2015年12月15日

151215 プロ野球選手の給料

師走はいつもプロ野球の契約更改が紙面を賑わす。増額組は少なく多くは減額だ。更に自由契約を通告されて涙ながらに引退を決意する選手もいる。                                          
                                                                 
増額組の筆頭は日本ハム大谷投手で、1億円から一気に2億円に倍増したという。彼は最多勝、最優秀防御率、勝率第一位の3タイトルを独占してダルビッシュを超える実績を残し、初めて高卒4年目の22才で2億円に到達したという。先般の世界大会で優勝した韓国チームも大谷の160キロ近い剛速球には全く手が出ず脱帽したと聞く。                                                        
                       
私は巨人以外を余り知らないが、巨人選手の多くは減額になった。その代表が阿部慎之助で、5.1億円から35%減の3.3億円になったが 彼の働きを考えるとまだ高すぎると思う。高給取りの泣き所は税金も高いことだ。阿部の5.1億円の場合、所得税△2.2億円、住民税△5,000万円、その他諸税△3,700万円 など合計△3.7億円を引かれて、実手取りは1.3億円になるそうで、阿部は国の財政には大きく貢献しているといえる。

若くして主将になった坂本選手は来年度2.5億円(3,000万円増)、投手陣では唯一頑張った菅野は1.35億円(2,500万円増)だが、エースで傲慢さだけは一流の内海投手は実績が殆どゼロだったにも拘らず4億円据え置きというから何とも不思議なことだ。まあ一般社会にも理解できないことは多々あるものだが。

育成の山口投手は3.2億円で少々高すぎる感もあるが、リリーフ陣のなかでは最も原監督に信頼されていた。速球一本の沢村は1億円(4,800万円増)だ、原監督の指導で速球一本ヤリを通したと聞くが、殆んど打ち込まれた。やはり山口のように硬軟織り交ぜた投球法をマスターしないと来年度も打ち込まれるだろう。驚いたのは5億円の超高額だった杉内投手が強烈な減額を申し出て 5,000万円+出来高払になったというのは凄い。野球協約で少なくとも3億円を維持できた筈だから、杉内の大胆な決意には敬意を表する次第。期待に沿えなかった今年度がよほど悔しく、来年に選手生命を賭けているのだろうが、普通のサラリーマンではとても言い出せない条件だ。 

一般のサラリーマンが一生に稼ぐ金額は1億円〜2億円というから、野球選手はやはり高給だ。彼らは強健な肉体と幸運にも恵まれたスポーツ界のエリートで、若い選手や子供達にも夢を与えるから当然だろうが、現実の社会はなかなか厳しく多くの選手は夢破れてグラウンドを去って行く。

私が仕えた米国人会長のZ氏は、日本の高給取りは税金に75%も取られると聞いて驚愕した。そのように大半を税金に取られてどうして働く気になるのか、何故反乱がおきないのか信じられないと言っていた。米国では手取り額が税金より多いという。確かに超高給といっても実際は25%しか貰えないと聞くと少々哀れでもある。 給料や名誉は人々を動かす力の源泉であろうが、金や名誉以外にも、何か生き甲斐いや達成感を得る生き方があるのでないだろうか。

36才の阿部慎之助のように、殆どの選手は30才半ばになると気力体力が低下して収入も激減する。サラリーマンなら30台後半でやっと課長になりフル稼働できる年齢であり、近年の晩婚時代には、やっと結婚して子供が小学校に通学し始める時期だが、スポーツ選手は引退を迫られる時期となる。人生80才時代には残り余生の方が圧倒的に長く、厳しい余生が待ち構えている。

自らの経験を生かして解説者とかスポーツ指導者になるのは少数で、大半は新しく生きる道を探さなくてはならない。多くは生活の糧を稼ぐことに苦労し、飲食業やラーメン屋を開業したりする。巨人-西武の清原和博のように現役時代に50億円超の大金を稼いでも殆ど散財し、妻亜希夫人(モデル)にも去られて、残り人生を如何に生きるか苦悶する例もある。羨ましいような天賦の才能に恵まれても必ずしも幸せな生涯にはならないのだから、人生とは不思議なものだ。



mh3944 at 10:00│Comments(0)TrackBack(0) 雑感 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔