東中野 ビストロ トワトワ

Au revoir!「世界一の、ポテトサラダ」と、夕暮れと共に花咲く「玉ねぎのロースト」!「金華豚のグリエ」に出逢えた事にも、感謝です! 東中野・ビストロ トワトワ

IMG_0485

 >様々な事情があるのですが今年の3月末で(中略)

       お店は閉店させていただきます。


年度末や年末に、

この種の貼り紙を街で見かけて、

ハッとする事はよく有るのですが


1月某日、

ビストロ トワトワさんのFacebook

この文章を読んだ時には、

本当に衝撃を受けました。。。



ビストロ トワトワさんは、

これまでブログでも

15回紹介してきましたし


ブログを離れて、友人との会食で

何度も訪問してきた、

お気に入りのビストロでした。。。


そう、「フレンチ」と言うと、

敷居が高いと思われる方も多いでしょうが


「ビストロ」と言われると、

ちょっと行ってみたくなる人も

多いのでは無いでしょうか?


ビストロ トワトワさんは、

ビストロの気軽さや、値ごろ感で


フレンチのエスプリを振りまいた

逸品に出逢える場所なのです。。。


例えば、

「玉ねぎのロースト」


月下にひっそりと咲く水連の花のようで有り。

妖精が眠る燭台のようでも有り。。。


料理名だけを記したシンプルなメニューだけで

このメニューを注文した一見さんは、

きっと 驚かれる事でしょう!


口に運べば、

サクッと、するん。。。と


ゆるやかに降りたつ、

せつない香りと、やわらかな甘味!


夕暮れと共に花咲く、

ロマンチックなひと皿です。。。


IMG_0486

「こんなポテトサラダは初めてだ!!

 世界一のポテトサラダだ!


昨年、ニューヨークから足を運ばれたお客さんが、

感動されて、そう仰ったと言う、

「トワトワ風ポテトサラダ」


滑らかに仕上げたポテトサラダを

ポテトの形に成型し


○○○○(※自主規制)と

ポルチーニのパウダーを使った

トワトワさんオリジナルのサラダ。。。


どこぞのフレンチは、

ちゃっかり“オマージュ”を捧げて

似たようなサラダを出しているそうですが、


2016年9月に誕生した

「トワトワ風ポテトサラダ」がオリジナルですよ!


滑らかなポテトの口あたりの中に、

ポルチーニの豊潤と、蕎麦の実の香ばしさが

弾ける


驚き、清楚、豊潤が

次々と心を揺さぶる、

“世界一のポテトサラダ”です♪


IMG_0487

イベリコ豚、オリーブポーク、等など。。。

銘柄豚のグリエも、何度か頂きましたが


私は、

「金華豚のグリエ   赤ワインと柚子胡椒のソース」

には、度肝を抜かれましたね♪


サクッとウルウル。。。


周囲を香ばしく焼き上げながらも、

金華豚の脂がゆらめくような

デリケートな焼き加減と・・・


マスタードのソースの

やわらかな香りとコク!



 >東中野にトワトワあり!!

      と言われたい。


お店のFacebookに掲げられたあの言葉は、

必ず実現するものだと、

私は強く信じていました。。。


でも、閉店まで残すところ

2週間余りとなった今でも


Adieuとは…    言えません!


いつかまた、

どこかの街で、お店を始めたら

教えて下さいね。。。


Au revoir! ビストロ トワトワ


その耀きが永久に続く事を、

私は遠くから見守っていますね!


http://30min.jp/place/2481498/blog/


    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

「オリーブポークのグリエ」vs「オリーブ牛のポトフ」 どちらも、優雅で… 心震える美味しさに溢れています。。。 東中野・ビストロ トワトワ

IMG_0007

  「本日のおすすめは・・・

   『あん肝と里芋』。

  そして、『オリーブ牛のポトフ』です!」


そう、オーナーさんに勧められると、

私、必ずと言って良いほど、

ここでは“おすすめ”を注文してしまうんです。。。w


そう、以前にいただいた「あん肝と里芋」は

“春菊のソース”でいただきましたが・・・

今回は、“魚醤のジュレ”を使ったのだそう♪


艶かしさと溌剌とした旨味をふりまく

あん肝のテリーヌに、

燻香をまとわせた里芋のチップス!


そして、キリッとした旨みと

妖しい香りを秘めた魚醤のジュレが・・・


まるでスローモーションで

舌にしなだれかかってくるように

襲い! 酔わせる。。。


サックリしたチップスと、

艶かしいあん肝のテリーヌの

食感のコントラストも、面白い♪


IMG_0008

オリーブポークに続いて、

オリーブ牛とは、

その名前を聞いただけで

胸が高まります♪

「オリーブ牛のポトフ」


オリーブオイル搾油後の果実を食べて育った

讃岐牛は、

肌理が細かく、濃厚な味わい!


そんなオリーブ牛の

気高い香りと旨みを

充分にまとった野菜達は、

切ないほどに甘く、

華やかな香り♪


サックリ感を残しながらも

滋味を放つ根菜達が、

冬の元気を伝えてくれますね。。。


IMG_0009

「天然真鯛のパイ包み  オマールエビのアメリケーヌソース」は、

サクッと、パイ生地の香ばしさの中から

天然真鯛ならではの清らかな香りが舞い上がるさまに

うっとり。。。


オマールエビの香ばしさの濃厚なコクが

優雅に迫りくるアメリケーヌソースも

他所ではなかなかいただけない、洗練!


ここが駅の改札から

徒歩20秒の小さなビストロである事を

すっかり忘れてしまいそうですw


IMG_0010

フルフワッと♪ 

この食感の雅やかさも、

オリーブで作った飼料が成せる技でしょうか?

「オリーブポークのグリエ  マスタードソース」


そう、肌理細やかな肉質から、

繊細な肉の優雅な香りが溢れてきて。。。


福福しい食感の中に、

非常に繊細な旨みが溢れてくる

オリーブポーク!


添えられた根菜のグリエの

素朴な表情とは対照的な、

憂いのある旨みと、高貴な香り♪


バターのまろやかさを活かしながらも、

くどさが無いマスタードソースも

粋ですね♪

IMG_0011

今回いただいたワインは、

Conde de Alicante Cabernet Barrica


のびやかな果実味の中に、

スペインらしい情熱の甘い香り!


カベルネソーヴィニヨンらしい

リッチな飲み応え♪


お気に入りの赤にまた出逢えました!


http://30min.jp/place/2481498/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

凄みを増してきた「オーストラリア産 子羊のロースト」 プルプルッと弾ける柔らかな食感の中に、クラクラッとさせる高揚するコクと旨み♪ 東中野・ビストロ トワトワ

IMG_9515

2017年、最も足を運んだフレンチと言えば、

東中野のビストロ トワトワさん!

年末のご挨拶に、昨日伺いました!


  「生憎、“本日のオススメ”が終わってしまい

          通常メニューからになりますが、

          宜しいでしょうか?」


私がブログを書いている事をご存知のオーナーさんは、

心配そうにそう仰っていましたが
 

私は知っています!

ビストロ トワトワさんのお料理は、

常に進化をし続けている事を。。。


例えば、お気に入りの「ラムタンサラダ」


もう4~5回はいただいているでしょうか?


グリエした子羊の舌に、

リーフ達とチェダーチーズを合わせる考え方は

踏襲しながらも


秋口にいただいた時よりも

スパイスを効かせて


プリッとしたラムタンの

扇情的な食感の中に、

キリッとした黒胡椒の爽やかさ!

ジワッとラムタンの旨みを引き締める

切れ味の良い塩加減♪


チェダーチーズをいつもより多めに加えて

冬の夜に似合う
リッチな味わいに仕上げて
いて


うん! 

ますます凄みが出てきました♪


IMG_9516

そして、いつも思うんです。。。

モネが生きていたら、

是非、これを食べさせて
あげたかったなあ
と。

「玉ねぎのロースト」


サクッと、じゅわん。。。と♪


淑やかなロースト香を
引き出された睡蓮が

口の中でも次々と花を咲かせ。


甘やかな旨味と、

さらりと振りかけられた塩味が

ロマンチックな逢瀬を重ねる、
ひと品。


何度いただいても、

その奥深い味わいに唸らされます。。。


IMG_9517

そう、“本日のオススメ”の

金華豚やオリーブポーク等に目が眩んで


こちらをいただくのは、1年ぶりですね♪

「オーストラリア産 子羊のロースト」


「お肉のお出汁でソースを作っています


オーナーさんの解説も、

確か1年前と同じだったと思うけど。


プルプルッと弾ける

ラムの柔らかな食感の中に


クラクラッとさせる

ラムの高揚するコクと旨み♪


そして、

あしらいの芽キャベツが

気高い程に香ばしく。

蒼いコクが走り抜ける毎に

プルッと震え♪


レンコンや茄子は、

香ばしさを引き出しながらも

ねっとりと迫り来る濃厚なコク!


ラムが他の畜肉と違う豊潤さと

主張がある事を…
 

卓越した従者と共に

教えてくれましたね。。。

IMG_9518

昨日いただいたワインは、

Dog Ridge PREMIUM SQUARE CUT

   CABERNET SAUVIGNON


どっしりと存在感を残す

濃厚な果実味!

シルキーに迫りくるタンニンと、

複雑味のあるベリーの香り。。。


私が今年出逢ったワインの中でも

最高級な物の一つ!


 >東中野にトワトワあり!!

       と言われたい。


お店のFacebookに掲げられたあの言葉は、

もう既に現実になり始めている事は


昨日の女子会の皆さんの

驚嘆の声の数々が

まさに証明していましたね♪


http://30min.jp/place/2481498/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

魅惑の香りと旨みで、とろけさす…「サザエと岩海苔のクロケット」 2017年“鯖のチャンピオン”にも、ビックリ♪ 東中野・ビストロ トワトワ

IMG_8990

それは、優美な姿をした、

オブジェのようであり。


ひとたびナイフを入れると


漆黒の闇に迷い込んだような、

深い深い色をしたソースが流れ出して

鼻腔をくすぐる。。。


東中野に傑作が降臨しました!

その名も、

「サザエと岩海苔のクロケット  春菊のソース」


クロケットとは、コロッケの語源となった

フランス料理の事ですが


ビストロ トワトワさんでは、

岩海苔をバターと共にソース状に仕立て。


サザエと共に、肌理細やかな

衣に包んでいるんですね♪


ですから、

クロケットの衣をサクッと割ると


イカスミのソースよりも上品で、

深い香りをたたえたソースと共に、

フルプルッ!と、サザエが踊り。


肝のコクと旨みと共に、

トロン。。。と口中に溢れながら、

魅惑の香りと旨みで、とろけさす!


クロケットの宇宙を受け止めるのは、

瀬戸内の春菊を使ったソースで


これがまた、

一般的な春菊のような苦味が無く、

溌剌としたコクと香りを凝縮させた

蒼い涙。。。


香ばしさと濃厚さが鬩ぎ合いながらも、

フレンチのエスプリに溢れた、ひと品。


これには、度肝を抜かれました。。。


IMG_8991

最初にいただいたワインは、

Muscadet Sevre et Maine Sur Lie Les Barboires


フレッシュな果実味と、心地良い酸味!

魚介に合わせ易いタイプの白ですね♪


IMG_8992

「ここ(本日のオススメ)には

 書いて有りませんが

『ラムタンサラダ』も有ります!」


そう、オーナーさんに言われて

即座に注文しました!


プリプリ!キュッキュ♪と、

ラムタンの心地良い食感!


リーフ達の蒼い香りを溌剌とさせる

フレンチドレッシングの心地よい酸味と


チェダーチーズのミルキーなコク、

ペッパーのキリッとした香り! 

クミンのしなやかな香り。。。


IMG_8993

次にいただいたのは、

Chardonnay Wisner Vyd Tate Dog


シャルドネらしい穏やかな酸味の中に

メランコリックな甘み。


樽の心地よい香りが愉しめますね。。。


IMG_8994

“鯖好き”の私がのけぞる美味しさ!


鯖アレルギーのオーナーさんが試食できないとは、

本当に勿体無い!!

「サバのロースト   秋ナスのソース」


サッと燻香をまとわせてから

ローストした鯖は


皮目にキリッとした塩をして、

旨みを引き立て。


皮目の香ばしさと、

優雅な凝縮感のある身!

艶めかしい脂の旨み


そして、

やわらかな燻香が次々に襲ってきて


はい、早くも2017年にいただいた、

“鯖のチャンピオン”に認定♪


しかも、秋ナスの旨みと滋味を封じ込めた

トロッとしたソースがsexy


サクサクッとした食感を残して

ローストされた舞茸の

雄々しい香りと旨みたるや♪


ずっと戯れていたい芳醇が、

ここに在ります!


  「あそこのお兄さんが

     食べているのを見て

     ついつい頼んじゃった。。。」


後から来店された御仁も、

満足そうでしたよ♪


IMG_8995

次にいただいたのは、

Domaine de la Bastide Cotes du Rhone


“優しいワイン”と言うと、

“おとなしい味” と誤解されてしまうかな?


いえいえ、口当たりはやわらかでも

肌理細やかなタンニンや、

ふくよかな果実味が、

ふわりと包み込んでくるような、優しさ♪

IMG_8996

  「コンポートは

   今は洋梨になります


オーナーさんは、非常に控えめながらも

常に新作を教えてくれる方でw


「洋梨のコンポート  ライチのソルベ」は、


するんと口中を滑りながら、

むせ返るような洋梨のアロマ!


そして、柔らかな酸味と

甘みを弾くコンポートに

うっとり。。。


そして、まろやかな甘みと

爽やかな香りを放つライチのソルベと


するん。。。と溶けゆく

メレンゲの爽やかな香りとコクのある甘み♪


嗚呼。。。切ないねぇ。。。


でも、これなら、

また味わいたい♪


そう、平成の世になって、

私の心をよぎる事が少なくなった

「切ない気持ち」


トワトワさんで、久々に味わったかな?


IMG_8997

  「ほうじ茶になります」


はい、ビストロでいただく

ほうじ茶。


ひょっとして、

今の季節は紅茶より

しっくりくるかも♪


今回も、現実世界では味わう事ができない

浪漫を感じさせてくれたかな。


そう、夢を見るなら

ビストロ トワトワ!


期待は決して裏切られる事は有りません!


http://30min.jp/place/2481498/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

まさに、あん肝のRenaissance♪ そして、「オリーブポークのロースト」の優雅な香り、「かぼちゃのニョッキ」のロマンチックな表情と言ったら♪ 東中野・ビストロ トワトワ

IMG_8628

 >トワトワには

      新たにオリーブポークが入荷しました!!


      オリーブオイルを染み込ませた穀物を

      食べているようで

      非常に柔らかいお肉になるようです。


      限定ですので是非 食べにきてくださいませ。


そんなFacebookの告知を拝見して、

ずっと気になっていました

東中野のビストロ トワトワさん!


まず最初にいただいたのは、

“本日のオススメ”から

「カツオとキヌア」 


カツオは予めサッとたたきにて

優しい燻香に包まれながらも、

非常に瑞々しく。


穏やかなフレンチドレッシングをまとった

キヌアの囁きかけるような、プチプチ感!


スプラウトの爽やかな蒼さと、

冥加の優雅な香り!


くずきりの素揚げが、

サクサクッと心地よい香ばしさ。。。


“ニンニクまみれのたたき”しか知らない人は

カツオのたたきが、

これほどまでも透き通っていながらも

深みのある旨味を持っているとは、

想像ができないかもw


フレンチのエスプリが

たたきに繊細な輝きを与えているひと品です。。。


IMG_8629

オープン当初に提供していたワインが

好評につき還ってきましたね♪

Cote d'Eguisheim


アルザスらしい甘やかな表情の中に、

白い花束のような、華やかな香り!

フレッシュな果実味。。。


オープン当初のフレッシュな気持ちを忘れない

そんなお店の心構えが、素敵ですね♪


IMG_8630

  「今日はあん肝を使ったメニューも、有ります!」


“本日のオススメ”にも記載が無かったので、

正式名称をオーナーさんに聞いたら


「“あん肝と里芋” で、良いと思います。。。」


と、直球のご返事でしたw


しかし、シンプルな料理名では語り尽せない、

エレガンスがこのひと品から香ってきますね。。。


そう、ちょっと粗さを残した

里芋のペーストの上には、

艶かしさと溌剌とした旨味をふりまく

あん肝のテリーヌ!


もう、このテリーヌの香りの煌き方と

コクと旨みの溢れ方と言ったら


まさに、あん肝Renaissance


居酒屋さんで、ポン酢と共にいただくアレとは、

別物のクラクラッとくる香りと旨みに溢れたもので。。。


あん肝の香りに誘われる蝶のように

群れ集まっているのは、里芋のフライ!


嫋やかに解れる香ばしさと

ふくよかな旨味に満ち溢れていて


燻製をかけて、旨みを引き締めた

里芋のペーストと好対照で、

あん肝を引き立てていて


春菊のソースと、

仕上げにふった柚子が艶やかな香り。。。


濃厚なだけで、感動が無いものと思い込んでいた

あん肝のRenaissance


クラクラッと、ゾワゾワッと、

心を揺さぶりました。。。


IMG_8631

次にいただいたのは、

「この指とまれ」


洋梨のような香りと、

質感のある甘さのある果実味!


しかし、やわらかなタンニンも感じられて

表情豊か。


ちょっと面白いワインだと思いました。。。


IMG_8632

数量限定! 間に合って、良かった。。。

「オリーブポークのロースト    

マスタードのソースと野菜のグリエを添えて」


フルフワッと♪ 

“ロースト”と言うより、“蒸し鶏”に近いような、

しっとりとした食感!


肌理細やかな肉質から、

繊細な肉の優雅な香りが溢れてきて。。。


福福しい食感の中に、

非常に繊細な旨みが溢れてくる。

こんな豚は初めていただきました! 


コンフィのレンコンは、

ねっとりと、旨みと香りを凝縮させ。


サツマイモは、

甘みと香りが凝縮したデザートのよう♪


「オリーブ豚に添えるから、

オリーブオイルでコンフィにしたのですか?」

「それは、特に考えていませんでした。。。」


シェフは、少しはにかんだように

そう答えられましたが


無意識にそうされたとすれば、

それは大正解!


ローストとコンフィとの一体感。

素晴らしかったです。。。


IMG_8633

オーナーさんに勧められていただいたのは、

Ch.Guillon Nardou


優しい果実味の中に、

杜の香りに似た複雑なアロマ!


なめらかなタンニンにすっと包まれるような

チャーミングなフルボディーです♪


IMG_8634

〆にいただいたのは、

「かぼちゃのニョッキ」


するん。。。と、

口溶けの良いニョッキは、

かぼちゃの気高い香りとコクを集めて

ロマンチックな表情!


そして、しめじ・マッシルーム・なめこ達が

加わる事によって、

食感に更なるテンポとふくよかな旨みが加わり、

秋らしい賑わいを与えていますね。。。


「秋だから、秋の素材を使って


そんな短絡的なものとは違う、

素材が持つ“旨み”や“香り”の本質を見極めた

合わせ技の妙!


毎度の事ながら、唸らされますね。

ビストロ トワトワさんには♪


http://30min.jp/place/2481498/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ