東中野 ビストロde麺酒場 燿 (ひかる)

プルコリッと♪ 扇情的な食感の中に、鶏の清らかな旨味と、コラーゲンのコク!「冷製!ヤゲン軟骨ピリ辛煮」  東中野・ビストロde麺酒場耀(ひかる)

7E496B72-1ADF-4D83-9D64-27557923640A
 

ラーメンに加え、オードブルが食べ放題のロックフェスを

今週24日、25日に、開催する、

東中野のビストロde麺酒場耀(ひかる)さん


店に入るとまずすぐにチェックする

“おすすめボード”を見て

私は、すぐに注文しました♪

「冷製!ヤゲン軟骨ピリ辛煮」


もうこれは、ひと口めで、お代わりを

注文する事が決定♪


店主からも、


「ここまで旨いと、怖くなる。。。」と


言わしめた、4月入社の大型新人の逸品。


後ほど、ちゃんとご紹介しますね!


B3346AB7-51A4-4AFA-9389-C4EF9F6106C1
さて、次にいただいた1品も

夏らしい表情を浮かべていました♪

「ゴーヤとスパムのナムル」


5mm強の厚みのゴーヤは、

サックリと弾けて

蒼い元気が溢れ出し

微かな苦味は、心地よい余韻♪ 


しんなりジュワン。。。と

解れるもやしは


ごま油の優雅な香りをまといながら、

爽やかな甘さ♪


サラッとした塩味のナムルだから

スパムの肉肉しさと共に

素材の香りと旨味が活きています♪


6058047D-9B35-4109-BC47-33C641AF15EB
こちらも、大人気!

耀さんの新定番とも言える、おつまみです1

「なめろう大葉つつみ揚げ」


サクッと噛めば、大葉の爽やかな香りと、

ジュワッ。。。と溢れ出る、

艶っぽいなめろうエキス♪ 


それは、いつものなめろうでは

決して出逢う事のない


熱々の海の豊かさを伝える、雫。


胸にキュンと染み込みました。。。

EC39F16B-531D-45C9-9FD8-F1286BA39BD4

“東中野の大衆酒場”とあらば・・・

こういった摘みは、お手の物ですね♪

「砂肝のスタミナ炒め」


“スタミナ”と言っても、

“スタミナ焼肉”に有りがちな濃厚さとは違い


コクのあるニンニク醤油と、

黒胡椒の爽快な風をまとった砂肝は、

予定調和を飛び越す、洗練の辛味♪


こりゃあ、酒がすすんで困りますw


0BF53580-2E0C-489E-84EE-85D573F170A1

そして、お代わりをいただいている段階でも・・

トキメキは、まだまだ止まりません!


「冷製!ヤゲン軟骨ピリ辛煮」


プルコリッと♪ 扇情的な食感の中に、

穏やかな塩味に引き締められた

鶏の清らかな旨味と、コラーゲンのコク!


時間差攻撃で弾ける

糸唐辛子の辛さも・・・

このトキメキの連鎖に

ひと役かっています♪

9DBB07BA-C168-4C31-8744-B742CDEE9B52
そして、飲み~〆まで

1軒で済んでしまう麺酒場の

夏のオススメ麺と言えば、

「和伊麺 バンバンジー」


イタリアンのニュアンスを活かした

「和伊麺 ジェノヴェーゼ」同様、

特製のパスタ麺を使用しているので、

麺はプルッと、モチッと、心地よい食感♪


たっぷりの茹で鶏や野菜の旨味を受け止める

胡麻の香りとコクを活かした、特製ダレ!


そして、別添の「特製エビラー油」の

豊潤な旨味と、心地よい辛味。。。


嗚呼。。。夏が終わってしまう前に

まだ、何回かいただきたい逸品!



そう! 

秋の気配を感じる、今日この頃。

東中野駅西口から、徒歩20秒のこの店は・・・


新メニューに、ロックイベントに、

まだまだ、アツイんです♪


https://30min.jp/place/60186/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

夏だ!激辛祭りに、納涼生ビール祭りだ♪重層的なウマ辛さの「キルギョプサル」や「DEATH麻婆」は、あのイベントじゃあ、いただけません! 東中野・ビストロde麺酒場燿(ヒカル)

95DEDFEB-5171-4F32-AC74-3FDAB236C95C

 >夏だ!激辛!汗MAX!

  ひかるの激辛で

  冷えた酒がより旨い!

 

 >お盆期間中!

  納涼生ビール祭り!(15日迄)

 

  終日、生ビールを

  大ジョッキでご提供します!

  お代りOK!

 

あらら。。。7日から開催中の

「激辛祭り」に加えて、

今週は「納涼生ビール祭り」とは・・・

 

いつにも増して、燃えていますね♪

東中野のビストロde麺酒場燿(ヒカル)さん!

 

そう、燿さんの手がける“激辛”ですから

どこぞのイベント会場でふるまわれているような

うわっ面の辛さでは無い事は、

始めから解っていましたが

 

最初にいただいた「キルギョプサル」

1cm弱の厚みの豚バラを

特製・激辛味ダレに

よ~く漬け込んでいるから

 

プルジュワッと、ジューシィ♪

ビリビリッと、

肉の旨味と脂の甘みを押し上げる

重層的なウマ辛さ♪

 

ひと口いただいた時点で、

お代り決定!

 

青唐辛子と豆腐クリームチーズで

辛さを調節できる所も、

気が利いていますね♪

7494BA7F-94D4-48FA-A6E9-7845742DADCC

そして、4月に入社した

大型新人君が手がけた

「ヤンニョムチキンファイヤー」

 

“パクさん秘伝のコチュジャン”を

使っているそうで

 

これがケチャップを使った

甘酸っぱいソースと、非常に相性が良く。

 

蜂蜜のような質感のある甘さの奥から

本場・韓国産唐辛子の甘辛さが

ジワジワッと攻めてくる♪

 

手羽元ならではの、

清らかで凝縮した旨味と、

どこかチャーミングな辛ウマさ。。。

 

そう、単に“辛い”と言っても

様々な表情を愉しめるのが、

燿流ですね♪

F09D03AB-24DB-4427-838B-4DD2EBE5174D

 >伊藤さん、

       いよいよおつまみに参戦です!

 

数週間前に、取締役料理長から

そんなコメントを

いただいてはいましたが

 

あの、“塩加減王子”が

DEATH麻婆」!?

 

いえいえ!

ネーミングから忠実にイメージすると

 

バラエティー番組で、

罰ゲーム的に使われる“殺人兵器”を

イメージされるかも知れませんがw

 

粗く叩いた挽肉から、

充分に旨味と香ばしさを引き出し。

 

これに、5種の中華スパイスを加え、

最後にたっぷりの花椒を加えているから

 

静かに攻め入るスパイス達は、

まるで子供達が一斉に駆け寄ってくるような

そんな微笑ましいアプローチかと思いきや

 

それぞれ、ベクトルの違う辛さと

心地よい高揚感が、ジワッと、ヒリッと♪

 

これは、大久保公園ではいただけない

スタイリッシュ麻婆ですね!

2FE659C9-485B-40C1-9485-FCFF57F05CB4

「辛いの、大丈夫ですか?」

 

はい!タイ料理で鍛えているから、

「キルギョプサル」をお代りしたんでしょう?

 

特製・激辛味ダレに漬け込まれた、

豚バラの重層的なウマ辛さは、

ひと口めで感激しましたが・・・

 

添えられた、

青唐辛子のパンチの効いた辛みと、

特製・豆腐クリームチーズの

ミルキーなコクと旨味を

自分好みにカスタマイズしながら

いただけるって所に、

お客さんへの深い愛情を感じます。。。

 

私は、サンチュの上に豚バラをのせ。

その上に青唐辛子と

豆腐クリームチーズをたっぷりかけて

いただくのが好きですね♪

 

豆腐クリームチーズの

優雅なるまろみと、

豚バラのウマカラ!

 

そして、青唐辛子の溌剌とした辛さとの

時間差攻撃を愉しめますからね♪

A33B2AA1-9144-4790-B23F-E683BCAFB135

さて、今までなかなかご紹介する

チャンスが無かった、燿さんの炭火焼。

 

今回、“おすすめメニュー”に

「鮭ハラス焼」を見かけたので

早速注文しました!

 

う~ん。。。先日、友人の引越し祝いに

自分で鯛を焼たので、

魚焼きの難しさは、体験済なのですが

 

ガスレンジでは、

こうもふっくらと焼き上がりませんね。。。

 

炭の遠赤外線効果で

周囲をパリッと焼き上げながら、

肉汁をたっぷりと閉じ込め。

 

脂がたっぷりとのったハラスは、

プルッ。。。と解れて、ジュワッ。。。と

脂のまろやかな旨味と甘みをほとばしらせ。

 

炭の香りを映した

鮭の旨味と脂の香り!

 

心が和みますね。。。

EB3582DA-5743-4ED3-B501-2B6EDCE0AF57

さて、〆にいただいたのは、

「炎上ヒカル×台湾風混ぜソバ」


54C4C98F-510A-4DF6-992E-8AE41F5DC45E

  「よ~く混ぜてお召し上がり下さい!」

 

そう言われて、マゼマゼしてみると・・・

 

もう、混ぜている最中から

鼻腔をくすぐる、

和山椒の爽やかな香りに

酔わされますね♪

 

そして、赤味噌のコクと香り、

卵黄の優雅なコクと甘味、

たっぷりのそぼろの旨味と

刻みネギの香味とが相まって・・・

 

ジワジワッと忍び寄る

味噌のコクと甘辛さ♪

 

うん!これは、燿さんの新境地!

〆で頼んでも、

ますます呑みたくなってしまう、

魅惑の辛ウマ♪

 

これって、定番麺には

ならないのでしょうかね?

 

「激辛祭り」開催中、

是非是非トライしていただきたい

逸品です♪


1D0E5AFD-7D40-42D6-BB4B-05709F269C2D

麺酒場らしく、

お猪口に入れて提供するとは、

洒落ていますね♪

「濃厚豆乳パンナコッタ」

 

今までの燿さんでは、

なかなか登場する機会が無かった

デザートも・・・

 

口から火が吹いてしまったお客さんの為に

用意して下さるとは、心憎いご配慮ですね♪

 

しかも、ここは麺酒場ですから、

デザート特有の“しつこい、甘さ”は

無用!

 

豆乳のコクと旨味を

ギュッと凝縮させながら、

サラッ。。。と、優しい甘みのパンナコッタ。

 

ベリーのソースが大人の甘さ。。。

 

Ummmm....

ここは、ビストロde麺酒場!

 

酒呑みのワガママを、

全部受け止めちゃう、

スゴイお店なんです♪

 

https://30min.jp/place/60186/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

「東中野の名家高橋家のハンバーグ」は、定番化を熱望! 塩加減王子の腕が冴え渡る「ガーリックライス」も、他所ではいただけません! 東中野・ビストロde麺酒場燿(ヒカル)

9D7D699E-0A30-477A-ACD1-51DA8DD21514

 >本日、水曜日は終日ハイボールが勝手に

       メガジョッキに変身しますよ。

       最近の燿ひかるは女子力高めです❤️

 

 

そう! 通常料金でメガジョッキで呑める

ハイボールが目当てでも

女子従業員さんが強化されたから、

店員さん目当て足を運ぶ訳でもないのですがw

 

水曜日ともなると、

ついつい足を運んでしまいますよね

東中野のビストロde麺酒場燿(ヒカル)さん!

 

そう、水曜日はハイボールが

増量されるキャンペーンを実施されていますが

 

人気のおつまみ3種

(なめろう、餃子、白レバーの炙り)が

通常料金のまま、1.5倍に増量される、

キャンペーンの曜日も有るんですよ!

(※キャンペーンの曜日は、来てのお楽しみw)

 

本日いただいたのは、

「ブリのなめろう」

 

 「え~~?ぶりで、なめろうを作るの?」

 

そんな声が読者さんから聞こえてきそうですね。。

 

ブリのなめろうは、久しブリですが、

カンパチやいなだのなめろうも

ちょくちょく出されていて、高級なんですよ!

 

「ブリのなめろう」は、

粗くたたいて、モチッとした甘みを

引き出された脂のりの良いブリの中から、

ザクザクッと生姜とネギが、溌剌とした香り♪

 

EBEBE6A0-7191-42D3-B17B-15E1B43E8DDC

そ・し・て! これが「本日のおすすめ」に

掲示されると、飛ぶように売れているんですよね♪

「とうもろこしの天ぷら」

 

こちらは、天ぷら粉の他に

コーンスターチを多めに加えているのでしょうか?

 

サックリと軽やかに弾ける

薄衣の中から、

プチッとジュワッと弾ける

甘やかなコーンの雫が、

メチャ旨!

 

オススメです!

 

DC4CF911-B2B3-4558-B7CA-9B53DB9C8535

「いつか、食べてみたい!」そう申し上げたのを、

料理長は覚えていてくれたのかな?

 

「鮮魚のさんが焼き」は、

“なめろう”とは、別仕込みである事は

すぐ解りました!

 

ブリとは違う、

青魚の雄雄しいコクと香りを

ギュッと凝縮させ。

 

なめろうの時の上品な味噌遣いとは違う、

味噌の濃厚な旨味と香ばしさが

駆け上がる! 胸をトキメカせる♪

 

87F6EE1A-7416-4E4F-B78C-988B2D9F70F0

そして、久々の登場!

「ベーコンの西京焼き」

 

燿の燻製マシーンこと

“ロビンちゃん”が活躍する

自家製ベーコンだけでも、

充分に美味しいのに・・・

 

それを自家製の西京味噌で

漬け込んでしまうという、

最強漬け音符

 

1cm近い厚みの中に、

味噌のコクと香り、

自家製ベーコンならではの

華やかな肉の香りが炸裂します♪

 

4369E5F5-3863-45AC-AF5A-35E4B78DA61D

先ごろ、パパになったばかりの

大型新人・健クンも

ミルク代を稼ぐ為に、大車輪のご様子♪

 

「鶏肉おつまみグリーンカレー」の

鶏肉は、プルッと甘く気高い香り!

 

皮を香ばしく揚げて、

甘みを引き出した茄子に

 

サクサクの筍も、甘ウマ♪

 

初回のレシピよりも

辛さをアップさせながらも

塩かどを抑えて、デリケートな味わい。。。

 

以前にも増して、凄みが出てきました!

 

2F9173A6-0E78-4B33-BCEB-19861F1B0C6B

ひゃ~~! 噂の御宅の

秘伝のレシピが初登場ですか!?

「東中野の名家高橋家のハンバーグ」

 

私は、令夫人は

まだ御目もじした事は有りませんが

当主とご子息は、よ~く存じ上げていますよ!

 

当主は、名家にも関わらず

腰が低く。

でも、ロックな心を持ち合わせた方♪

 

その「東中野の名家高橋家のハンバーグ」は、

口に含めば、ふんわり&ジュワッと!

 

その辺のステーキ屋さんのハンバーグより

繊細な口あたりは・・・

流石、名家の気品と気高さに溢れていて♪

 

この凝縮した肉の香りと旨味が

肉汁と共に溢れかえるハンバーグに、

ちょいと辛味とトマトの味わいを強調させた

デミグラスソースがコク旨♪

 

名家のお許しが下りれば、

是非、グランドメニューに採用して欲しい

逸品です♪

 

719BC6B6-E548-49E4-A2BE-EA2A8F20D4F8

「塩加減王子って、厨房のどの方ですか?」

 

読者さんにそう聞かれた時には、

 

  「一番、ひたむきに料理と向き合っている方ですよ!」

 

そう申し上げたら、すぐに解ったみたい!

 

そう、無駄口をたたかずに

丁寧に鍋をふりながら

 

ごはんのふっくら加減を大事にしながら、

優しい塩加減で、ごはんの甘みをひきたて。

 

生ガーリックの溌剌とした香りと旨味を

まとわせた「ガーリックライス」

 

これは、中華屋さんや

洋食屋さんでは、味わう事ができない

 

塩加減王子ならではの、

“燿の、ガーリックライス”

 

“麺酒場”と名乗っていながら、

麺以外にも

こ~んな個性派メンツを揃えたお店。

 

他には、なかなか無いと思います!!

 

 

https://30min.jp/place/60186/blog/



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します!

幸せの引き出しは、まだまだ隠されている! ハーブ達の淑やかな囁きに、恍惚の涙を流し続ける「ラム肉メンチカツ」 傑作です♪ 東中野・ビストロde麺酒場燿(ヒカル)

E1BE1F14-F63F-432E-980F-C7CDFCB2B78F

 >#14入ります!
  なぜ本日??


  大型新人...ケン君!

  第一子産まれました

  👏👏👏👏👏👏
  おめでとう㊗️ございます!


  是非是非乾杯しに来てください!

  宜しくお願い致します!

 
98778080-5120-43DF-8EA4-9543A26AE2BC
 

ひゃ~~!

4月に入社したばかりなのに

「大型新人健くんの!! とろ~りチーズのメンチカツ」

「地鶏のレッドカレー炒め」

「蒸し鶏とパクチーのサラダ」

「鶏肉おつまみグリーンカレー」
 

等々・・・
次々に、そそるおつまみを排出してきた

あの健くんに第一子誕生とは♪

 

早速、ブログを書き上げて

参上いたしますよ!

東中野のビストロde麺酒場燿(ヒカル)さん!

 

まずは、このところ恒例となっている

“本日のなめろう”から、呑みをスタート!

 

今回のなめろうは、

他所じゃあなかなかいただけない

「ヒラマサのなめろう」でした♪

 

生姜とネギが、サクサクッと

爽やかな香りと滋味!

 

味噌の香りとコクを

サッとまとわせただけの上品な味付けだから・・・

 

ブリよりも脂肪が少なく上品な味わいの

ヒラマサの風味が活きていますね♪

 

ここが大衆酒場という事を忘れてしまう、

洗練の味わいです♪


F9D5CAF4-0363-46A9-8BB5-3652315189BE

「これも、健クンが考えました!」

「えっ?? オイスターBAR以外にも、

   和食店で修行された事も有るんですか?」

 

思わずそう聞いてしまうと、

特に和食店で働かれたご経験は無いとの事!

 

やっぱり 料理は、経験も大事だけど

“センス”が、もっと大事ですね。。。

 

「揚げなすの田楽みそ」は、

皮目をパリッと揚げて、

皮に凝縮した旨味と香ばしさを引き出し。

 

中はハリのある食感を残しながら、

とろけるような甘旨さを引き出していて♪

 

特製味噌は、甘過ぎず、

しつこ過ぎず・・・

いや! 赤味噌のコクと香り、

白みその優雅さを併せ持った、

素晴らしい味わいで。。。


こりゃ近隣の日本料理店が

震えあがるかもw

 

3E7BF222-406F-481D-8CA2-3A0813A73F52

  「女性のお客様が、『もっと辛くして!』って言うから、

         辛くしました!」

 

女の子の意見なら、すぐ聞き入れてしまう、

フェミニストの健クンがリニューアルした

「おつまみグリーンカレー」

 

う~ん。。。私は、前回の

ココナッツミルクの自然な甘さと

ハーブの香りの鬩ぎ合う様が

なんともデリケートで好きだったけど・・・

 

今回は、“ごはんにも、かけたくなるような”

ハーブの強さと塩気の立たせ方だから・・・

 

よりお酒が進むように、なったかな?

 

さっすが! ミルク代を稼ぐ為に、

商売がお上手になったんじゃない?

健クン!

 

774B18DC-847D-426C-8229-FE99F53D4C5B

  「結構、香草を効かせていますんで。。。

        ラムは、香草が合うかと思いまして!」

 

ひゃ~~! そういう考え方、大賛成!

 

ザクッと噛めば、ひと口めでお代り決定!

 

887E77AF-5A78-40FB-B94E-8FACA7EBA947

 

ラムって、「臭くない?」って聞く人、

未だにいらっしゃいますけど・・・

 

それって、何十年前のラムの事?

 

ラムは、臭いんじゃありません!

“魂の凝縮系”が宿り、

それが駆け上がる、そんなパワーを秘めた肉なんです!

 

D7282552-3156-48F9-B5CF-AD28748BECEB

3皿めに突入しても、

決して飽きる事の無い「ラム肉メンチカツ」

 

「そのままでも、充分に美味しいから、

ソースの必要無いよ」

 

そう申し上げて、2皿めからは

1皿めのソースを使い回して写真を撮ったほどw

 

そう! ザクザクッと、香ばしく。

コクのある旨味が凝縮された衣!

 

尖る事無く、

ラムの旨味を押し上げハーブ達の

淑やかな囁きに、恍惚の涙を流し続ける、

ジューシーなラム肉!


 「サルサソースも、要らないんですか?」と
 

健君は心配そうでしたが・・・

 

ケッパーの心地よい酸味と青辛さが効いた

サルサソースは、これだけで

永遠に呑み続けられそうな涼やかな辛さと旨味!

 

こじんまりとまとめないところが、

洋食店のメンチとは違う、

ビストロde麺酒場ならではの気概を感じる、

「ラム肉メンチカツ」。。。

 

まだまだ、幸せの引き出しは、

隠されているんでしょうよ?

 

3皿目の最後の最後まで、

ドキドキが止まらなかった、逸品!

 

期待を大きく超えていましたよ!

 

EB73EECB-D17E-403B-9F40-97DBE69AB432

 

さて・・・入社以来、一番の忙しさに追いまくられて・・・

すっかりブログはご無沙汰してしまいましたが・・・

 

リリース以来、何度もいただいている

「和伊麺バンバンジー」

 

プリッと、モチッと弾ける特製麺の旨さと、

練り胡麻の心地よいコクと香りに

さっぱりとした酸味を加えた特製だれに・・・

 

干し海老の香ばしさとコクを凝縮させた

特製エビラー油を添えて供されるから

(※トップ画像)

 

好みに合わせて、辛さとコクを調節しながら

特製エビラー油をかけていただくと・・・

 

しっとりとした蒸し鶏の、心地よい甘みと旨味!

サクサクッと、野菜達の涼やかな香りと旨味!

 

存在感のあるパスタ麺の存在感を

ぜ~んぶ受け止める、

特製エビラー油の複雑な香ばしさとコク♪

 

こりゃあ、他店で冷やし中華を食べに行く

必要は有りませんね!

 

産地直送の魚介に、

タイの風を吹かせたおつまみに、

ラーメン専門店でも味わう事のできない、

絶品麺までいただける、麺酒場は・・・

 

日本中探したって、

そうは有りませんよ!

 

https://30min.jp/place/60186/blog/




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します!

ジワジワッと満ちてくる、ハーブのエレガンス♪「鶏肉おつまみグリーンカレー」塩加減王子のマジック、再び♪「ガーリックライス」 東中野・ビストロde麺酒場燿(ヒカル)

8B368AD0-1AD7-4DAD-B39F-B4A44E0E3F60

 「これからも、ちょいちょい

タイ料理増やしますんで。。。」

 

先月末、訪店した際に、

店長からこんなお言葉を頂戴しましたが

 

それが、たんなるお愛想ではない事が

よ~~く解りました♪

東中野のビストロde麺酒場燿(ヒカル)さん!

 

A9D85996-99F0-4E2D-85A3-C6B5185E9766

 

そう! カウンターの上に掲げられた

“本日のおすすめ”のボードは

確かに先月より、タイ料理をアレンジした料理が

増えましたね♪

 

そう、気になるタイ風メニューと共に

まず注文したのは、

「イサキのユッケ」

 

もっちりと、舌に絡みつきながらも

ひきしまったその身は

旨味が豊かで、仄かに脂の香りもしていて♪

 

赤味噌のコクと香りを活かした甘ダレは、

ほんのりとごま油が香って、

ロマンチックな響き。。。

 

F0E58E0B-429E-4AFB-9673-3775E524F261

 大衆酒場に相応しいメニューと

ビストロメニューが、良い感じで混じっているところが

燿さんの良い所ですね♪

次にいただいたのは、「あさりのワイン蒸し」

 

ニンニクを程よく効かせて、

おつまみ仕様に仕上げながらも

 

ワインの香しさと、トマトの心地よい酸味と旨味が

あさりに艶やかなヴェールをまとわせて、

優雅な響き。。。

 

684E5950-C710-4689-8A0D-090D6CCA8AFF

はい! プレミアム日本酒を

リーズナブルに提供している燿さんの事ですから

 

日本酒にピッタリのメニューも、

次々に登場してくれるから、嬉しい♪

「揚げナス味噌田楽」

 

皮の香ばしさとコクを充分に引き出しながらも、

身はハリのあるムチッとした食感で仕上げる

ナスの揚げ具合が素晴らしい!

 

ちょいと甘みを効かせた味噌ダレが

赤味噌のコクとホッとする香りを活かして

 

アッ! お代りしようと思ったら、

私がいただいたのが、

“最後の1つ”だったの??

 

18A95307-F523-4056-8688-BA15C521A1BF

そう、お代りと言えば・・・

 

タイ料理との出逢いが、私が食べ歩きの

深みに嵌まってしまったと言っても

過言では有りませんが・・・

 

「鶏肉おつまみグリーンカレー」は、

そんなタイ料理好きの私がのけぞる

扇情的な逸品で

最初のひと口で、お代り決定♪

 

鶏肉は、フワッとほぐれて、

華やかな香りと旨味!

 

筍は、サクッと

甘やかな旨味!

 

ナスは、プルッと踊るように

口の中で滑り出し

艶やかな旨味と香り♪

 

ココナッツミルクの自然な甘さと

ハーブの香りの立たせ方は、

タイ料理のマインドを活かしつつも

更に洗練!!

 

そう!市販のグリーンカレーペーストでは

たどり着けない

 

ジワジワッと満ちてくる、ハーブのエレガンス♪

 

いやあ。。。

コレがおススメボードに記載された日には、

私は毎回必ず注文するでしょうね!

 

酒を引き立て、元気をくれる

凄い逸品の登場です!

 

8F6E181C-34AC-4D03-B5FE-2998EA708644

そう! 私の訪店日に限って

その方は、シフトに入っていなくて

 

久々に“塩加減王子”が

厨房に入られているのを発見したので、

コレを注文しました!

「ガーリックライス」

 

そう! 確かに「鶏肉おつまみグリーンカレー」も

デリケートな響きだったけど

 

こちらの材料は、

「ごはん・ガーリック・塩」だけですからね。。。

 

焼肉屋さんでいただくような、ガーリックライスは、

ニンニクの風味で押し倒されるような味の設計だけれど

 

塩加減王子は、

こまめに鍋を振りつつ、木ベらで丁寧に

ごはんとガーリックを混ぜながら

 

サッと、魔法をかけるように

少しの塩をふりかけると

 

ここに在るのは、

ご飯の自然な甘みと香りに、

生ガーリックの高揚する香りと

溌剌としたコク!

 

そう!こけおどしのような具材や

調理法は一切無し!

 

実直な仕事を積み重ねて、

訪れるものに感動を与える

 

塩加減王子の魔法に

プルッときました。。。

 

 

https://30min.jp/place/60186/blog/



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します! 
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ