タイ料理

「野菜たっぷり スパイスごはん」は、攻めてくる!攻めてくる♪辛いだけじゃなく、甘酸っぱさとの融合が、タイ料理の醍醐味ですよね? 東中野・ロムアロイ

077C0D2A-C690-4DBC-A012-BECDB931BE2E

  「オニイチャン!今日、ごはんあるの。。。」

   「“ごはん”って 何の料理?」

   「オニイチャンが、まだ食べた事が無い、

       ごはん。。。」

 

ロムアロイのママとの付き合いは、

かれこれ10年ほどになるし。

 

私が引越し前のブログ(楽天ブログ)を

立ち上げたのも

 

この店で受けた衝撃的な美味しさ!

それなのに、

初訪の1ヶ月後には、閉店をも考えていた事を

何とかママに考え直して欲しかったし。

 

誰かにこの店の事を、伝えたかったからだし。

 

そう! それまで自炊派だった私は、

この店をきっかけに“食べ歩きの面白さ”に

目覚めてしまったのですが。。。

 

ママが言うには、私の食べた料理は、

     「全部、覚えてま~すw」

 

いやはや・・・ 料理にかける情熱や拘りは、

並大抵じゃあない、このママの店の名は

 

生ハーブに拘る、タイ料理店、

ロムアロイ。

 

154EE040-12B1-4CB9-98EE-B80DA4941DD8

   「あ~! ビールなら僕が取ります!

      そうした方が早いですから.

       紙コップもどうぞ!」

 

時刻は、2130

先客の若者達の背後を、そ~っと通って

セルフでビールを取り出そうとしたら

冷蔵庫の側の若者がそう声をかけて下さいました♪

 

  「今度は、カオマンガイが食べたいな~!」

  「うん。。。でも、予約じゃなきゃ、ダメね!

     ウチの炊飯器は大きいから・・・

     沢山の人が来た時でないと作らないの。。」

 

うん! ママのマイペースぶりは、

10年前と同じ!

 

予約客の為には、何日も前から準備をするけど

“日替わり料理”は、頑なまでに、

「その日に、作りたいもの」w

 
002897BD-C4AE-4ECD-AF1E-88344BC81914
 

「オニイチャン、お待ちどうさま~!」

 

カウンターごしに手渡された「カーウプッカピ」は、

 

干しエビのコクと香りと、

緻密なハーブ達の香りが囁きかけるバターライスに

 

きゅうり、紫玉ねぎ、パクチー、赤唐辛子、生パイン、

等の具材(※トップ画像)の他に・・・

 

卵焼き、豚の甘辛ハーブ炒め、グレープフルーツ等の

たっぷりの野菜や果物が、

ごはんの後ろ側までギ~ッシリ!

 

直径20cm強の大皿から

溢れんばかりにのっています♪

 

C9DC0396-F76C-4510-92E9-0F031EF53B97

「カーウプッカピ」は、ママの言うところの、

『野菜たっぷり スパイスごはん』だそう。

 

ビビンバのように混ぜてから、いただけば・・・

 

サクサクッときゅうりの爽やかと、

紫玉ねぎのサッパリとした風味!

パインの心地よい酸味とサラリとした甘さ♪

 

そして、時間差でジワジワッと

舌が痺れだすスパイスの調べと

バターのロマンチックな香りが・・・

 

辛いだけじゃない、

高揚する爽やかさと瑞々しさと共に、

攻めてくる!攻めてくる♪

 

そう! 辛いだけじゃなく、

甘酸っぱさとの融合が、

タイ料理の醍醐味ですよね?

 

夏に立ち向かえる元気、

与えてくれましたよ♪

 

https://30min.jp/place/2040812/blog/



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します!

食べログ「タイ料理人気ランキング」全国3位の「トムヤムクン」 大エビ3匹の存在感と、躍動するハーブの香りは… 他所とは、全く違います! 東中野・ロムアロイ

ライスと、トムヤムクン   19.4.17   16


  「オニイチャン、ごめんなさい!

   お料理、1個しか無いの。。。」

 

昨日、久々に伺った… 東中野のロムアロイ。

 

最初、ママにそう言われた時には、

「いつも、2~3品有った、日替わりメニュー」が、

“残り、1メニューになってしまったのかと思ったら…

 

「昨日の日替わりメニューは、1品」で…

そのメニューは、

先客が既にオーダーしていたのでした。。。

 

すると、私とママの会話を聞いていた先客の青年は、

 

 「あっ! 僕は、何でも良いんで…

  どうぞ!どうぞ!」

 

…と、私の為に“最後の1品”を

譲って下さいまして。 m(*TT*)m

 

久々にいただく事ができました!

食べログ タイ料理人気ランキング「全国3位」!

(※2019年4月18日現在)

ロムアロイの「トムヤムクン」

 

シンハービール   19.4.17   02

 

  「オニイチャン、ビール… 一番下のが冷えてる!」

  「いえいえ! 冷蔵庫の一番上の段のが、

   冷えていますよ!」

 

先ほどの青年は、ロムアロイの常連さんのようですね♪

 

冷蔵庫からシンハーを取り出す際に、

ママが間違った案内をすると…

 

すぐさま、冷蔵庫の状況を知り尽くした青年が

親切に教えて下さいましたw

 

トムヤムクン (アップ)   19.4.17   37

 

約3ヶ月半ぶりの「トムヤムクン」

 

  「オニイチャン、ごはんあんまり食べないでしょう?

ちょびっと? その代わり大きいエビ3つあげる!」

 

毎週のようにこの店に通い続けていた

9年前は…

 

新宿駅前の某百貨店の

地下食料品売り場で調達していましたがw

 

あの頃よりも、

更に、更にバージョンアップした大エビは…

 

頭の先から尻尾までは、

優に12~3cmは有りそうな有頭エビw

 

頭の部分は、スープに出汁をとる為に

既にスープの中で濃厚な旨味と香りを放ち…

 

大えびのリフト 19.4.17   44

 

長さ8cmほどの、大エビの身は、

フワフルッ…と、憂いのある食感!

 

ママは、相変わらず

エビの茹で加減が上手です♪

 

レモングラスとカーのリフト 19.4.17   59

 

そして、スープの底に

ザックザクと沈んでいるのは…

 

4〜5mm程の厚みにそぎ切りにしたカー(タイ生姜)や

長さ4〜5cmほどのレモングラス等の

タイ直輸入の生ハーブ達♪

 

そう! たっぷりと加えられた、ココナッツミルクのコク!

ミニトマトの爽やかな酸味と甘み!

 

そして、駆け巡るパクチーの薫風と共に

身体中を駆け巡るから…

 

ロムアロイに足を運んだ後は、

心も身体もデトックス♪

 

この大エビや、生ハーブの存在感。

他所のお店と違う事は…

 

皆さんも、画像を見れば一目瞭然でしょう?

 

http://30min.jp/place/2040812/blog/




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

        ↑
ブログランキングに参加しています。
ポチッと、応援お願い致します!

ジワジワッと、生ハーブが囁きかけるようなアプローチも、また新鮮♪ 東中野・生 ハーブに拘るタイ料理店 ロムアロイの「ココナッツ風味のトムヤンクン」

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image


  私「今日は、どうしたの? 
    予約の人、これから?」
  ママ「ううん。。。
     早い時間の人、さっき帰ったの。。。」

昨夜、他の店に行く前に、チラッと店の中を覗いたら、
久に見る淋しい光景だったので… 急遽、予定を変更!

  ママ「オニイチャン、食いしん坊だから、
                  今年はもう会えないかと思った。。。」

およよ。。。 
私だって、もっともっと、ロムアロイに来たいですよ!

でも、私が店を通る時は、「店仕舞い」か「満席状態」w
先週、先客とタッチの差で店に入れなかった所も、
ママはカウンターの中から見たでしょう?

  ママ「はい。。。 
                  そうそう! 今日か、明日。 
     Mさん来ます。。。」

ほほう。。。
以前、東中野で開業していたエステシャン!

久々に店に足を運ぶ彼が来ると、
話が長くなりそうだから
サッと2品ほどいただいて帰る事にしますか。。。

  ママ「今日は、焼き鳥とレッドカレー、
     トムヤンクンができます!」

そうだなあ。。。 生憎、明日も仕事だから、
軽~く、「ガイヤーン」と「トムヤンクン」にしましょう♪

  ママ「旦那、もう居ないから。 
     オニイチャンのブログ…
     読んでくれる人、居ないの。。。」 

あらら。。。 
せっかく秋からやる気が出てきたと思ったら、
話が変な方向にいってしまいましたね。

  ママ「でも、オニイチャンとハナチャンのブログ読んだ人、
                 よく来ます。 アリガトゴザイマス!」

それはそれは。。。 でも、これからは
大ブロガー・ツレズレハナコさんの方を
先に挙げた方が良いですよ!

image

そんなこんなで、久しぶりにいただいた「ガイヤーン」

たっぷりのハーブに充分漬け込んでから
揚げているから、外はちょっぴり香ばしく。
中は、プルッと、ジューシー♪

よく、“塩麹で漬けた、鶏”が
食感が良いと話題に上りますが…
アレよりも、“ハリのある、プルッと感”!

鶏肉の旨みの凝縮度合いが強く。
にんにくのコク!
そして、香ばしくなったバイマックルートの
シトラス風味が弾けます♪

炭火焼のガイヤーンを供する店も有りますが
この艶やかなハーブの香りの伝わり方、
旨みの凝縮加減は、他の店では味わえませんね。。。

image

ガイヤーンをいただいていたら、
噂のエステシャンが来店w

彼と同行したお友達が“ココナッツミルク好き”だから
今回は特にココナッツミルクが効いていたと思います!
「ココナッツ風味のトムヤンクン」


ママ「今日は、海老が小さいの。。。
         でも、タップリ入っていま~す!」

そうそう! いつもは、“シャチホコ”のように
大海老の尻尾が天に向かって、
そびえ立っていますけどねw

代わりに、大きめの剥き海老が
ゴロゴロッと、プリプリッと♪

そう、いつものトムヤンクンは、
タックライ(レモングラス)や
カー(タイ生姜)が躍動するタイプ。

シャキーンと、体が洗われるような・・・
シャープな酸味を立たせて、
爽快な感じなんだけど。。。

昨日の「ココナッツ風味のトムヤンクン」は、
ココナッツミルクのまろやかさが舌を優しく包み込み。

ジワジワッと…
タックライとカー、そしてバイマックルートの香りが
忍び寄ってくるタイプ♪

 エステシャン「アッ! レモン入れ過ぎた。。。」

そうそう! 別添えの小皿で供してくれた
生搾りのレモン汁は、
勿体無いと思って、全部入れちゃうと…
穏やかな“ハーブの囁き”が聞こえませんよ!

トマトの柔らかな酸味、海老の甘み、
ココナッツミルクに縁取られたハーブの高揚感に
優しく包み込まれて…これもまた、高等テクニック♪

トムヤンクンが、
“ただの酸っぱいスープ”だと思っている人達に
ロムアロイの2つのトムヤンクンを教えてあげたいな。

どちらも、体の隅々の細胞を
眠りから呼び覚ますようなチカラを備えているのですから。。。

http://30min.jp/place/2040812/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

生ハーブ達が妖しく囁きかけ、爽快な風を運び。どっしりとした肉の旨みが主張する♪「豚バラのラープ」 東中野・生ハーブに拘るタイ料理店ロムアロイ

image

     ママ「おお、ビックリッ~! お久しぶりです♪」

ビックリしたのは私の方ですよ。
いつもは満席続きのこの店に…

お客さんが2人しか居ない日が有るなんて。。。

        ママ「もう予約無いと、早く閉めるの。
                遅いと、東中野は酔っ払いしか来ない。。。」

時刻は、22時過ぎ。
夜遅くに飲んだくれてる私にとっては、
耳の痛い話ですw

   私「酔っ払いにならない程度に呑みたいから、
            何か面白いおつまみ作って! 
           お任せで良いから!」

私がやんわりと“プレッシャー”をかけると
いつものようにママは目をクリクリッとさせながら、
10秒ほど構想を練って。

作ってくれたのは、「ナントゥムー  サムチャン」


       ママ「豚バラのラープね!」

ラープは鶏肉や豚肉の挽肉で作るのが一般的ですが…

よく、豚バラでも作るんですか?

        ママ「う~ん、珍しいの。
               お喋り~な人は、
       口の中が脂一杯になるから、出さないの!」

この辺のお客さんに対する対応の違いは、
ナンなんでしょうね?

先ほどの“酔っ払い”の話といい、コレといい・・・

ママは長っ尻のお客さんに長時間居座られて、
相当ストレスを溜めたのかも知れませんね。。。

さて、この「ナントゥムー  サムチャン」

挽肉に豚の皮を混ぜたタイプは、
以前食べたけれど、

挽肉を一切使わないタイプは、今回が初めて。

スーパーで売っているタイプの
倍の厚さの三元豚のバラは…

サッと茹でて余分な脂は落としていていますが。

プルンッと甘い脂肪に縁取られ
どっしりとした肉の旨みが主張する、主張する!

ラープは、挽肉の繊細な食感の中に
ハーブの風味を封じ込めるものだと思っていましたが
こういうパンチのあるタイプも良いですね!


そして、ロムアロイが拘る生ハーブも
いつもより、更にパワーアップ!

バイマックルートが爽快な風を運び
パクチーが妖しく囁きかけ。
カー(タイ生姜)が、酸味とほの辛さで奥行きを出す。。。

さすが、ロムアロイ!
こういう、体の奥底を揺さぶられるような高揚感には、
他の店ではなかなか出会えません。。。

image

お隣さんが注文していたので
私も便乗させてもらいました!
「レッドカレー」

そう、グリーンカレーに比べて
知名度はまだまだのようだけど。

実は、引越し前のブログを立ち上げたのは
ロムアロイの「レッドカレー」に感動したから。

image

鶏や竹の子の旨みをタップリと引き出し、
ココナッツミルクの甘みとコクに包み込まれ、
バイマックルートの爽やかな香りと
柔らかな苦味が駆け巡る!

そういうカレーには、
ロムアロイ以外では、
未だに出逢った事がありません。。。

そう、私の“夜のパトロール”の習慣は
これに出逢ってしまったから…

食べ歩きの深みにハマってしまったんですw

そう、相変わらず、
高揚感に溢れたレッドカレー!


昨日、珍しくカウンターが空いていたのは
タイ料理の神様のお導きだったのでしょう。。。

ちょっと“原点”をチャージされた気分でした♪

http://30min.jp/place/204081

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!


「イカのレモン蒸し」の甘酸っぱさと、ハーブが醸し出す高揚感は、タイ料理ならではのもの♪ 後は・・・w 新宿・バーンキラオ パラダイス

プラームックマナオ(イカのレモン蒸し)  18.10.26   43

   「今日は、タイ料理気分!
  新宿のアソコなら…
  予約しなくても、入れるでしょう?」

台湾娘にそう言われるままに…
予約無しにお邪魔したら、店員さんは困った顔でw

 「カウンターで良ければ、どうぞ!」

ふう。。。危ない、危ない!
テーブルは、
全席予約で埋まっていて…

1997年創業のこの店は、相変わらずの大人気です♪

新宿のバーンキラオ パラダイスさん。

お通しと、黒ラベル生  18.10.26   29

お通しは、前回と同じ「揚げワンタン」

仕込みから随分と時間が経っているのか、
カラッカラの“スナック状態”でしたが…

この辺のおおらかな考え方は、
タイ料理店ならではのものw

そして、まず最初にいただいたのが、
「プラームックマナオ (イカのレモン蒸し)」(※トップ画像)

数年前に、イカの代わりに牛肉を使ったタイプで
この料理をいただいた事をすぐ思い出しましたが…

ナンプラーをベースに、
たっぷりのおろしニンニクと
レモングラスを効かせたソースは…

旨みと香りの強い牛肉より
イカの方が合うと思いましたね♪

プリコリッと、
心地よい食感に茹で上げられた
イカの清らかな甘旨さと…

カァ~ッと炸裂するナンプラーとニンニクの
高揚感のあるコクと旨み!

爽やかな唐辛子の辛さと
レモングラスのキラキラとした香り。。。

この甘酸っぱさと、ハーブの高揚感は、
タイ料理ならではのもの!

台湾娘のセレクションは、
なかなか堂に入ってきました♪

トートマンクン  18.10.26  72

  「コレ、前に食べて美味しかったから。。。」

はいはい! タイ料理の王道メニューの
「トートマンクン」ですね♪

よく、日本人向けのメニューに
“エビのさつま揚げ”と書かれている事が多いけれど…

“日本のさつま揚げ”との違いは、
パン粉を付けて揚げている事と…

“つなぎ”にキャッサバ芋から作られた
でんぷんを使用している事でしょうか?

だから、“えびしんじょう”よりも
フワッフワの食感の中に
濃厚なエビの旨みと甘み!

キャッサバ芋のまろやかな味わいと相まって、
飽きの来ない味わいに仕上がっています。。。

パクチー(別盛り)  18.10.26  94

  「そろそろ、『パクチー!』って言うと思って
   別に頼んでおいたよ!」

う~ん。。。 長年のお付き合いの成果か…
彼女に完全に見透かされていますねw

ヌアヤーン (タイ風牛焼肉)  18.10.26   50

  「ちょっと、イメージと違っていた。。。」

肉好きの彼女は、ひと口食べるや否や
そう呟いたのは「ヌアヤーン(タイ風牛焼肉)」

はい… 私もひと口食べて判ってしまったのは、
これが“焼きたて”では無く。

“生焼き”で仕込んで置いたのを、
サッと温めて提供している事!

殆ど下味を施していない牛肉は、
肉汁は時間の経過と共に、
流れ去ってしまったのかな?

肉の香りと旨みが消えかかった厚切り肉を
ナンプラーベースのタレに付けながら食べても…

全体に味が回らないから、
彼女ががっかりしてしまったのでしょう!

パッマラ(ゴーヤの炒め物)  18.10.26   57

気を取り直して、“安全策”をとる事にした私達は、
最後に「パッマラ(ゴーヤの炒め物)」をオーダー!

タイには、多くの華僑の方々がお住まいだから、
中華料理に影響を受けた料理が多い事は
かねてから存じ上げていましたが…

こちらはもう、殆ど中華料理w

たっぷりの豚肉から
旨みと香ばしさを引き出し。

ワタも多めに残しているのか…

“しっかりと、苦いゴーヤ”が
タイ産ハーブに負けない、
高揚する蒼苦さを放ち。

ナンプラーを使った、
濃い目の味付けの中から…

サックサクの玉ねぎが、
さっぱりとした旨みと、溌剌とした香り!


 「次、日高屋でも行かない?」
 「え~~? これから?」

自分が誘った手前、
ちょいとバツが悪いと思ったのか…

続きは、“お手軽、中華呑み”で
何とか挽回を図ろうとしていましたが・・・

いえいえ。。。 だいぶご無沙汰をしている
あのマスターの店で、
しっぽりと呑む事にしました。。。


そういう意味では…
バーンキラオ パラダイスさんは、
“しっかり呑み”の前哨戦で…

サックリとタイ料理気分に浸るには
ぴったりのお店かも知れませんね。。。

http://30min.jp/place/2557838/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!


記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ