朝晩は大分涼しくなりましたが、昼間はまだまだ日傘が必要です。

ハルハルです。

今日は骨粗しょう症のお話です。
私は6年ほど前に骨粗しょう症の診断を受け薬を飲み始めました。
「アクトネル錠」を週一回の服用です。
以前、歯の治療をする時アクトネルを3か月止めるよう言われ
そうして治療をしていただきました。

今回も歯科治療のためアクトネルを一時やめたいとMGの主治医に申し出た所、
それでは注射にしましょうということになりました。
週一回の皮下注射です。
これだと骨粗しょう症の治療をしながら歯科治療も可能だということでした。
骨粗しょう症薬では「顎骨壊死」という、抜歯などの外科治療を行った際に
非常にまれではあるけれど副作用があるのです。
怖いですね。

さっきネットで調べたら「注射ではもっと注意が必要」なんていう記述もあり
いったいどうなんだろうと不安になります。
以前MG仲間が注射しながら歯科治療をしていると言っていました。
私の注射とは種類が違うようでしたが・・
その時聞いたのは月一回(6カ月に一回?)の注射だと。
とにかく週一回ではなかったです。

歯科で週一回の皮下注射に変えたとしっかり告げないといけません。

とにかく「薬の手帳」は歯科であろうと皮膚科であろうと眼科であろうと
受診の際は絶対に提示してくださいね。

ちなみに私の骨密度は、若い人の70%、同年代の90%です。
6年前と変わらずでした。