今週は リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~やデジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリーの発売日の発表、英雄伝説 閃の軌跡IIIや真・三國無双8の続報など
PS4
Nidhogg 2(9月配信予定)
9月配信予定。価格は1,620円。販売:日本一ソフトウェア、開発:Messhof
前作に比べコミカルな印象になった2Dアクションインディーズゲームが登場。
開発状況:90%
New みんなのゴルフ(8/31)
オフラインモードの紹介。オフラインでも4人プレイが可能。またオンライン要素の紹介もあり
英雄伝説 閃の軌跡III(9/28)
キャラクター
蒼のジークフリート(CV:不明)・・・年齢不明
ピッチリスーツにコート、銀髪マスクで二丁拳銃という青年?閃シリーズの登場人物、クロウに似ているが・・・
近藤社長コメントより:物語の中盤から登場する謎の人物の一人、本作における重要な要素に。トワやアンゼリカ、ジョルジュも関わることになるので先輩達の動きにも注目。彼に指示を出している謎の球体は音声通信を行い、球体そのものが宙に浮くなど一般的な工房やメーカーでは作る事が出来ない技術が使われている。背後にいる組織は限られてくるが…
ヴィータ・クロチルダ(CV:田村ゆかり)・・・26歳
前作の後姿を消したクロチルダは結社との連絡をも絶ち、一人で黒の工房やオズボーンの正体を探っている。
近藤社長コメントより:盟主への忠誠心は変わっていない物の、何らかの理由で結社とは距離を置いている。暗示の能力を使いこなし、帝国はもちろん結社メンバーですら行方を掴めていない。魔女の存在が帝国の出来事に深く関わるため、魔女としてのクロチルダの存在がクローズアップされることに。長やエマとの関係なども描かれる。使い魔は現在はいない。
ルトガー・クラウゼル(CV:大塚芳忠)・・・50歳
猟兵王との異名を持ち、かつては猟兵団≪西風の旅団≫を率いていた人物、かつフィーの育ての親。数年前、猟兵団≪赤い星座≫団長との一騎打ちで相打ちとなったはずだが・・・
近藤社長コメントより:何故姿を現すのか、西風の旅団員が語った言葉の意味は何なのか、その謎が語られる事に。またサラの事を知っている可能性も。ゼノやレオニダスとも行動を共にしているが、目的は不明。誰かに雇われていることは間違いない。
緋のローゼリア(CV:水橋かおり)・・・年齢不明
床に届くほどの金髪と時代がかった言葉遣いが特徴の少女。
近藤社長コメントより:リィンの前に各地で姿を現すが、リィン以外の仲間達は彼女の存在を認識出来ていない。普通の人間でない事は間違いないようだが…彼女はこれまで登場したどの勢力にも属さず、蒼やルトガーとの関係性も不明。いるはずがない人間がいる、という共通点がある。
システム
特別装甲列車≪デアフリンガー号≫
第II分校専用の特別列車で、分校の機能を有したまま各地に移動出来る。
演習地:デアフリンガー号と共に移動、オーブメントや機甲兵のメンテナンスはティータらIX組が担当。
近藤社長コメントより:分校全体で演習を行うため、分校機能を丸ごと移動させるためにデアフリンガー号が用いられる。ショップ機能は基本的な物なので、街も利用することに。演習はクラス毎だが、特務科はリィンが生徒を率いて行動することに。またPS4刻印モデルはシリーズの各勢力エンブレムを配したデザインに
真・三國無双8(発売時期未定)
新武将の「荀攸」(CV:浜田賢二)、「夏侯淵」「呂玲綺」「小喬」「大喬」「張飛」「諸葛亮」が公開。
またストーリーの流れも第十章までが公開されている
マルチプラットフォーム
[PS4] [Switch] [Vita] リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~(今冬発売予定)
今冬発売予定。価格はPS4/Switchパッケージ版:7,884円、DL版:7,884円、プレミアムボックス;11,124円。PS Vitaパッケージ版:6,804円、DL版:6,804円、プレミアムボックス:10,044円。販売:コーエーテクモゲームス、開発:ガストブランド
アダレット王国の首都メルヴェイユにある小さなアトリエに住む二人の駆け出し錬金術師、その二人が見つけた不思議な絵の中には不思議な世界が広がっていた。
キャラクター
リディー・マーレン(CV:長縄まりあ)・・・14歳
デザインはゆーげん。
のんびりした性格で天然系の双子の姉。杖を持っている。
スール・マーレン(CV:赤尾ひかる)
デザインはNOCO。
姉と一緒にアトリエを営む双子の妹。姉とは対照的に明るく活発なおてんば娘。武器は二丁拳銃?
システム
不思議な絵画
アトリエの地下にある不思議な絵画の中に入り込み、そこで材料を入手することが出来る
調合
基本はフィリスのパズル型、「活性化アイテム」なる要素が追加されている
戦闘
前衛と後衛が2人1組となって戦うコンビネーションバトルに。戦闘中に調合を行う「バトルミックス」システムを搭載
開発プロデューサーの菊地啓介氏と、総合プロデューサーの細井順三氏へのインタビュー
・菊地Pはフィリスでは現場を離れていたが、不思議シリーズ完結&20周年の節目を迎えるタイミングという事で開発Pに復帰
・細井Pは総合プロデューサーとして全体を統括
・現在のCGチームも5作目で、クオリティは上がってきている
・前作より良い物を出していくことが重要に
・3作目の二人のキャラクターデザイナーを同時にメインにする流れは既定路線
・主人公選択はなく、2人は基本的に常に一緒にいる
・世界観設定はガストのみで構築
・フィリスは世界が広がったが、普通のRPG感が強まった。本作では絵画の中に入ることで、別世界にすぐ向かえる状況を作った
・企画段階ではマリーのアトリエやBLUE REFLECTIONの世界に行けるという案もあったが、シリーズ完結が先決なので
 不思議シリーズの範囲の世界観を心がけている。反響が大きければ何かしらあるかも
・絵画の世界にも住民はいる
・良いところを残しつつスリムで分かりやすい調合システムを提供したい
・ソフィーのアトリエに近い部分はある
・バトルは前衛と後衛の組み合わせで様々な変化を起こす物に
・バトルミックスは必殺技よりはスキルの方がイメージが近い
・20周年を銘打ってはいるが、不思議シリーズの続編かつ完結編という部分を優先し、他シリーズとのコラボは考えていない
・初めてアトリエをプレイする人、前作を遊んでくれたファンに向けた楽しみの両側面を考え抜いたタイトルになる
・寒い内に発売する
初回封入特典として「マリー&エリーの衣装DLCが付属
開発状況:58%
[PS4] [Vita] ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(2018年春発売予定)
[PS4] [Vita] ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト(2018年春発売予定)
2018年春同時期発売予定。価格未定。販売:アトラス
プロデューサー:和田和久、ディレクター:三輪喜由、コンポーザー:小塚良太、キャラクターデザイナー:副島成記
画面写真は初公開ムービーの範囲。キャラや楽曲は今後続々と公開される。またストーリーモードに代わる新たなモードを搭載
[PS4] [Vita] 深夜廻(8/24)
発売直前特集。溝上侑ディレクターへのインタビューも。難易度調整に時間をかけた。ボリュームアップしたなど
その他
[PS4] [Vita] デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー(12/14)
12月14日発売予定。PS4通常版:7,344円、限定版:11,124円。PS Vita通常版:6,156円、限定版:9,936円。販売:バンダイナムコエンターテインメント
[PS4] [Vita] 千の刃濤、桃花染の皇姫(12/21)
12月21日発売予定。価格は通常版:6,458円。限定版:10,778円、DL版:5,980円