2013年01月25日

130125 アルジェリア事件


恐ろしい事件だった。ここは地の果てアルジェリアの天然ガスプラントで、多数の日揮社員が武装テロの犠牲になった。ある程度予想はされていたらしいが、重武装した武装集団には敵わなかった。アルジェリア政府が国運をかけた大規模LNGプラントに従事していた日揮技術者は、全員が経験豊かなエンジニアで、日揮を信用しているアルジェリア政府は、地元の欧米企業でなく遠く離れた日本企業に3大プロジェクトを発注していたが、その最大のプロジェクトが襲われ、無念と恐怖に苛まされながら同胞達は散ってしまった。諸兄の霊に深く頭を下げる次第である。 

大昔の学生時代、私も工学部の専攻科目としてプラント建設に大きな興味があったが諦めた。理由は図学(今流に言えばCAD)が下手で、A3用紙に墨筆で描く図形が大変苦手、細心の注意で描いた図面も出来栄えは悪く、自分には能力がないと知った。図形を描くことは書道と同じ一種の芸術的な素質が必要で、不器用な私には向かなかった。本当に不幸な事件だが、これから進路を決める若者達は、先輩達が異郷に血を流しながら築いてきた日本のエンジニアリングの信用と伝統の灯を消さないで、是非引き継いで欲しいと切に願っている。 

関係する日米英仏は、アルジェリア軍の強行制圧の回避を求め、安倍首相は人命救助の最優先をアルジェリア政府に要請し続けたが、現地では中途半端に妥協する余地はなかったのだろう。貴重な人質の連れ去りに成功すれば、テロ集団は次々と過酷な条件をつきつけるに決まっている。米国につかまっているテロ指導者を解放しろ、ダメなら日本人XXX技師を殺すとか、フランス軍のマリ攻撃をやめろ、ダメならイギリス人YYYを殺すとか、LNGプラントの建設を止めろ、、、、と次々要求レベルを高めて、人質を徹底的に利用し続けるのは明らかだった。そのことを知っているセラル首相は、無限に拡大する被害を最小限に抑えるには、武装ゲリアを抹殺する以外に解決策はないと確信していたのだろう。テロ集団との妥協が不可能だったアルジェリア政府を形式的に非難しても仕方なく、犠牲になったエンジニア諸兄は不運だったという以外にない。   
                   
尖閣問題にも似た性格がある。日本の巡視艇に体当たりした中国船長を無罪放免した民主党政府や、来日の歓迎挨拶で胡錦濤主席の顔さえ見ることが出来なかった管首相の弱気を読み取った中国は、徹底的に攻め続ければ日本は最後には屈服すると読んでいたに違いない。日本政府の覚悟の無さを察知して、不法を承知で尖閣を攻め続ければ、いつか日本は折れて尖閣を奪取できると中国は思っていたのだ。小さな譲歩が次々と相手側を高圧的にさせて、遂には本当の戦争になることに日本政府は知らなかった。

韓国政府も、ソウルの日本大使館に放火した中国人を、犯人引渡条約に反しても日本は何も反撃しないが、中国はどんな恐ろしい仕返しをするか分からないので、条約違反を承知で中国に引き渡した。日本は明らかに中国や韓国から甘く見られている。その是正を叫ぶ安倍内閣を中国や韓国のマスコミは、右翼偏向とか軍事志向と非難しているが、これはまさに盗人猛々しで、全く当て外れだ。韓国でも知識人は日本の良識を承知しているが、国内で発言するとたちまち袋叩きにあうので口を閉ざしているだけだ。 

中国と韓国は、近年特に親密な関係に進んでいるが、その理由は日本を外敵に仕立て上げて自国民の注意を外に向け、国民の不満を緩和しようとしているのだが、弄ばれる日本政府はただ見守るばかりで何も手も打たない。誠に残念なことだ。外交関係の特長は、各国の利害が複雑にかみ合ってバランスしており、一つの出来事が国際関係を劇的に変えてしまうのだ。 ここで日本政府の取り得る手段は、ロシアとも親密な外交関係を樹立して中韓両国を牽制すれば、中韓両国は動揺するに決まっているのに、何も手を打たない。
             
プーチン大統領は日本と友好関係を樹立したいとシグナルを送り続けているが、4島一括返還に拘る外務省は動かず、中韓両国に自由奔放に振る舞われ続けている。15,000人も住んでいる北方4島のロシア人をシベリアに送って4島を日本に取り戻すなんて、誰が考えても絶対に可能なのに。残された解決策は、取敢えず2島か3島返還の暫定案で和解し、最大面積のエトロフ島は、将来の住民投票に任す以外に無い筈だが、何故か外務省の頭は働かないのだ。 

悲惨なテロ事件に比べると、小さな不満を言いながら生活している我々日本人は平和に慣れ過ぎているようだ。確かに仕事が厳しいかも知れない、生活が苦しいかも知れない、退屈な引退生活かも知れない。しかしそれが現実の人生であり、各々自らを律して生きる以外にないのだ。例えば北朝鮮に拉致された方々の親兄弟の深い悲しみは理解できる。しかし国内にはもっと大きな不幸を背負い、嘆き苦しんでいる人々も多いのだ。テロ事件で親族を失った家族、交通事故で子供に先立たれた親の嘆き、不治の病に侵され絶望に苦しむ病人や家族、などなど、例を挙げれば限りがない。それらの苦しみが拉致家族の悲しみよりも軽いわけでは決してない。

私ごとで恐縮だが30年前まだ子供達がまだ幼いとき、脳腫瘍を発病して信濃町のK病院に入院した。毎朝病院の窓から外苑東通りを急ぐサラリーマンやOLを見ながら、彼らはあんなに元気なのに、何故自分だけがこのような重病に侵されてしまったのかと、神様を恨んだ記憶は今でも忘れない。幸い脳外科手術は成功して、ほぼ健康体を回復できたが、それを契機に日常の自分の甘えが分かり、人生に対する考え方が変わった気がする。

日本の自殺者は昨年3万人を下回ったという。確かに嬉しいニュースには違いないが、それでも毎日80人の同胞が苦しみ遂に自ら命を絶っているのが現実なのだ。 繰り返えすが北朝鮮による拉致被害家族の悲嘆には同情するが、だからといって北朝鮮のミサイルや核開発の恐怖よりも、拉致問題が深刻だとは私は思わないということだ。韓国や欧米諸国は、核兵器で世界を恫喝しようとする北朝鮮より、拉致問題の優先を叫ぶ日本は物事の深刻さのレベルが分からないのだと思っているだろう。アルジェリア事件でも、安倍首相が人命最優先を叫ばざるを得なかったのは分かるが、オバマ大統領のように、もう少し大声で不法テロを激しく非難すべきだったと私は思う。





mh3944 at 09:28│Comments(0)TrackBack(0) 政治 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔