東日本橋 英月

今日のランチが最終営業!「ラーメン」や「つけ麺」では味わえない、繊細な香りと旨みのつづれ織りの妙を愉しむ、混ぜそば 東日本橋・英月

image

東日本橋  麺画廊 英さんの定休日は、月曜日。

この、麺画廊 英さんの店舗を使って、
「月曜日のランチだけの営業」をしていた
まぜそば専門店 英月さん。

麺画廊 英さんの移転に伴い、惜しまれつつも、
本日(3月7日)のランチが
最終営業になってしまいます。。。


正直、英月さんに出逢うまでは、
“まぜそば”がどういった魅力を持っているか、
私は知りませんでした。。。

しかし、「英月  特製」をいただいた時、
“スープ”や“つけ汁”を介在した時とは違う、
丁寧に下処理を施された具材と麺の、
デリケートな逢瀬に驚きましたね。。。

主役は、
まろやかな口当たりの中に
小麦の豊潤な香りと旨みをたたえたモチモチの麺!

これに、干し海老・干し貝柱・利尻昆布と醤油で創った、
無化調の醤油だれと、“寿雀卵”という濃厚な卵黄。

そして、美桜鶏という鶏の胸肉を蒸して作った
ふんわりと甘く香しい鶏チャーシュー!

これらの旨みが鬩ぎ合う美味しさに、ね。。。

image

麺画廊 英さん同様、
季節を映した限定麺の開発にも
意欲的でしたね。。。

最初にいただいた限定麺は、
夏季限定「冷彩麺 夏月 なつき」

フレッシュトマトでもなく、ホールトマトでも無い、
“塩で味付をして、ローストしたトマト”は、
適度に水分が抜けて…
味が濃厚になり、しなやかなるコク!

フワッと柔らかい美桜鶏のチャーシューの
香りと甘みを充分に愉しむ為の、
“夏の香り”をプラスするトマト使いでした。。。

image

秋季限定だったのは、
「秋月 ~しゅうげつ~  秋薫三重奏」

麵と具をよく混ぜてみると
ポルチーニオイルの豊潤な香りが沸き上がって
一瞬、パスタをイメージさせますが…

口に含めば、
干し海老・干し貝柱・利尻昆布で作った“英醤油”の
塩かどを抑えた上品な旨みと、まろやかなコク。
手揉み縮れ麵の豊かな小麦の旨みと香りが攻めてきます。

南畜ポークを低温でオーブン焼きにした豚チャーシューも、
生ハムでは叶えられない、
甘い香りと澄んだ旨みに溢れていて、豊潤♪

image

同時期にリリースされた
「密月 濃厚鰹白湯」は、
何と1日5食前後の提供という、超限定麺!

数量限定たる理由は、
鶏白湯の濃厚な上澄みを丁寧にすくい、
本枯れの節粉をふんだんに混ぜて炊き出した“鰹白湯” の量が
限られている為の提供数だそう。

ベースとなる味は、
鶏白湯ならではの、甘みのあるこってり感!

それに、“鰹出汁”では無く、“節粉”を使用した事による
麵に絡み付き、直接舌に響き渡る香ばしさが、非常に新鮮♪

炙りチャーシューの引き締まった旨みと、
フワッと解れる美桜鶏の自家製鶏団子の繊細な旨み!

繊細な香りと旨みのつづれ織りの妙を楽しみました。。

image

ハードルが高くて
なかなか伺う事が出来なかった英月さんでしたが、
私が一番のお気に入りだったのは、
「紅月   あかつき  英月流・台湾麺」

麺と具材をよ〜く混ぜて口に運べば、
卵黄のコクをまとった、
モチモチッとした麺の旨みが弾け。

次に生姜の高揚する辛みがジワッと襲ってくる。。。

美桜鶏のミンチは、
しっとりと舌に寄り添い、しなやかな旨さ!

韮や刻み海苔の香り、
辣油のコク辛味がジワジワッと忍び寄ってくるところも
絶妙なタイミングです♪

image

美桜鶏のミンチを余すこと無くいただく為に
「焼きライスボール」を添えてくれる所も
嬉しいですね。

香ばしいライスボールを加えて
ミンチに解し入れれば、
“エスニック親子ごはん”の出来上がり♪


麺画廊 英さんのFacebookによれば、
英月さんの最終営業日は
3月7日と記載されているだけ。

今日で、完全たる閉店なのか、
移転に伴う一時的な措置なのか解らないけれど。

イベント麺でも、限定麺でも良いから、
“英月にしか作れない、まぜそば”
是非、復活して欲しいな。。。

私は仕事の都合で足を運ぶ事が出来ませんが、
最終日である本日、3月7日には、なんと…
 
 >春限定   弥生〜やよい〜  海老春彩麺

と題した、海老のビスク風ペーストを使用した
新作をリリースされるそう!

最後の最後まで疾走をし続けるこの情熱、
私は凄いと思います♪

http://30min.jp/place/2435568/blog/

    

    

 

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

月曜しか営業しない、まぜそば屋さんの5食限定・濃厚鰹白湯! ポルチーニオイル薫る秋季限定麵は、なんと1品で三種の味が愉しめる♪ 東日本橋・ 英月

ブログネタ
汁そば・油そば…スープOFF! に参加中!
image

別にラーメンブログに鞍替えした訳じゃ有りませんよ!

シルバーウィーク中も通常通りの、営業!

週に1度の麵画廊 英さんの定休日にあたる
月曜のランチ時だけ営業される、東日本橋の英月さん。

限定麵を2つもリリースされたと聞いたら
足を運ばずにはいられませんからね。

まず最初にいただいたのは、
1日5食前後の提供という「密月 濃厚鰹白湯」

 >鶏白湯の濃厚な上澄みを丁寧にすくい
  本枯れの節粉をふんだんに混ぜて炊き出した鰹白湯

この“濃厚な鶏白湯”は、摂れる量に限りがある為に
「1日5食前後」という数量限定なんだそう。

そう、麵をよく混ぜて口に運べば…
グワッと拡がる節粉の香ばしさと、緻密な旨み。。。

“濃厚な鶏白湯”を使いながらも
全体にクドイ印象にならないのは
本枯れ節特有の上品でまろやかな風味が活かされているからでしょうね。

ベースとなる味は、
鶏白湯ならではの、甘みのあるこってり感!

それに、“鰹出汁”では無く、“節粉”を使用した事による
麵に絡み付き、直接舌に響き渡る香ばしさが、非常に新鮮♪

炙りチャーシューの引き締まった旨みと、
フワッと解れる美桜鶏の自家製鶏団子の繊細な旨み!

繊細な香りと旨みのつづれ織りの妙を楽しみました。。。

image


 フロアの店員さん「最初に“密月”の食券をいただきました。
                                  こちらの食券は…
                                   二杯目という事で宜しいのでしょうか?」

私がビールをいただいていたら、
店員さんが心配そうに、確認にきてくれましたが…

はい! “月曜しか営業しないお店の、限定”ですから
またとない機会に連食したかっただけ。

単なる大食いオジサンじゃあありませんよ!

image

そう、次にいただいたのは11月末まで提供の秋季限定麵
「秋月 ~しゅうげつ~  秋薫三重奏」

 フロアの店員さん「まず、1/3ほどは、そのまま召し上がっていただいて。
                                   次に、こちらの“じゃがいもと豆乳のソース”を加えて
                                   半分ほど召し上がっていただいて。。。
                                   残りは、すだちを搾ってお召し上がり下さい!」

麵画廊 英さんでも、途中で具材を溶き入れて
味変を愉しむ設計にする限定麵が有りましたが…
こちらはさらに上をゆく、三重奏♪

image

そう、麵と具をよく混ぜてみると
ポルチーニオイルの豊潤な香りが沸き上がって
一瞬、パスタをイメージさせますが…

口に含めば、
干し海老・干し貝柱・利尻昆布で作った“英醤油”の
塩かどを抑えた上品な旨みと、まろやかなコク。
手揉み縮れ麵の豊かな小麦の旨みと香りが攻めてきて…

これは、パスタのラーメン版では無く、
秋の憂いを映した混ぜそばである事がすぐ解ります!

そう、南畜ポークを低温でオーブン焼きにした
豚チャーシューも、
生ハムでは叶えられない、甘い香りと澄んだ旨みに溢れていています♪

image

一気に半分近く食べすすめたところで
「じゃがいもと豆乳のソース」を思い出しましてw

最初は、マッシュポテトのように見えたのですが、
混ぜ入れてみると…

粗ごしのじゃがいもも残しているから、
豆乳を加えてマイルドになったペースト部分の洒脱の中に
茹でたてのじゃがいもの真っ直ぐな甘みと香りが
所々に顔を覗かせて…
秋の豊かさが口一杯に拡がります!

しかも、すだちを搾り入れると
世界が一変!

さっぱりとした口当たりになり、
後味も涼やか。。。


私は、どちらかと言うと
「つけ麺」よりも「汁そば」の方が好き。

だから、英月さんに出逢うまでは
まぜそばというジャンルが、よく解らなかった。。。

今は少し解るようになりましたよ!

スープに埋没してしまわない分、
素材の繊細な表情が伝わり易い食べ方ではないでしょうか?

「麵を口一杯にほうばる歓び」も、より強く感じられますよね♪

http://30min.jp/place/2435568/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

麺がモチモチッと、凄い弾力! ふんわりと甘く香しい鶏チャーシューと、脳天にかけて溌剌とした香りがぬけていくチャーシューの双方を味わえる「英月 特製」 東日本橋・英月

ブログネタ
汁そば・油そば…スープOFF! に参加中!
image

私は、日本蕎麦は「もり」より「かけ」
中華そばだって、「つけ麺」よりも「ラーメン」!
要は“汁そば”が好き!

ましてや、“まぜそば”って
正直、興味が無かったんです。 
英月さんに出逢うまでは。。。

先日、半休をとって
生まれて初めてと言っても良い位に
“まぜそば”と向き合ってみて。

麺の美味しさを前面に引き出しながらも…
麺とたれと具材の“真っ向勝負”の妙を愉しみましたから。

次なるチャンスをずっ~と狙っていました。

はい、今週やっとお手合わせが叶ったのは、
看板メニューである、「英月」

せっかくの機会なので、
「チャーシュー」と「味玉」もプラスされた
「英月  特製」を券売機で、ポチッ!

  女性店員さん「まぜそばのお召し上がり方は…」

はい! 2回めとは言え、
卓上に備えてある説明書の通りに
よーく麺と卵、そして丼の底に潜んでいる
“英醤油”を混ぜ混ぜしますよ!

そう、“英醤油”とは
干し海老・干し貝柱・利尻昆布と醤油で創った、
無化調の醤油だれ。

卓上に「ゆず酢」と「薬研堀七味辣油」も有りますが、
まずはそのままいただきます!

う~ん、麺がモチモチッと凄い弾力!
麺を混ぜ混ぜする時にもひと苦労する位の
この麺のモチモチ加減は、
まろやかな口当たりの中に小麦の豊潤な香りと旨みをたたえ。

卵黄の濃厚なコクに押し倒される事無く
口の中で弾けながら、物語を語る! 語る♪

そう、私が今まで好きだった
「汁そばの、麺と豊潤なスープとのせめぎ合い」にも負けない、
主張のある麺と卵黄と、“英醤油”の豊潤が、ネ♪

そして次に驚いたのが、
「鶏チャーシュー」の気高さ♪

麺画廊 英さんと同様、
美桜鶏という鶏肉の胸肉を使っているのですが…

“チャーシュー” と言っても
蒸してあるから、ふんわりと甘く香しく。

“塩かどを抑えた、やさしい塩だれ”で
サッと和えてあるから、
美桜鶏の香りと甘みが上品に引き立てられていて。。。

そして…やっぱり“特製”にして良かったと思うのは
南畜ポークを使った豚チャーシューが入っていた事♪

すっと濃厚な旨みが口中に滑り込み…
口から脳天にかけて溌剌とした香りがぬけていくような
凄いチャーシューなんです!!

image

アッ! 夢中で食べ進めているところで
卓上の説明書が目に留まり。
“最後のひと口”だけ、「ゆず酢」をかけましたが。

柚子酢を加えると、グッと卵の旨みが引き締まります!

image

サービスで添えられたのは、
「卵白と生姜のスープ」

これは「一般的な、すまし汁」のような塩分は有りません!
卵白のまろやかな味わいを活かす、
柔らかな塩加減で。

爽やかさを残した生姜の風味が、
このスープにコクと厚みをもたせています!

image

鶏チャーシューの気高さに
再び向き合いたくて追加でお願いした
「鶏ご飯」

はい、美桜鶏の香りと甘み、
ふっくら加減は、「英月」の時、そのまま!

でも、欲を言えば…卓上の説明書の

 >英醤油とごま油で味付した御飯

…とあるように、もう“ひとたらし”
英醤油を効かせていただいたら、
白い御飯と相性が良かったかな。。。

まあ、夏に向かってサッパリ味を好む人も多いので
オジサン向けに減塩タイプにアレンジしてくれたのかも知れませんけどねw

image

「つけ麺」よりも「ラーメン」が好きだった私に
新たに“まぜそば”の醍醐味を教えてくれた英月さん。

東日本橋の麺画廊 英さんの定休日である
“月曜のお昼時”にだけ、そっとオープンするお店なんです。。。

http://30min.jp/place/2435568/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

月曜のランチ時しか営業しない、まぜそば屋さん! ジワジワッと心を揺さぶる台湾麺と夏季限定 冷彩麺に、新しい風♪ 東日本橋・英月(Eigetsu)

image


 >英が定休日の月曜日に
  まぜそば専門店「英月」がオープンします!
  汁無鶏蕎麦を看板作として
  英同様、季節の創作麺も続々登場予定です。お楽しみに!

そんな告知を麺画廊 英さんのFacebookで知ってから
2ヶ月あまり。。。

その間ずっと、訪店するチャンスを狙っていましたが…
日曜日に、美味しいカレーパンを食べて、
頑張ったお陰で、月曜の午前休みをゲット♪

やっと、伺う事ができました!
“月曜のランチだけ営業”の、まぜそば専門店「英月」さん!


本当は、看板作の汁無鶏蕎麦からいただくのが
初訪の店に対する礼儀なのでしょうが…

オープン前に店頭で並んでいるうちに、
立て看板の

 >夏季限定 冷彩麺 夏月 なつき

これが妙に気になってしまいまして。
食いしん坊は、掟破りの“夏季限定麺”からの
英月さんデビューとなりましたw

 店員さん「よ~く混ぜてから、召し上がっていただいて…
                     お好みで卓上の柚子酢と、
                     薬研掘七味辣油をかけてお召し上がり下さい!」

は~い! 私は、味の確認もせずに
ドバドバと卓上をかけるのは、失礼だと思うので、
後半戦で使わせていただきますね!

早速、“混ぜ混ぜ”すると、
うっすらと、顔を赤らめたような表情を見せる、麺!

英さんと同様、
注文後に丁寧に手揉みされる麺は、
不規則なカーヴを描き、
プリプリッと心地良い食感の中に、小麦の濃厚な旨み!

フレッシュトマトでもなく、ホールトマトでも無い、
“塩で味付をして、ローストしたトマト”は、
適度に水分が抜けて…
味が濃厚になり、しなやかなるコク!

これが、「パスタの考え方」なら、
トマトソースが麺を覆い尽くして
「ソース自慢」で競い合うのだろうけど。

流石、「英 プロデュース」の繊細なる世界観!

トマトは、夏の香りをプラスする使い方!
その方が、フワッと柔らかい美桜鶏のチャーシューの
香りと甘みを充分に愉しめますしね♪

本作は、胡麻油と大葉で艶めいた、
麺そのものの美味しさを愉しむ、
和の心を受け継いだ冷彩麺だと思いました。。。

勿論、ちょいとパンチが欲しい方は、
丼の端にちょこんとのった、柚子胡椒をプラス!

すると、オイルの輪郭がグッと締まってきます。。。
 
image

美味しくて、一気呵成にいただいて。
“最後のひと口”の所で、卓上を思い出しw

薬研掘七味辣油をチョロッとかけてみましたが、
ジワジワっと高貴な香りと辛みとコクが押し寄せ、
賑やかな印象に♪

でも、個人的には、卓上をかけない方が好きかな。。。

image

はい、せっかく、午前休みをいただいたし。
腹ごなしに会社まで歩いても、10数分で着くと思うので。

またまた連食してしまいましたw
次にいただいたのは、グランドメニューから、
「紅月   あかつき」
英月流・台湾麺だそうです。。。

image

「夏月 なつき」の時は、
食欲の方が勝ってしまって、“混ぜ混ぜカット”は
撮り忘れましたがw

こちらの方は、ストレート麺を使用しているから
しなやかに解れましてね。。。
一見、“台湾流 釜玉”のような出で立ち♪

口にすれば、
卵黄のコクとモチモチッとした麺の旨みが弾け、
次に生姜の高揚する辛みがジワッと襲ってくる。。。

美桜鶏のミンチは、
しっとりと舌に寄り添い、しなやかな旨さ!

韮や刻み海苔の香り、
辣油のコク辛味がジワジワッと忍び寄ってくるところも
絶妙なタイミングですよね♪

image


  店員さん「残ったミンチを愉しんでいただく為に
                        焼きライスボールも用意していますので…」

は~い! 連食であっても、モチロンいただきますよ♪

image

こちらを混ぜ混ぜすると、
“エスニック卵かけごはん”の出来上がり!

鶏と卵という相性の良さはもちろん!
干し海老・干し貝柱・利尻昆布を加えて作ったという
“英醤油”と卵黄、自家製辣油のコクと旨み…

そして、溌剌とした刻み生姜と鶏ミンチを
充分にまとった、“ほど良く香ばしいごはん”が、
ガツ~ンと強烈パンチ!

これは、前半に味変を一切しなかった私でさえ
強烈に感じたので…

薬研掘七味辣油を麺にかけ過ぎたお客さんは、
〆の時は、ちょっと飛び上がってしまうかもw

image


 >意欲的に限定麺を開発するだけでなく、
       唯一の定休日を使ってまで、
       新領域に挑戦し続けるとは。。。

以前、ここで麺画廊 英さんの店主の事を心配してしまったけど…
心配ご無用!

某つけ麺専門店から移籍された
新しいスタッフが店長さんなんですね!

器を画板(キャンバス)に見立てて
現時点での“最高の一杯”を提供し続ける、
「麺画廊 英」と「英月」の2店。

“最高の一杯”は、
まだまだ尽きる事は無さそうですね♪

http://30min.jp/place/2435568

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ