ブログネタ
あなたの「おいしい」を見せてください に参加中!
image

大ブロガー・ツレヅレハナコさんは、
「伝説のBAR」
食べログの重鎮・うどんが主食さんは、
「駄洒落カクテルバー」

大御所のお二人が非常に評価されているお店でして、
私の自宅からも、そう遠くはない。

はい、“そう遠くはない、BAR”と言うのが
意外と、縁遠い存在でしてw

ご存知の通り、“逆シンデレラオジサン”は、
0時直前にレストランに駆け込み。
そこで“食べ呑み”するのが日課ですから、
オーセンティックBARには、なかなか行くチャンスが無い。

しかし、今月の頭の会社呑みの帰り。
「何かが、足りない。。。」
そんな気分の折に、日登美さんの事を思い出し。

噂に聞いていた…“キタナシュラン風・スナック”の扉を開けると…

image

はい、昔ながらのオーセンティックBARのたたずまい♪


    店主「ちょっと、待って下さいね。。。」

image

店に入った時は、BGM無しのおごそかな雰囲気でしたが…
店主がユッサユサと年代物のジュークボックスをゆすると
カーペンターズが軽やかな美声で歌い出してw

    店主「コレ、2年前からゆすらないと、
              次の曲に行かなくなってねw」

蝶ネクタイ姿の店主は、そう言って二コッ!

image

日登美さんでのデビューの一杯は、
「ソルティー・サマー」
ツレヅレハナコさんのブログを読んでから
ずっと呑んでみたかった、スイカのカクテルで。
私の呑んだものが、“今年、最後の一杯”だったそう。

はい、思わず笑ってしまった、
スイカの自然な甘さと、みずみずしい香り!

ソルティドックの如く、グラスの塩と共にいただくと
ウォッカベースのこのカクテルが、
夏の海辺のような気分にさせてくれます。。。


二軒めだし、1時過ぎだったので
デビュー戦は一杯だけだったけど。

先週は、残業飯を人形町でいただいて。
東中野にたどり着いた時に、
またもや、“何かが、足りないモード”に襲われまして。

image

今度は、王道カクテル頼む事にしました!
「マティーニ」

これは、軽やか!
ドライマティーニで有りながら、
ジンのあの高揚感や香りは、しとやか。。。

スルスルッと、口中を滑りながら
ゆるやかな魔法をかける!

image

“カクテルの帝王”の次は、
“カクテルの女王”の登場!
「マンハッタン」

こちらも、サラッとした辛口!
ウィスキーの風格と
ベルモットの甘い香りが
非常にこなれているんですよ。

ベテランバーテンダーを前にして
生半可な知識をふしかざしちゃ
すぐにメッキがはがれるから、
口に出しては言いませんでしたけどねw

王道カクテルが王道たる所以が
今回、よく解ったかな。。。


  私「もう一杯、〆に相応しいのを。。。」
  店主「レッド・バイキングは如何ですか?
                スペインのカクテルコンクールで
                入賞したカクテルです!」

image

カウンターの下でググッたレッド・バイキングは、
透明なカクテルでしたが…
日登美さんが作られたレッド・バイキングは、
穏やかなグリーン色をしていまして。。。

  店主「ハーブが7種類、入っています!」

日登美オリジナルの「レッド・バイキング」

セリのような蒼い香り、
シトラスをサッパリさせたような爽やかさ…

“痺れる”と言ったら言い過ぎだけど。
細やかなハーブの刺激が次々に顔を覗かせ…

夜の森が静かに体の中に静かに忍び寄ってきて、
体中の細胞が揺り動かされて元気になる感じ♪

 私「。。。元気を貰いました!」
 店主「そりゃあ、良かった♪
            夜中になったら、手品もやりますから、また是非!」

私が疲れ気味だと解ったから「レッド・バイキング」を
勧めてくれたのかな?

駄洒落カクテルバー? 
いえいえ、とっても洒落たバーでしたよ♪

http://30min.jp/place/36413

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ