日々えむじぃ

重症筋無力症―MG(えむじぃ) 厚生省が特定疾患に指定している難病の1つです。 私たちは重症筋無力症友の会、山口支部の役員です。 現役の患者だったり、元患者で今は寛解(症状がほとんどない)状態だったりと立場はいろいろです。 そんな私たちがえむじぃと過ごす日々を発信していきます。

花とワインとゴーバスターズ


本日はひとりお花見をする予定でした。

誰とも予定が合わず、また誘うのがちょっぴり苦手な私。
運転ができないため、迎えにきてもらうことに気が引けてしまってなかなか誘えないのです。

ひとりでもいい。お花見を決行しようと決めました。

近くの公園におやつと水筒にコーヒーでも入れて持って行って、なんて計画をたてていました。

けれど本日朝。

友人が誘ってくれ、一緒にお花見をすることになりました。

行先は周南市総合スポーツセンターにしました。

DSCF0753


行く途中に春を発見。


すみれです。




続きを読む

思い悩む。まるで恋する乙女のように

重症筋無力症になって早5年になろうとしています。

まだ慣れない部分もあるけれど少しずつ自分の体に慣れてきたような気がします。

MGと一緒に生きていくことになって、まずは体の変化に驚きました。

思うように動かないこと。
できていたことができなくなること。

最初は不安で、不安でたまりませんでした。

ネットや本で見た情報なんかでは想像できなかったことが自分の身に起こりました。

ごはんが食べられない。

歩けない。

息がしづらい。

発症してからしばらくは症状がなかなか安定せず、3か月に1度は入院していたので、よくなったかと思えばすぐに悪くなったり、なかなか体調が持ち上がらない状態を繰り返していました。

日常のささいなことがすべて症状に感じられてつらかった時期もありました。

今は少し体にもなれ、MGともうまく付き合えるようになりました。
薬が効いているのかもしれません。

これくらいならまだ大丈夫そう。


これ以上はたぶん無理だ。

少しずつ学んで、生活を変えて、意識も変わって、自分なりのペースで日常が過ごせるようになりました。


けれどいまだに思うこと。

これってMGのせいですか???
続きを読む

類人猿はコーヒーを飲むのか

いったん休憩をすれば回復する――MGにはそんな特徴があります。

本日用事があって私は外出しておりました。
少しうろうろして、疲れを感じた私は休憩をとるためにお茶を飲むことにしました。

MG歴5年。慣れたものです。
「まだいけるはもうダメだのサイン。無理はしないように」とは私の主治医からのありがたいお言葉です。
忠実に守っています。

ホットコーヒーを注文し、席に着く私。

カップが重い…

腕の重さ、だるさを感じました。
実際にカップは少し厚みがあり、重かったようです。
Sサイズを頼んだというのに。
続きを読む
プロフィール

mgyamaguchi

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ