2018年08月

2018年08月27日

180827 ボランティアの勘 

周防大島(山口)に里帰りしていた2才の男児(藤本理稀ちゃん)が行方不明になり、柳井警察が大動員かけて3日間捜索したが見つからなかった。そこに大分県日出町から駆けつけた78才のガンコ親父が一人で山に分け入り直ぐに幼児を見つけた、とのニュースには驚いた。有名な作詞家 星野哲郎さんもここ出身で、実は私もすぐ近くの山村生まれで、ひとごととは思えなかったから。                              
                                                                                     
私の若い時代、柳井は憧れの繁華街で、映画館も松竹、東映、東宝、セントラル.....など10余館が軒を連ね、お正月は柳井で映画を見るのが最高の楽しみだった。私の大学時代(昭33)には、県立柳井高校が夏の高校野球で全国優勝して町中をパレードし、岩国、徳山、防府と並んで、柳井は山陽道を代表する人気の町だったが、半世紀の間に人口は激減して今や3万人に落ち込み、お隣りの大島は、顔見知りばかりの老人200〜300人が住む寒漁村で、人口減が止まらない超過疎地だった。                    
                                                                
                                                             
事件発生の直後、柳井警察は管内から250人を動員して、3日間かけて幼児を捜索したが手掛かりが無く絶望視され始めた矢先、ボランティア尾畑さんがクルマで駆け付けて母親に、必ず見つけてお母さんに直接渡しますからと言い残して、ひとり山中に入り30分で幼児を発見したのには仰天した。面目丸つぶれの捜索隊長は、法律上、警察からご両親に手渡すことになっていると幼児を渡すよう迫ったが、ダメです私が渡しますと尾畑さんは拒否、捜索隊員3〜4人はしずしずと後に従って山から下りた。 幼児が山奥に入る筈がないと信じた尾畑さんは近くのヤブから探し始め、ヨシキちゃん!ヨシキちゃん! と叫びながら進むと直ぐに、ボクココ!と応答があったという。                    
                                                                  
                                            
話は少々異なるが、私にも少し似た経験がある。私が合弁会社日本DPC社長を退職して、精密機械の修理代行業を起業した時、仰天した友人達から止めたほうが良い!と忠告された。精密機械は種類も多く、人材も持たない私が、あらゆる精密機器を修理します、は気違い沙汰だという。私はDPC社長時代に自社機器のメンテ業務の非効率さに業を煮やして、効率的に修理を代行する会社を企画したが、よくある話で後任O社長は私への業務外注を拒否した。万事休した私は 他社機械に目標を変えざるを得なかった。常識的な企画マンならこの段階で計画を中断するだろうが、私は多くの機械メーカーは機械修理の非効率さに困っている筈という思いがあった。                            
                                            
国内機械メーカーからは全く相手にされなかったが、メンテに困窮している外国機械メーカーは関心をもち、まず米国Shumacherから半導体機器の修理打診があった。     
                                             
メンテ機械が決まった私は直ぐに技術者の手配を始めた。特に優秀な技術者が多数住む横浜市に注目し、同市シルバ―人材センターを訪問して、半導体関連人材の派遣の協力を懇願した。さすが横浜市は度量があり要請に応じて、安住氏(仮名)という経験豊富な60才過ぎの技術者を紹介され、修理代行業が動き始めた。まだ実績も無く、最初は半導体製造工場の排煙装置の清掃業務だったが、意欲満々のA氏の懸命な頑張りでメンテ代行業務が軌道に乗り始め、S社も驚嘆する完璧な仕事振りで業務が拡大し始めた。           
                                                                
半導体機械修理が動き始めたことは、私に大きな自信となり、続いて世界最大の印刷機械メーカーH社(独)、スーパーコンピュータの熱交換機(米)、DNA自動分析機器(米)などから自社機械のメンテ代行の打診が段々と入り、横浜シルバーからの人材で対応した。メンテ業務はメーカーも困惑する不定期3K業務に焦点を当てた狙いは当たり仕事は多忙になり、20年が経過した。そして傘寿を迎えた私は意欲も萎え始めたが、メーカーからの修理依頼は絶えず、今は対象を絞って業務を行っている次第。  
                                         
私とほぼ同年の尾畑春さんの果敢な行動力と鋭い直感力には頭が下がるばかりである。大恥かいた柳井警察は表彰状を出して取り繕ったが、紙切れを喜ぶのはお役人であり、市井の尾畑さんには、謝礼金のほうが余程有り難かっただろう。    
                                         
                                                                






mh3944 at 08:30|PermalinkComments(0) 雑感 

2018年08月20日

180820 東大法学部

ど田舎から大学受験した私には、東大法学部などは夢のまた夢で、超秀才が学ぶ場だと思っていたが、そこで行われている講座は案外古臭くて問題が多いと、東大教授北岡伸一氏が面白い意見を新聞に載せていた。                                                         
                                      
羨望の東大法学部→ 高級官僚コースは、安月給で超激務の職場であり、昔ほどの羨ましい夢のコースではなくなっているという。講義内容も激動する国際社会で法律のあり方を考えるものとは言えず、憲法講座もその解釈だけであり、昏迷の時代に如何に対応するか等は殆んど議論されないらしい。東大法学部には外国人教授は不在で、外国語授業も殆ど無く、これも東大の世界ランキングが下がり続けている理由のひとつだという。確かにこれは重大な欠陥であり、日本人エリートの多くが内弁慶で社交下手、国際会議でも自由活発に発言せず、事前に準備した書面を読むだけで、世界の共感を呼ばないので仲間作りができず残念な現実である。 
                                      
                                      
北岡氏は、現在81人いる法学部教授,助教の数を減らして、客員教授や非常勤講師を増やせ!と提案する。高給の大学教授は1名の給料で客員教授10名が雇えるので、象牙の塔に育った世間知らずの学者より、実務経験豊かな学識者の方が興味深い講義を期待できるという。私も全く同感で、九州大工学部時代に同じ経験があり、鉄鋼製造の高炉材料に関する地味な講義を、大手メーカーの技術部長が客員講師として講義し、実体験に基づく話を聞き、面白く学んだ記憶がある。名門の神戸大学経済学部時代でも同様で、やる気のない高齢の教授が古いノートを取り出して、学生の顔を一瞥もせず、ボソボソとノートを音読するだけの単調な講義は、無味乾燥でただ書き取るだけに終わり、結果は単位稼ぎだけで、先輩から借りた古いノートと内容が全く同じだったのには呆れたことがある。                           
                                                                  
九大工学部時代の同期の友人N君は、静かで温厚な人柄だったが覇気が無く、ノートだけはピカ一だった。彼は大学院に進んで工学部の講師になり、助教授に昇格したが、彼の人生目標は、名誉ある安定職業としての大学教授になることだけで、何かを研究して社会に貢献しようとする意気込みや雰囲気は全く感じられなかった、何とか定年前に博士号を得てやっと教授になって定年退職した。同じくゴム専門のT教授も、人柄は円満だったが、閑さえあれば広いグランドでゴルフの練習に励む凡人学者だった。     
                                                                
私の経験は半世紀以上も昔の話で、一旦教授になれば、高給で終身安泰に暮らせただろうが、時代は変わって近年は、特に理系学科の環境は激変しているという。教授は別格かも知れないが、研究者は有期契約で、5年間で目立った業績がないと簡単にクビになってしまうと聞くが、一般社会からみれば当然のことである。法学部、経済学部、文学部などの文系学部は、業績の判定が困難で、依然として旧態依然たる古臭い権威主義が生き続けているのだろうか。                                    
                                                              
昔の法務大臣は総理大臣に次ぐ最も権威ある役職で、いつも総理の隣りにデンと偉そうに構えていたが、近年の法務大臣は影も薄くなり殆ど話題にならない時代になった。久し振りにオウム事件で死刑判決をうけた13名の刑を執行した上川陽子法務大臣の決断が脚光を浴びたが、象牙の塔の頂点に位置する東大法学部は、まだまだ深い井戸のなかの蛙で、 国際社会の厳しい風は届いていないのだろうか。





mh3944 at 12:25|PermalinkComments(0) 雑感 

2018年08月08日

180810 バブル寸前の中国

前回も触れたが 中國経済はバブル寸前の危険な状況にある。中国の多くの中国企業は過剰な債務を抱えており、対米貿易戦争で企業業績が悪化すれば、更に不良債権が積み重なって金融不安が一気に拡大する様相にある。その具体的な内容を整理してみた。
                                      
もともと中国政府の強引な経済促進策で多くの企業は過剰債務を抱えており、2015年のGDPに対する債務残高の比率は160%と異常に高く、日本が1994年のバブル破壊時の150%を既に越えており、危険極まりない水準にある。他国の直近の残高比率は日本が103.4%, 米国73.6%, ドイツ54.6% フランスは133.8%で中國の異常な状態が分かる。        
                                        
更に加えてトランプ大統領が進める中國の知的財産権侵害の阻止がある。中国政府は中国に進出する日欧米の先進企業に対して技術公開を強要する技術強奪を強行しているが、これに阻止しようとトランプ大統領は、中國に対して500億ドル相当の中国製品に25%の制裁関税を発表した。中国政府は直ちに反応して同額の米国製品に25%の対抗関税を発表した。これに怒った米国は更に追加して巨額な2000億ドルに10%の追加制裁関税を予定していたが、その税率を一挙に25%に大幅に引き上げて、中國政府の息の根を止めようとするものだ。                                  
                                       
米国に輸入する中国製品の2500億ドル(500+2000)という巨額な関税は、中國からの全輸入関税1500億ドルをも大きく上回り全中国製品が25%対象となり、中國経済は致命的な打撃を蒙る規模である。中国の無法な技術奪取に対しては米国だけでなく全世界の国々が怒っているが、技術立国を目指す中国の基本戦略が、地球規模の貿易戦争となっている訳だ。例えば日本の新幹線技術は同じ手法で中国に技術輸出され、特許出願まで抑えられている。                                    
                                          
国内に過剰債務を抱える中国は、今回の米中貿易戦争で、対米輸出が落ち込むと倒産企業が続出すると予想され、潜在するバブル問題が一挙に表面化して破裂すると、世界的な不況に突入することも予想される。それは中国政府だけでなく、米国、欧州、日本にも深刻な影響を与える危険を含んでいる。                        






mh3944 at 08:10|PermalinkComments(0) 政治 

2018年08月01日

180801 中ロ独裁体制の不安 

安倍首相の3選もやっと固まり始めたが、盤石の独裁体制を誇る中国とロシアは、必ずしも安泰ではないらしく、社会問題が噴出して独裁体制を大きく揺るがしでいるとS新聞が報じていた。 
                                              
プーチン大統領は、ワールドサッカーを契機に多数の外国主賓を招待して国民に権威を見せつけようとした試みは失敗に終わり、多くの外国首脳が欠席した、更に大会最中に年金支給年齢の引上げを計画し、男性は60才→65才、女性は55才→63才へ段階的移行を公表した途端、国民の大反発が巻き起こり、インターネットで反対の請願サイトが300万人に達し、プーチン支持率が急速に下降し始めた。 次期大統領選挙でプーチンに投票すると答えた人は50%を切ったという。今年3月の大統領選挙でプーチン大統領は大々的なバラマキ予算を公約したが、ロシア人の平均寿命が年々延びて、財政的に耐えられなくなったのが実情だという。                   
                                      
中國にも複雑な事情がある。6,000万人という膨大な退役軍人が安過ぎる年金の増額と再就職の斡旋を求めて騒ぎ続けているが、その鎮圧に習近平は武装警官を動員して対応した為、反って騒ぎが大きくなった。また3月に勃発した米中貿易戦争は中国経済に深刻な打撃を与えて、沿岸地区の多くの工場が閉鎖に追い込まれ、株価も暴落して国民に不安を与えているという。                                   
                                                                                     
この社会不安に対応する為、習近平は従来の外洋拡張路線を修正して、日本とは親善友好路線に復帰して貿易を拡大し始めた。平和的に納めたい対米貿易問題についても、江沢民,胡錦涛,朱鎔基など党長老から意見書が出されて、個人崇拝主義や左派的急進政策を早急に改めるように提案されたという。                                           
                                               
40年前に華国鋒主席は突然失脚した。毛沢東の後継者として中国最高の地位に就いた華国鋒は、自らに対する個人崇拝を進め、独断的な経済政策を強行した為、当時の党内実力者の小平氏ら長老グループと対立し始め、78年末の中央総会で華国鋒の政策が否定されると急速に影響力を失い、側近が次々と失脚して終に2年後には自らも辞任に追い込まれた。 そのことを意識してか、李克強首相も習路線から距離を置き始め、習主席が反対しているノーベル平和賞受賞者 故劉暁波の夫人劉霞氏の出国問題も、李克強首相が独メルケル首相と面談した直後に実現させて、彼女をドイツに出国させた。                
      
                                  
習主席と同じ名門精華大学の許章潤教授は7月下旬にインターネットに論文を公開して、国家主席の任期制を撤廃して中国を恐怖の毛沢東時代に引き戻す習主席の滑稽な個人崇拝政策は直ちに中止して任期制に戻すよう求める、という意見をネットに公開して多くの人々が閲覧したという。大胆な意見を発表した許章潤教授の身の安全も心配されているが、北京大学でも習主席の個人崇拝は人民に災禍をもたらすと非難した壁新聞が張り出されて、注目を浴びているという。

中國河北省の避暑地 北戴河では、例年7月下旬から8月中旬にかけて党長老が参加する座談会、意見交換会が断続的に開催されるが, 今年も多数の長老達がこの避暑地に滞在しており、中央組織部長の陳希は62人の各界専門家達と座談会を開き、胡春華政治局員も参加して長老たちの意見を聞いているという。今はその真っ最中で習支持派と反習派が激しく論争している最中だろう。      





mh3944 at 12:38|PermalinkComments(0) 政治