castle6

ウォール街で働く一流トレーダーが自宅で殺される。匿名の女性から通報があり、ベケットたちは現場に駆け付けた。そして、通報者の身元を突き止めようとするが、被害者の関係者は誰も彼女を知らなかった。


【 過去感想記事 】


↓↓↓ 以下 ネタバレ感想 ↓↓↓





【 事件概要 】
ウォール街のトレーダー・ピーターが殺害される。ピーターはコカインで逮捕された罪をもみ消すため、連邦検事局の捜査を手伝っていたことがわかった。連邦検事局で捜査を担当していたのはゲイツ警部の妹。2人には因縁があるようだ。

ピーターがガルシアという人物の口座に2500万ドル送金したとわかった。ガルシアというのはベネズエラ国籍のピーターの名前だった。ピーターは捜査対象になっている上司のバーマンから大金を脅し取り、ベネズエラに逃亡する予定だったようだ。ゲイツ警部の妹の同僚である連邦検事ゴールドマークが犯人だった。ゴールドマークは捜査のためにバーマンの部下であるピーターにコカイン所持の濡れ衣を着せて利用した。ピーターに偽の情報を掴まされたゴールドマークはピーターを殺害したのだった。

ゲイツ警部と妹は、以前麻薬組織の捜査でコカインを盗んだ潜入捜査員をゲイツ警部が逮捕したことから、疎遠になっていた。今回の事件もゲイツ警部が信念を曲げずにゴールドマークを逮捕したことから、2人は和解した。

【 感想 】
ゲイツ警部、杉下右京並みに堅いけど真面目で信用できる。いい上司だわ。正義を履き違えた連邦検事。実際、麻薬を仕込んで陥れて言いなりにさせるような捜査員がいるんだろうか。悪いヤツって捕まえるだけじゃなくて、その後裁判とかあるからね・・・・・・。

結婚式の話どうでもいいのになー。キャッスルおじさん結婚3回目じゃないですか。ベケットにはもっといい人いると思うよ?考え直そ?でもスティーブン・キングが友達みたいなので、豪華な結婚式見たい気もする(笑)。