2024年05月

2024年05月29日

高齢者福祉のあり方

定年退職して 起業した自営会社が25年経過した。家内は心配して 私が倒れると 誰も後始末が出来ないからと反対し続け 遂に85才になった昨年 会社を清算した。
                                              
先日 久し振りに事務所で閑を潰して帰る途中、大通り交差点まで来た。信号が変わると待っていた人々が次々と横断歩道を渡る。 遅れていた私も小走りしたが、少し離れて石段に腰掛けていた高齢女性は ゆっくり立ち上がり横断し始めた。早く渡らないと待っているクルマが困る と私は思ったが、彼女は平気な顔でゆっくり渡った。再び信号が点滅し始める寸前に 彼女は渡り終えると、多数のクルマが音をたてて通過し始めたが、 直ぐに信号が変わり、再び多くのクルマが残されてしまった。 運転手は多分 このババア!早く渡れ!と苛立っていたに違いないと思った。
                                        
普通の人なら急ぎ足で横断するが、高齢者はクルマには余り目をくれず、わが道をゆっくり渡ってゆく。故意や悪意はないだろうが、高齢者達は待っているクルマには殆ど注意を払わない。同じ高齢の私は本当に恥ずかしくなった。これでは高齢者が社会から嫌われるのも仕方ないとも思う。
                                        
友人知人達の殆どは既に逝去し、90才近い私も長生きし過ぎると、周囲に大きな負担をかけるといつも感じている、政治家には 高齢者は貴重な票源で 福祉に大きな予算を投入する。対応する福祉業界も 福祉介護は金の成る木で、過剰サービスや不正請求問題が頻発している。
                                          
アフリカでは 老いた像は死期を感じると 静かにどこかに消えると聞くが、人間社会では 高齢者は益々傲慢になって発言する。病院ではチューブに繋がれても長生きする異常な状態になっている。生命が貴重なのは事実だが、意識しすぎるのはよくないと私は思う。政府が福祉に大きく配慮するのは感謝するが 懸命に生きる現役世代に重過ぎる負担を残してはならないと思う。政府を厳しく非難し追及する野党の勇気ある議員に、誰か 過剰福祉を考え直そう と 叫ぶ猛者はいないものだろうか?





mh3944 at 11:30|PermalinkComments(0) 政治 

2024年05月04日

北拉致被害者の件

北朝鮮に拉致された被害者家族会が積極的に動いている。今度は 北朝鮮が拉致被害者を即刻一括解放することを条件に、日本は対北独自制裁を解除することに反対しない と表明した。拉致被害者の親世代が存命中に是非とも帰国させたいという。北朝鮮は、拉致問題は既に解決済み、と繰り返し宣言するなかで、独自制裁解除を条件に 残っている拉致被害者の即時解放を求める要求だ。日本政府だけでは動かないので、米国にも働きかける為に訪米した。

北朝鮮制裁は 国連の関係各国の合意であり。 日本だけが制裁解除することは制裁効果が激減するのを承知の声明であり 米国は内心では困惑しているだろう。制裁は多数の国が一致協力してこそ効果を発揮する仕組みであり、日本だけが勝手に脱落することは効果を半減させ、核ミサイル配置に執念の金正恩も内心では喜んでいるだろう。

確かに問答無用で拉致された被害者の怒りと苦しみは理解でき、留守家族が元気な間に逢いたいことも分かるが、関係国の困惑も考慮しない行動は国際的な信用を失墜する危険がある。特に国際的信頼ゼロの金正恩が相手だけに、不用意に交渉するのは非常に危険であり、桁違いに多数の拉致被害者がいる韓国も、被害者解放の動きは殆ど見せていない。

北朝鮮に対する世界の懸念は、80億人の人類を破滅させる危険性のある核ミサイルを入手した金正恩の暴走を如何に防ぐかでにある。核入手に成功した北朝鮮は 韓国,米国及び日本を核ミサイルで恐喝し始めるのは確実であり、我国の独自制裁解除を提案しても簡単に解決する可能性はないだろう。

誰の人生でも、色々な悲惨な出来事から逃れることは避けられない。我国は太平洋戦争で300万人の犠牲者を出したが その留守家族達も同様に苦しみ耐えてきたのである。私の義父は20代の若さでインドネシアで戦死し、残された家族は悲嘆の生活を送ってきた。私の母方親戚も 一人息子が戦死して名誉ある家系が断絶してしまった。拉致被害者5人は既に帰国済みで 問題は既に解決済みという北朝鮮を動かすことは殆ど不可能だと思う。独自制裁の内容も問題であり、北の商船来航とか 要人の北朝鮮訪問などかもしれないが 北朝鮮の本心は食糧支援にあり それは絶対に応じてはならない。

日本は北の核ミサイル恐喝に如何に対抗するかを急ぐべきであり、僅かな拉致被害者解放より 最優先の課題である。裏金問題追及で大ハシャギの野党議員の誰か 拉致被害者家族会の騒ぎ過ぎを忠告する勇気ある猛者は居ないだろうか? 故石原慎太郎は、曽我ひとみさんの母親は既に日本海に沈んでいるいるだろうに話していた。


mh3944 at 11:27|PermalinkComments(0) 雑感