2017年07月06日

170706 非効率な公共工事 


バブル以後、冷え切っていた土木工事が近年盛り返している。私の近辺でも毎日のように住宅街の下水工事が行われているが、少々疑問を感じることがある。直径50cm程度の雨水の排水管の交換工事で、毎朝 約5m程度ほど掘り起こして排水管を取り換え、夕方には再び土盛りして簡易舗装して終える。これを何週間も繰り返す。関係者7〜8人が、前後に見張り番を置き一台の重機を囲んで見守る。公共工事とは本当にのんびり優雅な雰囲気だ。民間工事なら、日照時間が長い夏は2倍以上は掘削して工事し、関係者は汗水流して働くが、公共工事は安全第一、効率第二で、日が長くても短くても静かでのんびりした雰囲気だ。予算を確実に消化することが第一で、能率やコストは第二,第三なのだと分かる。                                           
                                             
以前も触れたが、手賀沼の湖岸糀工事の土運びも同様だった。埋土を積んだトラックが住宅街を通過する振動がうるさいと少数の住民から文句が出たので、数キロ離れた場所で盛土を降ろし、ボートに積み替えて水上輸送していたが、それは余りにも非効率過ぎると私が自治会で発言して改善され、住宅街を時速4キロの超低速のトラックで運び込む方法に代わった。これで恐らく効率が10倍以上は向上したと思う。民間工事では絶対にありえない非効率な手法だが、公共工事では当然らしい。公共工事は、与えられた予算を確実に消化することが主目的であり、予算節減、仕事の効率アップは、2の次3の次なのだ。                                           
                                             
以前 石原慎太郎元都知事が、東京都も予算決算を民間企業並みに複式簿記に変更して、使われた予算が如何に現実に活用さているかチェックすべきだと叫び私も快哉を叫んだが、役人の反対で実現しなかった。複式簿記にすると結果を追求されるので役人達が困ってしまうのだ。人気絶頂の小池都知事も、豊洲移転を中断して数百億円の大損害を出したが、百条委員会で石原元都知事を糾弾して気持ちが晴れたらしく再び豊洲に移転することになった。財政豊かな東京都だから可能な税金の浪費で、小池知事も口は達者だが、効率は考えない小役人の典型だ。                                                                                          
既に30年前に、手賀沼湖畔に10数億円を投じて水の館という、巨大な三階建ビルが造られたが全く使用されず、県役人やOBの恰好な再就職場所になっていた。しかし県予算のひっ迫で年間5億円の維持費用が負担になり、我孫子市に無償で払い下げられて、野菜売場,+レストランとして利用され始めたが閑古鳥が鳴いている。これも巨大ビルを建てることだけが目的で、その用途は全く無視するお役人仕事だ。                                                                                                 
同じく数キロ先の手賀沼湖畔にビオトープと名付けた大規模な植物園が建設されているが、実際に活用されたのは僅か2〜3年で、その後20年間は全く見捨てられて、今は足も踏み入れられない荒地になっているが、誰も責任を問われない。官庁とは全く不思議な組織であり、民間企業ならその企画者は必ず責任を問われて追放されてしまうのだが。                        
                                               
零細企業を営む私の周辺にも、大企業や官庁OBが大勢いる。彼らは知識経験も豊富で恰好も良い。しかしお付き合いし続けると、不思議な感覚に陥ってしまう。彼らは雄弁で朗々と自説を主張するが、自ら何か実行しようとする人は本当に少ない。豊富な知識経験で立派な見識を声高く披露するのは自己の存在を印象付ける為だけらしい。具体的な方針を提案して何かを実行する責任感は殆んど無く、中小企業なら忽ち倒産してしまう無責任さだが、長年そのような環境で過ごした結果、自分の無責任さが自覚できなくなっているのだ。その点、少々恰好は悪くても毎日が真剣勝負の中小零細企業オヤジを私は大いに尊敬する。                                                                                    


mh3944 at 08:20│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔