浅草橋 テンテコマイ

“最後の一滴”まで食べ尽くしたい!牛すじの清らかな旨みと八丁味噌のコクと香り が見事に調和している「牛すじ どて煮」 浅草橋・大阪串かつ テンテコマイ

image

 >サクッと弾ける香りの小型爆弾! “味付き”の串も交えて、飽きません!
これは、私が“串かつ開眼”した時に
「食べログ」にレビューを書いた時のタイトルですが。
雑誌「おとなの週末」で
『串カツの旨安店 完全ランキング 1位』に選ばれたのが
私がそのレビューを書いたお店、てん家わん屋さん!

そして、そこの姉妹店が大久保のテンテコマイさんw

似ているのは店名だけでなく、
国産の材料に拘り、揚げに拘っている所も本店譲りなので
とっても気に入っています♪

お気に入りの串は何かって?
この2店は1串づつ丁寧に揚げてくれるから
どれもこれも味わい深いのですが・・・
毎回、必ず注文する串と言えば「ひな鶏」

ひな鶏の淡白な旨みと甘味を
サックサクの串かつにしただけで美味しいのに。

“スーパーで売っていない、こだわり醤油”を
サッとたらして、香り鮮やかな山椒をハラリ。。。

“100円の串かつ”は、探せば他所でも食べられるけど、
こういう艶っぽい串を
1本、1本、揚げたてで提供する店は、
なかなか無いと思います!

image

そして、先月からデビューした
“冬の季節串”の「ねぎ」もオススメ!

こちらは、予め塩がかかっているから
そのままでいただくんですが。。。

ねぎが甘みと旨みを溢れさせる頃合で
提供していますから、
カリッと、トロッと♪

咽元を甘いぬめりが駆け下りる時、
プルッと身震いが起きそうな高揚感!

これも1串¥100でいただけるって、素敵でしょ?

image

“味付き”の状態を知って欲しくて
お行儀が悪くて、すみません! 「とり梅」

「ひな鶏」よりも更に手が込んでいる、
塩かどを抑えた練り梅と大葉を巻いたささみ。

衣の香ばしさと、ねり梅の程好い酸味、
大葉の爽やかな香り。。。

これが軽快な衣の食感と共に弾け! 
香りが駆け巡り、心に突き刺さる♪

 >香りの小型爆弾

過去の表現の使いまわしは
極力したくない性質なんだけど、
コレに代わる言葉を見つけたくて
本店とこちらを交互にパトロールしている次第w

image

「コレは本店を超えてるよ!」と言った時の
店主のガッツポーズが今も忘れられません!
「牛すじ どて煮」

どちらのお店も、八丁味噌仕立てである事は
変わりの無い事なんですが。
本店の方が、余韻が甘く、人懐っこい感じ。
こちらは、よりコクとキレを感じさせる味わいで。

名古屋と関東という、
店主の出身地のせいかも知れませんがけどねW

  私「何度食べても、凄く旨い!
    でも、“最後の一滴”まで食べ尽くしたいから
    本店みたいに『どて丼』も出して欲しいなあ。。。」

そう店主にリクエストしたら、
  店主「本店のマネをしたと、思われたくないんで。。。」

おやおや、姉妹店とは言え
素敵な緊張関係ですね!

でも、そう堅い事言わずに
考えてみて下さい。

“牛すじ煮込”は、どこででもいただけるけど、
この牛すじの清らかな旨みと
八丁味噌のコクと香りの見事な調和。

汁気をズズッとすするよりも
ごはんにかけて食べたいと思う人間、
他にも居ると思うけどなあ。。。

今度、本店に行った時に
大将にお願いしてみるかな?

いや、お願いするまでも無く
太っ腹な大将なら
ニッコリしながら、すぐにOKを出すと思いますけどね♪


http://30min.jp/place/227282

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!


納豆の串揚げは、引き締まった香りとコクがガツ〜ン♪  旬の香りを封じ込めた季節串もオススメです! 浅草橋・大阪串かつ テンテコマイの「納豆串」5

②生ビール(テンヤワンヤ)002














 

 >本店でも大人気のオススメ串(*^_^*)

ピリッと後を引く旨さ!

茨城出身の店長が丹精込めて混ぜ合わせました!「納豆串」

 

今週、テンテコマイさんのTwitterを読んだ時、

「オッ!」と小踊りしてしまいましてw

早速、伺ってきましたよ!

浅草橋・大阪串かつ テンテコマイさん。

 

バイトさんが怪我をしてしまったとかで、

満席の店内は店長と店長代理の2人で廻していまして、

店名通りのテンテコマイw

 

キンキンに冷えた生ビールを呑みながら

オーダーをメモに書いて静かに待つ事にしました。

 

27納豆(テンテコマイ、全型)















やってきました!“丹精込めて混ぜ合わせた”w

納豆串

 

本店はピンポン玉みたいに丸い形でしたが

こちらは平べったい形ですね。

多くの串揚げに言える事ですが、

見た目だけでは“丹精込めた”所は解りませんw


27 割った納豆(テンテコマイ)jpeg















細やかな衣をサクッと破れば

ひきわり納豆がフワッとほぐれて。

 

納豆は、たれの味は控えめ。

“緑の香辛料”(※ノウハウの為、自主規制)

キリリと蒼い辛さ。

 

本店と違って平べったい形にしたのは

揚げ易くする為の工夫でしょうか?

そう、ひきわり納豆を成型して揚げるのも

簡単な事ではありませんからね。。。

 

口の中で上品にほぐれて、

納豆の引き締まった香りとコクが

ガツンと主張して愉しいです♪


27 竹の子②jpeg















テンテコマイさんは、本店と同様

季節串が愉しいですね! 「筍串」

 

食べログでも、

 

 >「そのままで」が楽しい 1串100円からのサクサク~

 

と、マイレビュアーさんが先週、

レビューを上げていらっしゃいますが、

「筍串」も生筍を一度煮てから串かつにして、

特選醤油と山椒をふって提供!

 

筍の甘い香りと柔らかな出汁加減、

穏やかな醤油だれ、

しして山椒の舞い上がる香り…と

しなやかな香りの競演は、上品!!

 

27ホタルイカ②033















季節串は全部いただきます!

「ホタルイカ串」

 

酢味噌でいただくと

プルンと穏やかな印象のホタルイカ。

 

串カツにすると

ホタルイカのコクがギュと凝縮!

パンチが効いています♪

 

こちらは、レモン塩だから

ホタルイカの磯の香り、

衣の香ばしさが何ともゆかしい。。。

 

 

素材の旨みと香りを封じ込める“小型爆弾”は、

海の幸、山の幸に加えて、納豆。。。

 

大阪の串かつ屋さんは、昨今東京に増えつつありますが、

こういうデリケートなアプローチは、

本店とここに勝る所は有りませんね。。。

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

ブログランキングに参加しています
ポチッと応援、お願い致します!



サクサクッと秋の香りが弾け、具沢山のポテトサラダにホッコリ。。。 浅草橋・大 阪串かつ テンテコマイ

image


>浅草橋にオープンした大阪串かつ専門店です(^^)
     旨くて安い庶民の名店狙ってます!

Twitterのプロフィールに
お店の思いが端的に表れていますね!
浅草橋・大阪串かつ テンテコマイさん。

私はテンテコマイさんと
1号店であるてん家わん屋さんで
串かつのマジックを体験してからというものの、
もう1年以上、“串かつ中毒”が続いていましてw


これは、そんじょそこらの洋食屋さんより
パンチがありますよ!「秋鮭串」

サクッ! フワッ! ピリッ♪

旬の香りを封じ込めた
衣の食感の愉しさと
生鮭特有のふわっとした柔らかい香り!

さっぱりとしたタルタルソースを引き締める
粗挽き黒胡椒の爽快な香り♪

串かつが
“二度漬け禁止”のソース味ばかり・・・
そう思い込んでいる人達に
是非試して欲しい、季節串です!

image
 
そう、旬の季節串と言ったら
こちらもオススメ! 「大粒 銀杏串」

居酒屋さんで普通に供される銀杏の
1.5倍は有ろうかの、大粒銀杏。
こちらは、塩でいただきます!

もっちりとした噛み応えの中に
濃厚なコクと仄かな苦さが
夏の日差しを凝縮したように
サッと咽元を駆け抜けて、痛快です!

image
 
こちらも季節限定!
「大和いも串」

大和いもをすりおろして
大葉で挟んでいるから、
サクッ! モチッ フワッ♪

カリカリの大葉が弾けると、
長いもより濃厚な
大和いもならではのコク!
こだわりのポン酢の鮮烈な香り。。。

100円串とは思えない、
手間と拘りには、
何度いただいても
驚かずにはいられません!

image
 
こちらは好評につき
販売続行です! 「納豆串」

発案者は1号店の大将。
発売前に試食させていただいた時は
思わず笑っちゃうほど笑劇的でした♪

テンテコマイの店主は、
“お題”を1号店の大将から聞いたものの、
商品開発については独自に進められたそう。

なにしろ、茨城のご出身の
テンテコマイの店主は、
納豆に関しては
並々ならぬ想いが有りますからね!

そう、サクッと弾けると
凝縮したひきわり納豆の
コクと香りがグワッと口の中に拡がり。

それがこもったような
嫌な感じがしないのは、
ピリッとする蒼い香りの
アレを忍ばせたからですね?

本店とここでしか
食べた事が無い、珍しいひと品。

まだの方、
笑劇的な体験を、是非に!

image
 
こちらも本店としのぎを削る食べ応え!
「ポテトサラダ」

ポテトは粗ごしとペーストの
2つの特長を活かして
コーンの甘み、
枝豆のコリッとした食感と
蒼い香りも愉しい♪

マヨネーズを控えているから
食べ進めるうちに、
様々な素材の甘みや旨み出逢えます!

そう、
野菜の香りと甘みにほっこりとした
気分になれるひと品ですね。。。

http://30min.jp/place/2272821

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

仄かな蒼さも苦さも、油を得て艶やかになったコクと共にフワッと口の中に拡がって♪「大粒 銀杏串」 浅草橋・大阪串かつ テンテコマイ

image
      >テンテコマイでは季節串を一新しました!!

そんなツイートに惹かれて足を運んでみました!
浅草橋・大阪串かつ テンテコマイさん。

はい! 店に入るや否や、
カウンターの上の冷蔵ケースの中の
綺麗に串打ちされている大粒銀杏と目が合いましてw

image
 
「大粒 銀杏串」

名産地 愛知・祖父江産の大粒銀杏。

綺麗な翡翠色をしているという事は
収穫から2週間以内の新鮮な素材ですね♪

そう、日持ちがすると思われがちな銀杏は
実は生鮮野菜なんです。

新鮮だから実が収縮していなくて
もっちりとした噛み応え♪

予め塩がふってあるので
仄かな蒼さも苦さも
油を得て艶やかになったコクと共に
フワッと口の中に拡がって
秋の憂い。。。
image
“味付きの串かつ”がテンテコマイさんの特長のひとつ!
「秋鮭」

生鮭特有のふわっとした柔らかい香りを
薄めの衣がカラッと閉じ込め。

タルタルソースは洋食屋さんとは違う
さっぱりとした味わいながら、
粗挽き黒胡椒が香り豊かに引き締めて。

サクッ! フワッ! キリッ♪

食感と香りの連鎖は
秋鮭と言っても、アキのこない美味しさですw
「大和いも串」

すりおろした大和いもを
大葉で挟んで揚げているから、
モッチモチ♪

大和いもならではの
どっしりとしたコクを
パリッと香ばしくなった大葉と
鮮烈な香りのポン酢が彩って。。。

これが¥100とは驚き!
“香りの小型爆弾”は
様々なアプローチで心地よく弾けます♪

image


はい、メニューに記載の通り
私もここの名物だと思います!
「名物 牛スジどて煮」

もうカウンターに運ばれた途端から
語りだします!
鼻腔をくすぐる八丁味噌の香りと
牛すじの艶が。

トロッと柔らかく煮込まれた牛スジは
八丁味噌の濃厚なコクをたたえながら
どこかホッとする甘さも兼ね備えて。

嗚呼。。。
人懐っこく、酒を誘う、誘う。。。

煮汁の最後の一滴まで
飲み干してみたい魅惑が有ります。

丁寧な仕事がそうさせるんですね。
また次回も、必ず注文しますよ!


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

ほっこりとした甘さと、しとやかな香りの、小型爆弾♪ 「車えび串」 浅草橋・大阪串かつ テンテコマイ

image
  >今日の目玉串はこちら! 生きてます(^^) 『車海老』三百円!
           オーダー入ってからさばきます!週末限定です!

そんなtweetを見て行ってきました!
浅草橋・大阪串かつ テンテコマイさん。


お目当ての車えびは、
入り口近くの“生簀”で待機している時は、静かでしたが・・・

注文が入る度に店員さんが網を差し入れると、
バタフライの如く水しぶきを上げて、逃げる、逃げる!
素晴らしい活きの良さです♪

image 

程なくして供された「車えび串」は、
10cmほどの体長。

あらかじめ塩をふってあるので
サクッとフワッと♪

“えび天”より軽快な口あたりの中に
ほっこりとした甘さと、しとやかな香り。。。

やっぱり、天ぷらとは香りの伝わり方が
格段に違いますね!

頭の素揚げは、パリッパリ!
市販のえび煎餅が真似できない
ワイルドな香りが弾けて。
しとやかな身の旨さと好相性です♪

image
テンテコマイさんと言えば
これ!

この画像を見ただけで中身が解る方は
このブログか、お店の常連さんかもw


image 
“クイズの答え”は、「納豆串」
これが食べられるのは、
本店のてん家わん屋さんと
ここだけかも?

サクッとした衣の中から
ひきわり納豆がフワッ♪

タレと香辛料で
臭みが出ない工夫をしている所は
流石のひとこと。。。

納豆のコクと香り立ちの良さを体感すれば
テンヤワンヤさんが
“小型爆弾”の製造基地である事が
誰もが納得する事でしようw

image 
さて、これの中身が解れば、
串かつ上級者?

そりゃあ、衣をつければ
串かつは見た目は似てしまいますけどw

image 
答えは、「チーズベーコン」!

洋食屋さんのフライとの違いは
衣の細やかさと、揚げる温度でしょうか?

軽やかに衣が弾けた後に
ベーコンの旨味と香りが引き締まり、
チーズが艶めきたってトロッとグワッと!


素材の風味を軽やかに封じ込める
串かつマジック!
夏の疲れを心地よくほどいてくれました。。。

 
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ