2017年10月27日

171020 正気に戻った小池さん 

希望の党が大敗した。あれほど意気揚々だった小池都知事は顔も上げられない。2ケ月前(7/31)に私は小池失墜を予想したブログを書き的中した。殆どのマスコミは小池代表が民進党員を排除の理論で差別した為に形勢が逆転したと主張するが、それも全く見当違いだ。自民右派の小池さんが、共産党に近い民進党左派を排除するのは当然であり、玉石混交の民進党員を大整理できたのは彼女の大きな功績と言ってよい。                                      
                                             
小池惨敗の理由は別にあり、それは彼女に思想的な信念が皆無で、都知事選で300万票近い大勝の勢いで自己過信に陥り、安倍首相に代わって小池内閣を造れるかも知れないと錯覚したからだ。都知事選で勝利したのは、長年続いた東京自民党の利権構造の打破したからであり、それは確かに大きな功績であるが、それを自分への待望論と誤解したのは致命的だった。全国265地区に候補者を立て国会で過半数を占めようと思い違いし始めた。マスコミもハシャギ、小池さんも本気になったが、希望の党は議員数を大幅に減らして50名しか当選せず、野党第一党にもなれなかった。日本国民は浅はかな小池さんのバカ騒ぎに気付いていたのだ。                                
                                                                                            
希望の党の主要スローガンは安倍1強内閣の打破だったが、それでは余りに単純すぎると気付いて、小池さんは原発反対と消費税増税反対を付け加えた。消費増税反対は何を代替財源にするのか一言も語らない。原発反対も如何に代替エネルギ一を確保するのかを語らず、国民をアジテートするだけだった。この時期に何故総選挙なのかと野党は叫びつづけたが、これも全く見当違いで、北朝鮮問題は益々切迫度を強めており、今を除いて総選挙する余裕など無いのだ。日本が総選挙で動けない間、中国も共産党総会で動けず、時期的にはベストな総選挙であった。                                                                    
野党第一党になった立憲民主党は、如何に自民党内閣を打倒するかしか頭になく、日本を如何に守るかは全く語らない。しかし今回の自民党大勝利を最も歓迎しているには人生の本番を迎える20代〜30代の若者達だった。反対に野党がもっと勝つべきだったと嘆くのは60代以降の高齢者達だが、彼らは殆どの人生を終えて、あとは介護と年金しか考えない無責任な連中なのだ。                                                                                          
安倍内閣を打倒して女性初の首相になる夢はあっという間に消えた。誰も小池首相など歓迎していなかった。正気に戻った小池さんはこれから都政に専念するそうだが、都庁はエリート17万人が揃う大組織であり、馬脚を露呈した素人都知事は足元を見られたので、これから大きな抵抗にあって苦労するだろう。                                                 



mh3944 at 09:34│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔