2017年09月06日

170906 北の核武装

最も恐れていた北の核実験が進展している。自国民はメシも食えず飢えているのに金正恩は相変わらず核/ミサイル開発に熱中する気違いリーダーだ。                                                                         
最も危機感を感じている筈の韓国では、大きな不安はなく警戒警報が鳴っても地下鉄に避難する市民は殆んど居ないという。文大統領も切迫感は薄く、可能性のない南北直接交渉に拘り続け、慰安婦問題や徴用工問題の蒸し返しする。北の核開発が長年続けられた理由は、国境に近い首都ソウルを北が人質に取っているからであり、38度線沿い北側の長距離ロケット砲200基がソウルに標的を合わせているのだ。もし西側が強硬手段に出ると、北の長距離砲が一斉に火を噴き、1時間以内に10万発のロケット弾が発射され、数十万人のソウル市民が犠牲になると言われるが、ソウル市民にはそのような悲壮感が殆ど感じられない。北が同じ朝鮮族の韓国を攻撃することはあり得ないと思っているらしいが、それは大間違いであることは65年前の朝鮮戦争を考えれば直ぐに分かる筈だが、世代が変わると認識も変わってきたらしい.                     
                                     
残念ながら日本も切迫感が薄い。先日の青少年のアンケート結果では、日本憲法第9条を改正して自衛隊を合法化する必要があるかとの質問に対して、国民全体では50%以上が改正の必要ありと答えたが 青少年に限れば改正賛成は20%で、反対が50%だという驚くべき結果だった。将来の日本を背負う青少年の半数が、憲法改正は不要で、北朝鮮の核武装を危険とは思っていないらしい。これでは韓国を笑えない。         
                               
更に青少年の思慮なさを笑って済ます訳にもいかない。日本の国会議員、特に野党勢力は、北朝鮮の核開発には殆んど無関心で、相変わらず森友学園/安倍昭恵夫人の関係追及とか、加計学園の獣医学部新設の阻止に血眼になっており、横須賀や沖縄を狙っている北の核ミサイルには殆んど関心がない。最高エリートの国会議員が自国を守ることにこれほど無関心なのには本当に不思議なことだ。   
                             
今の日本は米国の核の傘に守られて一応安全に見える。しかし自分が守ろうとしない日本を他人の米国が守ることには潜在的な不満がある。もし米中が深刻に対立した場合、米国が地球の裏側の日本を本気で守るべきか否かには議論があるという。自分の国は自分が防衛する以外に確実な防衛策はあり得ず、他国に全面依存する現状こそ異常なのだ。もし韓国,日本,北朝鮮の関係が不穏になった時は、韓国は同じ民族の北朝鮮に味方する可能性も大きく、米国が日本を守る確実な保証はないのだ。                             
                               
安倍首相の内閣支持率が低下したのは首相に気の緩みがあった為で、厳重に反省すべきであるが、安倍首相は国際政治で大きな信頼感を得ている大政治家であるのも事実で、トランプ大統領やプチン大統領に直接電話できる首相は従来の日本では考えられなかった。現代の国際化社会大きな影響力をもつ国際政治家なのだ。加計学園や森友学園の如きケチな案件で,国際社会で大きな発言権をもつ安倍首相を追い落として、雑魚政治家に交代させるのは、百利あって一利ないことを野党も真剣に考えるべきだ。                       
                             
北の核ミサイルに晒されると日本は深刻な状況になる。町のおばさんが、平和,平和と空念仏を唱えても金正恩には全く通じない。ヘボな評論家が誠心誠意に話し合えと繰り返すのも全く見当違いだ。外交交渉は殆んど経済力と武力で決まることは歴史をみれば明らかである。核をもつ国と持たない国には交渉力に大きな差があり、核武装した北朝鮮は日本からあらゆるものを奪い取ろうとする筈だ。

今後は日本の核武装が大議論になるだろう。米国トランプ大統領も内心では、これ以上日本を守ることは出来ず、日本も核武装すべし思っているのは周知の事実だ。北が核保有すれば韓国も結局は核武装する。そして台湾、ベトナム、インドネシアと東南アジアの殆どの国も核武装に動くだろう。このような世界の政治動向を考えずに平和ボケした民進党、共産党や、評論家達が安楽にメシを食える日本は本当に不思議な国だ。




mh3944 at 12:22│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔