2014年08月28日

140828 反日中国の深層

BSフジTVのプライムニュースを時々見る。ニュースキャスター反町理のニヒルな態度も面白い。先週は中国が何故あれほど露骨な反日行動を繰り返すのかがテーマで、興味深かったので、私の解釈も交えて復習してみた。今回のゲストは興侶一郎(神田外大教授)と平野聡(東大法学政治研究科准教授)だが、お世辞にもスマートとは言えない反町キャスチャーが伏し目勝ちに両氏に厳しい質問を浴びせた。 

GDP世界第二の超大国になった筈の中国はなぜ大国として行動や振舞いをせず、国内ではチベットで虐殺を続け、世界では乱暴狼藉な外交を繰り広げるかについてのゲスト両氏の見解は、5年前の北京オリンピックを境に、中国は人類文明の創始者として中華民族の偉大さに目覚め、自らを世界に顕示しようとしているからだという。昨年3月リーダーとなった習近平国家主席は中華人民の偉大なる復興をテーマに、人類文明で誇るべき先駆を果たした中国人民の夢の再現を目指しているという。紀元前の大昔に 中国は羅針盤を発明し、紙と印刷を発明、漢字を発明し、更に火薬をも発明して、人類文明のパイオニアとして偉大な貢献をしたが、その後西洋や日本に侵略され虐げられ続け、やっと逆襲する時がきたという。

即ち2008年夏の北京オリンピックを境に、中国は再び世界のリーダーとして復活したという。漢字を模倣した日本は早々に先進国に仲間入り、中国は日本などから植民地として虐げられ続けたが、再び自力で世界に覇権を復活しようとしているのだと言う。英国のアヘン戦争はその典型的な例であり、中国から輸入する紅茶の代金としてアヘンを売りつけた英国の行為は、言訳できない西欧からの恥辱の歴史であるという。  

南シナ海の領有権主張や防空識別圏設定も、人類文明の開化の時に中国は既に南シナ海の島々を知っていたと、中国の某高官が今春の東南アジア会議で発言して諸外国の列席者から嘲笑され、尖閣など東南アジアの列島の王様は古くから中国に朝貢していたから尖閣列島は当然中国の領土だと説明して、日本からアナクロニズムを非難されても全く平気なのだ。 逆にこの歴史的な中国の偉大な貢献を無視しようとする欧米や日本こそが歴史を捻じ曲げていると反論する。
  
北京オリンピック前まで中国は、国力や軍事力で欧米に劣っていたので沈黙していたが、世界No.2の大国となった今日こそ、この歴史的事実を世界に知らしめる時期が到来したという。しかし軍事面ではまだ米国に後れており、暫くは我慢して米国の立場も尊重し、太平洋は米国と中国が2分割しよう提案する。

他方習近平は、国内の汚職を撲滅する為、ハエも虎も叩く、と公言して国内序列9位の周永康前常務委員を摘発して世界を驚かせたが、これは国内の政敵江沢民胡錦濤一派を徹底的に根絶する派閥闘争であり、本気で汚職撲滅を実行している訳ではないという。

かように乱暴狼藉を続ける中国に対して日本は如何に対応するかが問題だが、ゲストの意見は、兎に角、中国が常識的な大国に成熟するまでは、ことを構えないように日本は慎重に行動すべきだという。更に日本を徹底的に悪者扱するにも拘わらず、個人資格の中国人観光客の来日が急増しているが、その訪問客の殆どは、日本を訪れると、日本人は親切で誠実、乗り物やホテルや街並みも非常に清潔で、中国で悪口されている姿とは全く違うことに驚くという。その新発見はネット社会の中国では必ず広く宣伝されて伝播するのは間違いないから、兎に角日本は中国政府と忍耐強く付き合いを続けて、月日の経緯を見守る以外に対策はないという。

確かにその通りかもしれないが、連日東シナ海で領海侵犯を続け、中国、ロシア、韓国が協力すれば、四面楚歌になった日本は簡単に打倒できると議論する中国は非常に危険すぎる。乱暴狼藉な行動に対して我々日本は我慢するだけではなく、自国の軍事力の充実を続けることが不可欠である。日本は我慢するだけではなく、空軍力と海軍力の充実を急ぎ、下手に日本に手出しすると厳しい反撃を受けるという警戒感を先方に与える必要がある。
                                                              
例のセオール号沈没事件で韓国の国内政治は完全に行き詰まり、反日だけが国内統一のテーマだという。韓国にとって最も危険な外国は何処?との韓国内の世論調査では、75%の北朝鮮に続き、日本が60%、中国は40%だという。日本が本気で韓国を攻撃するとは笑止千万だが、多くの韓国人が本当に恐れているとは全く驚きだ。しかし中国は尖閣を手始めに本気で沖縄列島を日本から奪取しようと狙っているのは確かであり、我々は対抗策を怠ってはならない。   






mh3944 at 10:20│Comments(0)TrackBack(0) 政治 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔