image

仕事場が人形町と言うと、いまだに
「新参者の?」と言われる事が有ります。

「じゃあ、3時のおやつは人形焼?」

こうまで言われた日には、
「いいえ、つぼ焼です!」と返しましたがw

東京銘菓として、新幹線の車内でも売られ。
多くのお店で製造販売されている人形焼に対し。

「つぼ焼」の方は、新参者の舞台の一つともなった
重盛永信堂さんのオリジナル。
実は私。人形焼よりも、このつぼ焼の方が好きなんです♪

生地は人形焼と共通かも知れませんが、
人形焼と同様、極薄仕上げ。

しかも、重盛さんの人形焼は、
こし餡であるのに対し…
こちらはつぶ餡がギュッと詰まって
ズシリと重い。。。

十勝産の小豆を香り高く、
ホッとする甘さに炊き上げた餡。

香ばしい生地が、ふくよかなヴェールで
餡を輝かせていますね♪
心がほぐれます。。。

image

そして、重盛永信堂さんのもう一つの看板が
ゼイタク煎餅の数々!
中でも一番人気なのは、「ビンズ煎餅」

重盛永信堂さんのゼイタク煎餅は
食品添加物を一切使わず、卵がタップリ!

だから、小麦と卵のおおらかな旨さが
ダイレクトに伝わり。

甘塩っぱい揚げ空豆のコクと香りと響き合って…
“素朴”と“贅沢”って、共存するんですねえ。。。

image

これを“瓦煎餅”と高を括ってはいけません!
「黒胡麻煎餅」

もち米で作った胡麻煎餅も美味しいけど。
こちらは、玉子のコクと蜂蜜の質感のある甘みが
しっかりと主張するから…

黒胡麻特有のコクのある旨みとパンチのある香りに
憂いが加わって♪

これ、“一般的な瓦煎餅”の数分の一の大きさだけど。
食べ応えは、数倍有りますよ♪

image

下町の贅沢、もっと有りますよ!
「のりパビロ煎餅」

これは他のゼイタク煎餅より硬めの生地を
葉巻型に巻いているから、
コリッと弾ける香りと旨み♪

蜂蜜の自然な甘みの生地に
砂糖を絡めているのですが…
粉砂糖のようなダイレクトな甘さでは無く、
穏やかなる甘み。。。

ゆかりのキレの良い塩気、
青海苔の香しさが煌きます♪

http://30min.jp/place/5525

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!