人形町 咲村

「ナスピーマン」は、味噌のコクと旨みを活かして、しとやかなパンチ! ここは、下町の居酒屋のお手本みたいなお店です♪ 人形町・咲村

image


   私「下町の居酒屋のお手本みたいなお店です!」
   女将さん「そこまで言って下さるお客様、初めて♪」

そうですか?
常連さんは、こういう贅沢を享受し過ぎて
それが当たり前のように感じているのかも知れないけど。

私のように夜を彷徨う人間の目で見れば、
咲村さんは、真っ直ぐに丁寧な仕事!
咲村さんは、気取っては語らないけど、
仕入れる物も確か!

だって、「まぐろぬた」に
トロを使うなんて、贅沢でしょう?

赤身かと思って注文したら、
ドキッとしましたよ。。。

その名の通りに
とろけるような脂のりの良さと、
キレのよい酢味噌の香り立ちの良さ♪

  「白味噌だけじゃ無い、合わせ味噌だろうか?」

店主に聞いてみたい欲求にかられながらも、
この和やかなお店の雰囲気を壊す気がして…
まずは、“一人のお客”に徹する事と致しました。

はい、“下町仕立ての酢味噌”
思わず唸りたくなるほど、美味しかったです♪

image

咲村さんの煮物は、本当に心が解れる気がします!
「銀むつ煮」

脂のりが良く、旨みも有るから
西京漬でもよく見かけるお魚ですが…

西京漬でいただと、
時としてくどさを感じる脂のりの良さも。
咲村さんの“やんわりとした甘さ”で煮た方が
脂も旨みも熟れていて。
最強に… いえ、最高に美味しいと思います!

image

「小松菜おひたし」は、
煮浸しのように、気取っていません!

香り豊かな削り節を、たっぷりとかけているから
シャキッと、ハリの良い茹で加減の中に
瑞々しい蒼さと、豊潤な節の香り、旨み♪

う~ん、粋ですねえ。。。

image

これもさりげないけど、イカシテマス!
「イカ丸焼」

私は、アンチ“いきなり醤油派”w

まず、何もつけずに一口。
素材の風味と戯れたい方なんだけど。

“丸焼”って名前に反して…
フワッと柔らかく、香ばしい♪

イカの旨みと香りを凝縮させて
口の中が一気に豊かになる感じ。

ふふふ。。。
思わず笑みがこぼれてしまった所、
隣のオジサンに不思議そうに見られてしまいましたw

image


  店主「これ、温めますか? 冷たいままが良いですか?」

店主に念を押された時、
最初は何の事か解りませんでした。。。

「イカ丸焼き」のすぐ後だったから
“焼きなすとピーマン”のつもりで注文したら
こんなに嫋やかなひと品でした! 
「ナスピーマン」

元は、「ナスとピーマンの味噌炒め」だった物を
キーンと冷やしたものでしょうか?

これは、温めなくて正解♪

味噌がしっかりと中まで沁み込んだナスは、
しなやかな食感を残しながらも
味噌のコクと旨みを活かして、
しとやかなパンチ!

ナスのコクと旨みと味噌の風味が
キリッと冷えた事によって
ジワッと舌に染み入るように響き渡るんです♪

  私「繊細なのに、香りもコクも奥深い!
    白味噌と合わせ味噌ですか?」
  女将さん「いいえ、普通の赤味噌です!」

いけないいけない!
“一人のお客”に徹するつもりが、事情徴収したくなるのは
私の悪い癖ですねw

まずは、存分に和の情趣にひたろう。。。
そして、食材が囁きかける言葉に
耳を傾けてみよう。。。

さりげないメニュー名で
さりげなく供してくれる、旨いものの数々!

居酒屋の王道を静かに守る
オアシスにどっぷりと浸るのも、いい。。。

http://30min.jp/place/199564/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

ここは人形町で一番コスパが高い居酒屋。 「ナスにしん」には、ゾクゾクッと心が揺さぶられました。。。人形町・咲村

image


   先輩「ご馳走するよ! 今日は何処がいい?」

この台詞、オジサンは何年ぶりかに聞いたような気がしますw

20代の若者なら、怖いもの知らずで
高級店の名前を挙げるかも知れないけど。

私も、人の痛みが解るお年頃になったので、
「お手ごろ価格で」「旨い店」・・・
2つのテーマで思いついたのは、咲村さん。


実は、咲村さんには、ウチの会社のボトルが有ります。

いつから始まったのかは定かでは無いけれど、
代々、ウチの社員なら自由に飲めて。
ボトルを空けた人間が、NEWボトルを入れて帰る・・・
そんな昭和チックなシステムが未だにここで通用していまして。

  先輩「ボトルもう無いでしょ? 入れて!」

私を誘った先輩は、さりげなく仰いましたよ♪

先輩がお気に入りなのは「トロブツ」

舌の上でトロリととろけるトロが
5切れで¥600とは、まさにお値打ち。
売り切れ必至の、大人気メニューです!

image

生まれてこのかた、こんな上物は初めてです♪
「みりん干し」

ちょいと大ぶりの鰯を使っていますが
干し加減がすこぶる良く。
嚙めば、舌にまとわりつくように馴染んで
人懐っこい甘みと濃厚な旨みを弾かせ。

香ばしさを充分に引き出しながらも
ねっとりとした食感を残す焼き加減も、お見事!

確かなモノと、そのチカラを引き出すタイミングの妙!
シンプルであるが故に、感動も深いです。。。

image

そう、居酒屋の“定番”も、他所とは違います・・・
「マカロニサラダ」

ツイストマカロニを、
プリッとハリのある食感に茹で上げ。

シーチキンのコクと旨み、
玉ねぎの清々しさをたっぷりとたたえた
粋なひと品!

マヨネーズで誤魔化さない、
丁寧な仕事ぶりが、真っ直ぐに伝わります。。。

image

私は、咲村さんだったら煮物が好きですね!
今回いただいたのは「ナスにしん」

一般的な身欠きにしんではなく、
一夜干しを使っている所が、一番の違いかな。

時として“くどさ”を感じてしまう身欠きにしんとは違い、
柔らかみのある、旨みと香り!

醤油っぽさを控えて、ふわっと甘いタレが絶妙♪
なすがトロッと解れると、
ゾクゾクッと心が揺さぶられました。。。


  店主のお婆ちゃん「まあ! おつゆまで、全部召し上がって♪」

いつも、カウンターに座ってニコニコしているお婆ちゃんが
私の食べっぷりに、いたく驚いていましたが。

私はひと目は気にせず、やる時は、やります!

だって、こんなに心を解きほぐす煮物は
めったに出逢えませんもの。。。
名残惜しくて、一滴も残したくなかったからですよ!

http://30min.jp/place/199564

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

ずしりと存在感を示しながら、上質な脂の旨さがスッと寄り添う「〆サバ 」 人形町・咲村

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image


     「確か、咲村の店主は、
         笹新の出身だったんじゃないかな?」

咲村さんに連れていってくれた先輩から、
先週、そんな事を聞きました。

そう言えば、大衆酒場の伝統を静かに守る姿勢は、
相通じるものが有りますね!

しかし、咲村さんは笹新さんと違って
座敷も有りますから…

これからの季節は、
 チェーン店とは違う、温もりに溢れた宴会を
愉しむ事ができますね♪

     店主「開いた途端、今日のは違うと思いました!」

そう、店主が目を輝かせて語るので、
速攻で注文しました!
「〆サバ 」

うん!  これは、凄い♪
舌の上でずしりと存在感を示しながらも
すぐに舌に吸い付き、
上質な脂の旨さがスッと寄り添う。。。

生鯖の甘みや香りをちゃんと活かした
絶妙な〆加減が嬉しいですね。。。

    私「失礼ですが、以前はどちらで修行されていたんですか?」
    若旦那「6月に店に入るまでは、普通の勤め人でしたw」

そう、店主が体調を壊されてから、
今は若旦那が店を切り盛りされていますが、
名料理人のDNAは、確かに受け継がれていますね。

    看板娘のお婆ちゃん「まあ! どちらで修行ですって!」

お孫さんの腕前を褒める私の横で、
チャーミングな看板娘のお婆ちゃんも嬉しそうです。。。

image

                  
     店主「辛過ぎますか?」

いえ! 柔らかな甘みがベースに有るから、
キリッとした辛みが
茄子の甘み、牛挽肉の上品な旨みを
程よく引き締めて痛快ですよ!

「ナスの辛味噌炒め」は、
若旦那が考案した、人気メニュー!

若旦那! 6月まで勤め人だったって、
本当は違うんでしょう?

image


   私「蟹入りなら、“蟹入り”って、メニューに書かなきゃ!」
   女将さん「ウチのは、カニカマ!
                     “もどき”だから省いてありますw 」

大衆酒場らしい切り返しが、愉しいですね。
でも、 玉子のコクを活かす
ちょいと甘みを立たせ出汁の風味と
カニカマの香りと充実した食感!
とっても良く合いますよ♪

image

こちらは、お客さんの半数近くが注文している
大人気メニューですね♪
「栃尾焼き」

外はサッと焼きを入れて香ばしく、
中はふっくら、しっとり!
充分な厚みの中に、柔らかな大豆の旨みと甘み。

オヤジ心をがっしりと掴む優しさが有りますね。。。

image

こちらも毎回のように注文してしまいます!
「銀むつ煮」

キリッと
紫の香りと旨みを活かしながら
ほんのりとした甘さのタレが
何とも心を和ませ。。。

銀むつのトロッと濃厚な脂が
とろけながら、
強い香りが口中を覆い尽くす♪

煮魚の旨い店は本物ですね。
 
創業30年近いこの老舗の新しい風、
心地よく吹きわたっていました。。。

http://30min.jp/place/199564/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

ワンコイン以下でこれをいただけるなら、近隣の鰻屋さんは、震え上がるかも? 人形町・咲村の「うなぎも」

image


     「あれ、今日、お婆ちゃんは?」
     「さっきのお電話でお客さんだと、ピンときましてw
       今、着替えてます!」

はい、東中野界隈の何軒かは
“逆シンデレラオジサン”として
既に黙認されていますが…

デビュー仕立ての咲村さんでは
そういう訳にはいかないでしょう?

      「10時位、1人なんですが。。。」

と、予め電話を入れておいたら、
お店には私とバレバレだったみたいw


さて、夏バテしないように
馬力を付けたくて注文しました!「馬刺し」

しかし、こういう綺麗な霜降り馬刺しは、
久しぶり!

舌に載せるだけで、脂がとろけながら
スッと甘みを弾かせ。。。

しっかり脂がのっているのに
さらりと、清らかな旨み!

このウマさ…
まさに馬刺しの醍醐味ですね♪

image

これは、油断していました!
「ハンペン焼き」

単なる“サッと焼き”かな…と思ったら、
ご丁寧に、上質な焼き海苔を巻いて登場!

はんぺんの淡白な甘みと香ばしさ、
焼き海苔の香り。。。

ふわっと解れゆく、
おだやかな時間を愉しみました。。。

image

粋な仕事が光ります!
「インゲンの胡麻和え」

サクサクと心地良い歯応えの中に
夏の蒼い香りと
ギュッと濃縮した、胡麻のコクと香り♪

う~ん、沁みるなあ。。。

image

ワンコイン以下でこれをいただけるなら、
近隣の鰻屋さんは、震え上がるかも?
「うなぎも」

プルッと、ジュワッと♪

口の中で心地良く跳ね回りながら
濃厚な旨みとほろ苦さを弾かす、
うなぎも。

私、いつも思うんです。
咲村さんの味付けは…

穏やかな甘さの中に
素材の旨みや香りが解き放たれていて
優しく包み込まれるような気がするんです。。。


      店主のお婆ちゃん「またいらしてくれて、
                                     本当にありがとう~!」

帰りしな、両手を握って喜んでくれた
最強の看板娘さん。。。

心を解きほぐしてくれるようなお料理と、
素敵な空間!
双方を持ち合わせているお店は、
そうは無いですよね。。。


タウン情報サイト「30min.」でも
長く“人形町1位”の座に君臨しているこのお店の
人気の秘密がよく解りました♪

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ