有機

有機野菜に有機ビール。 熟成肉や幻の玉ねぎを使った煮込みも、さりげな~く提供する店は、駅から徒歩1分とアクセス良好♪ 人形町・あまからくまから

image

有機野菜と佐助豚を使った絶品料理がいただけて。

おまけに、平日は午前1時がラストオーダーなんて♪
なんて、私にピッタリなお店なんでしょうね。
人形町のあまからくまからさん!

そう、お通しだって「有機野菜のバーニャカウダ」
バーニャカウダソースが、見るからにリッチでしょう?

にんにくからふくよかな旨みを引き出し、
穏やかな香り。。。

有機野菜の瑞々しい香りと旨みと上手に響きあって、
“一品料理”の風格が有ります!

image


    店主「佐助豚の社長も、『これには自信が有る!』
              と言ってます!」

そう言いながら供されたのは、
「佐助豚のサルシッチャ」

はい、密度が違います!

“ソーセージ”に有りがちな、
プリッとした食感の、
更に更に上をいく、充実した噛み応え♪

佐助豚特有の清らかな旨みに
熟成感が加わって、迫力倍増!
ハーブに頼らない、
佐助豚の底力が、ガツンと響いてきますね。。。

image

おやおや、野菜が有機なら、ビールも♪
「有機栽培プレミアム」

エチゴビールさんが
有機栽培の麦芽とホップのみで仕込んだそう。

すっきりとした喉越しの中に
キラキラッとした苦味。
これは、好みです♪

image

“野菜好き”は、こういうひと品にシビレます!
「つるむらさき おひたし」

茹で方を間違えると、“青臭さ”を通り越して
“土臭く”感じる時がある、個性派野菜も。

シャクシャクッと心地良い食感の中に、穏やかなねばり。
ほうれん草よりも引き締まった蒼さを、
サラッとキレの良い鰹出汁とミネラル感豊かな塩味で
粋なひと品に仕上げています。。。

image

地ビールの品揃えが充実しているのも
嬉しいですね!「ホワイトエール」

エール特有の爽やかな酸味と旨みの中に
コリアンダーやオレンジピールをはじめとする
様々なスパイスの香りが揺らめく。。。

この香り、リラックス成分が有るかも?
ハーブの優しさに包み込まれるような、ビールです♪

image

「するめいかと生ほたての天ぷら」も、食べ応え有り!

一般的なするめの倍以上は有る、肉厚スルメは…
サクッと、プリッと、清々しい甘さと香りに溢れて。

ホタテは、ジュワッとほぐれて、
濃厚な旨み溌剌とした香りで、一撃悩殺♪

まず、何も付けずに召し上がってみて!
甘みと香りの豊かさに、きっと驚くはず♪

image


    店主「これ、そろそろ手に入らなくなりますので。。。」

そう言いながら供されたのは、
「ラクヨウダケの天ぷら」

針葉樹にしか生らないという、この天然キノコは
直径4〜5cmほどの椎茸のようですが。。。

椎茸よりも、味わいはナメコに似てるかな?
とろけるようなぬめりの中に
キクラゲに似た、しとやかな香り。

こういう繊細なキノコ、
他の店ではなかなか出逢えませんね!

image

さ~て、タクシー業界に恨みは有りませんが、
電車で帰りたいので、
「和牛すじと新じゃがのピリ辛煮込み」

    店主「牛すじも熟成肉なんですよ!」

ひゃ~! 何週間も熟成させた肉を
煮込みに使うなんて、贅沢過ぎません?

    店主「あと、玉ねぎは、糖度17度の札幌黄です!」

アッ! 名前だけは聞いた事は有ります、“幻の玉ねぎ”でしょ?

口に含んだだけで、トロッととろける玉ねぎは
甘みがセクシー♪ 艶っぽいと言うか、深みが違うと言うか。。。

充分に熟成した牛すじも、
旨みが深い所から湧き上がる感じ♪

さりげないアプローチの中に、確かな恍惚!

image

ここは、人形町駅から徒歩1分の“おとなの隠れ家”
今度は、もうちょっと早めに伺って
“あのメニュー”をいただく事にしますね♪

http://30min.jp/place/5033/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

「紅芋ごま団子」と「炭焼ベーコンとピンクポテトのサラダ」 有機野菜の凝縮したチカラに、心なごむひととき。。。人形町・あまからくまから

ブログネタ
あなたの「おいしい」を見せてください に参加中!
image

人形町で“野菜に拘る店”と言えば、
まず思い浮かぶのが                
炭火やきとんと野菜料理 あまからくまからさん。

今回は、仕事呑みの帰り、                        
二軒目として訪問致しました。

運良く、先客と入れ違いだった為に
ムーディーな堀ごたつ席をゲット♪

これがデートのお二人の席だったら、
どれだけ仲が縮まった事でしょうねw

image

お通しは、自社のファームで栽培された
「無農薬トマト」

澄んだトマトの旨みとバーニャカウダソースのコクが
心地よく沁み渡ります。。。

あまからくまからさんと言えば、
ランドレース種、大ヨークシャー種、デュロック種と、
3種類の豚肉の良いところを掛け合わせた
“三元豚・佐助豚”が看板!

まずは、「やきとん串五本盛り」と
「厚切り豚バラ大串」をオーダー。

image

「やきとん串五本盛り」は、
はらみ・はつ・タン・レバー・かしら。
タレは、ちょいと甘さを効かせてパンチ有り!

噛めば佐助豚のコクと上品な旨みが
濃厚なタレを押し返して存在感を発揮します!

image

「厚切り豚バラ大串」

これは佐助豚の脂を愉しむお料理ですね!
柔らかな噛み応えの後に、
トロッと溢れる上質な甘さに
プルッと心がトキメキました♪

image

次に頂いたのは
「炭焼ベーコンとピンクポテトのサラダ」

“ピンクポテト”とは、「ノーザンルビー」という
アントシアニンを多く含むじゃがいもだそうで、
あまからくまからさんでは、無農薬の物を厳選。

なめらかな食感の中に仄かな甘み。
ゴロゴロッと加えられた炭焼きベーコンは、
香しさの中に濃厚なコクを主張♪

これ、しなやかさと雄々しさを兼ね備えた
食べごたえのある一品です!

image

美味しいものはするすると入りますが…
終電が近くなったので、「紅芋ごま団子」

外見は普通の点心のように見えますが、
割ってみれば、夜目にも鮮やかな紫色!

image

ねっとりとした口当たりの中に
濃厚なコクと穏やかな甘みを秘めて。

カリッと弾ける白胡麻とのコントラストも絶妙♪
大地のエネルギーの凝縮が、
心なごませるひと時を運んでくれます。。。


有機野菜料理と肌理細やかな肉質の佐助豚。
あまからくまからさんは、
生産者さん達のひたむきな努力を伝えてくれる、
素敵なお店ですね!

http://30min.jp/place/5033/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

「ペッパーチキン」野菜の自然な甘みを活かしながら、ペッパーの爽快な辛み♪ 鶏がふわっと柔らかい! 東中野・カレーリーフ

image

夜のパトロールは“食べ呑み”が必須だから
どうしても、足が遠のいてしまうジャンルが有りまして。

私にとって、“カレー専門店”も
その中の一つですね。
「カレーは、ロムアロイで食べればいいや!」
そんな気持ちが根っこに有るからかも知れませんがw

今週はやたらと飲み会が続いた関係から
年に数度しか巡ってこない
“呑みたく無い日”がやってきまして。

そこで、かねてからの課題店。
東中野でその名も高き
カレーリーフさんにお邪魔する事と致しました。


ラストオーダー直前でも、テーブル席は満席。
カウンターに座ると、店主の奥様らしき女性が
丁寧に説明して下さいます。

そこで、オススメの「ディナーセット」を注文!
オーダー後に撮影許可を求めると

           「前もって仰る方は、とても珍しいです!」

と奥様らしき女性は、ニッコリ。
アラアラ。。。食べログに多くの投稿がある有名店なのに、
殆どのレビュアーさんは、勝手に撮られていたんですねw

image

さてさて、まず運ばれてきたのは
「ラッサム」

南インド地方のスープで、
トマトなどの野菜の他に、にんにくも効いています!

にんにく型のポットに入っているのは
お店の拘りかも知れませんが、
ティースプーンより小さなスプーンでは、
ちょいとお上品過ぎるのでは?
後半は、グビグビとにんにく容器に口をつけて飲みましたが、
ホールペッパーが沈んでいましたw

辛い物が苦手な方は、やはりスプーンの方が良いかもw

image





さてさて、
「ディナーセット」は、2種類のカレーが
ご飯とナンの両方でいただける所が
食い意地がはっている私としては、嬉しかったですね!


“ご飯と共に食べるカレー”は、
お店の方で予め決まっていて、「ペッパーチキン」

マッシュした野菜の自然な甘みを活かしながら
ペッパーの爽快な辛みが駆け抜け、
鶏の胸肉がふわっと柔らかい!

そう、私の大好きな
“辛いもの”と“仄かに甘いもの”の
絶妙なカップリングで
ド・ストライクカレー♪

これは、こういったプレートではなく
大皿いっぱい食べても、
きっと最後まで食べ飽きないであろう、
爽やかなキレ!

ポディーと言う
“インドのふりかけ”の香ばしさも魅力です♪

image

“選べるカレー”は、
「南インドのキーマカレー」をセレクト。

叩いた鶏肉やスパイスも沢山入っていますが、
一般的なキーマカレーよりも
トマトの旨みを愉しむタイプのカレーですね。

メニューを見ると、そう、
“有機完熟トマト使用”とありましたw

やたら辛さばかりが先行するカレーよりも
こうした野菜がベースのカレーって
食べ進めるうちに
辛さがジワジワ攻めてくる気がして、
こちらも好きなタイプです。

imageーーー

ハーフナンは、
ギー(パターオイル)がたっぷり塗ってあって
旨みが強かったですね。

小さなサイズながら、
外はカリッと、中はモチッと甘かったです♪

最初は、
「途中でガソリンを補給したくなるかな?」と
若干の不安が有りましたが、なんのなんのw

非常に満足度が高い
“欲張りサン”も納得のプレートでしたよ♪

http://30min.jp/place/57560

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

サクサクッ! トロトロッ♪ 佐助豚や有機野菜を柔らかな滋味が包み込んで、弾ける「佐助豚のしゃぶしゃぶ鍋」 人形町・あまからくまから

image

“隠れ家ダイニング”
そういうキャッチフレーズは、もはや珍しくは無いけれど。
人形町のあまからくまからさんほど、
その言葉が相応しいお店は、そう無いと思います。。。

“隠れ家”は、出来ればサッとしけ込みたいものでしょう?
あまからくまからさんは、
人形町交差点から徒歩1分という、アクセスの良さで
これまた便利!
image

「照明が素敵ですね。。。」と
女子が目を潤ませている時に
サッと「有機野菜のバーニャカウダ」がお通しで供されたりすると、
これまた男子の株が上がるというものw

「これは、“ロマネスコ”と言ってね。
カリフラワーとブロッコリーを交配した野菜でね・・・」

そんなウンチクを語るのにピッタリな
新顔野菜をさりげなく供してくれたりするので
話のネタにも不自由はしませんし。
image

有機野菜の他に、このお店のウリと言えば
“佐助豚”
まずは、「やきとん串」でいただきます!

岩手の大自然に育まれ、
ストレスの無い環境で育てられたこの三元豚は、
肌理細やかな肉質で、脂が驚くほど澄んだ甘さ!
image

野菜が力強いから、シンプルな調理法でも
驚きが有ります!
「下仁田ねぎと広島産かきの蒸ししゃぶ」

嚙めば、ねっとりとした甘みと滋味が
トロリと溢れ出てくる下仁田ねぎ。

これに、磯の滋味がジワッと拡がる
プリップリの広島産の牡蠣の
濃厚な旨みが溶け合う。。。

今の季節ならではの
デリケートで贅沢な美味しさですね♪
image

贅沢と言えば、
こちらの鍋も他所では食べれません!
「佐助豚のしゃぶしゃぶ鍋」


出汁にサッとくぐらせるだけで
佐助豚の澄んだ旨みと脂の甘さが
サッと引き締まり。

口に運べば、するりと溶けて
艶やかな旨みだけが残る。。。
image

しゃぶしゃぶを、
この「野菜だれ」でいただくというのも
気が利いていますね。。。

出汁の中に
山芋・オクラ・なめこ等を
粗く叩き、刻み入れたものだけど

サクサクッ トロトロッ
佐助豚や有機野菜を
柔らかな滋味が包み込んで、弾ける。。。♪
image

シンプルな調理法であるが故に
素材への拘りと数々の工夫が込められた鍋ですね。。。

鍋あとの沖縄そばも
節の香り豊かな出汁が冴えて、絶品!

これは、この冬自信をもってオススメする鍋です♪

http://30min.jp/place/5033
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

有機野菜のパワーとハーブの刺激で、リセット&チャージ♪ 人形町・炭火やきとんと野菜料理 あまからくまからの「夏の甘えびトマト鍋」「季節の野菜のせいろ蒸し」5

ブログネタ
☆食べ歩いたお店紹介☆ に参加中!
「夏の甘えびトマト鍋」(加熱前)















半年間、いつも満席続き!

昨晩、やっと座る事ができた、

人形町・炭火やきとんと野菜料理 あまからくまからさん。

 

 

昨日は同僚と取引先の社長とを接待したんですけど、

相手はオーナー企業の娘婿w

最初から最後まで相手のペースで気疲れしてしまって・・・


 

    先輩「どこかで呑み直そう。。。」

 


という事になって、

遅い時間にこちらに伺った次第。

温野菜
















あまからくまからさんは、

有機野菜の農場と提携していますから

お通しだって

キャベツの甘みと旨みを上手に引き出し、

バーニャカウダソースの穏やかなコクが、

キャベツの甘みと旨みを上手に引き出していまして♪


「のど軟骨湯引きポン酢」














 

本当は1軒目の割烹で一通り頂いていたんですか

お通しで俄然食欲が出てきまして

お気に入りの「のど軟骨湯引きポン酢」を注文!

 

プルッとコリコリッと♪

心地良い食感と佐助豚の清冽な旨みを、

まろやかなポン酢の酸味を楽しみました!


「季節の野菜のせいろ蒸し」
















次に頂いたのは

「季節の野菜のせいろ蒸し バーニャカウダソース」

 

ヤーコン・インカの目覚め・丹波のしめじ…

10数種類の野菜がホクホクに蒸されているのですが。

 

健全な野菜というのは、

香りから違う、甘みの質が違う♪

 

無農薬のこしひかりから作ったという、

塩麹入りのバーニャカウダソースの優しい旨みと共に

体の内側から確実に力を宿してくれるのを感じます!


煮えてきた「夏の甘えびトマト鍋」
















そして、

あまからくまからさんと言えば鍋!

ヒットメニュー“甘えびとフルーツトマト鍋”が

「夏の甘えびトマト鍋」にリニューアル♪

 

まず驚かされたのは、

レモングラスを効かせて、

トムヤンクン風味にしている事♪

 

爽やかな香りと程よい酸味は、

正に、これからの季節にピッタリですね!

 

勿論、これまでと同様、

10cmは優に有ろう、大ぶりな甘えびと

フルーツトマトやズッキーニもたっぷり!

スープ自体も野菜の力を存分にたたえて、

旨いのなんの♪

 

 

これからの季節、

体調を崩し易い時も有るけれど。

 

そんな時は「夏の甘えびトマト鍋」で

有機野菜のパワーとハーブの刺激で、

リセット&チャージできると思いましたね!

 

満席続きの人気店の理由、

至極納得した夜でした。。。



�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

ブログランキングに参加しています
ポチッと応援、お願いします!

記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ