2005年10月24日

原油価格の高騰

原油価格が高騰している。イラク戦争時は$/30/B前後であったものが急騰し始めて、直近の先物価格は$80/Bにも達した。 2.5倍である 日本では1年前まで80円であったガソリンが今や130円になってしまった. 今後10数億の人口をもつ中国のモータリゼションが進めば、近い将来には$100/Bを超えるとの見方が定説化している その時には日本のガソリン価格は250円になるのではないだろうか? 米国においても100円になるだろうといわれている。
日本は多くの面において省エネルギー化が進んでおり、その打撃は小さいといわれてはいるが、石油はあらゆる経済活動の基礎であり、大きな影響を与えるであろう。怖い世のなかになったものだ。しかし私は、むしろ喜ぶべきことではないかと内心思っている。

前々から化石燃料の石油の寿命は長くて50年は、短ければ30年とも言われている。その超貴重な石油を熱効率10%程度のクルマの燃料として燃やしてしまうのは誠に勿体無い。最新の発電所でも熱効率は30%程度らしい。あらゆる場所において、この超貴重な石油が本当に無駄に消費され続けているのである。

全く卑近な例で恐縮だが、私のご近所は、家庭ゴミを近くのゴミ集積所へ棄てに行くのにクルマを使っている。手に提げで2-3回往復すれば済むものをクルマなら1回で済むためらしい。数年前まで大手都市銀行の役員であったインテリさんのお宅だ。 何たるばかばかしさ! しかし私にはこのばかばかしい行為を止めさせることは出来ない。 例え小泉さんでも止めさせることは困難であろう。 まして米国などでは、この数千倍、数万倍の規模で、ガソリンが浪費されている。

このような浪費を止めて、貴重な石油をこれから数百年―あるいは千年も持続して使うためには、価格を異常に高騰させる以外に有効な手段はない。そのためには、日本の如く通勤には自転車で停留所まで行き、そこから電車やバスでラッシュにもまれる以外に解決策はないのである。 人間はもっともっと優しく自然を大切にしなければならない。 欧米でPark and Rideとか格好良いことばが流行っているらしいが、日本は大昔からやっていることである。

この意味から、思いがけない原油価格の急騰は、人類の生き残りにとって千載一遇のチャンスであると思うが、皆さん 如何でしょうか?


mh3944 at 13:35│Comments(0)TrackBack(1) ビジネス 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. test  [ test ]   2005年11月12日 04:35
test

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔