中野 台北酒場 秀

台湾生まれのママさんの手による「家常豆腐」の甘やかな旨みとコク! 台湾家庭料理の本領発揮ですね♪ 中野・台北酒場       

IMG_1042

  「まあっ! 久しぶり~♪」


はい そう言われても仕方が無いほど

ご無沙汰しているから、

反論の余地は有りませんがw


台湾出身のママさんが、

目をキラキラさせながら迎えてくれると、

他所と違って嫌味に感じませんね。。。


  「今日は、野菜、何が有る?」


御徒町の店に行く時に、開口一番

台湾娘が言ってくれるいつもの台詞。


ソロ活動中の私は、自分で言ってみました。。。


  「ニラ、トマト 位かなぁ。。。」 


じゃあ、両方ともいただきましょう♪


そんなこんなで料理を注文すると

厨房の電球をパチッと付けて、

ママさんが料理を手際よく作ってくれるのですが


厨房のステンレス板も鍋も

ピッカピカに磨いていて

ママさんの性格をよ~く表しています♪


程なくして登場した「ニラレバ炒め」


大振りにカットしたレバーと、

たっぷりのニラを使って

“酒場”のメニューとは思えない、本格的派♪


五香粉で軽く下味を付け、

醤油の優しいコクを移したレバーは


ホワイトリカーを振り入れながら

“しっかり焼き”をしているから、

程よいトロミの中に、

ニラの香りと旨味をレバーにまとわせ


香ばしく、凝縮したレバーの旨みと

ニラの蒼いコク!


“酒場”であるから酒のアテになる事を

念頭にいれながらも、

家庭料理の優しさが随所に感じられて。。。


中華料理店とは違う、ホッとする響きに

グッと胸を掴まれました♪


IMG_1043

  「お母さ~ん! 春巻き!」


後から来た若者が注文されたので、

私も便乗させていただきましたw


サクッと、トロロ~ン。。。


強めに仕上げたトロミ餡の中に、

たっぷりの野菜の、甘やかな香り。。。


ウンチクとは無縁!

家庭料理の世界感に浸る為の料理ですw


IMG_1044

そう、前回 

偶然出逢った、

自家製烏龍茶使用の「ウーロンハイ」


アレ以来、“ペットボトルの、アレ”は

“人工的な香り”に感じて、

飲めなくなっちゃったんですよね。。。


口当たりがまろやかで、優しい甘み!

上品な香りが身体の隅々まで染み渡るような

ナチュラルな味わいにシビレます。。。


IMG_1045

「トマト玉子炒め」も、塩胡椒で

さっぱりとした味付け!


玉子は香ばしさを引き出す、“よーく炒め”

一方、トマトは“サッと炒め”で


ややもすると、アンバランスになる直前で、

マリアージュさせるって、

凄いテクじゃないですか?


IMG_1046

そして、今回一番の驚きだったのが

「家常豆腐」


豆板醤を効かせたタイプは、

以前いただいた事が有りますが


こちらは、

豆腐と豚肉をたっぷりの油でじっくり火を通し。


人参と玉ねぎを加えてから、

ホワイトリカーと酢・胡麻油を加えて仕上げているから


豚肉の香ばしさ! 

玉ねぎの甘やかな旨みとコク!


“まろやかな甘みを残した、豆腐”が

豊潤な野菜の旨みと香ばしさと共に、

ドカドカッと、押し寄せてきて


台湾家庭料理の本領発揮ですね♪


IMG_1047

  「ちまきは、家によって全然違うの!」


そんな台湾娘の言葉をふと思い出して

台北酒場さんでは初めて注文した「ちまき」


IMG_1048

  「台湾直送のちまきだから、大きいの。。。」


そう、ちまきの中には、

東坡肉や蓮の実などがタップリで


漢方薬屋さんで漂っているような、

妖しい香りが、フワッ!

笹の清々しい蒼い香りが、ジワッ。。。


御徒町の自家製ちまきを食べ慣れてしまうと、

こちらのは“出来合い”である事は

すぐに解ってしまうけど


“台湾ちまきの標準の味の、ひとつ”である事は

確かでしょう。。。


今回の収穫は、やはり「家常豆腐」

中華料理店ではなかなか味わえない

家庭料理の味わいを


朝の5時までいただけるって

凄い事だと思いませんか?


http://30min.jp/place/2542221/blog/


    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

食べログ未掲載の穴場店!「大根おしんこ玉子炒め」の優しい響き、キリッとした酢味の青菜炒めは、他所ではちょっといただけません♪ 中野・台北酒場 秀

IMG_0052

オープンは、21時で、朝の5時まで営業!

今の私には、もってこいの深夜酒場は

食べログ未掲載の超穴場♪


再び、潜入しました!

中野の台北酒場 秀さん!


「青江菜って、有ります?」


壁に張り出してある短冊を見ながら、

恐る恐る聞いてみると

  「はい、青梗菜ね!」


そうママさんに言われて、少しガッカリ。。。w


しかし、食べてみたら、驚きの旨さだったので、

恐るべし! 台北酒場 秀。


  「お酢、加えました?」

  「ハイ! 酢は身体に良いからネ!」


そう、しんなりと舌に寄り添い、

軸はサクサクッと、

清清しい蒼さを弾く青梗菜は


毛湯の旨み、桜海老の香ばしさとコクと共に、

キリッとした酢味で

いつもより憂いのある表情で、新鮮!


出来上がった、うま煮やあんかけに

卓上で酢を加える事は、

そう珍しくないけれど


“桜海老香る青菜炒めに、酢を利かせる” って、

とっても気が利いていると思いました!


IMG_0053

一方、「茄子味噌炒め」は、

甜麺醤に更に甘みを加えて、

家庭料理の優しさ♪


日本の赤味噌よりも優しいアプローチで

なすの滋味が人懐っこく、

輝いていました。。。


IMG_0054

 「これ、香りが上品で、

        仄かな甘味がする♪」

     「はい、自家製の烏龍茶を使いました!」


他の居酒屋さんとそんなに値段の違わない

「ウーロンハイ」


“ペットボトルに入っている、アレ” とは

全く違う

口当たりがまろやかで優しい甘みと香り!


市販の烏龍茶に有りがちな、

香料とかエッセンスとは無縁の

ナチュラルな味わいにホッとしました。。。


IMG_0055

短冊に「生腸」と書かれていたのは

豚の子袋でした!


これを、豆板醤を主体とした

“特製辛味調味料”と共にいただくのですが


プリプリッ! ジワピリッと♪


コクのあるウマカラと

新鮮な子袋の澄んだ旨みがぶつかり合って、

悶絶~♪


これは、是非またいただきたいひと品です!


IMG_0056

  「しかし、よく食べるね。。。」


私が来店する前は、ママさんを独占していた

常連のお父さんにチクリと言われてしまいましたが。。。


深夜1時を廻っても、

私の胃袋は「もっと!もっと♪」と叫んでおりましてw


〆に注文したのは、「菜脯蛋」は、

“大根おしんこ玉子炒め”と小さく和名が書かれた、

台湾の定番メニュー!


  「これ伝統料理!

弁当のおかずにも、入れるネ♪」


お店によっては、“お好み焼き”みたいな

“丸い形の、しっかり焼き”で提供する場合も有りますが… 


しっかりと干し揚げた大根を、

水戻ししているのでしょうか?


熟成風味が有りながらも、

シナッ! コリッ♪とした軽快な食感の大根が

凝縮した旨みと香り!


そして、ココにも桜海老が

濃厚な旨味と優しい香り♪


刻み玉ねぎも加えて、

やわらかな甘味と香りもプラス!


フワッと、シナコリッと♪

独特の食感の連鎖の中に

“台湾のおふくろの味” を感じました。。。


これは、絶品!

台湾娘にも食べさせてあげようっと♪


http://30min.jp/place/2542221/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

台湾産桜海老が入って、コクウマ♪「ニラ玉子炒め」 屋台の味を懐かしく想い出した「ビーフン炒め」 中野・台北酒場 秀

IMG_9416

暮れのバタバタで、

疲れが溜まっていたのか

電車を乗り過ごしてしまい。


折り返し、電車で戻るのも

つまらなく感じた夜。


中野駅から昭和新道をそぞろ歩きしていて、

はたと目についたのは、

台北酒場 秀さん


IMG_9401

そう、最近

中野にちょくちょく襲来する

台湾娘の為に


2軒目を開拓しておく必然性は

前々から感じていましたけどね。


多くの店がひしめき合うこの昭和新道で

“おいしそうな、オーラ”を放っていたのが、

この店の前に足を止めた、本当の理由


    「ここのオススメは何ですか?」

     「そうねえ…  どれもオススメなんだけど

       ニラ玉、ビーフン、トマトの炒め物


はい、口数は少ないけれど

芯が強そうな、台湾生まれの女主人。


「どれもオススメ」のくだりで、

目がキラリ~ンと光ったところが

なんだか面白かったな♪


IMG_9408

はい、初めてのお店では

店主のオススメに素直に従いますよ!

「ニラ玉子炒め」


刻み玉ねぎが入っている所と、

少し“焦げ気味”な点を除けば、

見た目は何の変哲もない

ニラ玉子炒めに見えるけど


 「海老が入っているんですね! 

      美味しいっ♪」

 「はい! 台湾の桜海老ね。。。」


玉子自体は、ゆるふわっとしていて、

台湾の桜海老の旨みと香りを

充分にたたえていて、コクウマ♪


桜えびの量が多いという訳でもないけれど

この豊潤な香りを奏でているとは

駿河湾産の桜海老にひけをとらないかも!


そして、香り付け程度に中国醤油を使い、

あの独特の甘辛い風味が、

玉子のコクに更なる表情を付けた上で


強火で仕上げているから、

玉子は香ばしく、

ニラの旨みを充分に吸っていて♪


刻み玉ねぎがサクサクッと、

爽やかな甘み!


「ニラ玉子炒め」は、

何度もいただいていますが

この“台北酒場流”は、

私の中でかなりの上位に入るかも♪


オススメです!


IMG_9409

次にいただいたのは、

「肝(レバ)唐揚げ」


 「五香粉の良い香りっ♪」


カウンターで

2席ほど離れたお姉さんもそう言う程

カラッと揚がった唐揚げからは、

切なくも妖しい香りが漂っていて。。。


カリッとジワッと、

香ばしさと柔らかな塩気と

レバーの濃厚なコクと五香粉の優雅♪


これまた、洋食屋さんでは真似ができない

台北家庭料理の優しい響き。

心に染み入りました。。。


IMG_9410

  「ここのは、凄い量ですよ!」


私が「ビーフン炒め」を注文すると、

一番奥に座っておられた温厚な紳士に

心配されました。。。


確かに、20cmほどの長さの皿から

溢れんばかりのビーフンは


“一般的な、ビーフン炒め”の

倍近い量が有るかも知れません! 


しかし、このコシ!この味!


 「もしかして、新竹ビーフンですか?」

 「はい。よくご存知ですね


はい、御徒町の新竹さんとは

味付けが全く違い。


香ばしく炒めた卵の、まろやかな旨み! 

玉ねぎのコクと

キャベツの甘みが強く主張する、

濃厚仕上げなんだけど


2年前の台湾旅行でいただいた

屋台の味に似ていたな♪


このビーフン炒めの中でも

ごま油のコクと香りを受けて

艶っぽい香りを放っていたのが

台湾桜海老!


これは気に入りました!


台湾娘が何と言うか、

次回訪問が楽しみです♪


http://30min.jp/place/2542221

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ