2017年09月25日

170925 子犬を飼う

一寸した判断ミスで高齢の私が子犬を飼うことになった。ペット店から早く退出すればよかったのだが 売りたいベテラン店員に乗せられて長居し過ぎて買うはめになり、騒ぎが始まった。オスの豆柴でPと名付け、居間に大きなサークルを据えて飼い始めたが、先ずはトイレの場所を教えることだった。準備したトイレをなかなか使わず困ったがトイレの場所を左右置き変えると途端に使い始めた。ペット店のトイレと左右が違っていたらしい。Pも人と共同生活するのは初めてで当惑気味だったが、段々と落ち着き始め、その内すっかり家族の一員になってきた。                      
                            
話に聞くと柴犬は本当に利口で知能指数が高いという。ケージの中から常に当方の行動を見守り、Dog-Foodの袋を開封する微かな音を聞くと途端に立ち上がりキーと鳴く。当方が着変えを始めると、散歩だと察知してそわそわし始め、当方の次の行動を読もうとする。そ知らぬ態度をしているとPも諦めて座り込み、窓の外をじっと眺めているが、あたかもヒトがもの思いに耽る姿にそっくりだ。数多い種類の中でも利口な柴犬は、犬の学校ならいつも学級委員だろう。                          
                              
しかし知能レベルは当然 動物レベルであり、Pの考察は目先だけで将来を思索する我々人間とは絶対的な次元が違う。勿論我々の思考も限界があり、現実社会からなかなか離れられず、次の大地震はいつ発生するか、株式がいつ暴落するか、北朝鮮がどうなるか等は、誰も分からず神様だけが知っていることだ。その意味では犬も人間も思考次元が違うだけであり、一概に犬を見下すこともできない。     
                             
4ケ月経過して3種類のワクチン接種も終わり、やっと散歩OKとなった。先ずは外で放れても必ず自宅に戻ってくるように、自宅周辺の地理を覚えさせることから始めた。数百メートル範囲で東へ西へと散歩を繰り返えすと、Pは自宅への道順をかなり覚え始めたようだ。夕方私が帰宅してPを散歩に連れ出すと、喜んで玄関から飛び出すが直ぐに戻ろうとする。散歩よりエサのほうが欲しいらしい。無理やり引っ張って10分ほど離れた公園に連れ出すが、Pの帰宅本能は強烈で隙さえあれば帰ろうとする。                  
                                                      
ある時、公園で糞の処理をしていた時、突然Pが私の手を振り切って放れてしまった。あ!大変だ、捕まえよう私は追ったがもう敵わない。一目散に自宅方向に走り去った。私も急いで自宅に帰ったがPは帰っていなかった。成犬は必ず自宅に帰るが、幼犬は道に迷って帰らない場合が多いと聞くと不安になる。自転車で走り回ってみたが陰も姿もない。念のため首輪に住所と電話番号を書いておいたので、誰かに捕まれば連絡がある筈とも思うが、人気の豆柴小犬だから売り飛ばされる心配もある。警察にも頼めずウロウロしていると、ガラス戸を横切るPの蔭が見えた。あ! 帰ってきたと大喜びで抱き上げるとPもしっぽを振ってエサを欲しがる。

半年が過ぎ体重も6キロ近くなると、Pの体力も段々と強くなり、高齢の当方は引っ張り回され始めた。これでは大ケガすると去勢を考え始める。去勢すると性格が優しくなるとペット病院の獣医は薦める。中国の皇帝は、自分を倒して王座を奪う危険な親族の男性は殆ど去勢し、また王宮に勤める下僕が女官に手を出さないよう全員去勢したという、逆に王宮に勤めて出世しようと自ら去勢する男性もいたらしく 史記を書いた司馬遷も自ら去勢して偉くなったという。
                              
                              
私が若くて元気なら、絶対に自然のまま飼うが、足元が怪しくなった年齢では自分が大ケガする危険もあり悩んでいたが、日に日に体力を増すPをみて遂に決断した。信頼する飼い主が去勢を考えるとはPには酷なことだが、最近の室内犬は殆ど手術するという。長年一緒に生活するのだから去勢した方が楽で飼主も犬も幸福ですよ!と言うのは必ずしもペット病院の営業言葉だけではないらしい。確かに繁殖を考える訳ではないから、狭いサークルのなかで日夜メスを想い求めるストレスは哀れでもあり、思いっきって病院に予約した。          
                                
予約した当日の朝、Pをペット病院に連れて行った。飼主を信頼しきっているPの目を見ながら、今後は思いっきり可愛がってやるからと心を鬼にして病院に預けた。手術は簡単だから夕方には引き取りにくるよう言われたが、日中はPのことが頭から離れなかった。       
                             
夕方病院に行くと、はーい!手術は無事終わり麻酔も覚めて元気ですよ!と若い受付の女性が愛想よく出迎える。当方の声が聞こえたらしく ヒーと鳴くPの声が聞こえた。そして暫くしてペット医師がPを抱いて出てきた。流石にやつれて恨めしそうな顔つきで私に飛び込んできた。ひどいことしてごめん!と私は心のなかで謝りながらPを抱いて医院を出た。酷い手術を決めたのが私だとはPが知る由もないが、これから大切に飼い続けてやろうと心に誓って抱きながら帰宅した。  




mh3944 at 08:24│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔