大久保 てん家わん屋

目からウロコの「納豆串」♪ カマンベールと蜂蜜の小型爆弾も、濃密♪ 大久保・大阪串かつ てん家わん屋

image暑い! 呑みたい!
そして、ストレスを解消したい。。。
そんな時についつい足を運んでしまうのは、
JR大久保駅南口から徒歩30秒!
大阪串かつ てん家わん屋さん。

呑むお店は他にも有りますよ!
でも、ストレスはガソリンをたくさん補給しても
洗い流せない時がありますが。

ここの“小型爆弾”が弾ける時、
自然に体の中から消えてしまう。。。
これ、ホント!


 >串かつって、“二度漬け厳禁”のアレでしょう?

はい、確かに一般的にはそう。
でも、てん家わん屋さんは、
そのソースを漬けなくても美味しい、
“味付きの串”が充実していて、
それがまた、素材が香って、香って。。。

 >サクって弾ける、香りの小型爆弾

私は他所の串かつとの違いは、ここに有ると思います。。。


例えば、てん家わん屋さんのオリジナルの
「納豆」

見た目はピンポン玉位の大きさの
単なる串かつの1つと思うでしょう?
  
image 
 
しかし、醤油と鰹節が予めかかっている
串がサクッと弾ければ

ひきわり納豆の濃厚なコクが
香ばしい衣と、凝縮した納豆の香りが
グワッと口の中に拡がって、痛快♪

納豆好きは勿論の事、
今まで納豆が苦手だった人も
こんなに香ばしい納豆に出会えれば、
目からウロコが落ちる事、請け合いです!
image 
 こっちは、しなやかな和の香りが秀逸!
「ひな鶏」

ひな鶏の淡白な旨みと甘味。
これは腕の良い焼き鳥やさんでも味わえるけど。

ちょっと粗めの衣の香ばしさ!
“こだわり醤油”の塩かどを控えたコク!
山椒の鮮烈な香りの相乗効果!

プルッと身震いが起きそうな
艶っぽいひと品に仕上がっていて。

てん家わん屋さんに伺えば、
必ず注文する、逸品メニューです。。。

image 
 こんなに香しくとろけるデザート、
なかなか有りません!
「カマンベールチーズ」

アッ、私はデザートとして頼むけど。
ワインを呑む方だったら
ワインに合わせるかも知れませんねw

香ばしい衣を覆い尽くすように
濃厚な蜂蜜がたっぷりかかったひと品。

image 
 カリッと、トローンと、
グワッと♪

蜂蜜のとろける甘さと
衣の香ばしさを感じるや否や、
カマンベールのコクが押し寄せてきて。

いやはや、濃密な小型爆弾♪


納豆とひな鶏は100円
蜂蜜たっぷりのカマンベールチーズでさえ、150円。
小さな串の中には、
それぞれの世界観と心を癒す香り。

私の“串かつ中毒”は、まだまだ治りそうにありません!

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

    

    

 

納豆串の痛快パンチ! 季節野菜の艶めいた香り♪ 串かつはやっぱりココがイチバンです! 大久保・大阪串かつ てん家わん屋

427 083



























夜のパトロールが忙しくて、

ついついご無沙汰してしまいましたw

JR大久保駅南口から徒歩30秒!

大阪串かつ てん家わん屋さん。

 


ご無沙汰している間に、

“ちょんまげサーファー”が入った

可愛いジョッキが出来たんですね!

 


このサーファー、とっても人気で

これがプリントされたTシャツも販売しているみたいw


427 087















さて、てん家わん屋さんと言えば、必食です!

「納豆」

 


てん家わん屋さんの串かつは

ソースで食べる定番串の他に、“味付き”の串が人気。

納豆は、醤油と鰹節が予めかかっています。


27  089















サクッとした衣を噛めば

ひきわり納豆の濃厚なコク!

 


“緑の香辛料”(※自主規制)の蒼いパンチが

衣の香ばしさが相まって、痛快♪


27 109















夏の季節串も続々登場です!

「ズッキーニ」

 


クセも嫌味も無いけど

すこぶる油と相性が良いズッキーニ。

 


ホックリとなりかかる前の 

瑞々しい蒼さと甘さは、

今までの串かつには無かった、新しい風♪


27 072















初夏を代表する野菜ですね!

「空豆」

 


“食感を残したホッコリ加減”が

何とも小気味いい♪

 


独特の蒼い香りと甘みをは、

揚げの良さで艶めいて。

 


こちらは素材の香りを活かす

塩味という所も洒落ています!

 


27  167
















これは天ぷらとは違います!

「茗荷」

 


生のツーンとした所が影を潜め、

油を得てコクが増した茗荷。

 


サクッとキューンと、

色っぽく、凄みを増した香りが

オヤジのハートを射抜く事でしょう。。

オススメです!


27 080















ここでは“ヤング”は、死語では有りません!

ヤングコーン

 


今まで、“炒め物の脇役”だった子が

初めて主役に躍り出た気がしますw

 


水煮とは全く違う香り、甘み!

“獲りたてのコーン”の甘い香り♪

 


夏のトキメキを一足先に味わう事が出来ました!


27 119















こちらも茹でたものより美味しいですね!

「オクラ」

 


カリッとネバッと、

食感のコントラストが心地よい!

 


トロ~ンと輝きを増した蒼い香りが

夏に向かって、「ネバ~ ギブアップ」と

優しく包み込んでくれます♪


27 144















定番串の輝きも健在です!

「ひな鶏」

 


素材は淡白なはずなのに、

てん家わん屋さんの手にかかると

何故こうも輝くのでしょう。。。

 


それは、独自ルートで仕入れた

“こだわり醤油”の塩かどを控えたコク。

キリリと鮮烈な山椒の効果も有るけれど。

 


ひな鶏の淡白な旨みと甘味を大事にしながら

香り豊かな串かつに仕上げる

揚げの確かさに秘密があると思います。。。

 


 


100円の串に封じ込められた

夏の香りと優しい甘み。

 


サクッとはじける“香りの小型爆弾”は

どんよりとした梅雨雲を

痛快に弾き飛ばしてくれました。。。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


ブログランキングに参加しています
ポチッと応援、お願い致します!



「串カツ旨安店1位」が3号店を出店♪ 香りが弾ける“小型爆弾”と、はらわたにドカッと舞い降りる倖せ。。。大久保・大阪串かつ てん家わん屋

image


 >本日、御徒町に三店舗めの半妻(はんつま)がオープンします!!
       よろしくお願いします〜〜〜♡

雑誌「おとなの週末」で
「ちょい飲みの強い見方
串カツの旨安店 完全ランキング」

で、見事第一位に選ばれたのが
大久保のてん家わん屋さん。

その姉妹店が、3号店のオープンをtweetした
浅草橋のテンテコマイさん。


実は・・・三号店の話は、
てん家わん屋さんの大将から前に聞いていましたが。
店名は予想を大きく裏切られましたw


そう、てん家わん屋さん一門の良い所は、

  素材は、国産に拘り
  化学調味料は一切使わずに、調味料も厳選!
  ウォーターフライヤーを使った、
        “エッジの立った、サクサク衣”の串カツ
  “100円串”が殆どで、一本から注文可能!

・・・これじゃあ、「串カツの旨安店一位」も
当然と言えば、当然ですよ♪

 image

そして私が気に入っているのは“季節串”。
旬の香を愉しめるように、塩をふった状態で
提供してくれる所が嬉しいですね。。。

「オクラ」は、サクッとトロッと、
油を得て艶めいた蒼い香りと旨み。

「ヤングコーン」は、
水煮では永遠に出逢えない
甘い香りがフワッと拡がり。

image
 
「みょうが」は、
サクッと噛んだ後に、香しい雫が
じゅわんっと口中に拡がり。

「天豆」は、
ホックリとなる一歩手前の絶妙な食感の中に
やわらかな甘みと蒼い旨味を弾かせて。

image
 
「えび」は、
天ぷらより衣が薄くて食感も良いから
甘い香りがダイレクトに心に刺さって・・・

“100円のありがたみ”を
まじまじと感じさせれますね♪

image

サイドメニューだって
そんじょそこらの居酒屋さんに
負けませんよ!
「ポテトサラダ」

プチプチっと、
コーンの甘さと枝豆の蒼い香りが弾け。
シーチキンのコクがジワッ♪
ちょっぴり粗挽きの黒胡椒を効かせているから
芋の甘みをキリッと引き締めています。。。

image
 
漁師さんから直接仕入れる魚は
数量限定のお楽しみ!
「真鯛のカマ焼き」

新鮮だから、香りが違う!
旨みが迫る、迫る♪

マメに通っていれば
こういったサプライズに出逢えるから
嬉しいんです。。。

image
 
塩やソースも良いけど…
この味わいは、尾張のご出身の
店主ならではですね♪
「みそカツ」

八丁味噌の香りを充分に引き出した
オリジナルソースが
何とも心を酔わせる優しい響き。。。

てん家わん屋さんの素晴らしさは
さまざまな“味付の串”が有るから。
途中で飽きるって事が全く無いんです!

image

八丁味噌と言えば、シメはこれで決まりです!
「どて丼」

八丁味噌仕立ての牛すじのどて煮は
てん家わん屋さんの人気メニューの一つだけれど。

この人懐っこい甘辛具合は
ごはんに出逢うと、
さらに輝きを増しますね。。。

トロッと柔らかく煮込まれた牛スジ!
プリッと香しい蒟蒻!
九条ねぎの香しさ。。。

はらわたにドカッと舞い降りる倖せ
実感できる事、請け合いです♪

http://30min.jp/place/2324696/tweet/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

「串カツ旨安店1位」だから奏でられる、繊細なグラデーション♪ 大久保・大阪串 かつ てん家わん屋の「安納芋」

image

先月、訪店した時に取材が有るとは聞いていましたが・・・
今週発売の雑誌「おとなの週末」の

 >ちょい飲みの強い見方
       串カツの旨安店 完全ランキング

何と! てん家わん屋さんが第一位に選ばれてまして♪
早速、お祝いに行ってきましたよ!


      店主「俺の代わりに全部、奴が揚げたんですよ!」

ちょいとシャイな店主は、
姉妹店である浅草橋・テンテコマイの店長に
取材を任せていましてね。
愛弟子を全面的に信頼しているこの姿勢。
目立ちたがりばかりのウチの会社の取締役に
爪の垢でも煎じて飲ませたいと思いましたよ!

「おとなの週末」の記者さんは

 >提供する串に
         一本一本   創意工夫が感じられます

と評されていましたが。
そうそう! 私も激しく同意します!!

よく、「串かつ」と言うだけで
“二度漬け厳禁!“のあのソースの事ばかり話題になるから
串はみ~んな、
アレを漬けて食べるのとばかり思う人が多いけれど。

大阪串かつ てん家わん屋さんは
素材によっては“味付き”の串を提供!
これがまた肌理細やかな配慮が有るんですよ。。。
image

例えば、
季節串の「白子」

紅葉おろしとポン酢がかかっている上に
九条ねぎがトッピングという、懲りよう♪

ポン酢だってスーパーで売っているものとは違う
“こだわりポン酢”だから、香り立ちが違います!

サクッ! トロッ! フワッ♪
ウォーターフライヤーを使用した揚げの確かさと
食材の香り立ちの呼吸が見事に合って。

小さな串の中に、幸せへの扉が潜んでいます。。。
image

“名コンビ”だからと言っても手を抜きませんよ!
「チーズトマト」

イタリアンに限らず、多くの店が手がけるこのコンビ。
とろけ過ぎない頃合でサッと揚げて、
チーズの勇壮なる旨みを引き出し。
素材の風味を大事にする塩味だから、
ミニトマトも、艶っぽい♪

100円串とは思えない肌理細やかさを感じますね。。。
image

この時期“牡蠣フライ”は多くのお店でいただけますが
「生牡蠣」のデリケートさにはかなわないのでは?

そう、
“牡蠣フライ”は、よ~く揚げたものと
ドロッとするようなレア揚げと、いろいろ有りますが。

キュッと身が引き締まる頃合で揚がっているから
牡蠣の身の旨みや滋味の凝縮加減が
非常に心地良いですね。。。

こちらも塩をふっただけの
シンプルな味付け。

タルタルソースなどで誤魔化さない
確かな素材の力と技術がここに在ります!
image

「串に蜂蜜?」と驚かないで下さいね!
「安納芋」

勿論、「塩で!」とオーダーすれば
塩でも提供してくれますがw

糖度が40度近い、この密芋を
香り高い蜂蜜をサッとまとわせるのは・・・
“同色コーディネート”にテクが必要なように
この串にも様々な工夫がこめられていると思います。

トローンと主張する安納芋のクリーミーな甘さと、
本当に花の香りを連想させるような高級蜂蜜が、
カリッと揚がった薄衣に縁取られて
繊細なグラデーションを奏でていて。。。

“スイーツ”という言葉に
なにがしら女々しい印象しか持たない人が
この安納芋を食べたとしたら・・・
きっと見識を改めると思いますよ!
image

大阪串かつ てん家わん屋さんは、
ひと串ごとに揚げたてを提供してくれるから嬉しい!

串が揚がる合間に
「九条ねぎぽん」をいただきながら、
ワインを愉しむのも良し!


自分が旨いと思っている店が
食通の記者さんにも認められるって嬉しいですね♪

この調子だと、
浅草橋に続く3号店のオープンの日も近いのでは無いでしょうか?

http://30min.jp/place/2324696
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

コラーゲン質のコクに縁取られて、黒光りする旨さがドカッと舞い降りるんです♪ 大久保・大阪串かつ てん家わん屋の「どて丼」

image

水天宮で「海老フライ カレーせいろ」を食べていたら
串かつが無性に食べたくなってw

2ヶ月ぶりにうかがいましたよ!
大久保の大阪串かつ てん家わん屋さん!

店主「明日、雑誌の取材が有ってね。。。」

ワッ! 最近、私の馴染みのお店が
ドンドン雑誌に紹介されますね♪

店主「俺は雑誌に出るのが嫌だから、
若い奴にやらせるんだけど」

そう、大将は意外とシャイな方で、
浅草橋のテンテコマイの店長が
久々に里帰りして、取材対応するみたいですw
image

さてさて、季節串は冬バージョンになっていましたね!
まずは、「公魚(わかさぎ)」

北海道産の公魚だそうですが、
予め塩をふってあって、
サクッとフワッと♪

身は柔らかな旨みの中に
仄かな苦味があって。
キュ~ンと胸を締め付けるような
せつなさ。。。

>串かつは、どれもソースの味でしょ?

そんなふうに思っている人がまだ居るとしたら
是非試して欲しい。。。
¥100とは思えないデリケートな響きのある串です!
image

こちらも洋食屋さんとは違いますね!
「生牡蠣」

サクッとした薄衣の中は
トロッでも無く、ゴロッでもない、
キュッと身が引き締まった大粒の牡蠣♪

磯の香りを残しながらも
凝縮した旨みと滋味が
波しぶきのように弾け飛んで!

塩をふっただけのシンプルな味付けだこそ
確かな仕事ぶりが解りますね。。。
image

串かつのお供には、これが欠かせません!
「九条ねぎぽん」

九条ねぎは
ツーンとする嫌な香りが無いのに、
長ねぎよりも力強い風味が有りますね!

そう、瑞々しいぬめりが体を駆け抜けて、
シャキーンと心地良い刺激!

これに鶏皮揚げと
白と黒の胡麻をたっぷり加えているから
カリッとシャキッと、プチプチッと♪

果汁分の多いポン酢の香りも相まって
体が潤っていくのが解るひと品です!
image

昨日は20串ほどいただきましたがw
シメはコレに決めていました!
「どて丼」

愛知県ご出身の店主は
牛すじのどて煮を
昔からごはんにかけて食べていたそうですが。

どて煮のコッテリ感は、
お酒にはもちろんの事、
ごはんにも合いますね♪

八丁味噌仕立ての
人懐っこい甘さと
牛すじの上品な旨みが・・・

コラーゲン質のコクに縁取られて
黒光りする旨さが
ドカッと舞い降りるんです♪

幸せへの扉は
こんな小ぶりな丼の中にも有るんです!
image

「どて丼」に欠かせないのが、
「しじみ汁」

“しじみ嫌い”の方は、
沼臭いのが嫌だと言う人が多いですね。

てん家わん屋さんのしじみは
臭く無いのは勿論、濃厚な旨み!

あと、合わせ味噌の
香りとコクの引き出し方が上品で。

しじみの濃厚な旨みを上手に受け止めて
厚みの有る美味しさ。。。

山椒の鮮やかな香りが
何とも風情のある余韻を残します。。。

レギュラー串は殆どがひと串¥100なのも
頭が下がる思い。。。

私の串かつ中毒は、
2度目の冬に突入しています。。。
http://30min.jp/place/2324696

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ