2007年10月29日

食品業界バシング

食品業界の混乱振りも甚だしい。 北の恋人、ミ−トホープ、赤福、比内地鶏などが、繰り返しマスコミを騒がしているが、食品業界の内情は多くが似たり寄ったりの面があるのだろうと思う。 しかしマスコミにお願いしたいのは、これらをミソクソ一緒に、非難し続けるのはやめて欲しいものだ。

確かにミートホープの豚肉や鶏肉に牛の血をかけて牛肉として売るとか、比内地鶏と偽って廃鶏を販売するのは厳しく非難されるべきだ。 しかし賞味期限を偽造した北の恋人や、製造月日を書き換えた赤福などはまだ救いがあると思いませんか? 確かに製造年月日を変えて出荷するのは悪いことだ。売れ残り品を回収して売るのは良くない。しかし我々国民が余りにも商品の新鮮度や製造年月日にこだわり過ぎるのも問題とは思いませんか? 

仮にその商品が食中毒事件でも起こせば、直ちに彼らの責任問題に発展することを彼らは十分承知しているのだ。 国民性かも知れない我々日本人は潔癖すぎて、非常に不経済な賞味期間を赤福や北の恋人に押し付けているのではないか? その結果貴重な食品が惜し気もなく無駄に捨てられているのだ。

この地球上には飢え死しつつある数千万の同胞がいるというのに。 それとこれとは別問題と言うかも知れないが 何が違うのだろうか? 何かどう違えば、我々は食品を無駄に捨て、彼らが飢え死ぬのを見殺すことが許されるのだろうか?

我々日本人がお金と腕力にまかせて無駄使いするのを、世界の良識ある人たちはきっと蔑んでいると思う。 終戦前までは、お櫃にこびりついたゴハン粒を、ひとつの残さず食べていたものだが、たまたま小金持ちになった途端、日本人は情けない国民性に成り下がったとは思う。

世論のリーダーであるマスコミにはぜひお願いしたい。事件の上っ面ばかり追いかけるのは、もうやめて、事件の深層まで深く掘り下げて一般国民をリードして頂きたいものだ。




mh3944 at 14:57│Comments(0)TrackBack(0) 雑感 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔