低温調理を駆使した「豪快!イベリコ豚肩ロースグリル」! 「魚介と鶏肉のミックスパエリア」の扇情的な旨みと香り♪ 高円寺・酒場 ニホレモ

B09017FC-6776-4A73-91D9-E8DDF8989BD6

6月末までは!
   
スペイン料理とスペイン風なレモンサワーも
    
ありますので

    
胃袋が欲するお好きな
    
肴で今日もぜひ!
    
よろしくお願いします

 

そう!イタリアンとスペイン料理で研鑽を重ねた

2人のシェフがいらっしゃるので

 

いつかは、今回のようなスペシャルなイベント、

「スペレモフェア」が

開催されると思っていました!

高円寺の一軒屋酒場・酒場ニホレモさん♪

 

まず、最初にいただいたのは、

「バブルレモンソルベサワー」

 

平たく言えば、

スペイン産のスパークリングワイン

CAVA」をベースに、

レモンソルベを浮かべたものなんですが・・・

 

CAVAならではの辛口な味わいと、

プリミティブな香りに

 

キリッとしたレモンピールの香りと

穏やかな酸味に溢れた

レモンソルベが出逢って・・・

 

嗚呼。。。爽快なダイアモンドダストが

弾け飛ぶ~♪

 

はい!いつものレモンサワーとは

ベクトルの違う、おとなびた表情、

愉しみました。。。

 

E09CBD50-577A-4A3D-997C-BC4CF4972510

次にいただいたのは、

「スペイン流ポテトフライ」

 

そう! スペイン料理屋さんで言うところの

この「パタタスブラバス」は

 

トマトのコクを凝縮させ、

ジワッと、

おとなの辛さが迫り来るトマトソースと、

濃厚アリオリソースが

たっぷりとかかって、コクウマ♪

 

皮がサクッと香ばしく、

中はホクッと凝縮した

ポテトの旨味と甘みを・・・

 

情熱的な味わいに仕上げています。。。

 

E7FA2BDA-7760-45FC-94C7-CE6D31F7E62F

こちらも、スペインタパスの定番ですね♪

「タコのガルシア風」

 

別名“祭りのタコ”と呼ばれるこの料理は、

ニッポンのタコ焼きのタコのイメージで挑むと、

心地よく裏切られますねw

 

4cmほどの長さにカットされた大タコは、

じゅわん。。。と柔らかく解れて

 

華やかなスパイス香りと

タコの澄んだ旨味! 

トマトの穏やかなコク♪

 

するん。。。と解れて、

穏やかな甘みとおおらかなる旨味を放つ

じゃがいもが優しく

 

黒胡椒の爽やかな香りが、

キリリ~♪

 

こうした穏やかなストーリー展開に、

そっと身を委ねる事ができる、

名タパス。素晴らしいです♪

 

5A519B38-EA02-4E00-ABCE-5286211AA163

そう! レモンサワーや

プレミアム日本酒に加えて

 

ニホレモさんの“第3の顔”とも言える

“低温調理”の技術が冴え渡っている

「豪快!イベリコ豚肩ロースグリル」も

他店では簡単には真似できない味わい♪

 

霜降りと赤身が見事に調和した部位・肩ロースは、

和牛に匹敵する霜降り具合で

 

たっぷりとたたえた脂の甘みがとろけるようだし。

噛めば、豊潤な赤身の香りと旨味が

フワッと口の中で開花する、

デリケートな展開の妙♪

 

そして、天下のイベリコ豚を引き立てるのは、

ちょっぴりと甘みを加えて

 

いつもの滋味に更なる輝きを加えたレンズ豆と、

オリーブの旨みの中で
のびのびと蒼い辛味を放っている

「葉ワサビオリーブ」の優雅♪

 

これらの見事なバランスも、

素晴らしい!

 

そう、低温調理を一過性の

“流行もの”として扱わず・・・

様々な肉の部位の“香り”や“旨味”を

封じ込める調理法として
極められた、酒場ニホレモさん♪


肉好きの新たな隠れ家として、

注目をあびる事

必至です!

 
124BF48B-D1BC-41E5-9343-3061F0C4BF6E
 

さ~て、スペイン料理と言えば

まず筆頭に挙げる人も多い、

この料理にちゃんとたどり着けるように・・・

 

今回は、満を持して伺いました!

「魚介と鶏肉のミックスパエリア」

 

そう! シーフードだけで作るパエリアも

美味しいけれど

 

鶏ののびやかな旨味と、

魚介の香りが溶け合うミックスパエリアの方が

私は日本人に馴染み易いと思います!

 

海老は、有頭えびと剥き海老の

2種を使って、

濃厚な香りと甘やかな旨味を充分に引き出し。

 

イカやハマグリの濃厚なコクと旨味を

たっぷりとたたえたご飯が、

プルッと震える程に、コクウマ~♪

 

そ・し・て!

この濃厚な旨味をたっぷりと吸ったご飯が、

オコゲに変わる時・・・

 

スペイン人だけでなく、

日本人の郷愁をも呼び起こす

優雅な旨味と、扇情的な香ばしさが、

キュン。。。

 

出来上がりまで30分を要する料理だから、

酒場にしてみれば効率が悪い料理

なのかも知れないけど・・・

 

「スペレモフェア」が終了後も、

気が向いたら作って欲しいなあ。。。

 

国産レモンを使ったレモンサワーが、

常時7種類以上、有り。

 

プレミアム日本酒がリーズナブルにいただけて

 

低温調理のお肉に、スペイン料理がただける、

こんな無敵な酒場は、他に無いですからね。。。

 

6月が過ぎても、是非!

前向きにご検討願います!!

 

https://30min.jp/place/2560069/blog/



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します!

プルプル! ジュワワン。。。と緻密な肉質を艶やかに揺らめかす「赤身肉イチボの低温ロースト」  ここを“酒場”と呼んでも、いいんですよね? 高円寺・酒場 ニホレモ

496  19.1.14   964

時空を遡り…

長くブログを書けなかった2~3月に

想いを馳せるシリーズ(仮題)w

 

本日も、当時の食べ歩きメモを片手に

お贈りしますよ!

高円寺の酒場 ニホレモさん

 

 「今日は、パターンを変えてみようかな?」

 

私は、オーナーさんにそう申し上げると、

ニホレモさんの看板レモンサワーに代えて

“本日のクラフトビール”のコーナーに目をやり…

 

「496」を注文しました!

 

496と、前菜 おばんざいお任せ5種  19.1.14   972

 

エールビールのような味わいの深さと…

ラガービールのような、

すっきりとした飲み易さ!

 

そう、クラフトビールならではの

馥郁たる香りと

バランスの良さが

このビールの特徴。

 

うん! これ、気に入りました♪

 

前菜 おばんざいお任せ5種  19.1.18   987

 

そう! ニホレモさんのお品書は、

マメに更新されていて…

 

今回も「激オススメ」のコーナーに

赤丸付きで掲載されていたので、

久々に注文しました!

「前菜 おばんざいお任せ5種」

 

おばんざいの内訳は、

・鹿ハツの刺身

・炙り〆鯖

・セリのおひたし

・クリームチーズと酒粕

・鶏ハ

・俺のポテサラ カルボナーラ風

・オリーブ        …と、2種のオマケ付♪

 

鹿ハツは…グイグイと迫り来る、

鹿特有の“鉄分を含んだ、コク”

気高い香り

 

浅〆にする事により、

生鯖ならではの香りの煌めき方Sexy

 

サッと炙った香ばしさが、

すっ。。。と余韻を残す、「炙り〆鯖

 

塩かどを押さえ。鰹節だけが突出しない、

奥行きのある合わせ出汁の中で…

セリの溌剌とした香りが弾けるセリのおひたし

 

しっとりとほぐれながら
鶏の甘やかな旨みと香りを
フワッと放つ、清楚な表情の「鶏ハム」に…

 

酒粕のコクと香りを加える事で、

クリームチーズに円熟の風味を生み出した

クリームチーズと酒粕
人参と玉ねぎがサクサク♪ 

マヨネーズを控えて

 

じゃいものの香りと

チーズのコクと香りを引き立て。

 

グイグイりくる味わいに仕上げた

俺のポテサラ

 

こんなに心ときめかせる前菜の盛り合わせは、

なかなか有りません!

 

私からも「激」オススメします!!

 

 

ジャーマン蓮根  19.1.14   1107

 

程よくニンニクを効かせた
アーリオオーリオ仕立ての味わいと…

 

“ほっくり”とさせない、

サクサク感を残した炒め加減が素晴らしい!

ジャーマン蓮根

 

そう、新蓮根ならではの

清々しい食感と

甘やかな香りと滋味が…

 

じっくりと炒めあげられた

ベーコンの香りと旨味とぶつかり合いながら

胸元を揺さぶりにかかってくるから…

 

ひゃ~! これ、何度いただいても心が躍ります♪

 

赤身肉イチボの低温ロースト   19.1.14    1057
 

 

低温調理”を謳う店は、

最近、とみに増えてきましたが…

 

その調理法をちゃんと使いこなしているお店は

どれだけ有るのでしょうか?

 

単なる掛け声だけで終わっているお店は、

これを食べて深く反省して下さい!

赤身肉イチボの低温ロースト

 

1.5cmほどの厚みに切り分けられたイチボは、

プルプル! ワワン。。。

緻密な肉質を艶やかに揺らめかし。

 

バランスのとれた霜降り肉ならではの

高貴な香りと物憂げな肉汁をふりまいて♪

 

アーリオオーリオのソースの静かなる躍動と

温野菜がサクッと、心地よい香り!

 

ここが“酒場”だと忘れさせてくれる逸品が

ここに在ります!

 

漬け込み柚子 白レモンサワー  19.1.14   1029

 

いやあ。。。ニホレモさんに足を運んだのなら

デザート代わりに、レモンサワーで〆るのも

なかなか良いでしょう?

漬け込み柚子 白レモンサワー

 

柚子とレモンを漬け込んで

自家製リキュールを作成してから

レモンサワーを作ったのだそう!

 

国産レモンの程よい酸味と

柚子の心を和ます、優しい香りが…

ランス良し

 

“レモンサワーブーム”と言われて

数年が経ちますが…

 

こんなに大人びたレモンサワー、

私は他に知りません。。。

 

http://30min.jp/place/2560069/blog/




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します!

「米沢牛 かっぱの燻製」は、和牛ならではの気高い高貴と、程よい燻香のせめぎ合い♪ 「かしわ飯」に、ノックアウトされながら、何故かホッコリ♪ 新宿・美食空間 彩心

ハイボール 18.12.21  02


最近は、やっぱり荒れていますよ!

ライフワークのように、

参加し続けていた「29の日イベント」が…

 

仕事の都合で、

参加できないと決まってからね。。。

 

“麻辣効果”も切れかかってくると

ふと頭をよぎったのは、

旨い焼酎でモヤモヤを洗い流そうとする作戦w

 

そんなこんなで、足を運びました!

 

新宿の美食空間 彩心さん。

 

マカロニとポテトサラダあいもり  18.12.29  539

 

お約束の「メガサイズ ハイボール」と共に

サラダを何にしようかと悩んでいたら…

 

  「合盛りも、できますよ!」

 

…と、店長の優しいアドバイス

 

お言葉に甘えて注文した

「マカロニ&ポテトサラダの合盛り」

 

ポテトサラダは、

よく練り込んだポテトと、

粗たたきのポテトのダブル使いで、

ねっとり&ホックリ

 

濃厚なポテトとマヨネーズの旨みの中から

キュウリとニンジンが爽やかな風!

 

一方、マカロニサラダは、

マヨネーズ遣いがポテトより控えめで・・・

 

コーンがプチプチっと、

心地よい甘味と香り。。。

 

こりゃあ、

思いがけずに出逢った名コンビですね

 

米沢牛 かっぱの燻製  18.12.29   560

 

“かっぱと言っても、

えびせんでも無ければ、

胡瓜でもありません!

 

牛の前腹の、

皮と脂身のある筋肉の事ですよ!

 

今回いただいた

「米沢牛 かっぱの燻製」は、オーナーさんから…

 

「山葵だけ付けて、お召し上がり下さい!」

 

…と、念を押される程に、

濃厚な肉の旨みと、まろやかな脂の甘み!

 

そう、見た目はベーコンのようですけれど、

ベーコンよりも、グッと…

食感も旨みも引き締まっています

 

そして、ベーコンとの違いは、

和牛ならではの気高い高貴と…

 

程よい燻香のせめぎ合いが醸し出す

ロマンチックな香り。。。。

 

柔らかな塩気が、

なんとも酒を誘う優美さで

 

これは、絶品! 

これは、他所ではなかなかいただけません!!

 

 

月の中(つきのなか)杜氏のお気に入り  18.12.29  605

 

ちょうど焼酎を呑みたいなあ…

そう思っていたところで、店長がニコニコしながら

 

  「生産量が凄く少ない、超限定品です!」と、

 

月の中 杜氏のお気に入り」を持ってきて下さいまして

 

月の中(つきのなか)通常品   18.12.29   609

 

 「念のため、“通常品”の方と、呑み比べて下さい!」

 

…との、大いなるサービス精神を発揮されまして。

 

顔に“ヤケ酒中”とでも、描いてあったのかな?

 

私は、効き酒師では無いので、

微妙な差異を言葉に置き換えるのは、不得手ですが…

 

月の中 通常品」は、

芋焼酎ならではのコクを

しっかりと引き出しながら…

 

香りが驚くほどフレッシュで、

日本酒に通じるような雅やかさで…

 

月の中 杜氏のお気に入り」は、

その世界観を、さらに、さらに洗練させた感じ

 

かしわのタタキ  18.12.21  104

 

彩心さんと言えば、

鹿児島直送の地鶏が看板ですが…

 

かしわのタタキ」は、

たっぷりのスライスオニオンの

爽やかな甘みと香り!

 

大葉と生姜もたっぷり加えているから、

サクサクッ! プルジュワッと

 

濃厚な地鶏の旨味と甘味に、

香味野菜の心地よい食感と溌剌とした香りが

タッグを組んだ絶妙のひと品!

 

にしん一夜干し 18.12.29   619
 

 

 

濃厚な旨みと、独特の香りが有って、

もともと好きな魚でしたよ!

 

「にしん一夜干し」は、

フワッと口の中で解れながら…

 

他の魚には無い、

雄々しい香りとコクの拡がり方が…

 

胸元を深くえぐるように、

駆け抜ける! 

はらわたの奥深くまで、刺さる。。。

 

 

麦味噌たくあん 18.12.29  623
 

 

 「麦味噌たくあん、まだ召し上がった事、

  無かったですよね?」

 

店長がそんな仰り方をするって事は、

こいつも逸材って事ですね?

 

Umm。。。

 

サクサクっと、

瑞々しい食感の中に…

 

大根の自然な甘味と、

麦味噌の甘やかなコクと香り

 

シンプルなようでいて、

日本人の郷愁の奥深い所を揺り動かす

逸品ですね。。。

 

 

かしわ飯  18.12.14   513
 

 

  「ラスト、オーダーですが…

   まだ、何か?」

 

“まだ”と言われると、

“ヤケ食い”と見破られているようでしたが…

 

いつもより焼酎の量は多めですが、

おつまみは多くは無いでしょう?

 

供された時は

“おにぎりサイズ”に、

「2人前にしておけば、良かった。。。」と

思ってしまいましたが…

 

「かしわ飯」は

地鶏の奥深いコクと旨味を

ギュッと凝縮させながら…

 

溢れんばかりの、

牛蒡の扇情的な香り!

 

これは驚き! これが300円?

 

“トリあえず”と言わずに、

最後にたトリ着くべき〆の逸品に

 

ノックアウトされながら、

何故かホッコリとした気持ちにさせる逸品の到来

 

オススメです!

 

http://30min.jp/place/9146/blog/




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します!

ダチョウ!蝦夷鹿!骨付き鶏♪ ジビエ料理店では簡単に出逢えない、めくるめく肉の香りと、緻密で洗練された味わいを愉しみました。。。高円寺・酒場ニホレモ

まるで牛肉!ダチョウ肉タタキ   18.12.28   335

 


今年に入ってすぐ。

鬼のように忙しい日々が続いていて。

 

こちらのブログも

何日もお休みする日が有ったりしましたが…

 

そんなドタバタの時に、

“短期集中コース”でこちらにお邪魔していたのを

ご紹介し忘れていましたね。。。m(-_-)m

 

ラストオーダー5分前に滑り込んだのは、

高円寺の酒場ニホレモさん!

 

そうそう!

昨秋から今年にかけて…

 

ニホレモさんは、次から次へと

ジビエ料理を提供してくれましたね♪

 

最初にいただいたのは、

まるで牛肉ダチョウ肉タタキ

 

「左がヒレ、右がモモになります。。。」

 

店員さんがそう説明して下さったので、

代わる代わるいただきましたが…

 

ヒレは、

鴨肉に獣肉のようなコクを加えたと言えば

良いでしょうか?

 

充実した食感の中に

“鶏とは違う、濃密な旨みが溢れ出し。。。

 

モモは、しっとりとした口当たりで

ヒレよりも柔らかく。

 

ローストビーフに迫る

上品で癖の無い旨味とコクが弾けて♪

 

まるで牛肉ダチョウ肉タタキ」は、

他の畜肉には無い、緻密で洗練された味わい!

 

牛肉の気品のある香りと

まろやかな味わいを備えた逸品です。。。

 

クレソンのナムル 18.12.28    477

 

クレソンをこんなにたっぷりといただくのは

久しぶりです! 「クレソンのナムル

 

サクサクジュワッと

 

心地よい食感と共に

クレソンの蒼苦さと、上品なごま油の香り!

 

塩かどがとれた、優しい味付けが

すっ・・・と、心を和ませます。。。

 

本気レモンジンジャーサワー  18.12.28   350

 

グランドメニューには、

7種類もの個性溢れるレモンサワーがあるのに・・・

 

季節毎に更に新作を送り出すって

凄いですよね。。。

本気レモンジンジャーサワー

 

国産レモンを“皮ごと搾った、

“本気レモンサワー”ならではの、

穏やかな酸味と・・・

レモンピールの微かな苦味!

 

そして、ジワジワと忍び寄ってくる

生姜の爽やかな高揚感♪

 

これはもう、レモンサワーや

カクテルの粋を越えた…

 

チャーミングなドリンクなんです。。。

 

スパイシー 手羽元唐揚げ  18.12.28    379

 

はい!こちらのシェフが

東中野のビストロde麺酒場 燿さんに居らした時。

 

私はノックアウトされた名作!

久々の再会に胸が躍りました♪

スパイシー 手羽元唐揚げ

 

衣は、フワッと

そして、肉はプルッと

 

燿さんでいただいた時よりも

軽やかで香ばしさを増した衣と…

プルッと弾ける甘やかな肉の旨みと

黒胡椒の爽やかな香りの鬩ぎ合い♪

手羽の脂のコクとコラーゲンの憂いを、

まろやかな味わいのタレとスパイスで、

これほどまでに輝かす手羽元。

 

私は他に知りません。。。


蝦夷鹿の黒胡椒ソーセージ 18.12.28    415
 

蝦夷鹿の黒胡椒ソーセージ」は、

人工のケーシングでは味わう事のできない、

しっかりとした噛み応えと、

誇り高き香り!

 

蝦夷鹿ならではの

雄雄しくも野趣ある香りと

濃厚なコクと旨み!

 

パリッと、ジュワッと弾けます。。。

 

本気レモンセロリサワー  18.12.28    503
 

蝦夷鹿のコクと旨みを

ガッツりと受け止めるには・・・

こちらのドリンクが必要ですね!

本気レモンセロリサワー

 

すりおろしたセロリの爽やかさと、

本気レモンサワーの

角が立っていない穏やかな酸味、

レモンピールのキリッとした香りが…

 

微かな苦みが病みつきになりそうな
絶品ヘルシーサワーなんです♪

 

骨付き鶏もも肉と野菜のオーブン焼き  18.12.28   445
 

メインに注文したのは、

骨付き鶏もも肉と野菜のオーブン焼き

 

ローズマリーの

クールでありながらも心和ます香りをまとい…

 

プルッと、ジュワッと

肉汁をたっぷりとたたえた骨付き鶏は、

まろやかなる豊潤と、艶かしい香り。。。

 

下に潜んでいる大根は、

シナッと、コリッと!

 

玉ねぎは、とろけかかる直前の

憂いのある旨み。。。

 

骨付き鶏ならではの

凝縮された旨みと

野菜の香りに癒されるひと品!

 

“酒場”と名乗ってはいても、

ただの酒場じゃあ、有りませんゾw

 

http://30min.jp/place/2560069/blog/



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します!


これは、肉の日ならではの格闘!高さ15cm強の巨大なモニュメントが心震わす、特別な夜でした。。西荻窪・trattoria29

焼きあがった、Tボーン(左から)   19.1.29   300

約10キロの、Tボーン🥩❗️ いっきに、焼き切りました!

焼きあがった、Tボーン(右から)   19.1.29   298

イタリアでお肉を食べまくり、
焼きたい熱がピークに達していましたので、
大きな塊が焼けて楽しかった!

Tボーンを切っている最中  19.1.29   320

竹内シェフがお店のFacebookで
そう綴っていらっしゃいましたが…

お店の厨房から客席まで
僅か数メートルしか離れていない
小さなtrattoriaでは…

シェフが嬉々として肉と格闘している姿は
つぶさに感じていましたよ!

trattoria29さんの1月の肉の日♪

アンガス牛 ラーニョ(メガネ)のグリル  19.1.29   293

  「まずは、ラーニョ!
   日本で言うところの“メガネ”のグリルを
   召し上がって下さい!」

嗚呼。。。メガネは、
牛の骨盤の周囲の肉で。

1頭で400gほどしかとれないと言う、
希少部位なのですが…

筋が入っているように見えても、
食感はハラミのように柔らかく。

キュッキュッ…と、
じゅわわん。。。と♪

心地よい噛み応えの中に
赤身肉ならではのコクと香りが
凝縮されていて。。。

鼻腔をくすぐるローズマリーの蒼い香りと
メガネの心を揺さぶる旨み。

堪能致しました。。。

横内シェフが持った、Tボーンのビステッカ  19.1.9  338

 「今度は、Tボーンのビステッカになりま~す!」

横内シェフが客席まで、
サーブをしに来て下さいまして。。。

横内シェフが取り分ける、Tボーンのビステッカ   19.1.29  340

 「左が、ロース。右がヒレになります!」

盛り付けた、Tボーンのビステッカ  19.1.29    353

  「お肉をわんこ蕎麦みたいに…♪」

初参加と思われる女性客が、
そんな事を仰っていましたがw

“約10kgの塊肉”で焼くからこその、
周囲の香ばしさと、
熟れたような脂の甘み!

ドカッと転がり込みながらも、
福福しい赤身の香り!

じゅわっ。。と溢れかえる
甘やかな肉汁の憂いに…

ゾクゾクッと震えながら
愉しんでいました。。。

 「お代わり、有りますから…
  ご遠慮無くお申し出下さい!」

そそり立つ、Tボーンのビステッカ  19.1.29   367

  「アアッ♪」

別に私が、「コレ!」と申し上げた訳では有りませんが。。。

私の番になると、否応なしに
横内シェフは…

高さ15cm強の巨大なモニュメントを
贈呈して下さいまして♪

はい! これは、食事と言うより、
肉の日ならではの格闘!

シェラスコのように
よく火が通った肉なら
ナイフも通り易かったでしょうがw

Tボーンに
しっかりとしがみ付いたレア肉は、
ナイフを入れようとすると…

プルプルッと踊る!
食べられまいと、逃げる!!

しかし、骨の周りの肉は旨いと
よく言いますが…

旨みが凝縮されている上に
炭の香りを微かにまとって、
扇情的でした♪

リボリー  19.1.29    386

今回のprimoは、冬の定番!
「リボリータ 冬野菜、豆、パンの
 トスカーナの冬の食べるスープ」

はい!私もtrattoria29さんがオープンした年から
ずっと食べ続けている、大好きなスープです!

トスカーナでは、
古くなったパンを煮込み料理に使った事が
この料理の起源のようですが。

trattoria29さんでは、
パンの他に黒キャベツ、人参等の冬野菜の他に
セロリも使っているみたいですね。。。

パンの旨みとまろみの中に、
黒キャベツのコクと香り!

そして、トロトロに煮込まれた
幾多の野菜が醸し出す
穏やかな香りと甘みと、
オリーブオイルのコクが…

この“フィレンツェのやりくり料理”の
素朴でありながらも、
神々しい香りが静かに舞い降りるんですね。。。

カカオのメリンガータ  19.1.29    394

そして、今回のdolceは、
「カカオのメリンガータ」

そう!シンプルなネーミングに反して、
様々な素材を重ね合わせたこのdolceは…

サックリと香ばしい
メレンゲと…

少しビターなカカオニブ!
口の中で甘やかな香りを放つ、
カカオパウダーが、
おとなの香りをふりまき。

濃い目のカスタードは、
濃厚なコクを放ちながら、
仄かな甘さ。。。

これに、時おり
イチゴの爽やかな酸味と
甘みが加わるから、
優雅かつ、チャーミング♪

カントゥチ食後酒と  19.1.29   405

 「カントゥッチは、
 グラスの中の食後酒につけていただいても。。。」

奥様がそう言いながら供して下さったのは、
「食後酒とAntonio matteiのカントゥッチ」

Antonio matteiとは、
19世紀からフィレンツェの人々に親しまれている
“凝縮感のある、カントゥッチ”

そう、カリッと弾けると…

バターが優しく香り、
小麦の濃厚な旨みと
卵のコクが溢れかえり。

とかく、香料で誤魔化しがちな
欧米の焼き菓子とは違う、
“素朴”と言う名の美しい調べ。。。

ヴィンサントの
濃厚な甘みとのコントラストは、
まさに絶妙の相性ですね。。。

エスプレッソ   19.1.29   418

エスプレッソの登場で…

近年の肉の日の中でも、
特別の輝きを放った、宴はおひらき。。。

メニュー  19.1.29   207

 >フィレンツェ定点観測。
  自分の感覚と照らし合わせる、調律のような食べ歩き。

trattoria29さんのFacebookに記された
こんな美しい言葉に、ドキリ。。。

“食い倒れ研修”と称された、
今回のフランス&イタリア研修。

研修後に持ち帰ってきたのは、
スーツケースにパンパンに詰めた
食材だけでは無かったようですね♪

竹内シェフの師匠・お肉の神様ダリオ氏が
伝統を守りながらも革新を続けるように…

二人のシェフは、日本のイタリアンに
新風を送り続けていく事でしょう。。。

http://30min.jp/place/2058150/blog/



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します!
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ