東中野 パリ4区

「骨付き 仔羊背肉のロティ」 バターの香りがメランコリックな余韻で、仔羊の香りと溶け合います♪ 東中野・パリ4区5

6 006















 

 >最初は立ち飲みだったんだけど、

みんなが座りたがるから椅子を置いたと、

店主が言ってました。

 

先日、私が書いたブログに対して、

「東中野ファン倶楽部」さんがTweetで教えてくれました♪

 

 

そう、看板には大きく「立飲」と書かれていますが、

テーブルもカウンターにも、ちゃんと椅子が有ります!

東中野のパリ4区さん。

 

雑誌「おとなの週末」の“総武線 実力店”特集でも

紹介されていたので、ご記憶の方も多いでしょうね!

 

 

私がパリ4区さんを気に入った理由は、

“立飲価格”で呑める事もあるんですけど。

それを上回るのは、

お客さんに対する肌理の細やかな配慮。

 

今回もしみじみ思いましたが、

“お通しのパン”は、リエットを添えてあって。

 

嚙み締める度に

小麦の深い味わいが沸いてくるパンって

そうそうお通しで出逢えるものじゃないでしょう?

 

6














 

前菜にいただいたのは、

季節野菜のエチュベ

 

 

エチュベは、

人参・蕪・パプリカ・カリフラワー

ごぼう・ベビーキャロット・冥加。

 

これに、ミニトマトも添えて、目にも鮮やか♪

 

根菜はサクサクとした食感を活かし、

蕪はしんなり。

それぞれの野菜の個性を活かした蒸し加減が

非常に心地よく。

 

ハーブをまとったオリーブオイルが

穏やかなまどろみ。。。

 

“パリ4区”という店名に相応しい、

優雅なひと皿でした!

 

6 026














 

ラッキー♪ 前回、売り切れていた

スペシャルメニューにありつけました♪

骨付き仔羊背肉のロティ

 

口に含めば、ふわっと解れます♪

 

仔羊の穏やかな香り、

澄んだ旨み

瑞々しいレア感がなんとも素晴らしい!

 

フォンドボーを凝縮させた

スパイシーマスタードソースが

ほんのり甘酸っぱく、香しく。

 

6 033















添えられたマッシュポテトが

驚くほどリッチで艶やか。

 

バターの香りが

メランコリックな余韻で

仔羊の香りと溶け合って。

 

嗚呼。。。

このひと皿に出逢えた事に感謝します!

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

   ↑     

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援、お願い致します。



「海賊パスタ 白 」とは、言い得て妙♪ たっぷりの海鮮を使い、仄かなエスニック な風を、ふうわり。。。東中野・パリ4区

image

久々の、昼食難民ならぬ、
“晩飯難民”!

“晩飯”とは言っても、
私の場合は、たいてい23時過ぎだったりするので
東中野界隈では、
もともと選択肢は無かったりしますがw

実は、電車の中で“食べたいもの”をイメージして
落合方面に歩いてみたものの、
お目当てのレストランが早仕舞いしていまして。。

いったん胃袋が“レストランモード”になってしまうと
「じゃあ、居酒屋に!」とは
おいそれとは行く気がしませんね…

駅までの道をトボトボと歩いていたら。

 >立飲・バル

この看板が目に留まりました。

そう、1年半ぶり位でしょうか?
“短期集中コース”にてお邪魔したのは
パリ4区さん!

image

そうそう、ここは“お通し”のパンに
リエットが添えてあるんでしたっけ♪

もとは“立ち飲み”でスタートしたものの、
本格志向のお客様に
「椅子、置いて~!」
とせがまれて今の形態に落ち着いたみたいですね。

image

最初にいただいたのは、
「フライングバード」(鶏の唐揚げスパイス風味)

衣の部分はカリカリッと、クリスピー!
中は驚くほどジューシー♪

この辺のフレーズは、
揚げ物を語る時によく使われる表現だけど。
この「フライングバード」ほど
見事なコントラストを描いているケースは、
そうは無いのでは?

クミンを始めとするスパイスが
上品に香り。
心地良い塩味と、複雑なスパイス感!

そう、「フライングバード」3個で\350?
東中野界隈でも、屈指のコスパの高さです♪

image

多分、「他所とは違う!」と思いつつ注文!
充分に期待に応えてくれたひと品でした!
「グリーンサラダ」

0時前ともなると
″かぼちゃの馬車“ならぬ、
精彩を欠いた野菜が出てくる飲み屋さんが有ったりしますが。

ここは、パリ4区ですから、
レタスも水菜も、パリッパリ♪w

酸味をちょいと立たせたフレンチドレッシングが
リーフやキャロットラペを輝かせていますね。

image

フレンチなのに、パスタ?
東中野界隈で、
固い事を言ってはいけませんw
「海賊パスタ 白 」

″海賊“というネーミングの理由は、
寡黙な店主にわざわざ聞く必要は有りません!

プリップリの海老を筆頭に、
いか・あさり・帆立がたっぷり!

巷に沢山ある″スープパスタ“の類よりも
もっともっと、
海鮮のフォンが効いていますね。。。

そして、海賊のご一行は
どうやらプーケット辺りに寄ってきたのかな?

隠し味に、ココナッツミルク等を加えて、
仄かにエスニックな風を感じます。。。

1cm強の厚切りベーコンが
瑞々しいコクとスモーク感を奏でていますね。。。

うん!
″短期集中コース“なのに、この満足感!

居酒屋さんに駆け込まずに初志貫徹して、
あ~良かった♪

http://30min.jp/place/2287329/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

ゴロゴロッとボリューム満点!「ブイヤベース」 滑らかなスペクタクルの到来♪「柔らかいチョコレートケーキ」 東中野・パリ4区

ブイヤベース 047















元・西新宿の人気フレンチレストランが

装いも新たに“立飲価格”で頑張っています!

東中野のパリ4区さん。

 

“立飲価格”とは、

メイン料理の殆どが¥1000以下、

ワインも¥350円~と、

ちょっとビックリする価格ですね♪

 

週末ともなると満員御礼!

日付が変わる頃合いに

ようやく滑り込む事ができましたw


 

“超スペシャル!! 売り切れ御免!!”と

メニュー記載されています♪ ブイヤベース

 

言わずと知れた、世界三大スープのひとつですね!

 

エビ・帆立貝柱・あさり・タラと、

具材の種類は絞り込んでいますが、

ゴロゴロッとボリューム満点♪

 

ローリエが香るシンプルなハーブ使いで、

その分、

エビの甘みやあさりの出汁感が素直に伝わります!

 

ブイヤベースもお店によってマチマチで、

もうちょっとドロッとして魚臭いものを出す所が有りますが、

さすが“パリ4区”だけあって、洗練しています!


ブイヤベース用チーズ 040













 

中盤からは、チーズやアイオリを加えて

コクをプラス。

 

フランス方式でバケットをスープに加えて

“パン茶漬け”のようにしていただくと、

うん、香ばしさと出汁感が合って、美味しい♪

 

クリームブリュレ 053















デザートは、2種いただきましたw

まずは、クレームブリュレ

 

これは、おとなの味です!

 

パリッと焦げたキャラメリゼはほろ苦く。

中のクリームは、

甘さ控えめ! バニラのフレーバーも穏やか。

 

トロ~リとして舌触りの滑らかなクリームと

キャラメリゼのコントラスト、

よく計算されています。。。

 

柔らかいチョコレートケーキ 062
















もう一つのデザートは、

柔らかいチョコレートケーキ

 

表面はベイクドの香ばしさ、

中はトロ~ンと

生チョコのようなコクと濃厚感♪

 

フォンダンショコラより

さらに艶っぽくて、オススメ♪

 

 

“立飲価格”でこの内容!

滑らかなスペクタクルの到来に、

時が経つのを忘れてしまいそうでした。。。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

   ↑     

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援、お願い致します。

 



皮目はパリッと! その香ばしさと言ったら、嗚呼。。。溜め息もの♪ 東中野・パリ4区の「鮮魚のポワレ」5

プロセっコ 002



























お店の存在は、去年から知ってはいました。

 

 >立飲・バル

 

看板にデカデカと書かれている所が、

東中野駅前・某立ち飲みバルを彷彿させて

なかなか伺う気になれませんでしたが・・・w

 

 

現在発売中の雑誌、

「おとなの週末」の“総武線 実力店”特集で

旬の香さんの隣に掲載されていましたので、

早速、伺ってきました! パリ4区さん。

 

JR東中野駅から落合方面に2分ほど歩いた、

あのヴァンチョウさんの手前のビルの2階。

 

 

店内に入ってみると、カウンターとテーブル。

そして・・・看板と違って、

ちゃ~んと、椅子が全ての席に有りましてw


ガブ飲みワインリスト 004



























店内に入ってみると、カウンターとテーブル。

そして・・・看板と違って、

ちゃ~んと、椅子が全ての席に有りましてw

 

 

最初の一杯・・・

と思ってメニューを見ると、グラスワインが¥350~ !

椅子は有っても、お値段は、ちゃ~んと“立飲価格”でした♪

 

 

最初の一杯が¥350じゃあ申し訳有りませんので

「プロセッコ」で乾杯! 

 

450とは思えない、心地よい果実味で

飲み心地が良かったですよ♪


お通しのパン 013















ほどなく提供された、お通しのパン。

バターではなくて、リエットである所にビックリ!!

お通しを見ただけで、こちらのお店の

真摯な姿勢が垣間見れましたね♪


パテドカンパーニュ 006















最初にいただいた

パテ・ド・カンパーニュ

 

“田舎風”と度々紹介されるこの定番メニューも、

パリ4区さんの手にかかるとひと味違いますね!

 

ギュっと豚肉の旨みを凝縮しているあたりは

定番の輝きに満ちていますが、

口当たりはソフト!

 

豚肉の濃厚なコクと繊細な香りを併せ持ち、

するんと口解けが良く、

上質な脂の旨さが拡がり。

 

はい、“がぶ飲みワイン”をお店が揃えている所が救いですw

 

このひと皿で3杯はイケそうな、芳醇なコクと香り!


季節野菜のソテー  ニンニク風味 020
















次にいただいたのが

季節野菜のソテー  ニンニク風味

 

他所の立ち飲み屋さんなら、

ニンニク風味”をこれでもか~!と効かせるでしょうけどw

 

にんにくをじっくりソテーして、

旨みを上手に引き出し。

 

かき菜・新じゃが・蓮根・

オクラ・インゲン・スナップえんどう

 

蓮根が“シナッ&コリッ”の絶妙な食感!

その他の野菜もしなやかな食感と

それぞれの香りが活きたソテー具合。

 

“上品なにんにく遣い”が、

季節野菜に更なる輝きを与えています♪

 

これが¥500? お腹も心も、大満足です♪


鮮魚のポワレ 046















次にいただいたのは

「鮮魚のポワレ」

 

今回は、真鯛を

アメリケーヌソース仕立てで提供!

 

皮目はパリッと!

その香ばしさと言ったら、嗚呼。。。溜め息もの♪

 

身はしっとり、甘く香り。

アメリケーヌソースが

海老の甘みとコクを上品に伝え。

 

キャベツのソテー 049















更なるサプライズが、

添えられていたキャベツ!!

 

 

アメリケーヌソースに縁取られたキャベツは

旨みと甘みを更に増し。

バターの香りが優しく舞い降りてきて、

また、溜め息。。。

 

 

私、“立ち飲み”は、

料理やお酒に集中できないから苦手だったんですが。

 

こちらは、“立ち飲み価格”の実力店!

久々に、全メニューを制覇したいお店に出会いました♪

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

      ↑         

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援、お願い致します。



記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ