レ・フルシェット 東日本橋

帝国ホテル出身のシェフが奏でる、“憂いの有る、¥1000パスタランチ”♪ 自家製 ハムにも、驚かされますよ! レ・フルシェット東日本橋

image

某制作物が佳境に入っている関係で...
正月休みも仕事だった、私。

代休をやっと貰えた今日。
“新規開拓”も、一瞬頭をよぎりましたが…

ご無沙汰している
レ・フルシェット東日本橋店さんに伺う事に。

レ・フルシェットさんのランチは、

 ・日替わりの前菜
 ・本日のパスタ(3種類から選べます)
 ・本日のプチデザート

…という内容で、¥1,000

デザート付きとは、頑張ってますね♪


さて、今回の前菜は…

  私「このハム、もしかして…?」
       シェフ「はい、自家製です!」


ひと目見た段階で、“艶やかな表情”をしていたから、
ピーンときました!

2mmほどの厚みにカットして、
サッとソテーしたハムは…

フルッと舌に寄り添いながら、充実した食感!

そして、熟成香とスモーク香と甘やかな脂の香り!
肉の旨みを引き締める、適度な塩気。。。

“前菜”という軽い気持ちで臨むと
度肝を抜かれますね!

肉肉しく、気高く、
そして憂いに満ちた、素晴らしいひと品です♪

image

¥1,000のパスタランチも、
前菜で充分に元をとった気がして、
嬉しさのあまり「クラッシックシャルドネ」を追加!

こちらも、グラス¥400と、リーズナブルでしょう?

image

そして、表の掲示には有りませんでしたが、
ランチには、一口サイズのフォカッチャが付きます。

こちらは、サラッとした口当たりですが
小麦の旨みに満ちています。。。

image

そして、今回私が選んだパスタは、
「フレッシュトマト・長茄子・胡瓜のオイルパスタ 鶏の砂肝入り」

あっ。。。砂肝はコンフィですね?
驚く程フワッとネットリと、香りを煌めかせていて
これにもビックリ♪

フレッシュトマトは、
オイルソースに香りと淡い酸味を付ける考え方!

とろけてしまう寸前でソテーを止めているので、
オイルの方にはさっぱりとした旨みを、
トマト自身は酸味を引き出して、夏の表情。。。

逆に、ナスは皮目をしっかりと焼いて
ハリの良い食感を引き出していますから、
心地よい野趣を引き出すと共に、
ふるっと溶ける身とのコントラストを奏でています。

そして、きゅうり!
パスタの具材とすれば、
それほどポピュラーではないこの素材を…
サッとソテーして、青臭さをしなやかさに変え。

とかく後半戦がくどい印象になりがちなオイルソースに
サックリとした食感と、
涼風のような風味をプラスしているんですね。。。

それぞれの素材の存在価値を引き出しながら、
全体が見事に融和している
素晴らしいパスタだと思いました♪


またまた申し訳無い気がしたので、
デザートの前にコーヒーを追加しましたが…

ランチに追加する場合は、
¥100でいただけるんです♪

image

“本日のプチデザート”は、
「クレームブリュレ」

ディナーの時に何度かいただいていますが…

バニラは緩やかに香り、
生クリームの濃厚さと甘さの加減が上品!

その分、
キャラメリゼは儚く、香ばしく、ほろ苦く♪

ランチでいつもこれをいただいている方は、
さぞや優雅な気持ちで午後の仕事に臨まれるだろうな…と
とっても羨ましく思いました!

http://30min.jp/place/2420900/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

「蝦夷鹿のポワレ胡椒のソース 柿のソテー添え」 他所とは格が違うのに、リーズナブル♪ 繊細な躍動感が味わえます! ワイン食堂 レ・フルシェット 東日本橋

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image

東京と大阪の帝国ホテルで30年間も腕を振るい、
フランスでも調理経験が有るヴェテランシェフのお店
レ・フルシェットさんが2号店として出店されて。

そう、東日本橋駅から徒歩3分と
アクセス良好な場所にお店は有ります。
レ・フルシェット 東日本橋さん♪

image

地下への階段を下りてドアを開けると
スタイリッシュな空間ですね。。。
ラストオーダー40分前の“短期集中コース”の幕開けですw

image

フルーティーな辛口のスプマンテと共に注文したのは、
「コラーゲンたっぷり豚の軟骨の炭火焼」

そう、“帝国ホテル出身のシェフの店”と言うと
かしこまっていただくイメージが有るかも知れませんが…

店名に“ワイン食堂”という冠が付いている通り、
¥300からの小皿料理も充実しているところが、嬉しいですね♪

なんと、軟骨は…
“コリッ!”では無く、“キュン♪”とほぐれる、
嫋やかな食感。。。

炭の香りを映した豚の香ばしさと、
コラーゲン質のまろみ、脂の甘み。。。

軟骨の下にひいたキャベツのエチュペが
ゾクゾクするほどに、甘く、香しく。。。

マスタードでさえ、驚くほどに
香しさとまろやかさを兼ね備えていて。

これほどまでに心をときめかす小皿料理、
他所ではなかなか出逢えませんよ!

image

農薬を一切使わずに、有機肥料だけで作る
こちらの野菜は「ソロモン流」などでも紹介されましたね♪
「川田農園の美味しい野菜のグリル ズワイガニをあしらって」

川田農園さんは、野菜を市販せずに
 ・川田農園さんの野菜を使っている、シェフの紹介
 ・契約前と、年に1回は畑の手伝いをする事
…これが契約の条件だそう。

だから、手に入れたくても手に入らないレストランが沢山!
そんな料理人の垂涎の的の野菜達は…

澄んだ甘やかさと、香ばしさを併せ持った大根!
サクッとねっとり。。。甘い香りを放つ、葉玉ねぎ!
そして、こんなにも気品の有る甘みが有るとは
驚かされた、ブロッコリー。。。

これらを、青苦さの中にミネラル感が煌く、
ワサビ菜がサッと包み込んで…
淡い柑橘の香り、しとやかな甘さを感じる
ドレッシングが朝露のように野菜を輝かせて♪

ズワイガニのほぐし身が、
柔らかなゴージャス感で微笑みかけてくる。。。

今の季節ならではの、野菜達の囁きですね!

image

メインでいただいたのは、
「蝦夷鹿のポワレ胡椒のソース 柿のソテー添え」

周囲を香ばしく引き締める程度のポワレは、
蝦夷鹿の淡い野趣と澄んだ旨みを引き出し。

胡椒のソースは、さらりと憂いの表情を与えて。

肌理細やかな蝦夷鹿の肉質に、
トゥルンとした柿のソテーの瑞々しい甘み。

バターのコクと香りが駆け巡る
マッシュポテトの繊細な躍動感と言ったら♪

誤解を恐れずに言います。
他所とは格が違う美味しさです!!

image

いただいたワインは、
「ドメーヌ ド ムージャン」

軽やかな渋みの中に、心地良い果実感。。。
ワンコインでいただけるとは思えない
気品に酔いました♪

image

さて、デザートでいただいたのは
「テリーヌショコラ  バニラアイス添え」

Beautiful Dynamite!

華やかなコクと香りの中に
微かなほろ苦さと荘厳さ。

滑らかな口どけの中に、
ショコラの粋を、ギュッと封じ込めて…

“幸福な眩暈”にうち震える事ができました。

次回は、もうちょっと早めの時間に
お邪魔しないといけませんね。

だって、トキメキの連鎖を
もっともっと、長く味わいたい!

そう、心に誓いました♪

http://30min.jp/place/2420900

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

帝国ホテルでの30年の経験が… ジロール茸や松茸、カボチャの王様にも新しい煌きを与えているんです♪ レ・フルシェット 東日本橋

image

  「今日のカルパッチョは、太刀魚とカンパチです。
   他にオススメは、ジロール茸!
   こちらをソテーにしてサラダ仕立てにして、お出ししています!」

image

東日本橋のレ フルシェットさんには、
とっても気働きの良いギャルソンが居らして…

   「はい! こちらがジロール茸です!」

あらら。。。 ずいぶんと立派な、ジロール茸♪
ここまでしていただいたら、
頼まない訳にはいかないでしょう?

早速いただきました!
「ジロール茸のソテー  サラダ仕立て」(※トップ画像)

別名「アンズ茸」とも呼ばれるこのキノコ。
ニンニクオイルでソテーされると、
フルッと、シコッと、絶妙の食感!

フルーティーと言うより、
艶かしくも甘酸っぱい香りと
濃厚な旨みを引き出されていて…

生ハムの濃厚な味わいと
とても良く響きあっていました♪

image

そして、フルサイズを注文しようとしたら…
1人では多過ぎるとギャルソンが気を利かして
ハーフにしてくれたのは、
「太刀魚とカンパチのカルパッチョ」

軽く炙った太刀魚は、
プリシコッと!

皮目に野趣有るコクが有って
淡白な身とのコントラストが非常に良し♪

カンパチは非常に肌理が細やかで、程よい脂のり。

濃厚な旨みを持った魚だとは知っていたつもりでも、
これほどまでにカルパッチョに向いている魚だとは…
これは、ビックリしました!

image

最初にいただいたワインは、
「コルテーゼ」

まろやかな酸味が心地良い、
スイスイいけちゃう、辛口ですね。。。

image

そして、メインにいただいたのが
「最高級シャラン産  鴨のポワレ 季節の野菜添え」

フワッと、しっとり。。。

鴨ならではの優雅な香りと、
熟成した肉の複雑なまろみ。。。

そして、脂の上品な甘みを活かした
デリケートなポワレ加減!

そして、
ワインソースも、鴨のコクと旨みを
凝縮させて、豊潤!

テーブル席からキッチンの様子を拝見した限りでは、
これはあの若手シェフにの手による物ですね?

王道の味わいを守りながら、
さらに洗練を加えられた、このひと品。

食べ応えが有りましたよ!

image

次にいただいたワインは、
「ピノノワール」

軽やかな口あたりの中に
すっと横切る、心地よいタンニン感!

とても飲み易いミディアムボディです。。。

image


   「今日は、結構召し上がりますね?」

そうですか? 私は旬の物を見かけると
「今しか無いっ!」と思って頼み過ぎる傾向が有りますが…

「カナダ産松茸とシーフードのオイルパスタ」も、
次に伺った時には、いただけないでしょう?

松茸は… 傘はサクッと、軸はコリッと♪

ガーリックをじんわり効かせた、
海老の甘味とイカのコクのある旨みと
上手に響きあって。。。

そう、シーフードの
しなやかで有りながら厚みの有るコクと
松茸の高貴な香りは、
ベクトルが違うから…

それぞれの風味がマスキングされる事なく
響きあって、贅沢なる高揚感♪

image

ヘンテコリンな仮装には全く興味は有りませんが…
これを見つけたら、頼まずにはいられませんよね?
「北海道 栗マロンかぼちゃのプリン」

栗マロンかぼちゃは、
“カボチャの王様”とも言われ、
デパートでは1個 ¥2,000程でも
飛ぶように売れているのだそう。。。

口解けは、一般的なプリンよりも
グッと凝縮感に溢れていて。

甘さより先に、
カボチャらしい濃厚なコクと旨みが
グイグイと押し寄せてくる、主張の強さで。

そこに、甘さがじんわり忍び寄る生クリームと、
すこしビターなキャラメルソースが
心地よい余韻。。。


 オーナーシェフ「如何でしたか?今日は、ちょっと
チャレンジングなメニューも有りましたが。。。」

はい! 帝国ホテルでの30年ものキャリアが
随所に光る素晴らしいお料理でしたね!

お陰様で、ひと足先に
“おとなのハロウィンパーティー”
堪能する事ができました♪

http://30min.jp/place/2420900/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

帝国ホテルでの30年の経験が、天然シマアジの圧倒的な迫力を引き出し。 フランス産ウズラが気持ち良さそうに体中を駆け回る♪ レ・フルシェット 東日本橋

ブログネタ
たまに行くならこんな店 に参加中!
image

コスパがメチャメチャ高いランチマジックを
先月、堪能しておいて…

シェフの本領を発揮するディナーに寄らないって、
男がすたるでしょう?

はい、ラストオーダー○○分前に
“駆け込み入店”してしまったのは、
東日本橋のレ フルシェットさん!

そう、メニューに見つけた時、心が躍りました♪
「珍しい天然シマアジのカルパッチョ」

築地では“青ものの、別格”と評される
天然シマアジも…

市場に殆ど出回らない為に、
養殖ものがシマアジの味と
誤解されるようになってしまいましたが…

余分な脂をまとわず、凛として引き締まったその身は
真鯛のような優雅な旨みと、
青魚特有の気高さを併せ持ち。

べたつかない、上質な脂のまろみが
サッと舌に寄り添い…

仄かにまとわせた柑橘の香りが余韻を残す。

ロックソルトとオリーブオイルを使った
シンプルなカルパッチョは、
素材の圧倒的な迫力を
充分に発揮させる為の、洒脱!

いやあ…
しょっぱなから、度肝を抜かれました。。。

image

温前菜は迷いましたが…
今を逃すと、次回はいただけないと思い、
「ホタテ貝のムニエル  夏野菜と共に」

Hmm。。。 デリケートなムニエル!

周囲を微かに焦がして、
淡白なホタテに“誇り高き香り”を与え。
生では巡り逢えない、ふくよかで憂いの有る旨みを引き出し…

中心部は、トロン…と、半生♪

ホタテは、
時として“最初から、最後まで凡庸”に終わる事が多いけれど。

こちらは、ドラマチック! 
流石、帝国ホテルでの30年の経験が物を言っていますね。。。

image

最初にいただいたワインは、
「ポルテント  ソーヴィニヨンブラン」

グレープフルーツのような香り。
マイルドな酸味と仄かな甘みが有り。
辛口でありながらも、どこかエレガント。。。

image

さて、せっかくディナーに来たのですから
“レ・フルシェットさんらしいもの”をと思い、
「フランス産鶉とフォアグラのパイ包み焼き」!

私、密かに“鳥類の中で一番主張が強い”と思っている、
ウズラちゃんw

そう、濃厚な香りと野趣ある旨みを持ち。
しかも、フォアグラを相棒に迎えながらも、
味わいの深さにおいては、決してひけをとらない
この存在感!

しっとりとしながら、
香ばしく豊かな旨みを弾かせるパイに包まれて。

ウズラが気持ち良さそうに体中を駆け回るのを感じました♪

image

次にいただいたワインは、
「ホブノブ メルロー」

まず、黒スグリのような濃厚な香りが駆け抜けます♪
次に、豊かなタンニン感がどっしりとのしかかった後、
強い果実味にアタックされます。。。

これはなかなか、扇情的! 台湾娘に教えてあげようっと♪

image

“短期集中コース”でも、デザートはいただきますよw
「ココナッツ風味のブラマンジュ  マンゴーソース」

ココナッツのコクを集めながらも、
スルンッと軽快に滑り込むブラマンジュ。

完熟マンゴーの華やかな香りと旨みを凝縮させた、ソース!
ひとくち口に含むだけで、香りが湧き上がる白桃のコンポート!
フレッシュメロンに、気高い香りのバニラアイス。。。

胃袋では無く、心に吸い込まれてゆくスイーツですね。
夏の疲れが一気に解きほぐされてゆくのを感じました♪

http://30min.jp/place/2420900/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

帝国ホテル出身のシェフのランチマジック、再び♪ だって、こんな輝きに満ちた 「エイヒレのムニエル」に逢えるなんて、贅沢でしょう? レ・フルシェット東日本橋

image

レ・フルシェットさんのランチ。
とっても美味しかったし、
ブログの方もお陰様で反響が大きかったですね。。。

その事をシェフに直接伝えようと、再び伺ったところ…

  ・本日のお楽しみオードブル
  ・「本日のパスタ 3種」又は、
    生パスタのボロネーゼソースから、ひと皿
  ・「本日の魚介料理」又は、
   伝統のシャリアピンステーキ
  ・デザート盛り合せ
  ・コーヒー 又は 紅茶

…こういった内容で、¥1,800という、
「メニュープレジャー」を発見!

帝国ホテル出身のシェフが奏でる
“お楽しみオードブル”や“本日の魚介料理”なんて、
ワクワクしません?

早速、注文してみました!

はい、今回の“お楽しみオードブル”は、
「冷たいトマトスープ」

見た目はガスパチョのようですが、
オリーブオイルを使わずに、
生クリームを少しだけ効かせているのかな?

トマトのコクと香りを活かしながらも、
トマトの酸味を和らげ、まろやかで気高いスープ!

フレッシュ・ミニトマトの酸味が良いコントラストになり、
トマトの2つの表情を愉しむ事ができます♪

そして、
ちょいと塩味を効かせて輪郭をはっきりとさせた
緑茄子のソテーや生ハムが心地良いテンポを加え。。。

蕪のマリネがサクッと弾けると、
清々しい香りと柔らかな甘みが、
フワッと拡がる、エレガンス♪

image

これはもう呑まずにはいられなくなって、
大好きな「コルテーゼ」をオーダー!
心地良い酸味にふわっと身を委ねまして。。。

image

パスタは4種類のうち、
“夏野菜”ってところが気になったので…
「スパイシーなトマトソースのパスタ  夏野菜と共に」

はい、“スパイシー”とは言っても
トマトの旨みを引き締め、全体に厚みを持たせる感じの
しなやかな辛味遣いが良いですね。。。

さっくり揚げたポテトが蝶のように舞い。

軽くソテーして旨みを引き出したゴーヤ、
こちらも、サッとした火入れで、
心地よい粘りを引き出した、オクラ。
モロッコインゲンでさえも、しんなりと甘く。。。

オニオンとトマトの豊潤な旨みを引き出したパスタの上で
夏野菜がおとなびた表情で、それぞれの個性を主張しています。

そう、どっしりし過ぎないパスタソースだからこそ、
野菜達が嬉しそうに囁いているんです♪

image


  シェフ「産地直送のカスベです!
                    ワインに合わせて、アンチョビを効かせています!」

はい、昼間と言うのに二杯目に突入しているのを
シェフにしっかりと見られていましたw

そう、北海道ではエイの事を“カスベ”と呼ぶんですよね。。
でも、ランチで「エイヒレのムニエル」に逢えるなんて、
贅沢でしょう?

バターのロマンチックな薫り、
アンチョビの雄雄しいコク!

これらの極上のソースと、
バターによって香ばしさを引き出されたエイヒレが
プルッと口の中で解け、
軟骨がコリッと弾けると同時に…

エイヒレの芳醇な脂の香り、コラーゲン質のまろみが、
スペクタクルとなって…
押し寄せる! 押し寄せる♪

はい、“あしらい”の玉ねぎや
甘長とうがらしのソテー加減も、完璧♪

ランチで思いがけずに出逢ってしまった、
フレンチのエスプリ。

これはまさしく、“プレジャー”です♪

image

ランチに“伝家の宝刀”
抜いちゃって良いんですか?

「デザートの盛り合わせ」は、
「テリーヌショコラ」と「クレームブリュレ」の
豪華なる競演です!

「クレームブリュレ」は、
パスタランチの時もいただきましたが…
生クリームのコクと上品な甘さが
緩やかに滑りこんできて、繊細。。。

対して、「 テリーヌショコラ」は、
華やかなコクと香りの中に
微かなほろ苦さと荘厳さ!

image

そう、先にお会計をされたご一行さん。
お近くの有名ホテルの従業員さん達だったんですね。

「おいしかったー♪」と、
次回の会社呑みの予約をされていました!

image

はい、近隣のうるさ型も魅了し、
古巣の帝国ホテルの皆さんからも、今も慕われている
レ・フルシェット東日本橋店さん!

私もシェフの魔法に魅了されてしまった一人。
久々にディナーもお邪魔しないといけませんね。

http://30min.jp/place/2420900/blog/

 

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!


記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ