2005年06月30日

Comunicationについて

私は従来から通訳を馬鹿にしていた、少なくとも尊敬はしていなかった。
理由は、単に言葉を言い換える職人であり、例えば日本で育ってアメリカに
移住した人なら誰でも日本ー英語の通訳はできて当たり前だと思っていた。
別の例では、外国語大学などは、真実を学ぶ大学ではなく、単に言葉を言い換える技術を学ぶ専門学校だと思っていた。

しかし、近年の如く、世界のあらゆる面において国際化されると、外国人との意思の疎通が非常に重要になり、これを怠るとビジネス上で大損をしたり、国際政治では不和になったり、極端には戦争にもなりかねない。

たとえば米国ブッシュ大統領とイラクフセイン大統領がもっと意思疎通を図っていたらイラク戦争は起こらなかったかも知れない。 北朝鮮の金正日は自己保身のため核爆弾を開発し、米国はフットボール程度にまで小さくなる核爆弾をテロリスストがこっそ米国に持ち込んで首都爆破でもされたらアメリカは一発で滅亡すると恐れ、北朝鮮の核開発を放棄させるべく徹底的に懲らしめる。
金正日は自分の体制の維持さえ約束すれば、事態は大きく変わるはずである。
少なくともニューヨークや東京が破壊されるよりもよっぽどましであろう。

夜中にラジオのアナウンサーの明快な声を聞くと、著名人の判り難い声を聞き比べると、内容に有無には格段の差があっても、アナウンサーの明解な声は心地良くひびく。

NHK深夜放送で毎月第一月曜、第三月曜を担当する、遠藤富貴子さんの声などは本当に惚れ惚れする素敵な発音であり言葉使いである。一度是非お会いしてみたい気持ちにもなってしまう。

これからはもっともっとCommunicationを大切にしようと思うこの頃である。



mh3944 at 11:31│Comments(0)TrackBack(1) ビジネス 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. コミュニケーション  [ 高橋直之のホームページへようこそ ]   2005年07月04日 17:38
あらゆる場面でコミュニケーションが不足し、コミュニケーションの重要性が説かれる。 一方「人は自分の聞きたいことしか聞かない」(シーザー)と言われるようにコミュニケーションは本質的にできないと言う側面がある。 小泉首相の人気率も40〜60%と変動する。これは6

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔