2017年11月

2017年11月28日

171128 大相撲の変質

先般、鳥取の飲食店で 横綱 日馬富士が貴の岩(前頭8)に暴力を振るって深い傷を負わせた事件があった。テレビが繰り返し報じているが、日本大相撲に苦労して参入した古参モンゴル人力士が、同郷の後輩達の生意気な態度に激怒し、日馬富士が張り倒したらしい。彼は男気のある素晴らしい横綱だが引退することになってしまった。モンゴル人力士も数十名を越える大人数になると世代の意識差や派閥争いでもめごとも起きる。                                
                             
しかし11/22の白鵬vs嘉風戦での白鵬の態度は許せない。自分の負け判定に物言い付けた態度は傲慢過ぎる。ビデオを見ると白鵬は明らかに先に立ち、遅れた嘉風は運よく双差しに成功した、ヤバイと思ったか白鵬は急に力を抜いて立ち合い不成立を訴えようとした。しかし嘉風は休むことなく一気に寄り切って白鵬を土俵下に投げ飛ばした。立ち上がった白鵬は手を挙げて試合不成立をアピールし始めた。相撲は先手必勝であり、立ち遅れた力士が不利になるのは常識中の常識だ。更に敗れた力士がクレイムすることなどあり得ず、横綱のルール無視は目に余る。野球でいえば失投して打たれ投手がクレイムするのと同じでありスポーツの基本に反する。                                                               
                        
また優勝インタービューで、白鵬が日馬富士,貴の岩の両力士の復帰を訴えたのも異状過ぎる。苦境の相撲協会を横目に観客に万歳三唱を促すなど、やりたい放題の振舞いは全く度し難い。日本の大相撲は自分が背負っているとの白鵬の自信過剰の表れであろう。千秋楽で簡単に投げ飛ばされた大関豪栄道など日本人力士が弱過ぎて、モンゴル人力士にやりたい放題を許していることもある。                                               
                                             
稀勢の里にも大きな責任がある。彼は白鵬と並んで邦人力士の最右翼で、恵まれた体力で昨年までは熱戦を連発していたが横綱になった途端、動きが鈍く神経質になった。今回の九州場所でも、初日に玉鷲に敗れ、貴景勝、北勝富士、逸ノ城、宝富士、いずれも格下力士に連敗し、終に休場してしまった。彼の土俵をみていると、緊張して体が硬直し動いていない。取り組む前から勝敗を心配して、試合度胸がないのだ。本番では誰でも緊張するが、体力十分の稀勢の里に足りないのは根性と気力だけで弱気に過ぎることだ。

韓国の女子ゴルフ選手は日本で勝ち残る以外に生きる術がなく、必死に戦って毎回優勝者が変わるほど厳しい環境にある。モンゴ人力士も敗れると後がなく死にもの狂いで頑張る。しかし稀勢の里は敗れても少々恰好が悪いだけでなんとか生き残り、余生の心配もないから勝負度胸が定まらず不安になるのだ。やる気の有無は人生の結果を決める最大の要因である。人生はあらゆる場面が勝負の連続であり、負けても平気なのは身分が保障されている公務員程度だろう。稀勢の里は、その弱気根性を叩き直すべきであり、それは親方の責任でもあるが、田子の浦親方は最高位が前頭8枚目で、横綱を指導する胆力がないのだろう。もし指導できなければ、別の有力親方に交代すべきである。                                     
                                              
強いて救われるのは、今場所は有望な若手の日本人力士が出てきたことである。貴景勝、御嶽海、阿武咲、北勝富士などなど新顔が続出しつつある。彼らは結果よりも力を出し切ることに集中し敗れても意気揚々と土俵を降りる。若手の誰かが横綱になって邦人力士の低迷を救い、面目を保ってもらいたいものだ。                                                                              



mh3944 at 10:51|PermalinkComments(0) 雑感 

2017年11月20日

171120 入院の感想 

高齢男性の増加で、前立腺肥大、前立腺ガン患者が増えている。血中PSAで容易に検査できるので、男性の前立腺ガンの早期発見に有用であり私も先日受診した。自宅から徒歩10分のT病院というベッド数50の泌尿器科病院に行った。T病院の建物は古くすぐ隣りにモダンな総合病院ができたので、Tが倒産しそうだとウワサもあったが、高齢者の激増で狭い待合室は混雑していた。       
                                              
私はまずNMR検査を受けた、患部に影があるのでBIOPSY(細胞診)でガン細胞の検査をしますと医師から告げられた。肛門から太い注射針を刺して患部周辺の細胞片を多数採取し、顕微鏡でガン細胞を調べるのだ。痛いんでしょう?と聞くと麻酔するから大丈夫!と先生は言う。一週間過ぎて久し振りに私は看護師と医師に囲まれた手術台に乗った。点滴麻酔しますよ!と言われると直ぐに気を失ったらしく、目覚めたのは約40〜50分後に病室のベッドだった。麻酔方法も格段に進歩しているとつくづく感心した。細胞片採取なら外来でも済むのでは?思っていたが、血尿も出たのでやはり1泊入院が正解だった。                                                   
                                         
2万円の個室もありますが、と言われたが、一泊の検査入院には勿体ないと思い4人部屋にした。しかし隣はアメリカ人の高齢男性が入院中で、かなり病状が悪いらしく四六時中唸っているのには驚いた。血圧を測ります!血圧ですよ!と看護師が大声で叫ぶが通じないらしい。外人に慣れていない看護師は英語で何というの!と相談し合っている。直訳ならBlood-Pressureだと思ったが、面倒に巻き込まれたくない私は黙っていた。唸り続ける患者と同室では眠れず、持参した安定剤を1錠飲むと直ぐに眠ってしまった。                                              
                                             
翌日は祝祭日でまだ外が暗い4時頃に目が覚めたが、隣は静かに眠っていた。朝食は8時頃だというが私は検査入院だから食事は抜きで退院して自宅に帰ろうと思ったが、無断退出すると騒ぎになり先生に睨まれるので、朝食を待つことにしたが、その4時間が結構長かった。やっと出てきた粗末な朝食を平らげて、今度は帰宅OKかと若い看護師に聞くと、宿直医の回診が済まないとダメですと言う。更に小1時間ほど待ってやっと寝起きの宿直医が回ってきた。遅くなりました退院OKですと言われて、私は紙袋をぶら下げて直ぐに退出した。急な検査入院だったが、平時には思いもしない惨めな2日間だった。                                        
                                             
10日ほど過ぎて、細胞診の結果を聞く為、再び外来に訪問した。順番を待つ間、上階の病室ではあのアメリカ男性はまだ唸っているだろうかと思うと哀れだった。彼が何の仕事をしているか知らないが、元気な時は颯爽と振る舞っていただろうに年をとり病気になると、狭い病室に押し込められて唸りながら過ごすことを思うと、老後の落差の大きさを痛感した。特に人気絶頂の現役時代を過ごした人は、老後の寂しさが身に沁みることだろう。例えば政界で猛威を振るった田中角栄も同様に孤独に苦しみ、歌謡界を風靡した美空ひばりや石原裕次郎も最後は苦しみ悶えたことだろう。私の検査結果は幸い軽微で今後は定期的にPSAの推移をみることになった。                                                                  
              
傘寿過ぎの高齢でも仕事を続けている私は、閑をもて余している近くの知人から、「仕事を続けていても誰も偉いとは思っていないよ!」と変な皮肉を言われたことがある。彼は一級建築士で大手建築会社に勤めていたが、CAD技術の進展に追いつけないと定年退職して既に20年経つが、逆に閑過ぎて苦しんでいるのだろう。収支さえ合えば個人企業の社長業は本当に爽快で、無為に暮らすより余程快適だ。しかし人生には健康が最も大切で、最後はPPKで逝きたいと痛感した検査入院であった。
                              


mh3944 at 09:32|PermalinkComments(0) 雑感 

2017年11月14日

171114 深刻な北朝鮮問題


北朝鮮の核ミサイル開発が実用化段階に達し、日米韓を始め世界中の国々が憂慮している。極東の小国の出来事と軽視していたヨーロッパ諸国もアメリカに届く核ミサイルはヨーロッパにも確実に届くと危惧している。 
                                                     
本件は25年前の北朝鮮の原爆開発計画が露呈して、米国と北朝鮮が何度も協議を繰り返して核開発放棄に合意したが、その都度北は契約違反して今日に至り、終には長距離核ミサイルの開発にまで至った。     
                                                      
トランプ大統領は、前オバマ大統領、前々クリントン大統領の無責任がここまで事態を深刻化させたと歴代米国大統領の無策を非難し、今食い止めなければ、北は米国を直接ミサイル攻撃する能力を持ち、更には外貨獲得の為 核兵器をイスラム諸国に輸出して世界中に核拡散させるので絶対に食い止めると本気になっている。                   
                                                       
米国は北の核ミサイルを完全破壊はできるが、同時に北の反撃に遭って毒ガス兵器などを韓国,日本に打ち込み100万人単位の犠牲者が生じる危険があるかもしれないとも言われている。                 
                                             
北の核問題が深刻化した理由は色々あるが、朝鮮半島統一の夢を棄てない北朝鮮は、膨大な犠牲者を生じる毒ガスやウイルス砲弾の長距離ロケット砲を38度線に接する国境山中に10,000門設置してソウルに照準を合わせており、米国が簡単には手出しできない態勢にして核開発に力をいれてきた。韓国の左派勢力は仮に北が核兵器を開発しても南北統一の暁には韓国も核保有国となり、平和憲法で身動きできない日本に対して優位に立てるとの思いもあり本気で北の核開発を止める気がなかった。                                           
                                   
現在の文在寅大統領もその一派で、北のロケット砲攻撃が目前に迫っているにも拘らず米国のTHAADS配置を遅延させ、北に10億円の人道援助を提案し、日本から竹島を守る特別防衛隊組織、更にはトランプ大統領の訪問歓迎パーティーに老いた李慰安婦を出席させて大統領とハグさせるパーフォマンスなどを繰り出した。大統領に老女の紹介はなかったそうだが、もしトランプ大統領が商売女とハグさせられたと知ったら問題になっただろう。  

米国の有力誌Washington-Postは11/9付けで、韓国の文在寅大統領は殆ど信用できない相手だと社説に載せた。文大統領の秘書室長 任鍾燭篭擽眛の左派活動家で、北朝鮮への内通者だとも言われており、仮に米国が北攻略作戦を韓国政府に通知すると、確実に北朝鮮に漏れてしまうといわれる怪しい人物だ。

日本は元々、韓国と北朝鮮の争いには無関係な筈だが、日本に米軍基地があることを理由に北は核ミサイルで日本列島を太平洋に沈めると脅迫する。北が核兵器を完成した段階では、外交のあらゆる局面で北は日本を脅迫し始めるだろう。例えば日本に10兆円の戦時補償を払えと要求し、核ミサイルで若狭湾の原発群を破壊して関西経済圏を破壊すると脅すかも知れない。
                                                        
        
わが国内にも責任があり、特に野党連中は、今回の衆院選挙中に北の核武装問題には素知らぬ顔で、安保法案反対、憲法改正反対を叫び続けている。核が極めて危険なことは子供でも知っているが、無関心を装う民進党,共産党は、ケチな森友加計問題の解明を叫び続け、北の核問題は話合いで解決せよと言う呆れた感覚だ。もし本気で北朝鮮と話合い解決ができると信じているなら余程の大バカ者であり、北の核脅迫への対策より安倍内閣打倒が重要だと叫ぶ者は政治家失格であり、それは核より拉致被害者帰国を求める留守家族と同レベルの幼稚さだ。   
            
今回の衆議院選挙で自民党が大勝した理由も、北の核兵器を国民が恐れているからであり、北核が未完成なこの1〜2年内に、日本は米国等と協力して、北朝鮮の核ミサイルを如何に抑え込む具体策を急ぐべきである。




mh3944 at 09:59|PermalinkComments(0) 政治 

2017年11月06日

171106 無策の郊外都市 

私は都心から40分ほど離れた人口13万人の郊外に住んでいる。都心から適当に離れて何ら問題はないが最近人口が減少し始めて市は慌てている。この住みやすい街で何故人口が減るのだろうと不思議に思っていたが最近その理由がわかり始めた。                
                                
400億円近い一般予算の中心政策は高齢者向けの医療介護や、福祉健康、市民交流センターなど福利厚生一辺倒、殆どの市民は通勤都民となり、市内に住む中堅住民や若者への配慮が全く欠けているのだ。地元に留まり何か夢を実現しようとする元気な若者達には居場所が無い。居場所が無いばかりでなく、市民交流センターでは仕事の話は禁止で、囲碁、将棋、マージャン、読書会、社交ダンス、などなど閑を持て余す爺さん婆さん達の遊びの仕掛けばかりで、若者達には近寄ることも出来ない。                                                       
                                            
駅前には市と県共有の11階建のモダンなビルがあり、結構な人数の勤務者が何だか訳の分からない仕事をしている。5年前にこのビルの最上階で営業していたレストランが不採算で撤退した。景観は最高だが50崢度の狭い客室では採算が合わなかったという。市は新しい用途を探し求めて公募したが市民からの反応は皆無で、唯一私だけが若者や有志達のITビジネスセンター案を提出したが、最低と評価されて却下されてしまった。そして色々なアイデアが試行され始めたが、効果的な案は無く、家賃300万円を市が負担し続けて4年間放置されてきた。         
                                                    
景観最高、交通至便、冷房暖房完備に目をつけたのは 中高受験生の親達で、早速受験生達が押しかけ始めた。特に夏休み、冬休みは家庭を追い出された学生達で狭い室内は満室になるが、学校は始まると同時に学生の姿は消えてガラガラになり、代わって閑な高齢者達の団欒サロンに代わる。         
                                    
市内唯一の駅前高層ビルがこの様では格好がつかないと、市役所は毎週2回(月8回)の結婚相談所を開設したが、典型的な武士の商法で来訪者は殆ど無く、係員2名が終日手持無沙汰で待機し、清掃員まで陰で笑っている始末だ。真偽は不明だが結婚成立件数は月1件にも満たず、民間企業なら確実に倒産閉鎖だが、公的資金だから赤字無視で営業し続けている。                             
                                
そして4年が経過し、市議会でも疑問視する声が上がり、市も重い腰を上げて、再び効果的な活用法を探り始めた。近隣の市町村は市民の活性化に力を入れて、起業促進室とか、コンテンツ産業推進策などを市役所が仕掛けを提供して市内有志の起業創業推進に努めているが、我が市のお役人達は何の関心を示さない。

これでは我が愛する街は本当に衰弱死すると不安になった私は再び市長にShare-Office案を提出した。人口が減少するのは結婚相手が居ないからではなく、仕事が無いからであり、有志若者や経験豊富な退職者達が集まって協議し起業を考える格安料金の半個室を設けて、自由に使わせたいと提案した。3年前に私が提案したITビジネスセンター案とも似たようなものだ。                    
                                             
そして識者と呼ばれる先生方が参画した検討会議で私は説明したが、再び却下されてしまった。理由は家賃300万円の市負担が続くのは市の財政改善に役立たないという。金欠の若者達が自由に集まって協議し起業する場に高い料金で請求できる訳がなく、市の空室を利用して起業の場を若者達に格安の月2~3万円で貸し出し有志の夢をトライさせる市活性化計画で、本来は市主導で行うべきサービスだと説明したが、 若者達の活性化よりも家賃回収がより重要だと市は判断したらしい。更にこの貴重な場所を10余名の起業家に利用させるのは公平性の点から問題があるとか、それよりも市民が誰でも自由に無目的に使える空室として残すべきだとの理屈で、Free-Spaceとか意味ありげな看板を下げて再び目的の無い空き室となるらしい。                    
                               
これが郊外都市の市長や役人達の思考レベルなのだ。確かにベンチャー基地を設けても何か新事業が生まれるとは保証できない。それより誰もが自由に出入りできる自由サロンとする方が非難されないかも知れない。具体的に何かやるよりも、何もやらない方が危険が少ないのは確かだろう。こうして市内唯一の貴重な場所は再び無目的な空き室として、子供の受験勉強や、高齢者の閑潰しサロンとして放置される見通しになった。そして市の人口は流失を続けるのだ。何年か経過して再びその無駄さ加減が糾弾される日まで貴重な部屋は眠ってしまうだろう。 




mh3944 at 15:18|PermalinkComments(0) 政治