日々えむじぃ

重症筋無力症―MG(えむじぃ) 厚生省が特定疾患に指定している難病の1つです。 私たちは重症筋無力症友の会、山口支部の役員です。 現役の患者だったり、元患者で今は寛解(症状がほとんどない)状態だったりと立場はいろいろです。 そんな私たちがえむじぃと過ごす日々を発信していきます。

2013年05月

ドライヤーはお好き?

そらです

半年前までそらの髪は肩より長く、胸に届くくらいまでありました

ちょきちょき切ってボブになり

短くなって

日曜日にまた切って


現在ショートヘアです



短いです



シャンプーがどんどん楽になります


心持ちか頭も軽くなったような

筋力の弱った首にぴったりかも(笑)



反面面倒になったのはドライヤー


いま流行しているようなショートヘア

毛先を遊ばせているものです


乾かし方にもコツがあるらしく


美容師さんが懇切丁寧に教えてくださったのですが



そらはドライヤーを持っておけない!!


でもでも


美容師さんが作ってくださった髪型が


周りに評判で


なんとかそれを復元したい


少し乾かしては腕を休め

乾かしては休め


なんとかかんとか髪型を作っています



毎晩頑張ってます


疲れて何事もすぐに面倒になってしまうそらが


いつまで髪型をキープできるか…



ちょっとだけ見物です(笑)

前進あるのみ!

梅雨に入ってしまいましたね!

洗濯物が増えた我が家

洗濯物の、のれん???が

部屋の中にぶら下がっています。

いざとなれば、乾燥機のお世話になるのですが

取り敢えず、部屋干しです

冬の部屋干しは、加湿になるのですが

この時期は・・・除湿しないと・・・

カビの原因になりかねないので

気を付けないといけませんね。



3さいの孫との生活は

明るく楽しい時間なのですが

ばあばにとっては、体力勝負です!


2階から聞こえる、「ばあば」の声から孫との1日が始まります。

夜は、良く寝てくれるので

ばあばは、睡眠不足にもならず助かっています。

ただ、1日に何度も「抱っこして!」が

腰に堪えます

子育ては、やはり体力が必要ですね。


この間の、おしゃべりの会で

ハルハルさんが

「えむじぃで、子供を抱っこしてあげられなかった」

と、話されていました。

ばあばの場合、加齢もあると思いますが

やはり、長時間は無理ですね。

椅子に座って、向かい合わせに膝の上

ぎゅっと抱きしめてあげます。



そろそろ、2階から「ばあば」と呼ぶ声がしそうな時間になりました。

前向きに、諦めずに頑張っていきます。

あわてて「ばあば」

おはようございます。

孫との同居から一週間が過ぎました

孫は、ちっちゃい身体で、親のいない生活を頑張っています

「ママ」と言った後、慌てて「ばあば」と良いながら

少し照れた顔をします。

本当は、照れているのではなく

ママって言いたいんだよね。



「にいにのために、頑張る」と言いながら

自分に言い聞かせているんでしょう。




にいには、初診で紹介された〇〇医療センターから

「ここでは、これ以上の治療ができないので大学病院に転院してください」

との、突然の転院を言い渡され転院をしました。



不安はありますが、「これから良くなる!」

と、信じたいです。





ばあばも、時間の都合をつけながら

ブログ頑張ります。









目が回る・・・

ばあばです。

また、お付き合いくださいね(^o^)




一週間前、孫が熱を出したと

娘から連絡がありました。

まあ、いつもの風邪かな・・・

と、気楽に考えていました。



ところが、3日過ぎても、熱は下がりません

あれ???

いつもと様子が…違ってる


緊急入院しました。

検査結果は、

思ってもいない病気でした。




それからが大変です。

娘は付き添うことになり

もう一人の孫を預かることに・・・



のんびりとした、夫婦だけの生活に

3歳の男の子との、同居生活です。


孫が帰省しても、これまではママがいました。

上の孫は、じいじ・ばあばとの同居生活は経験済みですが

これまでママっ子だった下の子は、ママから離れたことがありません。





しかし、子供って

空気が読めるんですね。



「ママ」って、言わないのです。


我慢しているのがわかるので

こちらの胸が痛くなります。





まだ、油断のできない病状の孫で、

いつ退院できるかもわかりません。




きっと、頑張ってくれると思います。



ばあばも、頑張ります



孫の笑顔が見られることを信じて・・・












還暦



   ハピネスは還暦を迎えました。

   で、今まで染めていた髪を、自然に戻しました。

   すると、どんな辛いことがあったの?と聞かれ

   いやいや、これが真のすがたです。

   まあ、早く自然なわたしの髪に見慣れてほしいと

   願うばかりです。

   今度からは、見た目より体力あるのね。と

   言われるように、散歩やストレッチをがんばります。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ