りと、よく合って♪

余韻に五香粉がスッと横切るあたり、

台湾でいただいた屋台料理を懐かしく想い出しました。。。

 

砂肝の醤油炒め  18.2.18  144

 

「今日は砂肝が有るって! 食べる?」

 

えっ? それって、メニューに載っていない奴?

 

台湾娘と同行すると、いろいろ役得が有りますね?

 

こちらは、「韮黄牛肉(牛肉と黄ニラ炒め)」と違って

少し甘めの醤油味で…

 

甘塩っぱさの中から、

ジワジワと拡がる生姜爽やかな高揚感

 

飾り切りの砂肝のフルコリッとした

心地よい食感と共に愉しみました。。。

 

臭豆腐炒め   19.2.18   105

 

「次は、貴方の大好きな奴!」

そう聞いただけで、パブロフの犬のように

よだれが口の中で溜まり。

トキメキを禁じ得ませんでしたね。。。

揚げ臭豆腐の辛口炒め」は、

予め臭豆腐揚げてから炒め上げるので…

 

サクサクとした食感が加わり

匂いもマイルドになって、

食べ易くなっていますよ!

 

納豆の香り、漬物の香りが

タッグを組んで

 

クリームチーズに似たコクをたたえ、

周囲がサクサクと香ばしい臭豆腐を…

 

躍動するウマカラ味でいただくと言ったら

読者さんは解っていただけるでしょうか?

 

うん池袋に来た! 

 明日、頑張れる

 

そんな気持ちにさせてくれる

狂おしい程に心を揺さぶる逸品です。。。

 

三杯鶏  19.2.18 122

 

台湾娘のソウルフードの到来で

宴は一気呵成に盛り上がりました!

三杯鶏

 

ゴロゴロッと、豪快に加えられたニンニクが、

たっぷり加えられた

生姜・唐辛子・台湾バジルの風味を押し上げ。

ごま油・酒・醤油を等量づつ使った濃厚ダレに、

躍動感をプラス

 

 

担仔麺   19.2.18  151

 

「今日は、担仔麺

 

台湾娘がそう注文すると…

 

ママさんは「玉子は、いる?」と私に聞いてくるので

味玉をトッピングして下さいまして♪

 

「知ってる? 玉子を加えても、250円!」

 

…と、台湾娘が教えてくれて、ビックリ!

 

スープをすすると、

ほんの少しにんにくを感じましたが…

 

うどんスープよりも塩分が低い

さっぱりスープに、濃い目の味付の挽肉そぼろ

 

素朴」って、素晴らしい!

 

そして、丼とは違う、小ぶりなこのお椀で食べる量が

また素晴らしい♪

 

私は、久々の池袋訪問で

ちょっとスイッチが入っちゃいました♪

 

http://30min.jp/place/188510/blog/




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します!

にんにく・生姜・台湾バジル!  甘辛い骨付き鶏から、グイグイと迫りくるこの高揚感と言ったら♪  池袋・古都台南担々麺の「三杯鶏」

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image

  台湾娘「三杯鶏、頼んでおいたから!」

昨日、約束の時間に15分ほど遅れて店に着くと、
彼女はそう言いながらニコリ。

私が某店で「やっぱり三杯鶏は、池袋の店に限るね!」
そう言っていたのを、どうやら覚えてくれていたらしい。

三杯鶏は、その名の通り
「ごま油・酒・醤油」を1カップづつ使う事から
その名がついたとされる、台湾の方のソウルフード。

調味料を等量使う事から、レシピ的にはどの店も差異は無い?
いえいえ! お店によって、個性が出る料理だと思います。

古都台南担々麺さんの三杯鶏は、ワイルド♪

にんにくのコクと旨みを充分に引き出し、
醤油の甘辛い味付に、
生姜と台湾バジル、唐辛子がたっぷり加わって
シャープな輪郭をつけて。

ふっくらとした骨付き鶏が、この濃厚なタレをまとって、
プルッ♪

かなり塩気が強いはずなのに…
たっぷりの生姜とにんにくの高揚感がグイグイと迫ってくるから
舌を刺すような塩辛さじゃあないですね。

これで年末の疲れがいっぺんに吹き飛んで、酒がすすむ♪

image

今回のオーダーも台湾娘に全てお任せ!
次にいただいたのは、「豆干」(干し豆腐)

味は、日本の高野豆腐に似ていますが、
食感は、“柔らかめの、さつま揚げ”w

ちょいと甘めのたれで、ホッとさせられます。。。

image

「空心菜と牛肉炒め」も彼女のお気に入り。

味のイメージは、“味が濃いチンジャオロース+五香粉”
五香粉の複雑なスパイス感と
オイスターソースのコクが空心菜の青臭さと
ぶつかりあって、“ザ・台湾料理”♪

池袋に来たなあ…と実感させられるひと品です。。。

image

台湾ビールが苦手な彼女は、「ハイボール」。
私はお気に入りの「ドラゴンハイボール」を片手に…

image

次にいただいたのは
「牛肉と黄ニラの炒め」

そう、台湾娘は意外と肉食系女子なんですw

こちらは、黄ニラの甘みを活かすように
“空心菜”の時よりも醤油分とスパイスを控えていますね。

揚げ炒めをした牛肉の香ばしさと
肉厚黄ニラの甘みと香りを愉しみました♪

image


  台湾娘「そう言えば、ここで魚を頼んだ事が無かったよね?」

アレ? 私の心の声が聞こえたのかな?
次に彼女が注文したのは、
「清蒸鯛魚」(鯛の蒸し料理)

“蒸し料理”と言っても、
鯛は“サッと揚げ”をしていますよね?

表面はサクッと香ばしく、
鯛の身の甘い香りと上品な旨みがフワッと拡がる
日本料理に通じる、王道の輝き。

玉ねぎ・ピーマン・パプリカがたっぷりと入った
甘酢餡は、
醤油の香りを活かしながらも…
思いのほかプレーン!

そう、“揚げだし豆腐の、餡”に近いような塩分かも。

それでいて、野菜の甘みと香りをたっぷりとたたえていますからね。
これは、万人が納得する、中華の味わいと言えるかも知れません!


  台湾娘「ごはん、くださ~い!」

おやおや、今日はこれでシメですか?
でも、その気持ち解ります!

野菜の滋味と鯛の香ばしさ
あます事無く、ごはんにかけて食べたかったんですよね♪

image


      女将さん「杏仁豆腐、食べてって~!」

サービスでいただいた杏仁豆腐。
寒天だかミルクゼリーだか解らない、巷のアレとは違って…

フルッと嫋やかな食感の中に
サラッとした甘さ、
八重桜のような、しんとした香り。。。

躍動感溢れる「三杯鶏」に始まり、
手作り杏仁豆腐で穏やかに、〆る。

駆け足で巡った、台湾への旅。
年末の憂鬱を吹き飛ばす、素晴らしい時間でした!

http://30min.jp/place/188510

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

骨付き鶏が、プリッ! グワッと濃厚ダレが、パ~ンチ♪ 台湾料理のソウルフルな響きが、ググイと押し寄せてくる、大傑作!「三杯鶏」 池袋・古都台南担担麺

IMG_1905

「今度は池袋で、いい?」


前回のデートの最後。

台湾娘は、そう言って

サッと電車に乗り込んでいきましたw


御徒町の新竹さんの洗練された味わいも

大好きだけど

池袋の古都台南担担麺さんが提供する、

パワフルな“屋台の味”、大好きなんです♪


 「う~ん。。。 屋台の味♪」


そう! 台湾生まれの彼女の

お墨付きをいただいたのが

「魯大腸」(味付腸のモツ)


プルッ。。。と、

舌にそっと寄り添いながら、

心地良く跳ね回る、豚モツは


塩かどを抑えた中国醤油のまろみ、

五香粉の甘く、エキゾチックな香り!


そう、見た目は濃い色合いですが

中国醤油ならではの効果でしょうね。


思いの外、サラリとした醤油のコクと、

芳醇な香り♪


これは、スターターにピッタリの、

飽きの来ない味わいです。。。


IMG_1906

 「コレ、前に食べたよね?」


はい、彼女とは7年の付き合いですが、

一緒に食べた料理はつぶさに覚えていてくれて

嬉しいですね♪


「韮黄牛肉」(牛肉と黄ニラ炒め)は、

オイスターソースと中国醤油を使った

こっくりとした濃厚な味付けが、

黄ニラの甘蒼い香りと良く合っていて♪


こちらも、五香粉がスッと横切り

魅惑の夜を演出してくれましたね。。。


IMG_1907

  「アッ! メニューには無い、アレ?」

       「そう、肉圓(バーワン)!」


ほんのり甘いトマトベースのスープの中には

葛粉で作ったような、

プルップルのお餅が入っていて


そのお餅の中は、

筍が入った餡が入っています。。。


汁物としては、“ほんのり甘い”のですが


うっすらと辛みも感じられて

デザートのような、スープのような

面白いひと品なんです♪


IMG_1908

一方、「椒塩排骨」(スペアリブの塩胡椒炒め)は、

台湾料理の中でもポピュラーなひと品!


片栗粉を付けて揚げたスペアリブは、

香ばしく、旨味をギュと凝縮させ


たっぷりのニンニクと唐辛子、

ネギと黒胡椒で塩炒めにしているから


プルッと弾ける、スペアリブの脂の甘みと

ニンニクのコク!

黒胡椒の清々しさ♪


パンチが有るけど、決してクドくは無い!

ビールがクイクイいける、逸品です♪


IMG_1909

「やった~♪」

今回も、注文は全て台湾娘にお任せでしたが


「炸臭豆腐」(揚げ臭豆腐)が登場した時には

思わず声をあげてしまいました♪


サックリと香ばしく揚げられているから、

私にとっては、あの“独特の発酵臭”が


添えられた、

ニンニクが効いた甘辛ダレを付けていただくと

扇情的なアロマと化して、駆け抜ける~♪


IMG_1910

  「好きだって言ってたから、」

        『辛口炒め』の方も頼んでおいたw」


嗚呼。。。私が「お代り!」と言うのを見越して、

彼女は、「揚げ臭豆腐の辛口炒め」の方も

頼んでいてくれたんです♪


そう、臭豆腐は納豆菌が

関わっているそうですが


炒める事により、

納豆の香りに、漬物の香りが

タッグを組んだよう♪


豆腐の味わいに

クリームチーズに似たコクをプラスしたような

臭豆腐の旨味を縁取る

程よい辛さが、食をそそる!そそる♪


IMG_1911

そう、先日も旬の香さんでいただいた

「ドラゴンハイボール」は、

古都台南担担麺さんでいただいたものを、

ちょっとアレンジして

旬の香さんで作っていただいているんですね♪


古都台南担担麺さんバージョンは、

料理のテイストに合った、

ガツンと濃厚タイプ!


臭豆腐の特徴の有る旨味と香りを

サッと洗い流して、後味が爽やか♪


IMG_1912

新竹さんの洗練された味わいも美味しいのですが

人間の本能に訴えかけるような、

古都台南担担麺さんの「三杯鶏」は、天下一品♪


ゴロゴロッと、豪快に加えられたニンニクが、

たっぷり加えられた生姜・唐辛子・台湾バジルと

タッグを組んで


ごま油・酒・醤油を等量づつ使った

濃厚ダレに、シャープな高揚感をプラス♪


骨付き鶏が、プリッと弾けると、

グワッと濃厚ダレのパンチ!

香味野菜の連合軍の高揚感が、グワッ♪


和食で言えば、“筑前煮のような、親しみ易さ”に、

台湾料理のソウルフルな響きが、

ググイと押し寄せてくる、大傑作!!


  「ワアッ! 綺麗に食べてくれて、嬉しい。。。」


翌日に、“二度目に刺激”に悩まされないよう、

“ビックサイズの唐辛子”3本だけ残して、

たいらげてしまった私に、

ママさんは目を丸くして驚いていましたが


私も、今回改めて古都台南担担麺さんの凄さに、

驚かされました。。。


http://30min.jp/place/188510

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

“クタクタに煮込んだ、そぼろ状の豚肉”が、ドカッ! 台湾名物「魯肉飯」は、口いっぱいの幸せを運んでくれます♪ 池袋 ・古都台南担担麺

image

   台湾娘「什么是蔬菜?」

席につくなり彼女が決まって聞く言葉は、
「野菜は何が有りますか?」

4年前は「肉が好き!」と繰り返し言っていた彼女も、
自身の嗜好が変わってきたのか…

それとも私の健康を気遣ってくれているのか、
最近は、まず野菜をたっぷり使ったメニューを
聞く事が多いですね。。。

このところ御徒町の店ばかりで、
ここ古都台南担担麺さんに足を運んだのは、
実に1年ぶり!

彼女が台湾語で何品か頼んだと思ったら
真っ先に登場したのは、
「エノキと黄ニラの干し豆腐炒め」

素材の風味を活かした淡白な味付が多い
台湾料理の中でも、
この「エノキと黄ニラの干し豆腐炒め」は、
特にデリケートな味わいですね!

黄ニラの甘い香りと、
干し豆腐のさっぱりとした旨みを
えのき特有の馥郁とした旨みで
トロトロッと包み込んで…

サクサクッ! クニュッ♪
黄ニラやえのきの溌剌とした食感と
干し豆腐のやわやわとした食感も
穏やか。。。

image

そして、日本で一般的に売られているセロリより
ちょっと細身でありながら…
その分、食感と香り立ちが違う!
「台湾セロリと海老の炒め」

“細くて、筋っぽい”と書くとネガティブなイメージを
抱かれると思うけど…

これが“ニンニクの旨みとネギの香りを活かした塩味”と相まって、
プリプリ海老ととても良いコンビネーション!

image


  私「コレを食べると、『池袋に来た!』って、思う!」

そう言ったら、台湾娘もニッコリ♪
「揚げ臭豆腐の辛口炒め」

元は納豆をさらに発酵させたような
強烈な臭いがするそうなんだけど…

一度、油で揚げて香ばしさを引き出してから
焦がし唐辛子と共に炒めて有るから…

唐辛子のジワッとした辛さ!
“むせかえる、一歩手前の臭さ”と濃厚な旨み♪

くさやより、よっぽど食べ易いと、私は思います!

image

まだ、ご存知無い方、いらっしゃるんですか?
「ドラゴンハイボール」

「紹興酒は、香りや味が苦手だけど…
 これはマイルドで、飲み易い!」と私の周囲では、大評判!

紹興酒のコクと穏やかな苦さが、
中華を断然おいしくさせる、オススメドリンクです!

image

  台湾娘「今日は遅いから、もうバジルを使いきったそうだけど…
      別に構わないでしょう?」

はい! “台湾人のソウルフード”とも呼ばれている
「三杯鶏」は、
酒:醤油:ごま油を、等量づつ加えて作るのが
その名の由来と言われていますが…

骨付き鶏をサッと炒めているからプルッとした食感!
ニンニクがねっとりとしたコク!
生姜がジワっと複雑な香りと清涼感。。。

これに台湾バジルの引き締まった香りが加われば
言う事がないけれど…

その分、生姜の爽やかな香りが活きてマイルドな風味に
なっているかもw

image

  台湾娘「新竹とどっちが美味しい?」

ヒャー! 意地悪な質問ですね。。。

根本的な違いは、
ここの麺は“うどんのようなつるみと、淡白な味わい”
あちらの麺は、“かん水が効いた、中華麺”ですからね。

ラーメン気分で、
スルスルッといただきたい時は、新竹さん。

ちょっぴり濃い目のスープに
淡白な麺の味わいを愉しみたい時は
ココって、使い分ければ良いのでは?

牛骨スープの澄んだ旨みと、
中国醤油のちょっと懐かしいような甘辛具合。。。

ラーメン屋さんの麺と違って、新鮮だったなあ♪

image

   台湾娘「嗚呼。。。台湾の味!」

そう懐かしそうにほうばっていたのは、
「魯肉飯(ルーロウハン)」

“クタクタに煮込んだ、そぼろ状の豚肉”も有れば、
細切り肉や塊肉をのせて供する店も有るそう…

にんにく、生姜、干しエビの風味が凝縮された
甘辛味…

見た目は塩っぱそうに見えますが、
日本の醤油と違って甘みが有る中国醤油を使っているので
まろやかな味わい!

これが豚肉の旨みや脂の甘みと渾然一体となって、
まさしく、“ザ・台湾”♪

ごはんをガッツリとむさぼり食いたい時に
オススメの一品です♪

http://30min.jp/place/188510

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

ニンニクのコクと唐辛子の刺激が、グワッ♪ 体の芯から愉しませてくれる「三杯鶏」 池袋・古都台南坦々麺

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image


  台湾娘「久々に池袋に行きたい!」

そうですね。。。同じ台湾料理と言っても
御徒町の新竹は上品な味付の客家料理。

ちょっとパンチの有る南の料理が恋しくなったんでしょう。。。

今回もオーダーは、台湾娘にオマカセw
最初にいただいたのは、「豚耳」

コリコリッと噛めば、甘酸っぱいタレに縁取られた
コラーゲン質のまろやかなコク!

ビールに合うスターターの名選手ですね♪

image


  台湾娘「こういうのが好きなんでしょ?」

店員さんになにやら中国語で注文していたと思ったら
「台湾エイ菜炒め」でしたか♪

ロメインレタスに似た仄かな苦味を活かす
ニンニクのコクと香りを効かせた塩味炒め!

体がたちまち潤ってくるのが
実感できるひと品ですね。。。

image

これも台湾料理屋さんならではのひと品!
「干し豆腐」

日本の高野豆腐よりも、魚肉ソーセージに近い食感!

ちょっと甘めの中国醤油のコクと香りが効いた炒め物の
凝縮した豆腐の旨みと香りに、ホッとします。。。

image

やっぱり出てきました!「肉圓 」(バーワン)
店内を見ていると、台湾のお客さんのテーブルだけ、
お店からサービスされるみたい。

プルッと、葛餅のようなお餅を、
トマトのコクを活かした塩かどをおさえたスープで
サッと煮にして有るのですが…
旨みも塩気も少ないから、
日本人には“不思議ちゃん”に思われるかな?
私は台湾娘のお陰で、
この淡い美味しさが解るようになりましたけどねw

image

「しめじと牛肉の炒め」は、
“チンジャオロースの、しめじ版”と言えば
解り易いでしょうか?

オイスターソースのコクと
しめじの香りと旨みが強いから、
ごはんも酒もすすむ万人受けするタイプです!

image

一方、同じ炒め物でも
「空心菜と牛肉の炒め」は、台湾料理らしいひと品!

こちらもオイスターソースを使いながらも
五香粉を効かせているから、
複雑なスパイス感と仄かな辛味。

炒め揚げした牛肉の香ばしさと
トロッとパリッとした空心菜の蒼い香りが
タッグを組んで食べ応えあり♪

image

さて、パンチがあると言えばやっぱりコレでしょう!
「三杯鶏」

骨付き鶏を胡麻油・生姜・ニンニク・唐辛子で炒めてから
酒・ごま油・醤油を、同量で味付するから、
三杯鶏と名が付いたそう。

中国醤油の甘辛さと、にんにくの強烈なコク!
台湾バジルと黒胡椒の爽やかな香り!

これらの香りと旨みを充分にまといながらも
プルッとした食感を失っていない鶏肉がコクウマ~♪

食べ進めるうちに
ニンニクのコクと唐辛子の刺激が
グワッと、体の芯から熱くしてくれる。。。

台湾の皆さんのソウルフードとして愛される理由を
実感できましたね♪

http://30min.jp/place/188510/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ