2008年04月25日

会社OBの記念パーティー

千葉のあるホテルで、会社のOB会の記念パーティーがあった。最初は参加しようかどうしようかと迷ったが、意を決して出席してみた。多くの同僚達も参加するかしないか悩んだだろうと思う。このような場合、気になるのはお互いに自分はどう見られているかということだ。スキャンダルなど身に覚えのある人はまず参加できないだろう。

現役時代に偉くなり過ぎた人も、水面下ではいろいろ問題を抱えており、なかなか出席し難い。大部分の人達は余り恵まれないまま会社人生を終えたと悔やんでいる筈だからなかなか参加しないだろう。偉くなった同僚や後輩の前で、惨めなまま終わった自分の過去を曝したくないのは誰でも同じ筈だ。

最初に会場のホテルに着いた私は早速、現社長、現会長、現常務たちの雑談の場に出くわしてしまった。避ける理由も無く私はその輪に加わった。お仕事は如何ですかと現O社長が私に聞いた、お!私の仕事を知っている。 現社長の顔色は良くない。株価の値下がりなど苦労が絶えないのだろうと内心思いながらも仕事の説明を始めた。隣りの現会長から何年になりますかねー?と聞く。 会長も私が独力で起業したことを知っているようだ。恥ずかしながら10年経ってしまいしたと私は笑いながら応えると、緊張した場が少し和らぐ。 私の会社のあらましを説明したところで、もう時間だから行きましょうか?との声が出て、社長会長達は一斉に立ち上がって会場に向かった、私も後れて会場に入った。

会場についてまず気付いたのは、先に入場している同輩たちの多くが本当に老人然としていることだ。まるで老人ホームに迷い込んだかのようだ。 これには流石に驚いた。私自身退職後10年になるが、これほどには容姿は衰えていない筈だと思った。やはり第一印象はいかなる場合にも強烈なものだ。向い側にはバイオ事業部の元業部長と元会計部長が並んで立っている、やはり昔の仲間が一番安心できるということか。

見覚えの無い顔がやたらに多いが、全事業部OBの集まりだから仕方ない。やっとある顔見知りのN同輩と出会って雑談を始めた。同期会を再び開いて欲しいという。さてどうしよう。会場には私の親しかった友人たちは多くない。定年退職後、ぬるま湯的な日常生活に慣れていると、刺激の強いこのような会場に行く勇気はなかなか湧かず、欠席と決めたのだろうか。

式典では、まず現社長の挨拶があった。100周年記念パーティーに先輩の皆様300名近くに多数が参加して頂き大変嬉しいとのこと。創立100周年で社名を少し変えたこと、年商1兆円の今日の姿は、先輩諸兄のお蔭様であることなどを話し、短い時間で終わった。DICの株価はかなり低い水準だが、社長は先輩諸兄にもその一端の責任があるとは勿論言わない。しかし内心はそう思っているかも知れない。我々OBが現役時代の好景気に溺れず、将来を見越してもっと頑張っておれば、株価はもっと高くなっていた筈だから。

しかし考えてみると、ライバルの東洋インキが年商2500億円、純利益100億円に比べて、わが社の年商1兆円、純利益400億円は、決して見劣りする内容ではないのだが、株価は東洋350円、わが社320円と逆転しているのは何故だろう。 もしK社長時代の国際化戦略が無かったら、今日のわが社は想像するのが怖いくらい惨めだったかも知れない。いろいろ言われてもK社長の国際化路線は、やはり効果抜群であったと思う。

我が社も国際化と規模の拡大では東洋インキに格段の差をつけているが、国内の実力からは、技術力、営業力の両方で東洋インキに劣っていると言われている。例えば技術力の点でも最先端液晶の有機ELで東洋インキは国内3大メ-カ-の1社だが、わが社は影も形もない。わが社は技術革新には昔から本当に弱い。これは永らく技術担当のトップであったS副社長以下の責任だが、当人は来ていない。

別の例では、エンプラ樹脂でわが社はクレハと並んでPPSの最大手だと知った、誰も知らないがこのPPSは35年前に私が樹脂事業部企画課長のとき、Phillips-Petroleum社の井上さんからタダで獲得した新製品なのだ。尼崎から東京に出て来た初仕事として、Chemical Engineering Newsに見つけ、恐る恐る大門のPhillips社に訪問して申し入れたが、扱いに困っていた先方も渡りに船と簡単に販売権を譲ってくれた新製品で、35年経った今日では有力製品に成長していたのには驚いた。それ以外には目ぼしい新製品が少ないとは、樹脂事業部のOBたちは一体何をして来たのか全く怠慢だと、顔だけはひとり前に老衰したOB連中を見渡しながら内心思った。

政治でも経営でも、怠けた結果が実績となって現れるのは何年か後で、大きなタイムラグがある。 社会保険庁の役人たちの例に見る如く、高給を食み続けた怠け者たちが去って暫くしないと、その悪影響は表面化しないから始末が悪い。その点怠けると直ちに結果に現れるスポーツは誰にも分るから人気があるのだろう。相撲の世界では、場所の成績により直ちに番付が上下し関係が逆転する、今日の主人は明日には付け人になってしまうという。1枚番付が変わると天地に差だそうだから、相撲取りは凄く厳しい世界に住んでいるのだ。
  
親しくない友人とは、相手がどう応答してくるか読めないから少し不安があり、私も誰か声をかけるべき親しかった同僚を探して会場を回り始めた。たまたま大阪から参加した親友のM部長に出会った。久し振りに総研を見学できたと喜んでいた。自腹で航空賃を出してまで参加するのだから、1時間と1,000円前後の電車賃で会場に着く我々が出席しない手はない。

このような会合には必ず参加するはずの小柄なN部長は来ていない。どこか体調が悪いのだろうか? 現役時代は飛ぶ鳥も落とすほど勢いのあった某副社長もやはり参加していない。当人担当の大プロジェクトが会社に大損害を及ぼしたから、出られないだろうとは予想していだが、やはり休みだ。誠実だが口煩かった東工大卒のS部長に出会った。老衰して口まで怪しくもつれていたのには驚いた。私ならこんな醜態を旧友たちに曝したくない。やはり人間は最後には誰も廃人になってしまうのだと怖くなり、余り話しはできなかった。
意地悪の固まりのようであったH常務に出会ったが、人相が変わっている。人柄もすっかり温和になっている。絵を描きながら過ごしていると話していたが、毎日絵を書ける訳がないと思うと少し可哀相に思った。 私が意地悪したと少々後悔していた元上司T部長に挨拶したが先方の返事はそっけなかった。やはり意地悪された方は生涯忘れないというから、覚えているのだろう。今になって反省しても始まらないが私も若気の至りで悪いことをしたものだ。

元上司の超紳士の外事担当I部長に出会ったが昔の美青年の姿は無かった。しかし彼は私の仕事を知っていた、しかもかなり正確に人材派遣業と理解している。余り儲からないと説明した、すると10年も倒産しないでいることだけでも立派なものだと大笑いしながらいう。なるほど、友人たちはそのような目で私の仕事をみているのか。私はもっと真剣なのだが仕方ないかも知れない。

当然のことだが、年配の上司は退いて無官の人となり、部下達が次々と自分を超えて偉くなってゆく。しかしいくら偉くなっても元の部下たちは、無官となった昔の上司に対しては、なかなか頭があがらず、何か引っ掛かるものを感じる。変なものだ。

いろいろな思い出に浸りながらの久し振りのOB会であった。たまには勇気を出してこのようなパーティーにでるのも悪くはないと思った。

川村美術館

mh3944 at 09:52│Comments(0)TrackBack(0) ビジネス 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔