2017年07月31日

170731 小池都知事

長らく東京都議会を独占してきた自民党が敗北し、急浮上した都民ファーストが圧勝した。小池新党と自民党がどう違うのか殆ど分からないが、東京都政もこの程度の風で大逆転すると思うと1000万人都民の政治意識も危なっかしいものだと思う。しかし利権化していた自民党都政に大打撃を与えて壊滅させたことだけは確かだ。                                 
                                              
それにしても、あれほど騒いだ豊洲移転問題は結局元に戻り、無駄な1年間と莫大な税金を浪費しただけに終わった。小池都知事の、豊洲は使う、築地は活かす、は全く無意味な言い訳だが、都財政を100億円以上を浪費したのは厳然たる事実だ。安全だが安心ではない,も意味のない扇動的な言い訳である。安全は法律で保証するものだが、精神的な安心まで保証を求められては、政治家は堪ったものではない。クールビズは私の成果、次は時差ビスだと小池都知事が言い出したが、時差出勤とか在宅ワークは既に民間会社が色々と試行錯誤しているテーマであり、それを借用しようとする小池都知事はほかにもっと重要な仕事は無いのだろうか。                                                                          

万人が危惧する東京の緊急課題と言えば 近い将来に来襲が予想される直下型大地震への対策である。即、20〜30万人の都民が火災の犠牲になるとも言われる超危険な大災害を如何に減災するかだ。しかし直接の最高責任者の小池知事が、このテーマには全くの知らん顔で、殆ど触れようとしない無責任さには呆れてしまう。確かに巨大地震は都知事の権限を越える恐怖の天災であり、国も本気で取り組むべき難テーマだが、肝心の小池都知事が先頭を切って旗を振らなければ誰も動かない。小池さんはこの難題には知らん顔で、ガンに苦しむ森前首相を虐めたり、豊洲建物に地下室を作った犯人探し、更には認識症の石原元都知事を百人委員会の衆前に引き出して懲らしめ、仇を取ったと喜んでいるのは誠に見苦しい。                                                                                       
来年には国政に進出して世界の大政治家へ飛躍を狙っているとも聞くが、精々クールビス程度が実績では誠に恥ずかしい限りだ。理念や実績のない政治家は直ぐに見捨てられてしまうが、ご本人はそれに気付かず、自分が偉い政治家だと誤解しているのは、哀れである。                                                                                         
確かに、イギリスのサッチャー元首相は、労働党政権の大盤振舞いで荒廃した国家財政を立て直す為、国民に節約を説き、行政組織の大改革を決意して、日本郵政の数倍の国営企業を民営化して大英帝国の威信を取り戻した。 同じく独メルケル首相は人類に対するナチスの残虐行為を深く反省して、独国民の反対を押し切ってアフリカ.中近東からの大量移民の受け入れを続行する。この人道的行為は多分ノーベル平和賞にも繋がるだろうと私は思う。しかし都政で目ぼしい成果もない小池さんが日本の首相になって、一体何をやるつもりだろうか。理想や熱意のない小池都知事の実体が見え始めると、国民は簡単に見捨ててしまうだろう。
                                                                                          
何故、日本では女性政治家が育たないのだろうか? 無学が暴露さて防衛大臣を辞任した稲田朋美、民進党内部でも人望が無く辞めざるを得なかった蓮舫代表、ヒステリ―絶叫型の社会党の福島党首なども国民の人気は急速に冷えてしまった。小池都知事も 昨今のマスコミ人気に甘えずに早く目覚めて、ご東京都の重要課題は何であるかを熟慮して女性政治家として成長して欲しいと願っている次第。



mh3944 at 12:45│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔