2024年02月

2024年02月24日

国会のカラ騒ぎ

能登地震が発生して2ケ月になり、電気は通じ始めたが、水道回復は更に月日を要し、漁業再開や漆塗工芸品対策はまだ放心状態で手づかずだ。被害者は農業ハウスから解放されて2次避難所のホテル住まいとなったが、観光シーズンを迎えて再びホテルから立ち退きを迫られている。
                                                                             
時を同じくして 国会は、政治とカネ問題で 野党は自民追及に大騒ぎしている。能登の住民が寒さに凍え 水ナシ生活で 塗炭の苦しみを続けている現況には殆ど無関心で、野党はサル芝居を続けている。これが日本の国会かと思うと私は情けなくなってしまう。不思議に思うのは、国会議員は何故 能登の被害視察をしないのか不思議で仕方がない。確かに能登は人口過疎で、被害者も多くないかも知れないが, 今回の能登地震は、ごく近い将来に我国を来襲し 膨大な犠牲者が予想される 南海トラフ地震と直下大地震の小型版であり、如何に被害を抑えるかの貴重な実験場であることを 何故考えないのだろうか。
                                          
我国は 30年以内に80%の確率で 南海トラフ地震や直下型大地震が来襲し 10万人を超える膨大な犠牲者が予言されている。政府や国会は、住宅倒壊や延焼防止対策を練るためには 今回の能登地震の惨状が極めて有効な勉強材料であると 何故考えないのだろうか。火災対策、倒壊家屋救出対策、食料トイレ対策など、全ての問題点を具体的に教えてくれる貴重な現場なのである。例えば、食料ナシでは数日は耐えても トイレ無しでは半日も我慢できず、仮設トイレは殆ど役立たず、大型トレイラートイレが絶対に必要なことを 能登地震は明瞭に教えてくれた。
                                          
自民の不正会計も 重大問題ではあるが、衆参両院あげて全野党が興奮して何ケ月も騒ぎ続けるのは余りにも馬鹿げている。税理士による会計監査義務と 自民党派閥の廃止を 専門部会で具体的に対策し決定すれば簡単に結論が出ることであるが、南海トラフや直下大地震は 具体的な対策が殆ど行われていない。政府と国会は全力で具体的な対策を練ることが緊急案件である。市街地の延焼防止や、多数の焼死犠牲者の救出方法、東京湾岸石油タンク火災防止、高層マンションに閉じ込められた住民の救出策など、学者と政府と地方自治体とメーカーが真剣に議論して 早急に具体的な対策を進めなければならないのだ。
                                           
野党はトイレもない能登半島に出張したくないのは分かるが、それを隠そうとして 自民党の不正会計問題を誇大テーマに祭り上げて騒ぎ、国民の目を胡麻化そうとカラ騒ぎし続けるのは余りにも見苦し過い。地盤強固な国会周辺は地震に安全でも、下町の過密住宅街の住民達は逃げ場がないのだ。南海トラフが発生すると 東海四国の沿岸住民は大津波に襲われて多数が溺死し、その数は 能登地震とはけた違いに大規模になると予想され、国会と政府と各自治体とメーカーは 早急に具体的な対策を実行する必要がある。 
                                    
トイレの無い能登よりも 暖房完備の国会で 忙しそうにサル芝居することは直ちに止めて欲しい。そして各省庁と与野党代表者は早急に能登半島を現地視察して 日本国の存続基盤を揺るがす南海トラフと首都直下型大地震の具体的な対応策を実行するべきである。


mh3944 at 11:58|PermalinkComments(0) 政治 

2024年02月03日

不正会計より 直下地震対策 

  
能登半島地震が発生して1ケ月が経ったが、現地は水道回復は殆ど手づかず、電気が少し通じ始めた程度で、漁業再開や漆塗工芸対策は全く手づかずだ。被害者達はやっと農業ハウス住まいから解放されて 1.5次避難所、2次避難所へと移動し始め、学童は金沢市に移動して通学を始めた程度で、 被害者達は将来対策に苦悩し 救済を求めているのだ。
                                                 
他方 東京の国会では、連日 パーティ―裏金問題、会計不正等の追及に 野党は興奮して、能登半島の住民が飢えと寒さと水不足で 塗炭の苦しみに悲鳴をあげている現況には全く無関心に騒ぎ続け、政府はその野党対策に忙殺されている。これが日本最高の国会だと思うと悲しくなってしまう。国会議員は、何故能登の現地見学して、如何に対策するかを議論し検討しないのか 私は不思議で堪らない。確かに能登は小さな半島で被害住民も少ないかも知れないが、ごく近未来に来襲が予想される東京直下型大地震の前触れであることを 何故考えないのだろうか。
                                            
南海トラフ大地震や、首都直下大地震が発生すると、犠牲者は10万人を超える大惨事になるが、その具体的な対応策を考えるには 能登地震が極めて有効な勉強材料で、反面教師なのだ。例えば、災害直後の防火対策、倒壊救出対策、食料備蓄対策、トイレ対策などが必須なことを能登は具体的に教えてくれた。更にトイレも仮設は無用で、大型トレイラートイレが必須であることも現実に分かった。この緊急時に東京で、派閥の不正会計問題ばかりに熱中して過ごすのは馬鹿げている。不正会計対策は政党派閥の人事介入排除と正常会計の義務化で済むことであり、専門部会で具体的な対策を作れば 簡単に結論が出る案件だ。
                                              
他方、首都直下大地震対策は全く未知で 国家の存続を揺るがす大事件であり、10万人以上の犠牲者を如何に減らして救出するか、市街延焼を如何に止めるか、東京湾岸石油タンク火災を如何に防ぐか、地震直後の水と食料確保とトイレを如何に準備するか、高層マンションの都民を如何に救出するかなど、政府と東京都と周辺自治体は 本気で議論して 具体的な対策を準備することが必須なのだ。東日本大震災より桁違いに影響大で、深刻な災害であることを覚悟して対策し準備する必要がある。野党は難題の直下地震対策には目もくれず 点数稼ぎの不正会計非難に熱中し、政府に打撃を与えるチャンスとして、自民攻撃に熱中して 正義漢面しているのは笑止千万だと思う。トイレの無い現地に訪問して わが国の存続を揺るがす首都大地震の具体策を考え、政府に実行を要請すべきである。                           



mh3944 at 16:29|PermalinkComments(0) 政治 

2024年02月01日

大相撲が面白い

典型的にスリルが乏しい退屈スポーだと思っていた大相撲だが、最近私は見直し始めている。昔は 白鵬、日馬富士、鶴竜、朝青龍など モンゴル力士が交互に優勝を繰返していたが、近年 日本の若手力士が活躍し始めて 俄然面白くなっている。今年初場所も誰が優勝するか分からない混戦状態でスタートしたが 最終的には照ノ富士と琴ノ若の決勝戦となり 体力に勝る横綱が 関脇を寄り切って優勝した。
                                                                                                         
若手の日本人力士の大活躍に比べて年配の 遠藤、正代、御嶽海など大関経験者は 大関から陥落して下降真っ最中だ。テレビ中継をよくみると、中年力士が若手に負けるのは 体力が弱るからではなく 意欲を失っているからだと 私は理解するようになった。
                                             
大相撲は体格が大きい力士が当然有利だが、近年は 宇良、翔猿, 翠富士など軽量力士が 素早く動いて逆転するケースも目立つ。その典型が、13日目に宇良/竜電戦で、伝え返り という滅多に見られない特技で 宇良が竜電を放り投げた、それはスローモーションを見るように美しい逆転劇であり、観客も興奮して 大喝采だった。
                                                        
相撲社会は番付が違うと、道で出会っても下位力士が一歩下がって通りを空けるほど上下関係に厳しい社会だと聞くが、年上の大関経験者が陥落して、若手力士に道を譲るのは、耐えがたい屈辱だろうと私は想像している。
                                            
多くのモンゴル力士は際どい技を連発して白星を重ねるが、同じモンゴル力士でも 玉鷲だけは異色で素晴らしい力士である。39才になった今も休場ナシで皆勤を続け、白鵬のように 張手 ぶちかまし、目潰し など際どい技とは無縁で 常に正々堂々と取り組む礼儀正しい力士であり 尊敬に値する。
                                                                      
玄人筋に人気の高い朝乃山は、ケガで3日ほど休場したが、途中で再出場して遂に勝越した。当人は 協会とのトラブルで休場を命じられて 序二段?まで陥落したが その屈辱に耐え抜いて,再び這い上がってきた根性力士で誠に立派だと思う、 実力派なので、再び大関に返り咲いて、モンゴル勢にかき回される土俵で 日本人力士の根性を見せて欲しいと願っている次第。


mh3944 at 13:42|PermalinkComments(0) 雑感