水天宮前 金碇庵

「蕎麦ピザ」 創業天保二年の伝統と粋、平成のアグレッシヴが行き交う、不思議な蕎麦屋。。。 水天宮前・金碇庵

image

創業天保二年と言えば、幕末の1831年。
人形町や水天宮界隈でも、老舗中の老舗です!
水天宮前交差点から、一本仲通りに入った、
金碇庵さん。

昨夜は、珍しくも
「呑みたくもあり、“少しだけ”食べたくもあり・・・」
私としては珍しい“ササッと、モード”でして。

そんな折、ふと金碇庵さんの事を思い出して、
久々にお邪魔する事に致しました。

image

アレ? 前は、カウンターがこんなに賑やかだったかな?

image

ディズニーのキャラクター勢に負けじとばかり、
ペコちゃんも、しっかりと存在感を主張していますw

image

さて、“とりビー”を注文したら、
供されたお通しは、「厚揚げとぜんまいの煮物」

絹ごしを使った厚揚げは、
プルンッと嫋やかな口当たり。
ちょいと甘めの、ホッとする味わいですね♪

image

最初にいただいた「珍味三品盛り」は、
たこわさ・梅くらげ・いか明太。
まっ、これは想像通りの味でしたが…

image

「ごぼうから揚げ」が登場した辺りから
普通のお蕎麦屋さんらしからぬ表情が見えてきまして…

衣にビールでも使っているのでしょうか?
“フリット衣”より、更にカリッカリにさせたその姿は、
さしずめ、“かりんとう風・ごぼうスナック”w

醤油やみりんを効かせた濃いめの味付けは
蕎麦屋さんならではの拘りかも知れません。。。

image

〆は蕎麦と決めていましたが、
メニューにコレを発見したら、“ササッと、モード”返上!
頼まずには、いられませんでしたw
「蕎麦ピザ」

  私「ピザ生地が蕎麦なんですか?」
  女将さん「いえ、中にお蕎麦と蕎麦の実が入っています!」

image

確かに、香ばしく焼き上げたチーズの中から
蕎麦がこんも~りw

ピザ生地自体はMサイズですが、
どっさりと蕎麦とチーズがのっているので
ズシリとヘビー級!

image

面白い事に、金碇庵さんでは
ピザソースの代わりに甘めの味噌を使っていますから
濃厚なコクとパンチ♪

ピザと同時にタバスコも供されましたが
私は一切、使いませんでした。

image

私は、蕎麦屋さんに行くと
必ずと言って良いほど注文するのが
「玉子とじそば」

同じメニューで比較した方が
その店の特長が解り易いですからね。

下町仕立ての、濃い目のかえしと
キレの良い鰹出汁の風味。

つゆが濁るような生煮えでは無く、
さりとて、火が通り過ぎた訳では無い、
玉子のまろみと濃い目のつゆが絶妙に融和した
フワッフワの玉子とじ♪

中から現れいでたるは、
かけつゆの中でもコシを失っていない
溌剌とした香りの蕎麦!

甘酒横丁の例の店よりも、
水天宮通りのアノ店よりも…
キリッとしていて、旨いなあ。。。

創業天保二年の伝統と粋、
平成のアグレッシヴが見事に融和する時間。。。

あ~、面白かった♪
http://30min.jp/place/3728

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

創業180余年の暖簾にあぐらをかく事無く、「蕎麦コロッケ」!「カレー南蛮」は、心地良い食感の連鎖♪ 水天宮前・金碇庵

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image

創業天保二年という老舗でありながらも、
カウンターの上は、
ディズニーキャラクターやバカボンのパパ等の
フィギィアが溢れ返り。。。

以前、いただいた「蕎麦ピザ」みたいな
“ちょい呑みメニュー”も充実している
ちょいと面白いお蕎麦屋さんです! 
水天宮前の金碇庵さん。

前回、メニューを見て気になっていたものの
「蕎麦ピザ」に圧倒されてしまって・・・w

ずっと、私の中では“宿題”でした!
「蕎麦コロッケ」

image

そう、「蕎麦ピザ」のように
見るからに“蕎麦を使いました!”という、
主張は有りませんね。

た~っぷりの刻みキャベツと水菜の上に並んだ
ピンポン玉ほどの大きさのコロッケは、
マヨネーズと中濃ソースがかかっていて、
ちょいと、“揚げたこ焼き”のようなルックスw

image

ハリのある衣をザクッと割ると…
挽肉と蕎麦粉入りのタネが、ホワッ♪

このタネのベースは
じゃが芋でありながら
蕎麦粉の香りと豚挽肉の旨みも映して
マイルドまいう~♪

でも、もうちょっと“そばがき寄り”の
タネを期待していたんですが。。。w

これは、これで芋コロッケのバリエーションとして
バランスがとれている感じ。

image

コロッケが“そばがき寄り”じゃ無かったから
頼んだ訳では有りませんが・・・w
「カレーおでん  (そばがき入り)」

これは、誰が見ても、
“お蕎麦屋さんの、カレーおでん”♪

そばがきは、しっかりとしたコシの中に
蕎麦の旨みと香りに溢れ。

トロミを効かせたつゆは、
“カレーうどんの、つゆ”より
サラッとした口当たりで
関西風のお出汁を感じます。。。

ちょいと残念だったのは、
おでんダネにしみこんだ味が
“カレー味”では無く、…
“関西風の、醤油味”だった事。

そりゃあねえ。。。
一日に何食でるか解らないカレーおでんの為に
“カレー味で、おでんを仕込む”事は、
リスキーですよね。

私の勝手な想像ですが、
不意のお客さんが来て市販のおでんをアレンジする
“やりくり主婦”のように
金碇庵さんも関西風おでんを
ササッと、アレンジしてくれたのかなぁ。。。

image

ちょいと“カレー気分”が不完全燃焼だったので
こちらを頼んでしまいました!「カレー南蛮」

これは、“作りたての、良さ”が十二分に発揮されていますね。。。

一括調理のカレーうどん屋さんのように
仕込みから時間が経ち過ぎて、
香りがボケているような事はありません!

3cm強の長さに切った豚バラがタップリ!
豚は、片栗粉をさっとまとわせ、
口あたりの良さとの華やかな旨みと香りを
上手に閉じ込めています。。。

細切りの玉ねぎがシャクシャクと良い食感!
煮込み過ぎて、ダラケていないから…

豚の旨み、カレーの香り、
そして“かえし”の落ち着いた香りの中で
心地良い清涼感を醸し出しています。。。

トロッ! ツルツルッ! シャクシャク♪

丁寧な仕事が、これらの食感の連鎖を呼び
心地良く滑り込み。。。

創業180余年の粋が
静かに心を満たしてくれました。。。

http://30min.jp/place/3728/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ