2017年12月28日

171228 厳しさ続く新年

恐ろしい新聞記事をみた。もし北朝鮮が日本を核ミサイルで攻撃したら、膨大な犠牲者が予想されるので、生存率を高める為は、国民は心構えを知っておくべきだというおどろおどろしい内容だ。                                                                                           
広島,長崎の爆心地近くで放射線で死亡した者は僅か1割程度で、残り9割は熱線と衝撃波で亡くなっているという。従って我々は建物内部や地下に避難するのが最も望ましく、コンクリート建物内なら致死率は数%になり、近くに頑丈な建物がなければ物陰に身を隠すか、最低でも地面に伏せて頭を守る姿勢をとることが生死の分かれ目になるという。                     
                                            
何とも恐ろしい記事だが、必ずしも笑い飛ばせないのが昨今の国際状況だ。北朝鮮はこの4〜5年間に核ミサイル技術を格段の進歩をさせた。多くの日本人は、北からの核攻撃などある筈がないと呑気に構えていたが、専門家は米国が北朝鮮を攻撃する可能性があるので、北からの核反撃も本気で考えておくべきだという。                                 
                                           
北朝鮮が先制攻撃すると米国は直ちに反撃して北は確実に灰燼に帰すので、北からの先制攻撃はあり得ないだろうが、米国の先制攻撃に対して北が反撃して、横須賀、東京、沖縄、岩国等を攻撃することはありえるという。北が長距離核ミサイルを開発することをトランプ大統領が絶対に許さず、逆に金正恩は核ミサイル開発を中断することも絶対にありえないから、その決着点は両者の軍事衝突になる可能性が大きい。                                   
                                              
36代元自衛艦隊司令官の香田洋二氏も同意見であり、もし北朝鮮に核ミサイル保有を許すと、同様な手口を真似るアジアやアフリカ諸国が次々と出現する。更にその核ミサイルが過激派イスラム国に輸出されると、核兵器が世界中に拡散して人類が本当に滅亡する危険に直面するという。                                                 
ある米国の評論家は、現在の状況では米国が北を先制攻撃する確率30%だが、北が長距離核ミサイルを完成すると、米国が先制攻撃する確率は70%になり極めて危険だという。何とも恐ろしい話だ。                                             
                                            
この危機を解決するベストな対策は金正恩斬首作戦だが、常に居所を隠して移動し続ける為、極めて困難であり、従って次善の作戦は北がソウルに標的を合せた10,000門以上の長距離火砲を先制攻撃で効率的に叩くことであり、その作戦を米国は真剣に練っているという。                                                       
ある新聞の調査では、日本国民が最も恐れる国は、北朝鮮が85% 中国が70%、 ロシアが50%だという。中国も共産党の独裁だが、かなり組織化された国で、米国と核協定を結んでお互いに核ミサイルの標的を外しているが、中国は日本の大都市に向けた核ミサイルの標的は外してはいない。更に中国は核ミサイルの改良にも熱心で、固形燃料で核弾頭10個を搭載し飛行距離1万4000キロで世界中を狙える東風41号を開発中で、来年中には実戦配備するという。考えてみれば我が国は、イラン、イラクなど周囲を強敵に囲まれて臨戦状態から解放されないイスラエルと殆ど同じ状況ともいえる。                                                            
専守防衛が国是のわが国は 秋田岩国に配備予定の地上型イージスアショアで防衛力はかなり充実するが、課題は遠くの敵基地を攻撃する巡航ミサイルが無く、当面は北朝鮮の核を叩く1,000キロ型、将来は2,500キロ型まで能力Upする計画だという。                                                                   

課題は中国軍部が決して諦めない尖閣周辺の南西諸島奪取を如何に防衛するかであり、近くの宮古島には陸上自衛隊駐屯地を建設中であるが、敵基地を直接攻撃できる巡行ミサイルの充実も不可欠である。わが国はあの平和な国ノルウエーから、空対艦巡航ミサイルと空対地巡航ミサイルJSMを購入して、ステルス戦闘機F35Aに搭載する予定だという、JSMは相手からかなり離れた遠方から、敵基地を狙って攻撃できる最新の巡行ミサイルで、低空飛行する為レーダーでも掴めない。                                                   
                                          
いずれにせよ、現代の核戦争は双方に致命的な打撃を与えるので可能性は大きくないが、中國は、ほぼ占拠した南シナ海に続いて、次の大目標の東シナ海から太平洋へ自由に出入りできる尖閣海域の奪取作戦であり、これは日米との紛争に発展する危険がある。気分も改まる新年を迎えるが、日本列島周辺の危険性は 益々緊迫度を強めており、憂鬱な年月が消えることは無さそうだ。                                                         
                  


mh3944 at 10:21│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔