人形町 東嶋屋

この下町仕立てのつゆは、すうっと身体を潤しながら、渇を入れる! 人形町・東嶋屋の「玉子とじそば」「千住ねぎ使用 ねぎ南蛮」

image


     「人形町は下町情緒が有って良いですね」

ドラマ「新参者」の放映以降、仕事場の話をすると
多くの人からそんな言葉をかけられたりします。

確かに、老舗然とした店もチラホラとは有りますが、
あのドラマの世界観とは、ほど遠いのが現実。

人形町通りの一帯は“人形町商店街”と呼ばれているけど
“商店”とは言いがたい、週替わりのレンタルスペースや
チェーン店がずいぶん進出してきて、下町情緒とは無縁。

甘酒横丁の一帯は、
かろうじて老舗が下町の世界観を守っているかな。
今回うかがった東嶋屋さんも、そんな一軒。

image

ちょいと薄暗いけれど、落ち着いた感じの店内。
テーブル毎に黒七味が置かれているあたりが嬉しいですね。

image

今回、こちらのお店にうかがったのは、
入り口に「千住ねぎ使用 ねぎ南蛮」との
貼り紙が貼ってあったから。

10分ほどで供された「ねぎ南蛮」の具は、
さっと焼いた千住ねぎ・温泉卵・水菜・ほうれん草。

揚げ玉に小海老を忍ばせている所が香ばしく。

千住ねぎは、シャキシャキとした食感も残しながら
ねっとりと甘く。
スーパーのねぎとは違う、力強さが有ります!

image

黒七味は、他の七味と違って、唐辛子の風味が突出せず、
山椒や黒胡麻・青海苔の風味が主張するから香しく、
深みのある風味が有りますね。。。

そう、出汁の香りよりも、甘みが立ったここのつゆに、
黒七味はキレのある味わいをプラスして、相性良し!

image

ここのところ、やたらと忙しくて。
残業中は、めったに晩飯をとらない私もへたり気味。

そんな時に、ふっとあの甘めのつゆに
満たされたくなり、再訪。
今回いただいたのは、「玉子とじそば」

そう、疲れた体にこの蕎麦は、優しい。。。

昼間は、甘さがちょいとしつこく感じる
この下町仕立てのつゆは
かき玉子の優しい旨みと相まって
すうっと体を潤しながら、渇を入れる!

海苔は、しっかりとした厚みのある上物で
玉子の旨みと響き合いますね。。。

蕎麦は
スルスルッと食べたい時に
サッと向き合える事が大事だと思う。


  >人形町は下町情緒が有って良いですね

そうかも知れません。
ちょいと甘くて濃い目のつゆが

   「さあ、元気を出しなさいっ!」

と、ポンと肩をたたくような人懐っこさが有りましたからね。

http://30min.jp/place/3727

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

「むじな蕎麦」 海老の旨み、とろける揚げ玉のコク♪ たぬきともきつねとも違う、この合わせ技! 人形町・東嶋屋

image

狐と狸を称してむじなと言うから
揚げ玉と油揚げの両方を添えた蕎麦を
むじな蕎麦と言う。

今時の蕎麦屋では
このメニューを見かける事は少ないですが、
下町の蕎麦屋で見かけると
どうしても頼みたくなりますね♪

image

人形町の東嶋屋さんの場合は、
揚げ玉は“天ぷらの副産物”ではなく。

子海老を忍ばせた、
香ばしく旨み豊かなもの。

供されてすぐにいただけば、
サクサクっと。

少し時間をおいていただけば、
トロトロッと
海老の旨み、とろける揚げ玉のコクが拡がって。

一方、油揚げは
関西のきつねうどんのお揚げさんのような、
甘めのタイプではなく。

サラッとした食感を残し、
キリリと甘辛く煮上げられた、刻み揚げ。

つゆは、
味醂の甘みがドーンと舌を潤し。
次に醤油がキリリと効いた
下町仕立て。

シャキシャキっと
心地よい食感を弾かせる水菜が
涼やか。

たぬきとも
きつねとも違う合わせ技!

これも下町の粋のひとつかも
知れませんね。。。

http://30min.jp/place/3727/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!


鍋焼きうどんvsすき焼きうどん! 疲れた身体に優しく渇を入れてくれる、下町の名店です。。。 人形町・東嶋屋      

IMG_9181

 >鍋焼きうどん


東嶋屋さんの店頭の貼り紙を見て、

鍋焼きうどんが似合う季節になったなあと、

ふと足を止めました。

IMG_9182

  「もう、ラストオーダーですが


大丈夫ですよ!ビールを1本と、

鍋焼きうどんをいただいたら、

すぐにお暇しますからw


そう、鍋焼きうどんが出来上がる前に

ビールと共に注文したのが、

「おつまみ三種盛り」


こちらは、500円で

日替わりのおつまみが

三種盛り合わせになるもので


今回は、

・板わさと玉子焼き

・にしんの菜の花漬

・牛玉煮    の三種でした。


「牛玉煮」は、牛肉と玉ねぎを

サッと煮にしたもので

“甘くない、牛丼の具”みたいw


「にしんの菜の花漬」は、

季節はずれの感は否めないけれど


にしんは、程よく発酵して、

酸味と甘みが深まったタイプ。


IMG_9183

程なくして供された「鍋焼きうどん」


東嶋屋さんの場合は、

土鍋の蓋を使わない主義ですので


インスタが流行る遥か昔から、

インスタ映えの「鍋焼きうどん」を

供しているとも言えますw


具材は、

かき揚げ、鶏肉麩、ナルト、三つ葉、

わかめ、水菜、椎茸、蒲鉾など。


“海老天”がド~ンと横たわっていないと、

鍋焼きうどんの雰囲気が出ないと

感じる方も多いかも知れませんが


かき揚げの中には、

“直径4cmほどの、むき海老”が三匹!


天面は、サクッと!

底部は、つゆをたっぷりと吸って。


もっちりとした食感の衣の中で、

ミディアムレアの甘さを

海老が放っているから


ザク切りのネギと共に

カラッと揚げられた

かき揚げの方が、

お味を重視した考え方かも知れません。。。 


そして、私がこの鍋焼きうどんの中で

特徴的だと思ったのは、

生わかめ。


肉厚でプリプリッとした食感の

上質な生わかめが多めに入っているので


ちょいと甘めで濃厚なつゆに、

わかめの磯の香りと旨みが溶け出し。


天ぷらの衣の香り、鶏肉の甘み、

三つ葉の香りと相まって


味わいに深みが加わり、

重層的な美味しさを

奏でていると思いました♪


IMG_9184

そして、昨晩。


“肉の日、前日”だから、

暴飲暴食は止めて、

胃袋を整えてからイベントに臨もうと


再び、東嶋屋さんに足を運び。


今度は、「すき焼きうどん」を

いただく事にしました!


こちらは、多めの牛肉、長ねぎ、

水菜、椎茸、卵と、

「鍋焼きうどん」に比べて

シンプルに見えますが


程よくサシが入った

上質な和牛をお使いですね?


牛脂と赤身肉から醸し出される

甘い香り(和牛香)は


和牛ならではの

甘く、ふくよかな香り♪


これが、みりんの甘さと香りが効いた

下町仕立てのつゆと響き合い


太めの糸コンニャクも、

プリッと滋味豊かな味わい。。。


IMG_9185

そう!

東嶋屋さんでは、テーブル毎に、

黒七味が常備されているので


IMG_9186

早速、パラパラとかけてみると


唐辛子の風味が突出せず。


山椒や黒胡麻・青海苔の風味が

ジワジワッと攻めてくる黒七味が、

甘めのつゆに

やわらかなアウトラインを作って


美味しいっ♪

IMG_9187

1日の終わり。 疲れた体に、

「すき焼きうどん」は、優しい。。。


今回も東嶋屋さんに

優しく渇を入れてもらえたかな?


http://30min.jp/place/3727/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

美味しく開運招福!「七福そば」 4日間限定のこの蕎麦の“8番目の具材”は、 ふっくらと清楚な香り。。。 人形町・東嶋屋

image

日本橋の正月と言えば、「七福神巡り」

七福神に縁のある
日本橋界隈の神社を巡る2時間弱の散策コースは、
正月の好天にも恵まれ、今日もたくさんの人出が有りました。。。

image

私はと言うと…
人混みを避け、早めの時間から
昼呑みでしたw

image

はい、甘酒横丁に在る東嶋屋さんで、
「いかそうめん入り めかぶ」を相手に
冷酒をちびり、ちびり。。。

この「いかそうめん入り めかぶ」は、
山葵を忍ばせた甘めのかえしを使って、
トロッと、コリッと♪

歯切れの良いいかの軽快な食感と、
めかぶのとろみと濃厚な旨みが
まことに良い相性です!

image

そう、いつもは千両箱を模した
桐箱に入っている黒文字も、
今の時期は龍を描いた初春バージョン♪

こういった気遣いのひとつひとつに、
老舗の心意気を感じますね。。。

image

しかし… お昼近くになると、
観光客の皆さんが続々と来店されてきたので、
私も蕎麦をいただく事にしました。

本日いただいたのは、「七福そば」

先日、ご紹介した「野菜あんかけそば」に代わり
正月の4日間だけ提供する、おめでたい蕎麦です。

この「七福そば」は、
単に具が七種類有るというだけでは無く、

 ・鯛入り蒲鉾=恵比寿天が持っている鯛に因んで
 ・千住葱=福禄寿の白髪髭をイメージして
 ・巾着=大黒天の袋をイメージして
 ・煮卵=布袋尊のふくよかなお腹をイメージして
 ・海老=寿老人の「長寿延命」に因んで
 ・梅麩=七福神の紅一点、弁財天に因んで
 ・煮筍=毘沙門天の猛々しさをイメージして

…と言うように、丼を宝船に見立てて、
七福神を表現しているんですね。。。

エッ? 具が8種類有るって?

そうそう、鶏肉は酉年に因んでいる事も
なかなか芸が細かいですね♪

“鯛入り蒲鉾”は、
プリッと心地良い食感の中に
鯛ならではの華やかな香りを放ち。

“巾着”の中身は、
とろけかかる程に柔らかく煮込まれた、お餅で
福福しい味わい!

甘辛味にしっかりと味が付いた“煮卵”に、
その甘味と香りが新春らしい“海老”

“猛々しい”と言うより、
コリッと軽快な食感の、“煮筍” 等など。。。

様々な具材が様々な食感と香りを放って、
まさにおめでたい響き。。。

image

人形町駅から、
甘酒横丁に入ってすぐ左手に在る
東嶋屋さん。

いつもは、
ちょいと甘くて濃い目の“下町仕立てのつゆ”も
「七福そば」の場合は、甘味を控えて
具材の風味を引き立てる工夫をされていました。。。

2時間弱の「七福神巡り」をする
お時間が無い方は、
この「七福そば」をいただいて、
福にあやかるのも、良いかも知れない。。。

ふっくらと茹で上げられていて
清楚な香りを放つ鶏肉入りの、
今年の「七福そば」は、明日(4日)までの提供!

美味しく開運招福されたい方、
お急ぎ下さい!

http://30min.jp/place/3727/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

季節限定「野菜あんかけそば」 ちょっと甘めの下町仕立てのつゆに、柔らかな響きあり。。。 人形町・東嶋屋

ブログネタ
好きな麺料理と言えば? に参加中!
image

別に“限定”だから飛びついた訳でなく、
メタボを気にして、蕎麦にした訳でも有りませんがw

入り口脇に

    >野菜あんかけ  そば・うどん

と書かれていたら、迷わず蕎麦を頼んでいましたね。

私は昔から、うどんよりも
蕎麦のプリミティブな香りが好きなんです。。。

半年に一度、有るか無いかの
“呑みたく無い日”

私は、甘酒横丁に有る東嶋屋さんに
ついつい足を運んでしまいます。

image

東嶋屋さんのお気に入りのポイントは、
疲れた体に渇を入れる、“下町仕立てのつゆ”と、
卓上に置かれた黒七味が愉しめる事。

image

材料は、
白菜・しいたけ・人参・もやし・ねぎ・鶏挽肉。

“ちょいと固めの、餡”に仕立てて、
蕎麦にトロリとかけてある、「野菜あんかけそば」。

この餡は、
鶏の旨みと白菜の甘みをたっぷりと引き出し。

白菜の穏やかな香りと人参のコクが
ちょっと甘めの下町仕立てのつゆと響きあう…
他の蕎麦屋さんでは出逢えない、人懐っこさ♪

蕎麦通が首をかしげるかも知れない
柔らかな口あたりの蕎麦も、
このつゆや餡だからこそ
輝きを増すのかも知れませんね。。。

中盤戦からは、
黒七味をササッとふりかけて
山椒の心地良い痺れに身を委ねるのも、
お愉しみ。。。


師走。
年越し蕎麦をどこでいただくかは
まだ決めていないけれど。

こういう人懐っこさで
一年を締めくくるのも、良いかも知れない。。。

ここは人形町・甘酒横丁。
東京で有りながら、
どこかホッとする風情がある場所ですからね♪

http://30min.jp/place/3727/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ